ブラジル便り6月「カンピ―ナス大学で講演会」

ブラジルタイトル01.jpg

サイエンズ研究所の小野雅司さんは、現在ブラジルでのアズワンネットワーク活動をサポート中! その一報が届きました。カンピーナス大学などで講演会が開かれるなど、アズワンへの関心が寄せられています。



◆サンパウロでミニ講演会



6月21日夜は、サンパウロの住宅街のお宅でのミニ講演会。
社会学者、新聞記者、禅宗の尼さんなど都市部で新しいコミュニティづくりを目指す人、環境運動家など、15名が集まってくれました。
束縛や強制から解放された世界に興味津々の様子でした。
時間をはるかにオーバーしても、質問が絶えないくらいに続き夜がふけていきました(笑)。










◆30年ぶりの再会


30年前に、時と場を共にしたことのあるデビが講演会に来てくれました。
彼は今、新聞記者。
嬉しい再会。

◆カンピーナス大学で講演会



6月24日カンピーナス大学で講演会。カンピーナス大学の教職員組合の有志60名がco-housing(垣根開放団地)を目指すグループが主催してくれて、他のco-housingを目指す人達、エコビレッジに住む人達など、熱心な人達が約70名が集まってくれました。
昼食後には、30名以上の人が残り、新しい暮らし方について熱心に交流する機会が設けられました。
今日講演会に来た人の中から3~4名が7月のアズワンセミナーに参加することになります。楽しみですね。










今後は、
29日夜サンパウロで、ガイアエデュケーション・サンパウロで講演会。
30日から「サイエンズスクール自分を知るためのコース」スタッフ。
7月6日から「サイエンズスクール人生を知るためのコース」スタッフの予定です。
国際情報 | - | -