北九州の「アグリゾート」の人たちが一泊でツアーに

IMG20220808163241.jpg
北九州の「アグリゾート」の人たちが一泊でツアーに

8月8日(月)から9日(火)にかけて、北九州で「アグリゾート」という農を主体にしたコミュニティをつくっている小村泰秀さんたちと、東京でつながっている方の3人が、アズワン鈴鹿ツアーに一泊で来られました。
代表の小村さんは、「アグリゾート物語」という本を出版したのを機に、1か月以上にわたり各地をお話会をしながら周っている中で、アズワン鈴鹿コミュ二ティの実際に触れてみたい、今後の参考にぜひしていきたいとのことでした。

おふくろさん弁当や鈴鹿ファームなどで、現場での生の声に触れたり、コミュニティの人たちと話しすることによって、これからのアグリゾートについて、また自分自身についても深く見つめてみる機会となったようでした。

IMG20220808154534.jpg

コメントを紹介します。
・みんなが自分らしく、自然体で生きていける場になっていると思った。
・「やらなければいけない」とか、「こうあるべきだ」みたいなものから開放されると、「やりたい」だけが残り、その気持ちからだけで行動できれば、世界は一つになると思った。
・あまりにも規模が大きく、テンポはゆっくり、システムもゆるく、みんなが満たされて、宇宙の采配が降り注ぐつながりで、安心して暮らしていることに感動でした。

IMG20220808133422.jpg

IMG20220808144820.jpg
- | -

8月6日~8日にかけて、アズワン鈴鹿ツアーを開催

IMG20220806141517.jpg
8月6日~8日にかけて、アズワン鈴鹿ツアーを開催
8月6日から8日にかけて、1Dayツアーと一泊二日ツアーと続けて開催されて、愛知、兵庫、長野から4人の方が参加されました。
それぞれに、アズワン鈴鹿コミュニティを肌で感じて知りたい、どうして成り立っているのかを実際に見てみたい、そしてアズワンの目指す世界や社会について理解したいと来られました。

IMG20220806153308.jpg

感想から一端を紹介します。
「時間の流れが、私の日常と比べ、ゆったりとしている感覚があり、自分と向き合う時間、人とコミュニケーションをとる時間、本来とても大切にしたい時間を大切にできているコミュニティだと感じました。(40代・女性)」
「みな人当たりがよい。よい波動が満ちている。
分け合い、無駄の少ない、人と人のつながりが快く形成されている。(40代・男性)」
「改めて、本当に人に社会に必要な大切なものがある場所だと感じました。
しかし、大切なものを実現できるための人への聴き方、伝え方が、まだ自分には学ぶべきところがあるのかなと課題も見え、進めたツアーでもありました。(20代・女性)」
IMG20220806161836.jpg

IMG20220807111022.jpg

IMG20220807162803.jpg
- | -

ドイツからのふたりの女性が、アズワン鈴鹿ツアーに参加しました

IMG20220724111707.jpg
ドイツからのふたりの女性が、アズワン鈴鹿ツアーに参加しました
ドイツからのふたりの女性が、7月23日(土)から24日(日)にかけてのアズワン鈴鹿ツアーに参加しました。
ひとりは、建築家で映像作家でもある女性で、古くからつながりのあるハーン博士の紹介で、日本にやって来ました。8月初めまで滞在して、アズワン鈴鹿コミュニティの映像フィルムを制作する予定です。
もうひとりは、ドイツで日本語を学んでいて、交換留学生として神戸大学に来ている女子大生でした。エコビレッジに興味があり、日本での実例を探していて知ったそうで、ちょうど先週土曜日にあったガイアエデュケーション公開講座にも来ていました。

IMG20220723152937.jpg

二日間を終えてみて、エコビレッジやコミュニティをつくっていく上で、一番大事なことは何かに焦点が当たっていったように思います。特に、コミュニティのメンバーと話をする中で、人と人の深い関係性が重要で、そうなるためのサイエンズメソッドへの関心が深まったようでした。

IMG20220723161726.jpg

IMG20220724091601.jpg

IMG20220724143650.jpg
- | -

アズワン鈴鹿ツアーに沖縄から参加

IMG20220709140047.jpg
アズワン鈴鹿ツアーに沖縄からの参加者がありました。
7月9日(土)~10日(日)にかけて、沖縄からひとりの女性が参加して、アズワン鈴鹿ツアーが開催されました。
直接のきっかけは、先月初めに沖縄で開かれたお話会に参加したことです。コミュニティの話を聞いて、実際にどんな感じなのかを見てみたい、暮らしや人を体験してみたいと来られました。

IMG20220710091833.jpg

一泊二日を過ごしてみて、もっと深く体験してみたい、もっと多くの人に知ってもらいたい、と思われたようです。

感想を紹介します。
「会う人みんなが優しく、遠慮しすぎることもなく、押し気味なこともなく、安心しました。
でも話がはっきりしているよりも、抽象的な視点のことが多い気がしました。それが、今までの会話と違う大きなところだった気がします。嫌な感じではなく、余白がすごくある感じだと思います。
もっと長く滞在して、体験の中で感じていきたいと思いました。」

IMG20220710104125.jpg
- | -

大阪交野市周辺から9名が、アズワン鈴鹿ツアーに参加

IMG20220703090607.jpg
大阪交野市周辺から9名が、アズワン鈴鹿ツアーに参加
7月2日(土)~3日(日)にかけて、交野市在住の古川晶子さんの紹介で、枚方市や八幡市の人たちも含めて、おとな9名、子ども2名のアズワン鈴鹿ツアーがありました。

今の資本主義とは違うコミュニティのあり方に興味があったり、自分の地域に子育てしやすいコミュニティをつくりたい、など鈴鹿コミュニティの実際に触れて参考にして、地域をもっとより良くしていきたいと来られました。

IMG20220702162319.jpg

一泊二日を過ごす中で、人と人の対話の大事さ、自分の思い込みに気づくこと、誰も無理せずに自然の姿でいられること、常に自分の本心を感じて生きること、など多くのヒントを得られたようでした。
感想の中から紹介します。

人と人の話し合いによって、怒りや負の感情が消えていくという話が、印象的だった。
自分の今までの価値観と違う価値観や前提だったので、最初はとても不思議だったが、自分が「~しなければならない」と捕らわれているということを知った。

・対話の重要性
・急いで答えを出そうとしない
・なんというか、「禅」的な感じ。
・これから地域でコミュニティを作っていくにあたって、必要なことのヒントがたくさんあったので、それを自分の中で熟成、発酵させて育てていきたいです。

IMG20220702145818.jpg

IMG20220702154453.jpg

IMG20220703104018.jpg

IMG20220703150709_BURST000_COVER.jpg
- | -

アズワン鈴鹿コミュニティを初訪問の武井浩三さん

初めて見る大規模な「贈り合いで営まれる社会」「個が尊重されて調和する新しい社会」の試みに触れて、日本の社会の中で、自律分散型で指示や命令のない会社をつくったり、資本主義の次の社会をつくるための仕組みづくりに長年関わってきた武井さんにとって、アズワン鈴鹿コミュニティの実際の姿や人に触れて、大きな感動があったようです。
takei-1.jpg
※アズワン鈴鹿コミュニティ「おふくろさん弁当」の前で武井さん

武井浩三さんがアズワン鈴鹿ツアーの様子をFBに投稿してくれた記事です。
↓↓↓↓

昨日から鈴鹿のアズワンに。
情報量が多すぎてテキスト化できない😂写真見てください。
コミュニティ全体で150〜200名ぐらい。
家計も一緒のメンバーが80名ぐらい。
コミュニティ内で、モノと時間とスキルとお金を融通し合う。
でも閉鎖的でなくビジネスもやってて、街に溶け込んでる。
現実的な互助体系を、20年かけて生み出した。
感動の連続だ。
互助とか共助の『助け合い』って、義務でも権利でもなくて、「この人のことを助けたいな」って思う気持ちと人間関係から自然に生まれるものだって、改めて気付かされた。
夜のイベント後の飲み会が盛り上がりすぎて写真ゼロ😂

FBの記事はこちら

武井さんツアー.jpg

takei-2.jpg

武井さん.jpg
- | -

6月25日~26日でアズワン鈴鹿ツアー

IMG20220625153640.jpg
6月25日(土)~26日(日)でアズワン鈴鹿ツアーが開催されました。
6月25日~26日にかけて、広島からひとりの男性が参加して、アズワン鈴鹿ツアーがありました。
先月10日に広島で開催されたお話会に参加して、以前から関心を持っていたコミュニティづくりが現実になされていると知って、実際に見てみようと思われたとのことでした。

IMG20220625142036.jpg

一泊二日を終えてみての感想から紹介します。

現在の理想的なかたちに至るまでに、様々な試行錯誤があったこと、まだ現在進行形で改善が加えられていることを知り、コミュニティづくりは簡単ではないことを再認識するとともに、アズワンでの実践の成果が、コミュニティをつくっていく上で大きな力になると確信しました。

IMG20220625164625.jpg

IMG20220626094040.jpg
- | -

6月14日~15日にかけてアズワン鈴鹿ツアーを開催

IMG20220615091418.jpg
6月14日~15日にかけてアズワン鈴鹿ツアーを開催
6月14日(火)から15日(水)にかけて、三木卓さんの声かけで赤羽タリカさんがアズワン鈴鹿ツアーに来られました。
来たいと思ったのは、主催している東京での瞑想会にガイアユースの若者たちが参加して、その姿からとても感じるものがあり、どんなことに共鳴してアズワンに集っているかを、知ったり感じたりしたくてとのことでした。

IMG20220614161714.jpg
一泊二日を過ごしてみて、お弁当屋さんやファームにて、またコミュニティのメンバーとの交流などで、いろいろな人とじっくり話ができてよかったようです。特に、若い人たちに直接触れてみて、ガイアユースの若者たちが何に惹かれて来ているのか、理解できてきたとのことでした。

たくさん話してあまり書くことがないとのことでしたが、最後のアンケートからです。

皆さんが、幸せな顔をしている。目が輝いているのが印象的。
新しいかたちのコミュニティが、日本でも機能しているのを実際に見れてよかった。

IMG20220615104200.jpg
- | -

6月4日~5日にかけて、アズワンツアーを開催

IMG20220605091948.jpg
6月4日~5日にかけて、アズワンツアーを開催
6月4日(土)~5日(日)にかけて、スイスからアズワンセミナーに参加するために来た人たちも含めた、アズワン鈴鹿ツアーが開催されました。
ホームページや知人から聞いて知って、新しいコミュニティのあり方などに興味をもち、実際の姿に触れてみたいと来られました。
IMG20220604142655.jpg
2日間を過ごす中で、お弁当屋やファーム、里山の見学や人に触れることなどを通して、幸せな社会をつくるのに何が一番大切なのか、その核心に触れられたように感じられました。

感想から紹介します。
自分の心を声を聴くこと、そのことが大切で尊重する社会がある、それが実践されていることに感銘を受けた。

IMG20220604153014.jpg

IMG20220604171142.jpg
- | -

武井浩三さんがアズワンシンポジウムに合わせて鈴鹿ツアーに

IMG20220602143331.jpg
武井浩三さんがアズワンシンポジウムに合わせて鈴鹿ツアーに
6月2日(木)夜に第1回が開催されたアズワンシンポジウムのゲストとして、社会活動家で社会システムデザイナーの武井浩三さんが、初めてアズワン鈴鹿コミュニティに来られました。
当日午後から、ファームやおふくろさん弁当、コミュニティHUBとJOYなどを案内して、じっくり触れてもらったり、翌日は、コミュニティのメンバーとの対話の場を持ちました。

IMG20220602153107.jpg

日本の社会の中で、自律分散型で指示や命令のない会社をつくったり、資本主義の次の社会をつくるための仕組みづくりに長年関わってきた武井さんにとって、アズワン鈴鹿コミュニティの実際の姿や人に触れて、大きな感動があったようです。

IMG20220602170247.jpg

今回は、アズワンシンポジウムに合わせての来訪でしたが、今後つながりがどのように広がっていくか、とても楽しみです。

IMG20220602130838.jpg
- | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>