ソーヤー海と学ぶ共感的コミュニケーションの世界@アズワン鈴鹿

ソーヤ海WSイベントページ.jpg

◆お申込みはこちらをお願いします。
GEN-Japan事務局からの受付メールにて申込が完了になります。

--------------------
若者のオピニオンリーダーとして活躍している、共生革命家・ソーヤ海さんが鈴鹿にやってきます。
海さんは、東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むことを願って、世界の最新情報やスキル(技術)を学び、それを体感型のワークショップとして日本に紹介してきました。アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティにも実践者として関心を持って、昨年秋から相互に交流をはじめています。

今回は、そんな海さんによる共感的コミュニケーションの世界を一緒に体感しましょう。
「僕が共感的コミュニケーションと出会ったのは2003年、環境平和活動をしていた学生の頃でした。たくさん失敗もしましたが、ようやくその凄さを味わえるようになっています。自分と相手を尊重しながらお互いのニーズを平和的に満たす方法を学んでいきます。是非、共に平和な心と社会を育てて行きましょう!
ソーヤ・海より」
        
◆日 時: 2020年3月14日(土)14:30~18:00(14時受付)

共感的な世界を体感するワークを中心に、ライブでシチュエーションのロールプレイも。

◆会 場: 鈴鹿カルチャーステーション
(三重県鈴鹿市阿古曾町14-28)

◆ワークショップ参加費:ドネーション(ギフトエコノミー)
参加費は値段を設定せず、ギフトエコノミーへの挑戦としてドネーションという形をとっています。僕にとって値段がつけられないほど大事な活動なので、まずは体験してもらって、心でつながり、今後の生活や活動の応援としてドネーションを募っています。
詳しくは、「費用の理念」を読んでもらえると嬉しいです。→https://tokyourbanpermaculture.blogspot.com/p/blog-page_01.html
定員:40名

◆申し込み
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSek4VYFK3YcPzxRbmjjKChPjNGY_wkLFKQmlQcyEp-JsuwyRw/viewform?usp=sf_link

GEN-Japan事務局からの受付メールにて申込が完了になります。

----------------------------
【アズワン鈴鹿ツアーも並行して開催します】
新しい社会の可能性を考えるヒントに、ツアーに参加しませんか。海さんのワークに参加後、ツアーのプログラムが始まります。
●1泊2日コース
3月14日午後12時30分受付~
    午後14時30分~18時
    ソーヤー海と学ぶ共感コミュニケーション
18時~夕食などアズワン鈴鹿ツアーのプログラムに参加
3月15日午後5時終了
ツアー参加費用 12000円(食事・宿泊費用・税金含む、
            ワークショップ参加費は別)
●ツアー申込 → 今回のワークショップ申込みの中で申込めます。
こちらから

地球上で人口のほとんど集中している中小都市~大都市で、気候変動への歯止めがどうかけられるでしょう。大都市からローカルな地方の街に拠点を移しながら、次の社会モデル、暮らし方が描けることで急遽求められています。現状そのままで、人と人が協力し合うことから生み出されるアズワン鈴鹿コミュニティは、パリのCOP24の会場で事例として紹介されました。
- | -

アズワンネットワークニュースvol.42 3月号

つくしの無料写真600-200.jpg
 今日は雲が鈴鹿山脈を覆うように低く渦巻きながら流れてきます。日本海を渡った大陸からの北風が、琵琶湖を超えて鈴鹿の町に冷気を吹き降ろします。思わず首をすくめて早足になってしまいますが、日差しはぽかぽかと足元に暖かさも・・・。枯草の間からフキノトウが芽吹き、土中ではそろそろカエルや蛇たちも動き出していることでしょう。
 今月は、知り合いの生き生きと変化した様子から、また、人と人とのつながりの中から関心を呼び興されて鈴鹿ツアーやアズワンセミナーに参加してきた人が続きました。各地と鈴鹿コミュニティの、それぞれ自由な活動の様子を紹介したいと思います。

20200221-梅花見_200228_0009.jpg
梅見 アカデミーの学生たち。彼らの一人一人の「今」がある。それぞれの心に焦点をあてて、その成長を見守る。「人が成長する」とは本来どういうものだろうか
http://www.scienz-school.org/blog/academy/

全文はこちらから→ https://mailchi.mp/fb6034876137/news-6785449
- | -
1