増田力也さん 長年活動していた浜松でお話し会を開催! 

2021年の1月に、活動の拠点だった浜松から鈴鹿へ移住した「増田力也さん」が、久しぶりに浜松に戻り、移住後の暮らしや最近の様子も交えて、お話し会を開催しました。

その様子を、増田力也さんがリポートしてくれました。
252346853_4490192644411001_2670090030634202985_n.jpg
11月4日、片山弘子さんと二人で、浜松市尾張町にある「三河屋/コトバコ」さんを訪れました。

お店の運営メンバーで、アズワンネットワークのお仲間でもある
大村智子さんと、今期のガイアエデュケーション同期の今村理沙子さんに迎えられて、来期のガイアエデュケーションや3月に初開催となる「ガイアユース」の説明や、アズワンネットワークの活動紹介をさせてもらいました。

 昼の部と夜の部の2回開催して、昼は社会人の方中心に、夜は理沙子さんの仲間の若い人たちを中心に場を持ちました。
29590.jpg
ガイアエデュケーションやアズワンネットワークのお話もさることながら、少しの時間を使ってのプチ体験で、参加者の皆さんの気持ちも寄って、それぞれに日常の暮らしを振り返りながら、テーマについて思うところを出し合い聞きあう探究の時間を、有意義に感じられているようでした。

 若い人たちは探究の時間を多めにとって、普段の社会活動のサークルでの一コマや、仕事上で思うことなど、日常ではなかなか目が向かない自分の内面や、起こっていることや人をどんなふうに見たり聞いたりしているかな?と楽しみながら、鈴鹿での取り組みにも大いに関心を抱いて、「みんなでツアーに行きたいね」「探究もっとしてみたい」などの声が聞かれました。
 
 私自身の出身地でもあり、鈴鹿移住前にはシェアハウスやカフェを共にやっていた智子さんの新たな場を使ってのお話会でもあり、これからの展開やつながりを楽しみに浜松をあとにしました。
29587.jpg
- | -

連載第二回【アズワンネットワークメンバーの近況】

先月から連載が始まった【アズワンネットワークメンバーの近況】
各地で活動するネットワークメンバーの今に焦点を当てて、紹介していきたいと思います。今回はその第二回です。

紹介してほしい人や、サイエンズスクールのコースで、一緒だったあの人どうしてるかな? また私の近況をお知らせしたい!など、是非お寄せください。

第二回は、福岡県北九州市の吉岡和弘さんです。
253715424_4613659358723765_709653551824272607_n.jpg
●4年の移住の旅
人生まだまだ勉強していこう、挑戦していこうと、4年ほど前、仕事が一段落した機会に、アズワンをもっと研鑽して深めねばと思い、13年続けたFMKITAQの放送「ガイアウインド」を惜しまれつつ終了し、アズワン留学に旅立ちました。
1年ほど毎月のようにサイエンズのコースへ通い、その後残った夢をかなえるべく石垣島に移住。

NPOでサンゴ礁保護と村おこしの仕事をしながら、海や泡盛を楽しみました。
パーマカルチャーガーデンも補助金を獲得して作りました。
アズワンで永く勉強したので、もう大丈夫と思ったが、人間関係で新鮮に大変な苦労をしました。

それで、もう一度1年間アズワンに戻って勉強しました。
それから福岡県の山の中の村で、キャンプ場や古民家ヴィラの運営の仕事をしたが、やはり、人間関係には苦労させられました。
アズワンで学んだことは、1年2年経って、ようやくなるほどと腑に落ちることがひとつならずありました。

すばらしい世界に齎されて生かされている有難さを深く感じるようになりました。
そして学びはずっと続くことでしょう。

●故郷北九州に戻る
アズワンに永住しようかとか、石垣にずっと住もうかと思ったりもしたが、やはり最後は自然も豊かで文化もあり、友人、親戚、母もいる自分のなじんだ故郷で暮らしたいと思い、この7月に帰郷しました。

●コミュニティを
北九州に戻ったら、大好きな美しい海辺(玄界灘)に、そしてやはりみんなで楽しく生きられるコミュニティを作って生きていきたい、そう思いました。
北九州市内でも玄界灘に面したとても美しい岩屋海岸地区周辺に、住む家、シェアハウスに適した物件を何度も訪問して探しましたが見つかりませんでした。

元割烹料亭で、シェアハウスにうってつけの4階建ての建物があり、私が行く少し前まで売りに出されていたそうですが、すでに買い手がついて買われたようでした。

元民宿でうってつけの建物がありましたが、ここも他の人が住んでました。
ということで、この地区に住むのはまた先の夢にということで、元住んでいて仲間も多い、小倉に家を求めて住むことになりました。
こちらも山すそで眺めがよく、緑に囲まれとてもいい環境です。
ネコも喜んでます。

●海辺のコミュニティ
北九州では、自分が先頭に立って何か活動していくということではなく、もういい歳でもあるので、同じような新しい社会作りやオーガニック、エコ、精神世界活動を志す若い人を後ろから支援するようにしてゆきたいと思いました。
自分は自然や農や酒を楽しみながら、勉学を続けながら。

そんな中、北九州オーガニックプロジェクトというものを立ち上げた女性がいるのを知りました。しかも彼女は私が出演したフランス映画「セ・ポシブル」の上映会も主催していました。ということで、早速連絡をとり、会ってみました。

とても芯のある考えもしっかりしている女性(2児の母)で、話はいくら話しても楽しく共感できました。全力で応援することにしました。
話の中で、岩屋海岸の話になり、「先日、ウインドファームの中村社長に挨拶に行ったら、岩屋海岸で、料亭と民宿を買い取り、世界を変えるという意味の『セカエル株式会社』を作り、若い人を集め全員が取締役という会社で、活動を始めたそうです。」と言うではないですか!
「え!」と。
「ひょっとしてその岩屋の料亭は「伊藤屋」ではないですか?」
「たしかそうです。」
「ええー!」
「で、その民宿というのはひょっとして『望海荘』というのではないですか?」
「たしかそうです。」
「ええええーーーー!!」
私がシェアハウスに欲しいなと思っていた2軒はともにウインドファームの中村社長が買ったものでした。

しかも世界をかえる理念の会社を立て、全員取締役で若者を集め、森や海を守って、世界をかえていく活動拠点にして活動を開始したところなんだと!
「なーーーーんと!」

私は速攻で旧知の中村社長に連絡をとって会いに行き、彼のやろうとしていることを聴きました。
私もここの海辺に住んで、シェアハウス作って仲間と楽しく農的暮らしをしたいと思い、伊藤屋と望海荘をあたってたところです、と語りました。
中村社長は「では吉岡さん、私たちの仲間にはいってここで一緒にやっていきませんか。」

「はい。よろしくお願いします。」
ということで、
「吉岡さん。旧伊藤屋に住みたかったら、明日からでもどうぞ住んでいいですよ。」という夢のような夢実現の運びとなりました。
私はここでも、もう先頭走るというのではなく、用務員のように雑用や農園管理をしながら、若者たちの活躍していくのを支援し、海や酒を楽しんでいきたいという生活の夢第1歩が実現スタートしました。

●セカエル―あしたの森と海の学校―
中村社長は永年、有機コーヒーのフェアトレードによる仕入れ販売の他、古くから反原発活動やセバン・スズキを招いて講演会を行ったりエコ活動をしてきた、その世界では有名な方。アズワンにも研修に来たことがあります。
その彼は65歳になったときに、これまで何十年と環境活動やってきても、世界のCO2排出も全く減ってない、環境はちっとも改善されない。そしてあと環境活動できるのももう10年少々だが、このままの延長では、子孫に地球を残せるか、恥ずかしくない人類社会に転換できるか誠に心もとない。このままの延長ではいけない。

そこで、意を決し、恥ずかしながらと、世界を変えるという意味を込めて、セカエル株式会社を立ち上げた。
心ある若者で、賛同する者は取締役にし、全員取締役で、それぞれやりたいことをやる。

ベースには、中村さんが永年やってきた有機コーヒーのフェアトレードの中で知ることとなったアグリフォレスト「森林農法」という、森を守り、再生しながら、コーヒー等の栽培を行うことで地球環境と地域の経済を両立させる思想を基幹にし、日本でも放棄された森林を手に入れ、保全して果樹も栽培してゆくことを進めている。

●キッチンカー(セカエル)
若き女性環境活動家のグレタさんが提唱し世界的活動となっている「フライデー・フォー・フーチャー」の福岡メンバーがセカエルで合宿し、話し合いをしているがその中で出てきたアイデアがキッチンカー。
しかたなくやりたくない仕事をしていて、余った時間で環境活動するのではなく、やりたい仕事をしたい。そしてそれが環境活動になる仕事をしたい。そんな思いから。

キッチンカーを購入し、そこでアグロフォレストの森で育った有機コーヒーを販売し、オーガニックスムージー、クレープ、カレーも商品開発完成しつつあり、それらを販売してビジネスとすると同時に、チラシを一緒に配ったり、包装紙にアグロフォレストやフェアトレードのことを書いたものを使用したりして環境啓発活動を同時に行う。
そういう事業を現在準備中で、すでに第1陣のキッチンカー2台が納車済みです。

●保育園(セカエル)
セカエルは岩屋海岸地区の2つの建物で、「ああしたの森と海の学校」という名前を付けて福島の外で遊べない子供たちを迎え入れて海や自然の中で遊ばせたり、フライデー・フォー・フューチャー福岡のメンバーが合宿したりする場となっている。

更にこれから幼児教育の重要性からモンテッソーリ教育で自然の中でたっぷり遊ばせる保育園を1年以内に作る計画中です。
この保育園構想は、多くの主要メンバーがアズワンに研修に来た「結い村」も同じような思いをもっていて、それでは連携してやっていきましょうという話にもなっています。
247029533_4561459080610460_6410777696203529896_n.jpg

●アグリゾート
セカエルのある若松区でもすぐ近く、車で5分少々のところに近年立ち上げ、とても活発で隆盛している会員制オーガニック共同農園「アグリゾート」がある。

アグリとリゾートを一緒にしようという根幹発想です。
現在一般会員80名、農園キャパがいっぱいなので、それで打ち切ってお断りしていて、ウエイティングの人がたくさんいる。私もそのひとり。ほかに法人会員もいる。私は支援会員というのになっている。
十分コミュニティになっている。
オーガニック農園、そして共同農園というのはこの道の人は多くの人が構想するものですが、なかなかうまくいかない。成功までこぎつけるのはとても少ない。

設立者、責任者は小村さんという男性。
彼の構想力、人柄によるところ大です。
ここには、自然発生的に、学校部、食堂部、栽培部、自然栽培部、ハーブ部、山登り部、メディア部、養蜂部、加工部、、、等たくさんあり、イベントもやりたい人がやってて、しょっちゅう、講演会、ライブ、フェスが行われ、平日でもいつも人がけっこういて、とても楽しい。
月1万円弱の会費で、野菜をいつでも来て勝手に取り放題というのが基本。
地域通貨も発行しています。

みんなで農園、コミュニティを今までもこれからも作っていくというスタンスで、小屋やいくつもの建物が会員のボランティア工事でできていっている。
私も、電気工事ができる人がいないというので、プロの仲間を誘って、ボランティアで照明電気工事をしました。
みなさん、とても楽しくいい雰囲気なのが一番です。
そしてアグリゾートとセカエルとこれから連携してゆくともっとすばらしいものになるのではということで、セカエルがやろうとしている保育園とアグリの学校部とで、一緒にやっていけないかの話が始まっている。

更に中心メンバーが、アズワンを手本として意識してきており、中心メンバーの話ではアズワンのことが非常にしばしば手本、目標として出てきています。
もう、アグリゾートを、アズワン的にということで、「アグワン」と呼ぶようにもなってきています。

●時代は動きを加速させて
以上、私の近況です。
セカエルとアグリゾートそして結い村を連携させて、大きな動きへともっていければと思います。
このような団体の出現をみても、時代は進んでいる、そして加速していると感じます。
これからもっと加速させて、理想の社会の出現を、遅くないうちに見たいものです。
258515923_2400039686799760_4735612990236549329_n.jpg
- | -

新しい生き方【次の社会を現実に創り出す】実践者対談

熊本で10周年を迎えた三角エコビレッジ【サイハテ】の坂井勇貴さん・工藤シンクさんと、21年続くアズワン鈴鹿コミュニティの小野雅司さんが、現地熊本の【サイハテ】で初対面
252824035_3002471113352877_6980264867639602298_n.jpg
【坂井勇貴さんコメント】
アズワン鈴鹿コミュニティ×エコビレッジサイハテが知恵を交わす記念すべき時

都会型エココミュニティとして活躍する、創設21年のアズワン鈴鹿コミュニティから 小野 雅司 パイセンを招いて互いの目指す先、それをどうカタチにしていくかを語り合った濃密な1日。

自己の成長と、場づくりと言うと分かりにくいけど、例えるなら〝うちなる平和〟を体現することと、それを可能にする〝思いやりのシステム〟を同時に実践されて来たコトが、すごいと思ったし、めちゃくちゃ共感するコトだらけで学び多い時となりました!

252873423_3002471150019540_1923424895544366452_n.jpg
【工藤シンクさんコメント】
エコビレッジ、オルタナティブライフ界の重鎮にして大先輩、アズワン鈴鹿コミュニティの小野 雅司氏が熊本三角エコビレッジ サイハテに。

なんと深く、軽やかな人だろう。
色々が腑に落ちるような、まるで答えあわせのような、素晴らしいひとときでした。

250656800_10220214913023594_273881351693390832_n.jpg
若い世代を惹きつけて止まない【三角エコビレッジ サイハテ】と、20年以上研究を続けてきた【アズワン鈴鹿コミュニティ】
252698286_3002471156686206_3975947104694458564_n.jpg
どちらもコミュニティを作ることが目的ではなく、新しい次の社会を机上の夢に終わらせないで現実に創り提案していくこと、社会を変革していくことを実践しています。

【優しい革命】を共に作っていく仲間として、新しい記念すべき一歩を踏み出しました。
- | -

新連載【アズワンネットワークメンバーの近況】

今月から新連載【アズワンネットワークメンバーの近況】と題して、各地で活動するネットワークメンバーの今に焦点を当てて、紹介していきたいと思います。

紹介してほしい人や、サイエンズスクールのコースで、一緒だったあの人どうしてるかな? また私の近況をお知らせしたい!など、是非お寄せください。

第一回は、山梨県北杜市の木村浩昭さんです。
247721689_860715854611846_8225439074164128488_n.jpg
「自分を知る」 木村浩昭

私は、熊本県で海産物卸問屋を営む父のもとで生まれました。
熊本の大学を卒業後、親には背いて商売の道を歩まず、まちづくりの仕事がしたくて上京しました。

当時まちづくりを学ぶのに専門学校の環境デザイン科の夜学に通おうと思い、昼間は家具制作会社のバイトを始めましたが、そのまま丁稚小僧に入り家具職人になってしまいました。

その後、店舗やマンンションの内装工事を手がけ、平成元年に今の山梨県北杜市小淵沢町の八ヶ岳山麓にログハウスを作る仕事をするために移住しました。
ゆくゆくはこの地に理想のまちづくりをしてみたいという夢がありました。

27才の時に工務店として独立創業、経営も順調に伸び、創業15年で売上4億6千万に達成しました。
そんな折突然の出来事なのですが、雷の直撃を受け死にかけたことがキッカケで、今までの価値観が逆転してしまいました。

経済優先の人間至上主義の考え方から、地球や大地、環境優先の考え方に逆転してしまいました。
今まで家を建てるのに伐採した分以上の木を植えようと思い、突如木の実を拾い、苗木を育て、木を植えることは始めたのです。それが高じて森林再生のNPO法人の設立となり「種から家まで」をスローガンに1次、2次、3次産業を一本化した地産地消の地域循環型6次産業のモデルを構築して、通産省や国交省から助成金を受けるようになりました。

しかし活動を続けるうちに、本当に木を植えることで地球環境が良くなるのか? という壁にあたりました。
何箇所もつぶさに森林の植生調査をするたびに、日本の樹種数の多さには驚かされます。
約100㎡の小さなプロット内で、草木から高木に至るまで360種以上あるのです。ドイツは60種くらい、アマゾンの熱帯雨林に関してはさらに少ないとのことです。
ですから、アマゾンや砂漠した大地に木を植え、再生させることは有効ですが、日本の場合は皆伐しても自ずと元の森に戻る世界的にも希有な地力を持っているのを知ってしまいました。

そこで木を植える活動を一旦停止しました。本気で地球環境を良くするには、まずは人間の自然に対する意識と理解、そして自然との関わり方から変えていくことが先決と思い、先人たちがどのように自然と向き合って生活してきたかを学ぶためにミクロネシア、フィリピン、台湾の先住民族の地を渡り歩き、実際に彼らと共に生活しました。

そして47才の時、日本の森の民、先住民族アイヌの長老との出会いをキッカケに、会社やNPOなど全組織を引退して、更なる探求のため北海道に移り住むことにしました。
結局4年も北海道で暮らすことになりましたが、多くのことをアイヌの長老たちから学びました。
中でも世界中の先住民族の共通点なのですが、とにかくことあるごとに祈ることです。アイヌでは「カムイノミ」と言います。祈りこそが自然の神々と一体化する原点で、人間(アイヌ)の願いが無事に成し遂げられることへの予祝であり、そのための強力な集団意志宣言(誓い)だったのです。その名残が神道として受け継がれていることを知りました。

その後山梨に帰り、神道(古神道)の学びを始めました。
同時に理想のコミュニティーづくりを目指して、塩山市で農場を立上げ、ススキの野原の開墾から始めたり、微生物を使った土壌改良の実験をしたりしましたが、農業でコミュニティーを運営していくのは私のような素人には経済的に厳しいことを体験しました。

そんな折、アズワンコミュニティーの知人を訪ね、アズワンセミナーに連続で参加させて頂き「社会を知るコース」まで受け多くの学びを得ました。

がやはりまだ独自のコミュニティーづくりを諦めきれなくて、次に取り組んだのはデジタル工作機械を使った物作りです。自分たちで使う物を自分たちで生産し、同時に販売して利益を出しコミュニティーを運営していく作戦でしたが、実際に中国製品との価格差を埋めることはできません。
ネットを使った物販にも取り組もうと挑戦しましたが、中々思うようには行きませんでした。

大学時代のまちづくりの夢から始まって、理想のコミュニティーづくりまで30年、今まで色々と探求し、取り組んできましたが、金銭的にも底をつき、今年の6月にそれらの思いを断念しました。
しばらくは、糸の切れたタコ状態でほとんど何も手につかない状態でした。

とりあえずは、目先の現実として家族を養っていくのが先決ですから、セブンイレブンかヤマト運輸でも面接に行こうかと思ってました。
そんなとき、知り合いの工務店の社長から「木村さんは時間を切り売りしたらいけない」と怒られました。
そして、うちで売りたい商品があるのでそれを販売してくれませんかと言われました。
それをやるにあたって、その社長は私に次のような二つのお願いをしました。
(以下、原文)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

木村さんには二つお願いがあります。

ひとつが、「自分の考えが正しいと思わないこと。」
二つ目が、「過去(今日より前)のことは良いことも悪いことも忘れること。」

この二つ心に置いてやってみてください。
心が軽くなり、自由になれます。
そして新しいことを学び、吸収できるようになれます。

私はそう思ってやっています。
間違っているかもしれません。
でも、間違っていたら直せばいいだけですので気楽です。

人を良くしようと思わなくても、自分が良くなれば周りも良くなります。
焦る必要はなく、自分のペースでやるのがベストです。

よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分を見失い気味だった私は、この言葉に救われました。

今まで私は、森林再生の環境活動をしたり、農場や林業をしようとしたり、コミュニティー運営のために事業を回そうとしたり、自分の周辺をなんとかしなくてはとばかり考えていました。

今それらにこだわらなくなることによって自分がすることは、「自分を探究し、経験し、自分とは何か! を知っていくこと」、それが一番大切なことだったと気づきました。

そうしたら不思議なことに今までうまく行かなくて滞っていたことが、また新たに進み出す奇跡が起き始めました。

今思うと、幸せな社会ができないのは社会の問題とか、教育とか、政治とか、日本の社会構造そのものが少数の意見を抑え込み正しい取り組みにブレーキをかけていると思い込んでいましたが、実はそのブレーキをかけていた張本人は自分自身でした。すなわち、「自発的服従」であり自作自演だったのです。

また、環境活動において地球を救おう!と言ったりしましましたが、実は地球は助けてとは一言もいってないのです。地球誕生以来、惑星の衝突時代は炎の星、全面結氷のときは氷の星、色んな状態にあっても平然と自転を続け太陽系の軌道を逸脱せずに周りつづけています。地球は何があろうとびくともしません。

逆に救うべき対象は人間そのものであり、そのためにはまず人間一人一人が自分を知り、良くなることから始まるのではないでしょうか。

毎日が楽しく面白くなってくると、自然と創造の力が湧いてきて自分の生産性も上がってきます。
それが周囲の経済につながり、自分にお金が帰ってきます。

一人一人が自分らしく本来の姿で生きながらにして経済効果も生まれるとなると、次の新しい社会への希望とヒントが見えてきます。

2019年正月にBS1スペシャルで放映された、「”衝撃の書”が語る人類の未来~ホモ・デウス~」 で、インタビューアーが著者のハラリに向かって、私たち人間が未来に向かってやるべきことは何でしょうか?という質問に対して、

最も大切なことは、自分自身を知ることだと思います。

月並みかもしれませんが、自分が何者であるのかを理解することです。

テクノロジーを追い求めるだけでなく現状に満足する方法を学び、自分の内なる考えを深く理解することに時間を使うべきなのです。

あなたの心はどんな声を発していますか?

あなた以外にあなたを理解できる人は誰もいません。

他の誰もあなたの頭の中をのぞいて見ることはできないのです。

とキッパリと返答したのを今でも明確に記憶してます。
今はその意味が少し分かりかけてきたと同時に、アズワンの「自分を知るコース」にもう一度参加してみようかなと考えている今日この頃です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

木村浩昭
- | -

若者たち 鈴鹿の里山でキャンプ開催

GEN JAPAN主催ガイアエディケーションに参加した若者たちが中心となって、鈴鹿の里山で【GAIAキャンプ】が開かれました。
26373.jpg
里山でキャンプを張って寝泊まりし、昼間には鈴鹿コミュニティの見学なども織り交ぜ、夜はサイエンズメソッドを使った探究会をしました。
26374.jpg
キャンプに参加した19歳の大学生、環ちゃんが感想をレポートしてくれました。

Gaia Education 2021の仲間と企画したGaia Camp。

作り手・参加者がそれぞれに思いや願いをもって集まる中で、“同じように今の社会に違和感を持っている同世代がいる、安心して本心で生きられる社会を本気で実現しようとしている人がこんなにいる、その安心感に触れてほしい”そう願って私はこのキャンプに参加しました。

1日目、夜の探求の時間。ほーちゃんが涙を流しているのを見て、彼女の隣にひろこさんがいてくれるといいなと思い、相談して場所を変わった。そばにいてくれる人の温かさや安心感があるといいなと思った。りょうさんが「清々した~」と共有し、そこにいるみんなも笑い飛ばしたり清々したりしているのを見て、軽やかな空間だな~と思った。

 2日目、朝の心地よい陽の下で音を鳴らすけんちゃんとおーちゃん、その音を聴く周りのみんな。穏やかな時間だな~と思った。夜の探求の時間、みんなの盛り上がりについていけてない、話を聴けてないと思っていたところで小野さんが話を振ってくれて、みんなにシェアした。みんなの声が聴こえてきて、心地いいな~と思った。

 3日目、振り返りをする中で、キャンプに関わってくれている人、見守ってくれている人が沢山いることを感じた。うれしいなと思った。
 そばにいてくれる人の温かさや安心感、軽やかな空間、穏やかな時間、声が聴こえる心地よさ、人の中で何かができる嬉しさ。“この感覚に触れてほしい”そう願って参加したけれど、 “この感覚に触れていたい”という願いが自分の中にあったんだなと思いました。

 みんなの姿や変化を見ているようで、自分の姿や変化を見ているような感覚。言葉を交わしているようで、言葉ではない何かを共有している感覚。人が寄って、そこに流れが生まれ、繋がっていくような感覚。あたたかくて穏やかで軽やかな場所にいるような心地よい感覚。キャンプで感じた感覚たちを大切にしたいと思いました。(環)
244981486_10226928557016876_2494968607647584930_n.jpg
若い子たちとのキャンプ終了。
今夜のお題は、
本心で生きるとは?
一人一人の素直な気持がみんなの中でどんどん出てきて、いろんな心の制限にみんなが気づいて大笑いになる。
人生にとって本当に大切な問いに向かい合い、自由に何でも出し合うことで、あっという間に一人一人がみんなの中で成長していく。
ともに成長していく。
繋がっていく。
心で感じ合っている。
未来が見えて来る。
テントを打ちつける雨音に時折り声も聞こえない大雨が降ったが、探究が終わる頃には雨も上がった。
日本の夜明けは近い、というか
日本の未来はやばい(笑)
(レポート三木 スタッフで参加)
26380.jpg 
- | -

【個々で頑張る暮らしから、不安のいらない安心した贈り合いの生き方へ】

【個々で頑張る暮らしから、不安のいらない安心した贈り合いの生き方へ】
<アズワン鈴鹿コミュニティ、200人の仲良い大家族の暮らし方>

10月6日にオンラインでお話し会が開かれました。
65534.jpg
主催したアズワンネットワーク、倭翔輝君からの案内文を紹介します。

【個々で頑張る暮らしから、不安のいらない安心した贈り合いの生き方へ】

個々で頑張る暮らし。
個々でやるのが当然。という意識の状態からかな?

一緒にやってほしいって言えない。ってのもあるかな?
給料や時給で、やることを区分けしちゃった影響もあるかな?

自分のことは自分でやる。相手には干渉しない。自己責任。自分の成果。
いつからそんな寂しい生き方を人はするようになったんだろう。

でもほんとは、人のことが気になって仕方なくて。
ほんとは、人と一緒に居たくて、人に愛情を傾けたいのが本音で…
そんな風に素直に、そのままを表せなくなっちゃっただけで、消そうにも消えない人間としての「欲求」がある。

そして素直になってみたら、案外みんなも同じように思ってて、愛情を贈り、ものを贈り、技術を贈りってしてたら、やっぱりというべきか
相手ももらう側も、うれしくて、贈り返したくなっちゃって。気持ちを、能力を、お金までも贈り合いになっちゃって。
で、気づいたら終わりなき贈り合いの生き方になっていく。

これは夢物語かな?
実現は不可能かな?

ほんとにそうだろうか、まぁやってみよう。ってなった人達がいた。そしてコミュニティ化していった人達がいる。
そんな人達のお話会。

10月6日20時から。
個々で頑張る暮らしから、不安のいらない安心した贈り合いの生き方へ。

244639835_4393150714125677_4363569795302014460_n.jpg
今回は、全国各地から26名の人たちが参加して「贈り合いで営まれるコミュニティ」を通して、本当はどんな暮らしがしたいかな?と一緒に考えていきました。

「子育ても、家族単位でなくコミュニティのようなところで、みんなでできたら安心だと思う」
「お互いが家族のように思い合えるとは、どんな感じなんだろう?また、どうしたら、そういう関係になれるのかな?」
「メリットやデメリット、利害ややることでの繋がりが、日常は多い気がしますが、本当は安心できる繋がりを望んでいるように感じました」

などなど、後半は4班に分かれて感想などをシェアしながら、深め合う時間になりました。

またこれからも、一緒に考えるお話し会を設けていきたいと思います。
- | -

『熊本からの便り』 アズワンセミナーその後

昨年6月のアズワンセミナーに一緒に参加した森岡良子さん。

今でも同じセミナー参加者同士で交流が続いていて、そんな仲間のオンラインの会で、良子さんから「熊本にUターンしてきた娘夫婦と、0歳から150歳のがっこうって場所をつくり始めたよ。」そんな声を聴いて、もう少し詳しくお話を聞かせてもらいたいと思った。
242320366_4110434362415711_1737690892400186506_n.png
娘さんご夫婦も2年ほど前にアズワンセミナーに参加されているということで、お名前は伺っていて、アズワンネットワークの事務局でも「元気にやってるかなあ」と話題になった。

 早速、中山真生さんに連絡を取って、オンラインでお話することになり、当日は良子さんが、真生さんたちの住む古民家に寄っての歓談。

「0歳から150歳のがっこう」

良子さんの娘さんの中山真生さん、旦那さんの直之さん。
お子さん二人を連れてUターン。古民家を直しながら、作業する仲間も募ったり、ごはんを一緒に食べたり、この夏はサマースクールを開いたりして、活動を始動しているそうです。

「子どもとか大人とか関係なく、どんな相手からでも、どんなことからも学ぶ素直さと、やさしさを持ち寄って、互いの成長を見守り合うような場になっていったらいいな」と。

 良子さんも「わたしはできること見つけてお手伝いよ~」と言いながら、楽しんでいる様子。
242228469_280439353757584_7315285539354371653_n.jpg
まだまだ暮らすための家の改修作業が続いていたり、鈴鹿で感じたような、内面を大切にするような仲間とのつながりがつくっていけるか、経済的に成り立たせていくには、、、いろいろ思うことはあるようでしたが、そういうこともルールや目的、常識に縛られることなく、楽しんで作っていけるといいなと思いました。

良子さんとの繋がりで、真生さん直之さんとも知り合い、今後も交流しながらやっていけそうです。
242426349_574929643755088_1143718218726391807_n.jpg
「誰もが本心で生きられる社会を願って」

各地でつながる仲間が、そのつながりを感じながら、日々の暮らし、活動を展開していくことで、人の内面を大切にする社会のベースができていくように思います。ネットワーク活動の展開がますます楽しみになってきました。
                
レポート:増田力也
- | -

9月 アズワン京都ミーティングに集まりました。

毎月開催の【アズワン京都ミーティング】

今月は開催数日前に、急遽オンラインでの開催になりました。
オンラインになったことで、浜松から今年の1月に鈴鹿コミュニティに移住した、増田力也君も初参加。

ミーティングの感想を、増田力也君がレポートしてくれました。
スクリーンショット (57).png
今日は、オンラインで行われたアズワン京都のミーティングに初参加しました。

他にも初めて参加する人もいて、自己紹介と最近の様子を出し合うところから始まり、探究テーマとしては「最近、(相手が)ちゃんとやってない と思ったこと」をボードに書いて出しあいました。

スクリーンショット (56).png
暮らしのなかでのそれぞれの場面を和気あいあいと出しながら、それはどうなってるのかな?と見ていきました。

京都のミーティングでも初めてのオンライン開催でしたが、約3時間があっという間に過ぎて、「もう少し時間あってもよかったなー」という感想も聞かれました。

普段、誰かに「もっとちゃんとしてー!」と、普通のこととして過ごしていることを立ち止まり、見て「あれ、どうなってるかな?」と見えてくるものがあったかな。(増田力也)

スクリーンショット (60).png
「次回は○○さんの家でやるのはどうかな?」という声が出て、「うちはいいよー、でもその前にちゃんと掃除せなあかん」「ちゃんとせなあかん出たー!」と笑いながら、ちゃんとって何?その前に、自分は何を願っているのかな?どうしたかったのかな?と、振り返ると「ちゃんとやらなあかん」と思っていたことへの、見え方が変化していくのが面白いミーティングでした。
- | -

8月 アズワン神戸ミーティング オンライン

本日の午前中、毎月定例となりつつある「アズワン神戸ミーティング」を、兵庫・三重に緊急事態宣言が発令されたこともあり、急遽オンラインに変更して、行いました。
240838938_1644450249097908_7002392123557360349_n.jpg

オンラインでの探究会形式のミーティングは、関西でのネットワークミーティングとしては初の試みであり、対面で行うように探究が進んでいくのか、少し不安なところもありましたが、特に違和感もなく、それぞれの意見を聴き合いながら、また自分の内側に向かう時間となりました。
(勿論半年近く毎月集まり、何でも話し合える雰囲気が醸成されてきてたことがあったから、っていうのもあると思いますが。)
240895043_1644450319097901_4115713517327776550_n.jpg
1ヶ月空いたこともあり、チェックインからすごく盛り上がりました。
日常の中では、どうしても現状の社会の「人間の考え」や、ウン十年築いてきた自分の強固な「こだわりやキメつけ」に引っ張られ、「実際はどうなっているのか、本当はどうしたかったのか」、と内面や実際の方に向きにくくなってしまう部分もあります。
でもミーティングの機会により、「自分の価値観・基準でそうなってたのか…」「本当はこう思ってたのに…」「してほしくないだけなのに、してはダメになってた…」と思考や内面がどうなっているのか気づきやすくなったり、自分の本心に触れやすくなっている実感があります。
そしてまたサイエンズのコースに誰かが行き、一人ひとり気づきを得て、それをミーティングに「持ち帰って」くる…
そういう循環が生まれてきてるようにも思います。
オンラインでもできる、となってくると、さらに可能性が広がっていきますね。
「まずはやってみる」と実験しながらやってきていますが、これからも続けて色々やっていくのも楽しみです。
- | -

横浜・葉山【アズワンお話し会】開催しました。

横浜ウェル洋光台と、鎌倉葉山で【アズワン鈴鹿コミュニティって、どんな社会?】のお話し会を開催しました。

アズワン湘南 お話し会実行委員の皆さん
240765737_4703444279677392_4419056827277591776_n.jpg
たくさん申込みしてもらったのにも関わらず、この状況下リアルは大幅に縮小して、ONLINEメインの開催になりましたが、それでもたくさんの皆さんに参加してもらって、湘南の熱い息吹を感じました。

横浜ウェル洋光台でのお話し会の様子
240737511_4703444579677362_5928780358000732987_n.jpg
横浜ウェル洋光台でも、葉山でも話しを聞いた後のディスカッションでも、活発な質問がたくさん寄せられて、それぞれが願っていること、実現したいと思っている社会を話し合いながら、熱い夜になりました。
1629928929785.jpg
葉山のお話し会は、急遽リアルからオンラインに変更になりましたが、30名以上の皆さんが参加されました。
Screenshot_2021-08-25-22-23-39-28_1843fd3f74f49144123f76a000cd5e7e.jpg
8月27日(金)オンラインのお話し会があります。こちらからご確認ください。
- | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>