ブラジル・サンパウロ「Institute Chao」でアズワン講演会


サイエンズ研究所の小野雅司さんが現在ブラジルに滞在中。サイエンズスクールのコーススタッフに入ったり、講演会に登壇したりして、ブラジルでのアズワンネットワーク活動をサポートしています。その第一報で、講演会の様子を紹介します。



Uma Experiência de EcoComunidade Sustentável Urbana
=持続可能な都市型エココミュニティの体験

• 主催者: Rede As One Brasil=アズワンネットワークブラジル


昨日(12/8)はサンパウロの街へ。
Institute Chao という今、話題の自然食販売店へ。
開店から2年半で、Facebookのいいね!が5万を超えるというこの店は、とってもユニーク。
連帯経済(Economia Solidaria)を謳い、商品は卸値で売り、店の運経費はその額の35%を目安として、寄付してもらう(その人の意思でいくら払うか決める)。店の経営内容もオープンにして、その状態をお客さんが見て、寄付の額を考えるという。スタッフ14人も全員組合員ということで、上下のない運営を目指している。
写真は閉店後のお店なので閑散としているが、朝8時~13時半の営業時間は人でいっぱいらしい。


発案者のFabioさんと小野さん

発案者のFabioが、11月のアズワンセミナーに参加。
これから、新しい社会づくりを共に進んでいこうと堅い握手!
夕方からそこで講演会。














「持続可能な都市型エココミュニティの体験」講演会


Chaoで6時半から講演会。
6時45分の時点では、20名弱で、少人数のじっくりとした講演会になるかな~と思っていたら、7時くらいから続々と人が来て、45人ほどに~。
アズワン鈴鹿コミュニティの17年の試みと今の姿、サイエンズメソッドの紹介と世界各地での展開を話させてもらいました。ブラジルのサイエンズスクールの紹介も。
2時間があっという間でした。
熱い空間になりました。...




講演会の告知のボード。
お店の中に掲示してくれてました。
講演会直前は、扉のところに移動。



サイエンズメソッドの紹介!
ポルトガル語だと、Metodo Scienz







会場となったInstitute Chaoのスタッフ達は、次々とアズワンセミナーにも参加する予定です。
Fabioは、おふくろさん弁当のような会社の存在にすごく刺激を受けた、サイエンズメソッドももっと学びたいという感想でした。


アズワン鈴鹿コミュニティに昨年2ヶ月ほど滞在していたMarianちゃんも講演会に来てくれました~
国際情報 | - | -