第8期の持続可能な社会づくりカレッジが始まりました!

1月20日(金)から22日(日)まで、第8期「持続可能な社会づくりカレッジ」の第1回が開催されました。3年前の春から始まったカレッジですが、第8期まで続いてきました。今回も、山口や兵庫、岐阜、浜松、東京などからの参加者で、3月までの3か月にわたって開催されます。
初回の第1回は、「親しさでつながる人間関係とは」というテーマで、アズワン鈴鹿コミュニティのスタディツアーがありました。


その様子を北川さんのFacebookから紹介します。
第8期「持続可能な社会づくりカレッジ」の、第1回を開催中です。
今日は、アズワン鈴鹿コミュニティのスタデイツアーでした。おふくろさん弁当や鈴鹿ファーム、コミュニティオフィスなどで、親しさでつながる人間関係の実際に触れて、それぞれのこれからやっていきたいことが見えてきたようです。
まだ始まったばかりのカレッジですが、これから3ヶ月かけて、どこまで進んでいけるかとても楽しみです。


第8期持続可能な社会づくりカレッジ、1回目が終了しました。
今日の午前中は、スタデイツアーの最後で里山に行きました。炭焼など目に見える活動が活発になっている話以上に、人と一緒にやっていくという中身の充実を語ってくれました。人と人の関係が進んできている空気の中で、若い人たちが竹炭作りやビオトープ作りを始めるような動きが出てきているように感じました。



教育プログラム | - | -