「韓国地球生態村共同体ネットワーク会議・祭り」で講演


「韓国地球生態村共同体ネットワーク会議・祭り」で基調講演をしたサイエンズ研究所の小野さんよりそのレポートが届きました。以下、紹介します。



Dreamerとして常識を超えて!

6月16~17日「韓国地球生態村共同体ネットワーク会議・祭り」がソネビレというエコビレッジで開催されました。
エコビレッジ、トランジションタウン、適正技術、帰村運動、地域共同体など、地域社会を良くしていこうという様々な運動が集結し、韓国の新しい動きを生み出すキッカケとする機会として企画されました。
参加者は約180名!
その基調講演で、「The world will be as one ~アズワン鈴鹿コミュニティの試み」として話をさせてもらいました。次の社会のモデル例として、多くの人が興味を示してくれました。



基調講演のもう一人の発表者のファン・テクォン氏も、地域共同体をつくることは、国を超えて、世界が一つになるための道筋だとその目的をハッキリ示してくれていました。しかし、そんなことを言う自分は、Dreamer だと言われるけど、アズワンも、そこをやろうとしている。
そういうDreamerが集まることで、今の常識の世界を超えた世界が創られると話を結んでくれました。
夜はお酒を飲みながら、Dreamersとして堅い握手を交わしました!



ファン・デグォン氏(「生命平和運動」活動家、獄中で執筆した『野草手紙』がミリオンセラーとなったことで知られる)と小野氏(写真左)





Next Gen(若い世代のGlobal EcoVillage Network)の青年たちが主催者側として参加されているのもとても嬉しかったです。
韓国の、そして東アジアの、新しい流れが始まる息吹を感じさせてもらいました。(小野)





韓国と日本、共に進もう!



GEN-Japanの片山弘子さんから韓国でのこの会議に向けてメッセージを発信しています。(写真は、左からサイエンズ研究所の小野氏、GEN~JAPANの片山氏、アズワンネットワーク韓国のサンヨン氏)

韓国と日本、もともとは、そっちとこっちくらいの感じだったことでしょう。交流しながら、共に幸せに生きていきたいものです。
6月16日~17日に、韓国で、「2017年韓国生態村共同体ネットワーク会議&祭り」が、開催。10年ぶりにファン・テクォン氏など主だった活動家が集まって、エコビレッジ活動やトランジション活動の垣根を越えて、自分たちの足元に、本当に安心できるコミュニティづくりの動きが進むよう、スタートをします。

東アジアで同じ文化的なルーツを持つお互いとして、心から嬉しい気持ちがわいてきます。GEN-Japanとしても、お祝いのメッセージを送ることになりました。またアズワン鈴鹿コミュニティ、サイエンズ研究所の小野雅司さんが招聘されて講演を行います。通訳は、江華島でゲストハウスをしているユ・サンヨン氏。出発前に一緒に写真を撮りました。来週23日には、Next Gen Korea主催の企画があり、九州からNextGEN-Japanの参加者があります。
それぞれの報告が届き次第、紹介したいと思います。(片山)




韓国生態村共同体家族より

<招待の文>
韓国生態村共同体家族、
そして一緒に同行しようとしている皆さん!
2017年韓国生態村共同体ネットワーク会議&祭りに招待します。
2000年代初めにこのような集まりが開始されたが、力量不足で中断されました。
ところが十数年ぶりに世界的な流れにつれて韓国生態村共同体ネットワーク会議体が結成されました。既存の独立的な生態の共同体村運動に'生態転換村(都市)運動'と'適正技術運動'が加わりました。
この1月19日、雪の降った夜に智異山ドゥレマウルに全国で70人が集まって準備会合を持ちました。この席で、第1回全国生態村共同体ネットワーク会議&祭りを6月16(金)、17(土)の両日間、忠清北道報恩郡 ソンエビル村で設けることになりました。
各共同体と村で持っている共同体村知識と情報、運営ノウハウ、適正技術、風流文化を持ってきってください。
そうして一緒に分かち合って敎學相長し、ちゃんと遊んでみましょう!
必ず一緒にやれることを願います。

2017年5月20日、
韓国生態村共同体ネットワーク会議運営スタッフ一同

2017年韓国生態村共同体ネットワーク会議&祭り
生態村(独立/転換)が希望だ!
-主催:韓国生態村共同体ネットワーク会議
-日時:2017年6月16日(金)09:00-17日(土)10:30
-場所:ソンエビル村(www.gidaeri.com)
   忠清北道報恩郡馬老面期代理788-6
-電話問い合わせ:070-7845-3090(事務室)、010-4203-4129(グヮクナヒョンさん)
-参加会費:3万ウォン(口座番号:企業銀行228-028472-01-012イムジンチョルさん)
-問い合わせ相談:010-6788-1458(イムジンチョルネットワーク会議実行委員長)

<行事の日程>
6月16日(金)
<式前の特別行事>
09:00から一日中:適正技術&ウッドフェスティバル(Wood Festival:誰でも参加できる生態建築体験のパフォーマンス)
11:00-13:30:共同体市場
*個別生態村/共同体紹介ブースや製品展示販売
*参加者受付や案内
12:00-13:00:お昼食事(ソンエビル食堂の定食や市場麺-事前申しこみ)
<本行事>
13:30-14:00:オープンセレモニー
挨拶と経過報告(イムジンチョルネットワーク会議実行委員長)
歓迎のあいさつ(李在キ代理ソンエビルの代表)
祝詞(チョンサンヒョク、忠清北道報恩郡郡首)
14:00-16:00:生態村運動フォーラム
招請講演:鈴鹿コミュニティの実践と日本生態転換村運動
(小野雅司 日本鈴鹿のSCIENZ研究所コーディネータ)
融合させる講演:生態村運動の世界的流れと韓国の動向と展望
(ファン・テクォン栄光生命平和村代表)
16:00-18:00:テーマ別雑談会(参加者の紹介と雑談会)
-なぜ私たちは生態村(独立/転換)をしなければならないのか?
-韓国生態村共同体ネットワーク会議がこれからやるべきことは?
①生態共同体村グループ②地域共同体/転換村(都市)グループ
③文化芸術村グループ④霊性、宗教共同体グループ⑤、適正技術グループ
18:00-19:00:夕食
19:00-20:30:共同体霊性の場: 各村共同体と参加者の紹介+告白)
20:30-22:00:共同体遊び&公演(共同体遊び+文化芸術公演)
22:00-24:00: 打ち上げ

6月17日(土)
07:00-08:00:ソンエビル村朝瞑想参加(選択)
08:00-09:00:朝食事
09:00-10:30:韓国生態村共同体ネットワーク会議の発足式
(経過報告/事業計画の議論/出帆宣言文の採択)
10:30~:みんなで後片付けから家に!-
国際情報 | - | trackbacks (0)

Trackbacks