アズワンネットワーク

海外の活動

韓国1

世界各地から、アズワン鈴鹿コミュニティの「次の社会の試み」を見に来る人達がたくさんいます。
その社会実態に触れ、趣旨に賛同する人、共感を感じる人、可能性を感じる人など、その人の中にある本当の願いに火が灯り、心でつながるネットワークが生まれてきています。
その中で、自分の国で「次の社会」を創りたい、この社会を知らせたいという人が現れ、活動を始めています。

韓国

韓国1 韓国2

2009年から交流が始まり、多くの市民活動家、社会活動団体、青年たちが鈴鹿を訪れています。また、鈴鹿からも多くの人が韓国を訪れています。韓国でアズワンを紹介する講演会も何度も開催されています。
2011年からアズワンセミナーが開催され、サイエンズスクール韓国も開設されました。
フリースクールの高校生が鈴鹿に定期的に学びに来たり、多くの青年たちがサイエンズアカデミーに学びに来ています。
韓国でのコミュニティづくりの基礎が整ってきています。

>>ScienZ School Korea

ブラジル

ブラジル2 ブラジル1

2002年から交流が始まりました。
2017年にはサイエンズスクールブラジルが開設され、アズワンセミナーも開催されるようになりました。
日本からもサイエンズ研究所メンバーが送り出され、ブラジル各地で講演を行ったりしています。
サイエンズアカデミーにも青年が送り出され、コミュニティをつくる動きも本格的になってきています。

>>Rede As One Brasil
>>ScienZ School Brasil

ドイツ エクハルト・ハーン博士


ハーンHP エクハルト・ハーン博士:ベルリンの環境政策、EU各国における環境に配慮した都市計画アドバイザー、ドルトムント大学空間計画研究所長など歴任。
ハーン博士は、2009年に鈴鹿初訪問後、ほぼ毎年のように、アズワン鈴鹿コミュニティを視察に来られています。
鈴鹿カルチャーステーションの発足には、ハーン先生の助言が役立っています。
ドイツやヨーロッパの学者・実践家に向けて、鈴鹿コミュニティのことを、持続可能な新しいコミュニティのモデルプロジェクトとして紹介しています。
2017年にはアズワン鈴鹿コミュニティのメンバーで、えこびれっじネット日本代表の片山弘子氏がドイツを訪れ、ハーン博士と共にドイツにアズワンネットワークやサイエンズメソッドを紹介する動きも始まりました。

>>ハーン博士のHP