第1回アズワンセミナーが終了しました!

1月4日から始まった、第1回のアズワンセミナーが9日終了しました。日本の各地から集まった12人の参加者と3人のスタッフで、人と社会の本質を探究した6日間だったようです。

スタッフをした岩田さんのレポートを紹介します。
1月4日から始まった第1回アズワンセミナーが昨日終了しました。12名の参加者とスタッフ3人の15人で、人と社会の本質を探究した6日間でした。

知識・経験はあるが・・それを決めつけたり囚われたりしないで、ゼロの位置から「実際はどうか」と探究していく、というのがこのセミナーのやりどころです。
参加者一同、この考え方には共感し、炬燵を囲んで、探究会が始まりました。
(探究意欲、抜群! スタートから雰囲気は穏やかで和気あいあいとした感じでした)



しかし、自分では、ゼロ地点から調べているつもりでも、何かを前提にしていたり、言葉の解釈にとらわれていたり、なかなか自分のキメツケやとらわれには気づきません。
人の言動にとらわれやキメツケがあるように見えて責めたくなったり・・
やはり、お互いに遠慮や警戒や、人の目や、気になることもいろいろあります。




それでも、日を追う中で、みんなの頭も一つに溶け合い、気持ちもほどけていきました。
そして、「キメツケていたものの輪郭が崩れていくようだ」とか、
「実際って思っているけど、そこに自分の気持ちが混じっていた」とか、
そんなふうに、何かに気づき始めました。
「プチ悟りがあった」とか。

みんなと寄り添い、親しくなった分、探究する中身が進んでいくようでした。
この場は否定する人がいない。何でも話せる。聞いてくれる。安心できる。
と、探究会がとても楽しく、和やかで、仲間たちの存在が心地よく、そして、みんなに出会えて、こんな場が出来たと、それぞれに何かを掴んでいったようです。
「世界中のみんなで幸せになろう」、「アズワンネットワークを広げていきたい」「自分の場で作っていきたい」とか・・
ほんとうに、まだ始まったばかりで、世界中には、日本と韓国とブラジルにその拠点があるだけです。日本でも、まだまだ誕生したてのホヤホヤです。



一人ひとりのつながりが、「やさしく」、穏やかで、温かいつながりになっていくための、アズワンネットワーク。そんなふうに人と人がつながっていくことで、安心で快適に生きられる社会を築いていけるのかな、と思います。

アズワンセミナーの船出です。
日本中、世界中の心ある人たちがここに参加出来たら、その世界はどんどん近づいていくかな。人が“一つ”になれることを体感できる場だと思いました。



(写真は、最終日の鈴鹿コミュニティ見学の時のものです。)
各地への広がり | - | -