第23回研鑽科学サロン 

第23回研鑽科学サロンが11月28日(土)、30日(月)に開催されました。
「研鑽科学による子供の育ちを考える」入門編というテーマで、坂井氏が発表しました。
「私自身がこういうことを考え始めたということで入門編なんです」という話から始まりました。
「~による」子育て、子育ち。この「~」にあたるところは、社会通念による、躾による、経験による、学校教育による、飴とムチ的などなど、そういうものが現在はあるようですが、
人(人間)として生まれ、人(人間)として育っていく、そういうところから考えると、この「~による」というところを間違えると、人間として育っていかないのでは・・・ということから、しらべていったそうです。

 2日間で76名の参加がありました。そのうち20代の若人が14名と、世代も拡がってきました。

以下はサロンの発表を聞いたある人(40代女性)の感想です。
 『土曜日、サロンに参加して、坂井さんの子どもの育ちについての発表を聞いた。翌日、研鑽科学2号を読んだ。読んでいて、坂井さんの話しが何回か思いだされた。そういえば、坂井さんの話しを聞いている時には、自分が内観して子どもの時のことを思い出した感じがあった。
 事実化していても、安心した心の状態なら、他と対立的にはならないように思う。子どもの育ちというのは、心の育ち。どうやって心ができて、育つのか。心が健康に育つには、と、坂井さんの発表から、子ども分野がいよいよ具体化されていくのかなと思った。』
 
 何年か前、子供の育ちに関心のある人で寄って子供研究会などを開催していたこともあったのですが、今の現状からは子供の前に、まずは自分のこと、自分の状態に着手しようということでやってきました。
これから、どういうふうに研究が進んでいくのか・・・。ますます楽しみです。

サロン発表のDVDがあります。1枚1,000円です。

次回は、12月19日(土)、21日(月)です。
テーマは「人と人による社会を現わす研鑽会」、佐藤氏による発表です。

問合せ先 研鑽科学研究所 E-mail info@kensanscience.org
                   Fax   059-375-1561
サイエンズ | - | trackbacks (0)