自由になりたくて《4》~自由になるのは難しくない



心が縛られている状態では自由に生きられない。そのマインドセットを解くには、人の心に焦点を当てていくことではないか。と、吉田さんは思います。しかし、改めて、自由について考えてみると、みんながみんな自由になったら、社会は混乱してしまうのではないか。だから、ルールを守って秩序を維持しているのではないか。人は自由になると…?最終話です。


画像はイメージです

自由になりたくて《4》~自由になるのは難しくない

 人は,真に自由になるとどうなるのだろうか。社会のみんなが自由にしたら,社会は混乱するのだろうか? 自由をキーワードに考えると,こんなクエスチョンが頭に浮かぶが,そのことを少し考えてみたい。

そもそも,自由な状態とは,「しなければいけないがない」とか「してはいけないがない」といった状態であろうか。また,「やりたいときに,やりたいだけ」というと,自分の意思をもって自由にしている状態と言えるかもしれない。つまり,何からも縛られず,服従もせず,赤子のように意のままにいられる状態を示しているのではないだろうか。

画像はイメージです

自由になると,自分の得意なことを社会で発揮したくなる。そんな気がする。何をするも自由,何もしないも自由,となると,人は全く何もしないでぼけっーと暮らすのではとも思われるが,そうならないと思う。むしろ,やりたくないことをやらない結果,やりたいことが出来る時間ができるので,やりたいこと=楽しいことに夢中になれるのではと思う。

社会のみんなが自由にしても,社会は混乱しないと思う。例えば,あの村の住人は約700人,アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティのメンバーは,約100~200人の規模ではあるが,いずれも混乱しているようには見えない。むしろ,活き活きと楽しそうに暮らしている。もしかしたら,もっと大人数の社会では,全体が自由になる過程で,自由に慣れていないとまどいや混乱はあるかもしれないが。。。

そうなると,自由じゃない状態のほうが,むしろ不自然に思える。学校だから,仕事だからしょうがない我慢する,ということのほうが人にとっては不自然で,場合によっては人に害のあることだなぁと思う。自由がないゆえの精神的な病,自殺というのもありそうだ。

人は,元々自由で,それが自然の姿なんだろうなぁと思う。だとすると,元の状態に戻るだけで自由を獲得できることになる。特別な努力ではなく,元に戻るだけ。そう考えると,自由になるのは,そう難しくないことだなと思う。これなら簡単に始められそうだ。最初は,草の根的に一人ひとりのこうなりたいという意識から始まるかもしれない。そして,自由になるためのプロセス(マインドセットをリセットしてみる,人を知る,人の心に焦点をあてるなど)が見えてきて,そういう人が集まってくると,自由が自然に現れる社会が段々にできていくのでは,,,と夢想している。(おわり)

自由になりたくて 1 ~意識の囚われからの解放
自由になりたくて 2 ~人らしく生きる,それを知る
自由になりたくて 3 ~人の心に焦点が当たっているか
自由になりたくて 4 ~自由になるのは難しくない
各地への広がり | - | -