元々の心は、… 人を知り合いながら、愛し合い~

今日は、サイエンズスクールの研修コース参加者の感想を紹介します。
自分の心を知っていますか?
自分の心も、相手の心も、心そのものを、直接見たり、触れたりは、できないので、言葉や行動から、想像するしかありませんね。人の言動を見て、「あの人は、良い心の持ち主だ。」とか、「なんて、心の悪い人だ。」 とか、言う場合がありますが、心に、良い心、悪い心 というのがあるのでしょうか?もし、悪い心というのが、あるとしたら、元々の心に、なにかがくっついているのかもしれないとしたら、どうでしょう?あるいは、何かの理由で、心を見失って、間違った行動になったとか・・・。人の心、もともとの心が、人には、誰にでも、あるのではないかと思うのです。10月に開催した「人生を知るためのコース」に参加した20代女性の感想を紹介します。
(サイエンズスクール事務局ブログより)

  ↓ ↓ ↓
「元々の心は、… 人を知り合いながら、愛し合い~」
サイエンズ | - | trackbacks (0)

見て聞いて、何が起きているのだろう?

11月「自分を知るためのコース」に参加した人の感想を紹介します。
  ↓ ↓ ↓
「見て聞いて、何が起きているのだろう?」
日々、何かを見て、思い、何かを聞いて、思い、といろいろな気持ちや考えが浮かび、「ああしよう」、「こうしよう」と、何か判断して暮らしています。その判断のモノサシは、人それぞれだと思いますが、では、自分は、どんなモノサシを持っているのでしょう?
あれ、自分の? モノサシ? そんなの持ってる?
どうでしょう?「自分を知るためのコース」では、まず、見たり、聞いたりした、その時、その時、自分のなかに何が起きているのか、自分の内面を観察することから、始まります。

また、11月21日~26日で「マイライフセミナー」が開催されました。その感想については、後ほど紹介したいと思います。

   (マイライフセミナー懇談会)
サイエンズ | - | trackbacks (0)

どの人も自由にしたら社会はどうなる?

サイエンズスクール「社会を知るためのコース」というコースがあります。
「社会」って?、これまでの社会観を置いてゼロから見直してみると…?
「社会」と聞いたら、どんなイメージが湧きますか?
「私と社会の関係は?」と、問うと、どうでしょう?
「社会」というと、自分の外に目が向いて、「そこはどうなっているのだろう?」と、自分とは、別の対象をイメージすることが多いかもしれませんが、先ず「自分というものをどんなふうに捉えているんだろう?」と、自分の内で起きていることを観察することから始めてみると、私の社会観が、見えてきます。そして・・・
そのプロセスから、「社会」を調べ、創造すると、今まで、知らなかった社会の姿が現れてくるかもしれません。

今回は、9月のコースに参加した人の声を紹介します。
   ↓ ↓ ↓
「どの人も自由にしたら社会はどうなる?」
サイエンズ | - | trackbacks (0)

その解明に臨む~争いのない世界へ

サイエンズスクールのコースに参加すれば、必ず何か、新しい発見があるわけでもないです。
でも、こんなものと、諦めるでもなく、変わらなくてはと、頑張るわけでもなく、「ただ、自分をもっと、知りたい」との知的欲求は、いくつになってもあるのではないでしょうか?

10月の「人を聴くためのコース」の感想レポートを紹介します。
   ↓ ↓ ↓

「その解明に臨む~争いのない世界へ」
人を聴く
サイエンズ | - | trackbacks (0)

その解明に臨む~争いのない世界へ

サイエンズスクールのコースに参加すれば、必ず何か、新しい発見があるわけでもないです。
でも、こんなものと、諦めるでもなく、変わらなくてはと、頑張るわけでもなく、「ただ、自分をもっと、知りたい」との知的欲求は、いくつになってもあるのではないでしょうか?

10月の「人を聴くためのコース」の感想レポートを紹介します。
   ↓ ↓ ↓

「その解明に臨む~争いのない世界へ」
人を聴く
サイエンズ | - | trackbacks (0)

見過ごしていた大切なもの

サイエンズスクールの「内観コース」は、毎月開催されています。このコースは、静かに、自分で、「母に対する自分」「父に対する自分」「誰々に対する自分」と、物心ついたときから、年代順に思い出していきます。

初めは、そんなに思い出せないものですが、内観の3つの視点(・お世話になったこと。・して返したこと ・迷惑をかけたこと)で、振り返ってみると、その時の場面や風景が、浮かびあがってきて、その時の自分の気持ちや、その時は、わからなかった自分の心や自分の身近な人の心も見えてくるようです。

「こんな嫌なことがあった。」「こんな自分だった。」と固く持っていたものが、「あの時、自分は、嫌な気持ちだったんだなあ。ほんとうは、どうしたかったのかなあ」「相手はどうだったんだろう?」と、解けていくようです。

9月の内観コースに参加した方のレポートを、サイエンズスクール事務局ブログより紹介します。
   ↓  ↓  ↓
   「見過ごしていた大切なもの」
サイエンズ | - | trackbacks (0)

「本当にそうかなあ~?」 -探究の芽生え-

9月に開催されたマイライフセミナーの参加者感想を、サイエンズスクールのHP、事務局ブログより紹介します。

何かモヤモヤしているとか、何かイライラしている という状態の時ありませんか?普段の暮らしのなかでは、そんな自分の内面に起きていることは、些細な事に思ったり、自分のなかにしまったりと、いつのまにか、自分で処理してしまっていることも多いですね。でも、ホントは、自分を振り返ってみる時間を持ちたいとか、誰かに聴いてほしい気持ちがあったり。もっと、ホントは、自分自身が、自分のことをもっとわかりたいなあと思っているのかもしれません。

   ↓  ↓  ↓
  「「本当にそうかなあ~?」 -探究の芽生え-」
サイエンズ | - | trackbacks (0)

9月 「マイライフセミナー」

23日(水)、5泊6日の心の旅を終え、それぞれに出発していきました。
寝食共にしながらみなで探究する6日間。心の垣根が低くなるにつれ親しさが増してくる。普段気付かない当たり前(きめつけ)、それをはずして見てみる世界は…!?



9月は、韓国でもマイライフセミナーが開催されました(6日~11日)。




参加者の感想等は、後ほどサイエンズスクールのHPより紹介されます。
サイエンズ | - | trackbacks (0)

身近な人と、心通じ合っていますか?

サイエンズスクールの研修コースに、「人を聴くためのコース」があります。
「人の話を聴く」というのではなく、「人を聴く」とは、どういうことでしょう?
こんな会話、身に覚えありませんか?
「え~!そんなの聞いてない!」「え~!言ったよ!通じない人ね!」
<通じない>というのは、言葉が通じないという意味ではないですね。
心のうちでは、心通じ合いたいという欲求がありませんか?
ホントは、自分を理解してほしいという気持ちがありませんか?
身近な人、大切な人と、通じ合ってるかなぁ?
8/30~開催した「人を聴くためのコース」に参加した方の感想を紹介します。
(サイエンズスクールのHPブログより)
  ↓ ↓ ↓
「身近な人と、心通じ合っていますか?」
人を聴く
サイエンズ | - | trackbacks (0)

そのものに、初めて出会えた。

7月~8月、北九州からサイエンズ留学していたMちゃん。8月の「自分を知るためのコース」に参加しました。その感想を、スクール事務局ブログより紹介します。

8月「自分を知るためのコース」が開催されました。
「自分を知るコース」ではなく、「自分を知るためのコース」です。
<知るため>には、何か準備しておくことがありそうです。
そもそも、<知る>とはどういうことでしょうか?

例えば「自分のことは自分が一番よく知っている」と思っていることがあります。
さて、本当にそうでしょうか?
知っているといっているのは、何を言っているのでしょう?
立ち止まって、自分の内面を観察してみると、新たな発見がありそうです。

   ↓ ↓ ↓
「そのものに、初めて出会えた。」
サイエンズ | - | trackbacks (0)