自分の考えと実際との違いに気づくと…



私たちの行動を、意識と無意識とに分けてみると、意識して行動している部分は1%から5%程度で、ほとんどが無意識に行っているという研究結果があります。呼吸もそうでしょう。自律神経の働きも。瞼の瞬きも。歩くときの手足の動きも意識にはないでしょう。

そして、感情の動きも。何かにイライラしたり、不愉快に感じるのも、意識的なものではなく、勝手に体が反応して、意識に上ることだと思います。こうした無意識に起こる反応に私たちの行動は大きく影響されていませんか。
人の行動に自分がイライラしたり不愉快になって振り回されているとしたら…自分らしく生きたくても、生きているとは言えませんね。

こうした無意識に起こる反応を人間の知性を使って探究し、解消していく方式がサイエンズメソッドです。アズワンセミナーでは、サイエンズメソッドを体験しながら、学び、自分自身の内面を見ていきます。人と喧嘩したりイライラする原因の正体が明らかになっていくことで、怒りの感情も解消し、そして自分の本心に気づいていくというメソッドです。2月度セミナー参加者の感想を紹介します。(編集部:いわた)


アズワンセミナーに参加して  韓国・40代・女性

昨年、鈴鹿ツアーをキッカケにサイエンズメソッドについて知りたくなりました。

私は、韓国の「moontak network」(共同体)でいろんな勉強会を開き、人の生き方や哲学などを勉強しています。本から学んだことを日常の中に適応しようとしました。しかし、それはとても難しいことでした。

鈴鹿ツアー後、参加した3人が「うちにはメソッドがないかな?」と考えました。サイエンズメソッドの内容が私たちの勉強していることとほとんど同じ内容なのですが、私たちにはメソッドがないため日常生活が勉強したようになるのが難しいと思っていました。

そして、私は一番親しい友達と勉強のことで意見の違いで喧嘩をしました。そんなことがあり、なぜ、私は勉強しているかが分からなくなりました。私たち共同体のことと友達との問題を持ってセミナーに参加しました。
◆「考え」と「実際」

このセミナーをしながら気付いたのは“考えること”と“実際のこと”との違いがどれほど大きいかです。
次元が異なるほど大きいですね。

そして私が、他の人達を「私の考え」で勝手に判断していることがわかりました。
これが一番大きな発見でした。

なぜそんなにエネルギーを使いながら判断したのだろう…。自分の考えばかりでした。“実際のこと”を知ろうとした経験があまりないので今からですね。“やってみよう!”と実験することを楽しみにしています。

“実際のこと”の中で“実際の自分”について探究したことが一番難しかったです。自分が“考え”ばかりで満ちていたからです。

自分の中に、他の人達やモノや自然など世界がすべて入っている。みんなが繋がっている。
それは考えで感じることではないでしょう。自分の本心でしかわからないかもしれません。自分の本心を知れば知るほど世界を知れるのでしょうね。相手のことを理解できますね。

◆「本心」を知ると…

私らしさは“~をしたい”という欲求を探しても、本心でなければ発揮できないと理解しました。でも、どうやって本心がわかるかは、まだわかりません。そして私らしさもまだわかりません。ただ今の段階で私の考えで人を判断することは止めるようにします。

最後にいま気付いたことを話します。
“我慢する”ことはひとから責められない、認められたい、愛されたいとセットになっているかもしれません。

私は、いつも我慢していたので、公式な会議や勉強会などで自分の意見が強かったです。そうするとつい対立や喧嘩になりますね。そんな経験が多かった。本心じゃないと我慢しやすい。本心じゃないと自分しか正しくない。本心じゃないと人との関係が悪くなる。本心じゃないと自分らしくならない。本心じゃないと幸せになれない。本心で私の事を満たしたいです。

今回のセミナーで探究した経験がすごく貴重なことで今からも続いて探究したいです。この機会を紹介したジンソンにありがとう。そして一緒にコースをした皆さんにもありがとうございました。(韓国・女性)

サイエンズメソッドを体験することで、「しなければならない、してはならない」という緊張と不安の人生から、楽で快適な人生へと歩みだすことができます。
ほぼ毎月開催しているアズワンセミナー。3月度は16日(土)から21日(木・祝)まで。詳しくは下記をクリック


アズワンセミナー | - | -