ただ今、宮地夫婦、沖縄交流です。

宮地夫婦が、PIESS NETWORK沖縄の仲本玲子さんの案内により、様々な方々と交流。過去、戦地と化した沖縄で、「争いの無い幸せな世界」の実現を目指し、一歩ずつ一歩ずつ…。



以下、宮地さんのfacebookページより抜粋し、紹介します。
-------------------------------------------------------------
はじめての沖縄

4日の夜、首里城下で沖縄料理のお店、古都首里でコース料理をいただいた。
友人仲本玲子さんがはじめた。気品のある味わい。
ゆったり過ごすのにいいなと思いました。
モノレールの儀保駅下車、徒歩30秒。



5日はTT沖縄のまるじゅんさんに誘われ、糸満市に行く。
台風の余波で、海遊びの企画はできなかった。
その分、海のある暮らしを見直す活動やメンバーのはたけを見学できた。



夜はロケットストーブで、ビールを飲みながら、野菜のてんぶらパーティー?
野菜を用意する人、火を見る人、揚げるひと、絶妙な間合い。

女の人

TTの人達、多彩。それぞれ仕事や活動、夢をもちながら、
お互いの親しい間柄を大事にしていると感じた。
一人ひとりが、際だっていました。
心にのこる一夜だった。



摩文仁の丘にて

昨日は、与那原町にあるコミュニティーカフエ、よなくる、を訪ねた。オーナーの新垣ゆうかさんが、人と街をつなぐ場にしていきたい、と語ってくれた。



南城市知念にある沖縄内観研修所を訪ねた。
所長の平山美恵子さんと息子さんと出会えた。
平成6年始めた。
宣伝は一切しない。看板もない。口伝えのみ。地域からの参加が多い。
サイエンズの本を置いてくれることになった。

ナカマさんと

平和祈念公園に行った。
平和の礎、沖縄戦で亡くなった人達の名前を見ながら、歩いた。
丘から海を眺めた。
これまで亡くなった祖先のなかに無念の死亡をとげた人達がいることを想った。
争いのない、幸せな世界の実現、確かめました。
夜、仲間立さん一家と、和やかでたのしいひとときをあじわいました。
社会化活動 | - | trackbacks (0)

Trackbacks