韓国 サンマウル高校より視察団

12月6日~8日の2泊3日で、今度は、韓国カンファ島にある「サンマウル高校」からこのコミュニティを視察しに一行が来訪しました。

「サンマウル高校」は、国の認可を受けた、所謂“フリースクール”で、日本より激しい受験戦争の国,韓国の中でもそういう流れとは一線を画した独自の教育の理想を持った高校です。

今回は、その理事長・校長・行政室長・父兄代表・学生代表の二人・サンマウル高校で日本語の教師をしている長尾ゆきさんが通訳として付き添い、計7名の方達です。

サンマウル高校は、日本にある「自由の森学園」とも親交があり、学生が相互に行き来して交流しています。パンフレットを見るとそういう試みを初め、学生に様々な体験の場を用意しながら人材の育成に力を注いでいる様子です。しかし、そんな恵まれた自由な校風で育った学生達が、卒業後などに活躍できる社会の環境が乏しいのが現状だそうです。

カンファ島のユ・サンヨンさんからここのコミュニティの話を聞いた校長先生らが関心を持ち、これからの学生交流の場にできないかということから今回の訪問になりました。

初日にこのコミュニティ・サイエンズスクール・サイエンズ研究所の成り立ちなどを紹介し、翌日はコミュニティの各所を回りました。実際子供たちをここに送り出すことを想定しつつやりとりできるよう比較的ゆっくりとまわりました。

scs
SCS ギャラリーの画を岩田画伯も自ら案内
国際情報 | - | trackbacks (0)