ミッチーの旅日記から高知編


「私はアズワンの御師みたいなものかな」と言って、全国を回っているミッチーこと北川さんは、現在、兵庫と高知の旅に出ています。その旅日記を紹介します。御師とは、江戸時代に「お伊勢参り」を全国に知らせた人たちのことです。


◆5月28日



昨日は、姫路の「かつらぎ自然の学び舎」に行かせてもらいました。山に入った豊かな自然の中に、たくさんの人が泊まれる施設があります。「まるごとえん」という保育園もやっていて、主にスタッフの方たちにお話させてもらいました。
今回も、目指す方向が一緒の人たちに出会うことができました。これから交流していけそうで、とても楽しみです。今年は、辻信一さんのゆっくり小学校の会場にもなっています。




◆5月29日


昨日から四国に渡って、高知に来ています。昨年夏に初めて訪れて以来、また来たいと思っていた、前田侑里さんのシンフォニアにて、ゆったりとした朝を過ごしてます。
昨夜は、アズワンお話会をさせてもらって、新たなうれしい出会いがありました。今日も、どんな人たちにお会いできるか楽しみです。






◆5月29日



今夜も、高知のシンフォニアでお話会をさせてもらって、中身の深まるいい会になりました。高知にも、次につながる動きができてきつつあるのを感じます。お世話してもらったゆうりさん、二日間ありがとうございました。

◆5月30日



昨日の午後、高知に移住したばかりの後藤志果さんに会いました。TUP(東京アーバンバーマカルチャー)などでアクティブに活動していて、この4月にいすみの平和道場で初めて出会いました。なぜ高知に住み始めたのかなど、ゆっくり聞いてみたいと思っていたところでした。
高知空港のすぐ近くに住んでいて、野菜も作り始めたとのこと。できたものやビワなどを、少し分けてもらいました。話をしたのは、トリトンという農家レストランで、落ち着いたオシャレなお店でした。アズワンに関心大とのことで、訪ねてきてくれるのが楽しみです。


各地への広がり | - | -