<< 12月10日(土)アズワンシンポジウム#7のお知らせ | main | アズワンブラジルコミュニティへ 岡田拓樹さんブラジルで交流 >>

【争いも対立もない誰もが本心から生きられる社会は、案外かんたんにできるのかもしれない】11月アズワンセミナー

【争いも対立もない誰もが本心から生きられる社会は、案外かんたんにできるのかもしれない】

11月のアズワンセミナーは、参加者全員が20代30代の若い世代が参加したセミナーでした。
176444.jpg

参加者の感想から、どんなセミナーだったのか、紹介します。


【参加者の感想レポートより】
アズワンセミナーの目標に、「どんなときも悪感情や対立感情がなく、誰とでも話し合える人となり」とある。
いや、そんなことできないよ。
「世界はもともと、囲い・隔てのない、すべてはひとつという見方を検討し」…
めっちゃ分断されてるんですけど。
これが初日の感想。
でも、今はそれが絵空事じゃないと思っている。
もっといえば、わたしにもできるし、誰にでもできそうだ。

たぶん、本来の人間ってものすごくシンプル。
何かをしてほしいとか、してあげたいとか。
たとえば、おかあさんが子供にするように。
でもいつからか、素直にしてほしいことを言えなくなった。
こんなことを言ったら嫌われるかもしれない。仲間外れにされるかも。報酬やお返しを渡すことができないし。だってこの前あの人にこう言われて傷ついたから、また言われるかも。
こんな風に自分で事前に考えて、どうにかするのがおとなへの一歩だと思っていたが、なんでこんなに難しくしてるのか?
176445.jpg
争いも対立もない誰もが本心から生きられる社会は、案外かんたんにできるのかもしれない。
いろんなものをはずして、安心できる間柄の中で見えてくる、「したいこと」「してあげたいこと」「してほしいこと」。
今の自分や相手や、資本主義社会や環境問題や消えていく文化をどうにかしなくてもいい。
目の前のあなたがもっと輝いてほしい。
人と人が生かしあって、みんなが幸せに暮らしてほしい。
それがどんな景色かわからないけれど、わたしはみんなと創ってみたい。(20代女性)

176446.jpg
- | -