愛知県長久手市の株式会社「貊村(みゃくそん)」を訪ねました

4月26日(水)、愛知県長久手市にある株式会社貊村(みゃくそん)さんでのお話会に参加しました。貊村は、生産者と消費者が出資して株主となり、利益を出さなくてもよい新しい株式会社の試みをされています。発案者の安岡唖樵さんは、2回ほどアズワンを訪ねて来られたことがあります。今回は、初めて会社を訪ねることができました。

北川さんのFacebookから紹介します。
アズワン留学経験者の、よっしーこと吉岡翔一郎さんがトランジションタウン浜松のお話会をするにあたって、主催の作野桂子さんから特別ゲストとして招かれました。桂子さんとは、昨年6月に春日井でのお話し会に、よっしーと私が行かせてもらって以来のつながりです。その一週間後には、ご主人やお子さんと探訪Dayで鈴鹿コミュニティに来られたことがあります。
今日の会場の貊村さんは、有機オリーブオイルの販売をしていますが、消費者と生産者がつながって利益を出さなくてもよい会社です。発案者の唖樵さんは、アズワンに来られたことがあります。今回訪ねることができて、これからもっとつながっていけるのが楽しみです。


- | trackbacks (0)

歴史的一歩 ガイアエデュケーション開幕

スタッフと参加者
4月21日、ガイアエデュケーションがスタートしました。持続可能な地域づくりを実現するためのユネスコ認定の教育プログラムです。
この半年間に渡って、一緒に歩んで行く皆さんが、期待にワクワクドキドキしながら全国から集まってきました。参加者とスタッフの皆さんで記念撮影。

弘子氏とジョバンニ
初日、オープニングセレモニーと公開講座が開かれました。
講座には、アズワン鈴鹿コミュニティの人たちや、遠方からも大勢の皆さんが詰めかけました。
GEN-Japan代表・片山弘子さんの挨拶で始まり、続いて、ガイアエデュケーション副代表のジョパンニさんを紹介。この日のためだけにメキシコから駆け付けたそうです。

ジョバンニさんアップ
ジョバンニさんは、「エコロジーは芸術」という哲学概念でエコビレッジ「Huehuecoyotl」の共同創設者。講座では、今のガイアエデュケーションの世界の動向をプレゼンしてくれました。

ジョバンニ2

会場と

プレゼンの最後に、参加者を讃えて――
「想像さえ出来ればそれを作ることが出来ます。一番大事なのは、自分の生きている地域で何ができるか? という視点です。メキシコで私たちがやっていることと、日本のみなさんの現場では、環境も社会条件もまったく違います。しかし、私たちは一つの先祖から生まれた一つの人類です。この思想はガイアの大事な柱になっています。今から、こういう新しい方向に向けて努力が必要で、歩み続けていくことが大切です。日本の皆さん今日はおめでとうございます。」と締めくくりました。
- | -

「謎」が「謎」のまま…社長係のラジオ出演と東大阪経営セミナー


「おふくろさん弁当の話を聞きたい」-―そんな声が止みません。
お声がかかればどこへでも(?) 社長係の岸浪龍さんはご要望に応えて出かけていきます。今回は、サッキーこと社員の崎久保裕子さんも同行し、大阪へ。
ゆめのたね放送局でラジオ収録と、夜は東大阪の中小企業経営者向けセミナーで講演がありました。


さて、その様子をラジオパーソナリティーの池田麻矢さんがご自身のFBで興味津々に語っています。ここに転載させて頂きました。
- | -

ユネスコ認証 ガイア エデュケーションまもなく 開催

gaia.jpg
いよいよ今週末から、ユネスコ認証の教育プログラム「ガイアエデュケーション」が、アズワン鈴鹿コミュニティをスタート会場に開催されます。コミュニティメンバーへの説明会も開かれ、プログラム内容にも共感しながら、成功への願いや期待が高まっています。いま、受け入れ準備も進行中。その一端をコミュニティメンバーの宮地さんのブログから紹介します。
「ガイアエデュケーション」って何?

- | -

長野市戸隠の「ゆったり庵」を訪ねてゆったりしました

4月14日から15日にかけて、北川さんが長野市戸隠にあるゆったり庵を訪ねました。戸隠連山のふもとの山あいの地で、まだ雪が少し残っていました。ここでも、アズワン探訪DAYを一つのきっかけとして、人の気持ちを大事にするコミュニティづくりが始まろうとしています。
北川さんのFacebookから紹介します。
長野市戸隠の「ゆったり庵」を訪ねました。昨日午後2時から、今日午後2時まで、まさにゆったり過ごさせてもらいました。
きっかけは、昨年シャロムコミュニティで住人の諏訪さんご夫妻や仲間の方たちに出会ったことでした。そして、この2月末にその仲間の方たち9名で、アズワン探訪Dayに来られました。今回は、仲間のおひとりの関さんのお世話で、こちらから行かせてもらいました。まだアズワンに来られてない方も含めて、2日間かけてこれまでのことやこれからのことを語り合いました。ゆっくり時間をかけて、人と人の関係や人の気持ちが大事にされるコミュニティができていけたら、そのお手伝いをさせてもらえたら、と思いました。
写真にあるゲルは、諏訪さんの自作で、少し離れたところにある木工所で製作しておられます。写真では、よく分からないですが、北アルプスも望めるきれいな山里の環境です。
- | -

安曇野シャロムコミュニティにて、アズワンお話会をしました

4月14日(金)から翌日にかけて、北川さんが安曇野のシャロムコミュニティを訪ねました。昨年の4月と11月に続いて、3回目の訪問になります。14日夜は、スタッフの人たちを中心にしたお話会が開かれました。昨年から引き続いての人たちが核となって、コミュニティづくりが進められてきています。
シャロムコミュニティは、今週からいよいよ始まるガイアエデュケーションの第3回、6月の会場でもあります。
北川さんのFacebookから紹介します。
昨日移動して、シャロムコミュニティーで一泊しました。夜は、シャロムのスタッフの人たちとアズワン鈴鹿コミュニティーについてのお話し会をしました。
若い世代の15名くらいのスタッフが、これからコミュニティをつくっていこうとしています。昨年11月のお話し会のあと、アズワンを参考にした取り組みが始まっていることなど聞かせてもらって、とてもうれしかったです。何かをやることもあるけれども、人の気持ちを大事にしようという、そういう空気が出てきているのを感じさせてもらいました。
ここも、6月のガイアエデュケーション会場になります。ますます楽しみになってきました。
- | -

カフェスローでのおふくろさん弁当講演会 参加者の声②

4月1日、東京国分寺カフェスローさんで開催された、「おふくろさん弁当」社長係の岸浪龍さんの講演会に参加された、もうひと方の感想を紹介します。



【2017年4月1日はこちらから】
2017年度スタートは、おふくろさん弁当社長係り 岸浪 龍さんのお話会から。
- | -

カフェスローでのおふくろさん弁当講演会 参加者の声①

4月1日、東京国分寺カフェスローさんで開催された、「おふくろさん弁当」社長係の岸浪龍さんの講演会に参加された方の感想を紹介します。



- | -

ついに始まった「結い村」、1ヶ月の節目に訪ねました

4月2日の夕方、直方市に新たにできた結い村を訪ねました。
3年前からずっと交流のある、えこわいず村が新築移転して、3月初めにオープンしました。木造組み立て式では日本で最大級となるドーム型のお店で、2階部分がいろんな用途で使えるスペースとなっています。この1ヶ月で知名度も上がり、遠方からのお客さんも増えているそうです。
北川さんのFacebookから紹介します。
昨夕から、新たに始まった結い村を訪ねました。えこわいず村も、ドーム型の素敵なお店に移転オープンしてます。お酒の販売も始まってました!
昨夜は、3年前の持続可能な社会づくりカレッジ以来、ずっとつながってきたメンバーとじっくり語り合いました。もっと自分自身が楽になって、心のほわっとする場にしていきたいなぁ。そうなっていくために、一歩づつですが進んできているのを感じました。




結い村についての詳しい案内はこちらをどうぞ
結い村
- | -

アズワンネットワーク福岡、いよいよ始動します

福岡市東部から、古賀市や宗像市などを含む地域では、昨年くらいからアズワンに関心を持つ人たちが急速に増えてきています。アズワンお話会が継続的に開かれていて、多い時には40名以上が参加しました。アズワンセミナーへの参加者も増えてきて、鈴鹿に移住する家族も出てきています。そこで、いよいよアズワンネットワーク福岡が立ち上がることになりました。
4月2日は、その主だった人たちの話し合いの場がありました。
北川さんのFacebookから紹介します。
今日は、福岡に来ています。
泊めてもらった宗像市の井上たもつさん宅で、本心を言えるにはどうしたらいいかなどを、じっくりと話し合いました。
福岡東部では、こういう探求の場と仲間づくりがすでにできています。そして、先月のセミナーに参加した豊田高子さんが連絡窓口となって、いよいよアズワンネットワーク福岡も立ち上がりました。
- | -
<< 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >>