ていねいに暮らしを創る~エコ・コミュニティ入門~でアズワン紹介

3月4日京都で、ていねいに暮らしを創る~エコ・コミュニティ入門~ 主催: 京エコロジーセンター(Miyako Ecology Center)の最終回にアズワン鈴鹿コミュニティの実践が紹介されました。河岸佳子さんがFB上に投稿していますので、ここに紹介させて頂きます。



夢を実現させたいなー やっぱ、仲間って大事
昨日は1月から4回にわたって行われたエコ・コミュニティ入門最終回。
最終回にふさわしく三重県鈴鹿市で17年研究と試験を繰り返してアズワンコミュニティを作っておられる小野雅司さんの講座でした。

人間関係良くないとコミュニティは出来ないということで科学的なメソッドを作られていて聞けば聞くほど共感出来た。コミュニティの中の人達みんな家族という発想でお財布を使わなくても生きていけるというところ。みんなでギフトしあい、贈り合いの経済が成り立ってる。

おふくろさん弁当という会社があり、ひとのための会社というコンセプトで出勤の時間も自由だし、規則も命令もないし、上司に怒られないし、ミスしてもみんなでカバーしあい、責められない!
なんて素晴らしい会社なの(≧∇≦)

このアズワンコミュニティにいる人達が働いていてとても先進的な会社だと感じます。責めらるとまた違うミスを誘発するもんね。ストレスかかると緊張して余計にヘマをしてしまう。
決めつけ、思い込み、見ているようで見てなかったり、人の目は曖昧です。フィクションという目に見えないもの、例えば国、法律、約束、お金などから解放されないと頭のフィルターが剥がれていかないです。
固定概念というフィルターを取っていくと争いが無くなるのにな。

色々面白い話をされてて、ぜひアズワンコミュニティ見学に行きたいと思ってます。

4回終了して「私はこれからどうしたい」という質問がありました。
4回出てこの講座に来られる方たちがほんとみんな似たような考え方を持っておられ、こういう方々と繋がりを持っていき、夢を実現させたいなーと。やっぱ、仲間って大事です。(河岸佳子さん)



次の社会の試みを見てみよう!
詳しくは>>>アズワンスタディツアー
各地への広がり | - | -