ガイアエデュケーション第3回、シャロムコミュニティで開催

4月から始まったガイアエデュケーション2017の第3回は、昨年からアズワンネットワークとつながりのある安曇野シャロムコミュニティを会場に、16日(金)から18日(日)まで開催されました。
パーマカルチャーの思想とデザインをベースにした、臼井健二さんと朋子さんの40年近くの実践の場であるシャンティクティとシャロムヒュッテの両方が会場でした。2泊3日を通して、講義だけではなく体験による学びも多くて、年月をかけて循環と調和が実現されてきている現場に身を置くことにより、参加者にとって深く感動しながら学ぶ機会となったようです。

最後にシャロムヒュッテ前にて

初日から2日目午後まで、シャンティクティにて

シャンティクティの朝は、みんなで野草を摘んで、調理をして、美味しくいただきました


今回「グローバル経済と私たちの生き方・暮らし方」というテーマで講座をしてもらった、参加者でもある宇佐見博志さんのFacebookから紹介します
長野県安曇野に来ています。
ユネスコ認証の教育プログラム「ガイアエデュケーション」の3回目の合宿は、シャンティクティとシャロムコミュニティで、各1泊しています。いずれも臼井健二さんと臼井朋子さんご夫妻が立ち上げ、運営・管理されているところです。
今回のテーマは「自然とつながる生き方」。
パーマカルチャーに基づき、エネルギー・水・有機物という切り口で、どのように循環しているかを学ばせて頂きました。
講師として「グローバル経済と私たちの生き方・暮らし方」というテーマで講座もさせていただき、今思っていることをお伝えできました。
参加者の皆がとても仲良くて、刺激もあり、楽しく過ごしています。
各地への広がり | - | trackbacks (0)

こころを満タンに―「叱らなくていい子育てセミナー」2 反響は?



大人も子どもも、「こころを満タンに」――
「叱らなくてもいい子育てセミナー」の参加者に、とっても響いた言葉だったようです。アンケートには――

「自分のこころをまずは満タンにしていきたい」
「満タンの時間を家でもつくりたい」
「褒めも叱りもしない、ただ心を満タンに。目からウロコでした」
「まんたん、是非活用したい、家でも会社でも」
「すぐにでも実践したくなるお話でした」
……と感想がたくさん寄せられました。

誰にでもある「こころ」だけど普段は、ちょっと置き去りにされているのでしょうか。「こころ」よりも、「やること」や「しなければならないこと」が優先されていることが多いでしょうか。このセミナーをキッカケに、本当に大切なものを見なおしていきたいものです。

参加した方々が、それぞれ自身のフェイスブックなどに感想を載せていました。そんなコメントを紹介させて頂きます。
新間先生もブログに今回の感想を綴っていましたので、それもここに掲載しまた。

各地への広がり | - | trackbacks (0)

「叱らなくていい子育て」(1) こころを満タンに!



現役小学校教師の新間草海先生と「おふくろさん弁当」社長係の岸浪龍さんによるコラボ企画「叱らなくていい子育てセミナー」が、6月10日、鈴鹿カルチャーステーションで開かれました。テーマへの関心が高かったようで定員を超える参加者で当日を迎えました。その様子を浜松から足を運んだrikimasuさんのブログ記事から紹介します。(編集部)


なぜあなたは叱るのか?
各地への広がり | - | trackbacks (0)

福岡にて、小野さんの持続可能なコミュニティづくりお話会

6月7日(水)は、福岡市東隣の新宮町にある「シーオーレ新宮」にて、小野雅司さんによる「持続可能なコミュニティづくり」のお話会がありました。限定した人数を上回る参加者の方たちで、関心の高さが示されました。

はるばる長崎から参加した、小泉容子さんのFacebookを紹介します。
【持続可能なコミュニティ作り】
アズワンネットワーク鈴鹿の
サイエンズ研究所は、どうやったら人が人を
大切にする社会が作れるのか、
ずーーーーーーーーーっと研究して
実験している。

17年間も❣️

前回鈴鹿に行った時にも、
インタビューさせていただいた、
小野 雅司さんのお話会に参加。
どうにかアズワンのようなコミュニティが
世界に広げられないか、
という意図を持って
チャンスがあれば、ウロチョロ学んでいる。

お金とか物とか、決まりとか宗教とか
人間が作り出したもので
便利なものはたくさんあって
本当に役に立つけど、
お金や規則が最も大事で
そのために人を大切にできない
人と人が生み出したものの
重要度の上下が逆になっている社会は
やっぱり住みにくい。

そう思ってる人って多いよね。

でも、仕方ないさ、と諦めた人も多い。
サイエンズ研究所の小野さんたちは
諦めなかったんだよね。

途中で沢山の沢山の困難があっても、
投げ出せなかったんだよね。

愛だよなぁ、愛。
と、涙ぐんでしまうよ😢
人が人を大切にできる社会。
責めない。
認め合う関係。
アズワンで実際にできている例があるから、
私たちも実現可能なんだ!
って信じれる。
それは平和な世界だと思うんだ。

まだまだ具体的には、何をするか
明確には見えてないけど、
ずっと意図をもって、
このあたりをウロチョロしてれば
何かが見えてくるはず。
アズワンみたいな世界で生きたい人は、
一緒にウロチョロしようね❣️
今日のお話会のオーガナイズ、
ご参加の皆さん、
ありがとうございました




各地への広がり | - | trackbacks (0)

アズワンネットワーク筑豊+北九州で集中検討会

サイエンズ研究所の小野雅司さんが、6月5日(月)から8日(木)まで九州に出かけました。
まず、5日から7日にかけては、豊前市の石田恵一さん宅にて、2泊3日の集中検討会がありました。筑豊から北九州にかけての地域からは、2年前から多くの人がアズワンセミナーやサイエンズスクールのコース、また持続可能な社会づくりカレッジや経営カレッジに参加しています。そして、実際はどうなんだろうと探っていくミーティングも開かれていますが、今回は集中して探求するいい機会となったようです。
小野さんのFacebookから紹介します。
福岡県豊前に来ています。
アズワンネットワーク筑豊+北九州の2泊3日の集中検討会に参加させてもらっています。
自覚を養いつつ、実際はどうか?本来はどうか?と探って調べていく文化が始まっているのを感じます。
この2年間の、人の成長、関係性の成長を嬉しく思います。
これからの進み方も楽しみ!
各地への広がり | - | trackbacks (0)

大阪で、おふくろさん弁当経営セミナーが大好評!

大阪梅田の駅前にあるグランフロント大阪にて、7日(水)の午後と夜に、おふくろさん弁当社長係岸浪龍さんによる経営セミナーが開催されました。どちらにも、会社社長や団体代表の方たちなどに多く参加してもらい、とても好評でした。
引き続き、おふくろさん弁当の経営に学ぶ研究会が開かれるような動きが始まっています。

その様子について、Facebookから紹介します。
NHKの働き方革命で取り上げられている「おふくろさん弁当」の岸浪龍社長の「経営者セミナー」と「講演会」を実施しました。事前に本を読んで下さって参加された方も多く、活発にご質問を頂き、皆さまの関心・共感の高さを感じました。

私が2年間お世話になっている人持ち人生塾の横井塾長や塾でご一緒する経営者の皆さま、大学時代の親友、チェンジ・ザ・ドリームのファシリテーターやトランジションタウンの仲間、アクティブホープなどのプログラム参加頂いた仲間、今回初めてお目にかかったご友人の紹介者の方々など、多くの方にご参加頂き、深く感謝しています。

これをきっかけに「おふくろさん弁当」のような親しみでつながる会社に舵取りをする方法を学ぶ研究会を立ち上げます。どうぞご期待下さい。

大阪梅田グランフロントの会場を予約下さった川田 照義さん、中川 容子さん、廣瀬 公尚さん、受付ご担当の風 かおるさん、三重県鈴鹿市のアズワンネットワークの 北川 道雄さん、皆さまのご協力のおかげで実現しました。お礼申し上げます。(主催者の宇佐見博志さん)

各地への広がり | - | trackbacks (0)

動画「ママ変わった!」―アズワンセミナー参加者に聞く



ゴールデンウイーク中に開かれた第3回アズワンセミナーに参加したKumikoさんに感想を伺いました。
セミナーから戻ると子どもたちに「ママ、変わった!やさしくなった!」と言われたそうです。「子育て中のママさんたちに是非おススメ!」とも。どんなセミナーだったのでしょう?

各地への広がり | - | trackbacks (0)

東アジア地球市民村@神奈川県藤野にアズワン参加



5月27日から29日にかけて、東アジア地球市民村が神奈川県藤野で開催されて、アズワン鈴鹿コミュニティからも、サイエンズ研究所の小野雅司さんと、韓国から留学中のジンちゃんとフンミちゃんが参加しました。アズワン鈴鹿コミュニティの紹介もあり、東アジアの人たちに響くものがあったようです。



以下、フンミちゃんによるレポートです。

5月27日から29日の2泊3日間、日本シュタイナー学校とトランジションタウンがある神奈川県藤野で第4回東アジア村の行事が開かれました。日本、中国、韓国、台湾、東アジア4カ国でエコ生活をメインにお互いの活動などを共有し、新しい出会いの中で未来をイメージするために、毎年開催されています。
中国では今まさに市民活動、エコロジー運動などがはじまりつつあり、学びへの熱意が感じられる時間でした。



アズワン鈴鹿コミュニティーも初日10分間のプレゼンテーションと二日目の午前のワークショップを担当し、アズワン鈴鹿コミュニティの誕生プロセスと現在を紹介する時間を持ちました。

鈴鹿コミュニティの多様な姿を通じた反応ですけど 参加者達がもっと知りたくなって、本当にどんなところかという興味が起きる時間だったと感じました。

東アジア各国の様々な人との出会い、お互いの考えや願いをシェアする時間を持ちました。この縁が種子となって「ひとつ」に実現していく一歩になればと願っています。
各地への広がり | - | trackbacks (0)

中国からの来訪者「わがままでもコミュニティは作れる?」



中国にエコビレッジを

「グローバルかナショナルか」で世界はぶつかり合っている、という先回の辻さんのお話でしたが、グローバル化が進む中国から先日、アズワン鈴鹿コミュニティに来訪者がありました。
中国でも貧富の格差や都市化による自然破壊などで、エコビレッジに関心を向ける人たちが増えているようです。そんな中で、中国広州にコミュニティを作ろうという6人と、上海でエコビレッジを推進する韓国のキムさん、その日本の友人ら8人が1泊2日で訪れました。動機の一つに、「中国人は個人主義が強く、自己主張や我がままでもある。そんな私たちに合ったコミュニティはないか、探している」ということでした。



夜はコミュニティの人たちと懇談会をしました。
中国には仏教的、思想的な土壌があり、生命やいのちのことによく精通し、宇宙自然の摂理などの知識は豊富でした。ところが思想や知識があっても、人と人のつながりや関係性がよくなるわけではないことも分かっているようで、そこをもっと学びたい、とそんな方向に進んでいきました。
各地への広がり | - | trackbacks (0)

「自分を大事にすること変わること」辻信一さんのお話④


辻さんのお話も4回目(最終回)です。記者としては意外な展開になりました。会場にいたセブンゼネレーションの代表をつとめるヒロさんの質問からです。

「最後に示された、ローカリゼーションの流れをどう作っていったらいいか、既にあるその流れが社会に影響を及ぼしていくには、どこからアプローチできるのか考えています。辻先生は、こういう思いの人たちが、どうつながり、どこに力を合わせて社会を変えていくのか、世界を変えていくのか、その一番最初のポイントはどこだとお考えでしょうか?」

自分を大切にすること

ヒロさんの切実な問いかけに辻さんも誠実にこたえます。

「今の質問に、完璧な答えはありません。僕には実際ない。僕も同じように悶々と考えてきた一人です。でも、一つ言っておきたい、とても大事なことはですね、“自分を大切にする”ってことだと思うんです。僕は若い時からいろんな運動に身を投じた。時には、心も暴力的になったこともあります。人に敵対するエネルギーに駆られた時もある。今思うのは、この世の中を思いやったり、社会を思いやったり、他の人について思いやったり、未来について思いやったりする、そういう自分を育てるってことに、僕らはあまりにも無関心だったんじゃないかと思うんです。自分を育てたり、自分を大切にするってことは、実は、そう簡単なことではありません。
社会を変革するって言うと、自分がすでに完成形で、そこから世の中をいい方向に変えてやろう、導いてやろうと思いがちで、自分はカッコの中に入ってるんじゃないかな。


各地への広がり | - | trackbacks (0)