「人を聴くためのカレッジ」とは

サイエンズメソッドを体験しながら人の本質に触れられる場として「人を聴くためのカレッジ」を2泊3日で開催しています。アズワン鈴鹿コミュニティを会場に、コミュニティメンバーの事例トークも探究材料にして「人を聴く」とはを探っていきます。先回開催されたレポートをどうぞ! 今、このカレッジが全国各地で展開していこうとしています。



「人を聴く」ってどんなことでしょう。
私たちが言葉に出来ることは、本当の思いや気持ちのごくわずかにしかすぎません。
しかしとかく言葉や行動など表面に現れたものに反応するばかりに、感情的になったり行き違うことも多いようです。

その人そのものを知りたい、私そのものを知ってほしいというお互いが、
「その人」を聴こうとするところから、新しい「何か」が始まります。
何でも聴き合えるお互いから、どんな暮らしや仕事が展開していくでしょうか。
そんな「聴く」ということを、サイエンズメソッドをベースに体験的に学ぶ2泊3日のカレッジです。(「人を聴くためのカレッジ」の案内文より)




第3回「人を聴くためのカレッジ」が1月12日から14日で開催しました。
広島、兵庫、愛知、山梨、福島、そしてアメリカからと9名の参加者で、「人を聴く」ということについて、2泊3日の深い探究を続けてきました。
初めて会ったばかりの人たちが、3日間でここまで心がオープンになり、人と人との本質的な姿について、笑いが絶えることなく探究ができたということに、あらためて人間の素晴らしさを感じさせてもらいました。
これから各地で、本心でつながろうとする、小さな一歩ではあっても、大きな可能性を秘めた動きが起きてくる予感がしています。(北川)

教育プログラム > 持続可能な社会づくりカレッジ | - | -

第12期 持続可能な社会づくりカレッジのお知らせ

はじまりは 本心から話し合える 人と人から~
第12期 持続可能な社会づくりカレッジ(2泊3日)のお知らせ


身近になればなるほど、一緒にやろうとしてせっかく出会った者同士なのに、気持ちが食い違ったり我慢したりすることが増えてしまう--、そのような経験をしていませんか。実はそうしたことが、​身近なところから、​いまや世界中​で​日常茶飯事におきてい​て、新しい試みもぎくしゃくしたり、願いとは逆に、進まなくなっている事例が多く見られます。しかし、本当に私たち人間は、そのような生き物なのでしょうか。
 
​筑豊、北九州、下関、神戸、浜松など、​各地に人と人が安心して話し合えるベースをつくってきた持続可能な社会づくりカレッジですが、第12期はより内容を精選して、2泊3日1回のプログラムとなります。

コミュニティや会社・組織や家族などのベースとなる「話し合い」や「人のつながり」を見直すことを通して、
安心して何でも話し​合え​、親しさでつなが​って、​本心で生きられる環境を生み出していける人に、成り合っていくカレッジです。

コミュニティづくり、仲間づくりの核心​を、楽しく探究しませんか。
申込はこちらから→ https://goo.gl/forms/lVrkDF4TpvQbmwKb2
************

<日程>
2018年6月22日(金)~24日(日)(2泊3日)
受付:13:00~
解散:16:00

<テーマ>
「仲間・コミュニティづくりのベースとなる「話し合い」とは?」
*親しさとは?
*話し合えなくなった事例トーク
*本心から話し合える私の状態は?

<主催>
持続可能な社会づくりカレッジ運営委員会(JSSC)

<参加費>
35,000円
*参加費には宿泊費・食費が含まれます。

詳しくはHPをご覧ください:http://jssc358.wix.com/college
教育プログラム > 持続可能な社会づくりカレッジ | - | -

「話し合い」についての認識が変わりました

1月から始まった第8期持続可能な社会づくりカレッジ。その第2回が、2月24日から26日で開催されました。
第2回のテーマは、コミュニティづくりのベースとなる「話し合い」とは、です。話し合いにいついて、深く掘り下げた探求がなされたようです。


北川道雄さんのFacebookから紹介します。
第8期持続可能な社会づくりカレッジ、第2回が26日に終了しました。3回シリーズの2回目は、カレッジならではのテーマである「話し合い」についてです。
人と人がいて、人間関係があるところに、必ず「話し合う」ということがあるのですが、どういうことなのかを掘り下げて探ってみる機会はあまりないように思います。話し合えないために行き詰まってしまう活動や人間関係が多いように見えるのですが、カレッジに参加することで、少しずつ話し合える人になり合っていくことができるように思います。
第2回参加者の感想を紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・「話し合い」=「何か事柄を決める、というゴールのある場」という認識から、「お互いの気持ちを聞き合う、伝え合う場」に変わりました。
・自分の中でモヤっとしたり、気持ちを伝えられない時は、何か思い込みがあるんだな、と気付きました。
・何でも話し合える自分の状態になりたいので、そのために
 相手の気持ちは直接聞いてみないと絶対に分からない
 素直な気持ちを伝えて関係が悪くなることはない(一時的に距離が離れたとしても、いつか戻る)
 何か思い込みはないか?
 まず自分はどうしたいのか?
この4つをいつも問いかけ続けていきたい。
また「心の探求」の会を開いて、みんなでやっていきたい。
自分の思い込み、捉われにどんどん気付いていきたいです。
各地の情報 | - | -

第7期持続可能な社会づくりカレッジ、第2回を開催

第7期持続可能な社会づくりカレッジの第2回が、アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティを会場にして、10月21日から23日で開催されました。第2回のテーマは、ズバリ「話し合い」でした。社会の中で不可欠とも言える「話し合い」ですが、そのことに焦点を当てて、ゆったりと常識にとらわれないで探っていくのは、カレッジならではのようです。



スタッフの片山弘子さんの感想です。
心のもやもやは宝物!!ーー野口さん
まるでジェットコースターみたいだったねーー私
楽しかった~ O(≧∇≦)o
持続可能な社会づくりカレッジ、第7期を先週金曜日から昨日まで、やっていました
コミュニティーづくりのベースになる話し合い!
考えるのではなくて、ただいまのいま経験していることを観察するうちに
最初ぽつぽつとした発言が
最後はまるでジェットコースターに乗ってるみたいに、
一気に輪の真ん中に、見えてきたこと
さぁ、また来月まで、それぞれトライして持ち寄ろう!なんて
元気に手を振って別れました、11月最終回が楽しみです
教育プログラム > 持続可能な社会づくりカレッジ | - | trackbacks (0)

自分の人間関係の実際を垣間見る

9月23日~25日に開催された、第7期持続可能な社会づくりカレッジの第1回目の感想を紹介します。⇒ 「第7期1回目の感想」



実際にアズワンに住んでいる人たちに触れることができたのが、一番の収穫でした。今まで、妻や友人がカレッジなどに参加しているので、アズワンのことを聴いていて、どんな感じの人たちなのだろうなと思っていました。

それで実際に会ってみると、最初は普通のどこにでもいる人たちに思えたのですが、話を聴くうちに、すごく心を動かされ、また温かく気持ちいい空気を感じ、人って、人のことが大好きなんだなあと、感じられたのがよかったです。(40代男性)


自分の感じていない自分を、深いところに見つけられて、これから自分がどう変化していくのか楽しみです。

自分の人間関係の実際を垣間見ることができ、驚きと、感動を感じました。

アズワンの中身を感じ取れました。面白いコミュニティが鈴鹿にあること、これからの変化を見ていきたい。(60代男性)

教育プログラム > 持続可能な社会づくりカレッジ | - | trackbacks (0)