愛知や熊本から14名が参加してツアーが開催されました

IMG20221119161418.jpg
愛知や熊本から14名が参加してツアーが開催されました
11月19日(土)~20日(日)にかけて、愛知や熊本などから14名の方たちが参加してアズワン鈴鹿ツアーが開催されました。
愛知や京都・大阪・静岡の方たちは、先月のツアーに参加した長谷川さんたち夫妻の声かけで、ぜひ私も体感してみたいと来られました。また、熊本からの5名の方たちは、アズワンに学びながら居場所づくりをしている仲間や、eumoでつながっている方たちでした。

おふくろさん弁当やファーム、里山などで実際にやっている人と話したり、コミュニティの空気に触れるなかで、本当に安心して話したり共にいられる場が現実にあることに、これからの活動や生きる上でのヒントや希望を感じられたようでした。

IMG20221119164257.jpg

感想から一端を紹介します。

すごくいいなぁと思いました。世界が違うなと感じました。自分がアズワンのような世界を選択することもできることを知ることができました。サイエンズスクールに、とっても興味があります。

どんな気持ちで暮らしたいのか?人とどんな関係を作りたいのか?が、「何をする」より先に必要なベクトルで、そこに一致する人々が力を合わせると、すごく展開があったり、パワーが出たりするんだなぁ、と気づきました。

IMG20221119145422.jpg

IMG20221120085424.jpg

IMG20221119141331.jpg
- | -

11月20,21日 オンラインイベントが続けて開催されます



今週末の20日(土)と21日(日)、続けてオンラインのイベントが開催されます🍀

先ず20日(土)に開催されるのは『コミュニティの未来と可能性』というタイトルのお話会です。

コミュニティづくり研究会.jpg

19日~21日に、アズワン鈴鹿コミュニティを会場に、「コミュニティづくり研究会」の第2回目の合宿が開かれます。

20日のオンラインイベントでは、北海道や千葉、神奈川、熊本などから合宿に参加する面々と、オンラインで各地の仲間もつながり、合宿で検討された話題や思いについての分かち合いをします。

【コミュニティづくり研究会】は
コミュニティを作っていく時に、誰でも直面する課題
一人一人がそれぞれ課題だと思っていることをオープンにシェアすることから、それを解決する研究のベースを作っていこう。そしてそれぞれが、なぜコミュニティづくりを始めたかったのか、自分の原点に立ち返りながら、共にこれからを描いていこう。そんな分かち合いの中で、それぞれ個性豊かなコミュニティを実現していきたい。
そんな趣旨のもと、集まっている仲間たちです。

皆さんともご一緒に、分かち合いながら、未来を描いていけたらうれしいです。

詳細、お申込みはコチラからお願いします🌈

そして、翌21日(月)には、第6回目のアズワンシンポジウムが開催されます

#6アズワンシンポジウム.jpg

今回のテーマは『新しい働き方』です。

ゲストにワーカーズコープの玉木信博さんをお迎えし、アズワン鈴鹿のサイエンズ研究所の小野雅司とトークを繰り広げます。

玉木さんは、労働者協同組合(ワーカーズコープ)の事業と運動に関わり、労働の中に、働く人一人一人の意志を大切にする民主主義をもたらそうという実践を15年以上続けています。

一方、この21年の間、新しい試みとして社会実験を繰り広げているアズワン鈴鹿の取り組みから見えてきているものがあります。

そうした二人を通して見えてくる新しい働き方とはどのようなものでしょうか?

そこから新しい社会の形も見えてくるかもしれませんね。

どうぞお楽しみください。

詳細、お申込みはコチラからどうぞ🌈
- | -

争いのない世界をつくれることを確信できたツアー

IMG20221113084033.jpg

争いのない世界をつくれることを確信できたツアー
11月12日から13日にかけて、アズワン鈴鹿ツアーが開催され、東京や静岡、福岡から50歳前後の4人の方たちが参加されました。どの方も、これまでの人生でそれぞれの活動の場を作ってこられていて、この機会にアズワンに触れる体験をしてみたいと来られました。

IMG20221112144110.jpg

一泊二日で、おふくろさん弁当、SUZUKA FARM、コミュニティHUB、すずかの里山での見学と対話、そしてコミュニティメンバーとの交流などを通して、日常の中に聴き合う話し合いがあり、一人一人が自分の意志でその場を創り出していることを深く感じたようでした。

感想から紹介します。

対話を日常の中で実践することで、争いのない世界、怒りや不安のない世界をつくれることを確信できた。
ここにいる人は、自分の思いに素直に耳を傾け、行動することができていて、日常的に当たり前のようにそういう生き方のできる方々を、美しいと思った。

”あるべき””あらねば”からではなく、自分自身のあり方を軸にする意思決定が創り出す現実を体験できました。
自分に問うこと、内観することを、日常生活において繰り返し続けているコミュニティの人たちの言葉は、淡々とした、強さではない勁さを感じさせるものでした。


IMG20221112161702.jpg

IMG20221112164453.jpg

IMG20221113104004.jpg
- | -

11月10日(木)オンラインお話会を開催しました。

昨日、アズワンお話し会「暮らしの中にあるもの」というタイトルで、オンラインお話会を開催しました。

初めての方を含め、30名以上の方が参加してくださいました。

2022.11.11.オンラインお話し会.png

鈴鹿に2020年の4月から9か月間「研修プログラム」(当時)に参加し、2021年1月から鈴鹿コミュニティに移住してきた増田(アズワンネットワーク事務局)が

前半では、研修前の暮らしから、今移住してきてみて、どんなところに暮らし、何を感じているのか、コミュニティの紹介をしながらお話しし、

後半では、その暮らしや活動のベースになっている、「聴きあう話しあい」についてお話しました。

アズワンネットワークの活動や、鈴鹿の取り組みに初めて触れる方もいらして、その暮らしぶりに「驚きと感動をおぼえる」、そんな感想も聞かれました。

「家庭や職場(活動)で、誰とでも安心して話しあえていますか?」

そんな問いかけで始まったお話し会。

後半のグループでの分かち合いでは、日常を振り返り、家族や職場での人間関係や対話の場を振り返りながらの時間になりました。

早速「すぐにでも見に行きたいですが、来月ツアーに行きます。」とメッセージをくださった方もいらっしゃいました。

来月のお話会は12月1日(木)を予定しています。詳細は追ってお知らせ致します。

オンラインイベントとしては

11月20日(日)20時~22時の『コミュニティの未来と可能性
コミュニティづくり研究会.jpg

翌11月21日(月)20時~22時の『アズワンシンポジウム#6」が予定されています。
#6アズワンシンポジウム.jpg

是非ご参加ください🍀
- | -

11月4日~7日 韓国からコミュニティツアーに参加

【私の中にも「本心」があった!】

今週末は韓国から3泊4日で、7名の方がアズワン鈴鹿ツアーに参加されました。

韓国1.jpg

「人と心から親しくなることは、諦めていた、動物とだけやっていこうと・・・」そう話していた参加者の男性。200名の大きな仲の良い家族のような暮らしに触れて、「できるなら、私も願っていることだ」と、希望を感じたようでした。

韓国2.jpg

30代の女性は「相手が間違っているから、責める気持ちが出るのは当然だと思っていた」けれど、本当の自分の願いに気が付いて、「こんな気持ちが自分の深いところにあるなんて、びっくりして」と涙を流す場面もありました。

韓国3.jpg

韓国4.jpg

「韓国でもアズワンセミナーをやろう!」と、さっそく周りの人達を誘いたいと、元気に出発していきました。

韓国5.jpg

3泊4日だったけれど、まるでずっと一緒に暮してきた家族のような親しさが生まれる、そんなツアーになりました。

韓国6.jpg
 子連れで鈴鹿に学びに来ている韓国のママ友と再会

渡航制限も緩和され、これから海外からの見学ツアーや、研修希望の方が増えてきそうです。
- | -

11月5日~6日でアズワン鈴鹿ツアーを開催

IMG20221105153200.jpg

11月5日~6日でアズワン鈴鹿ツアーを開催

11月5日(土)~6日(日)にかけて、愛知県と滋賀県から女性ふたりが参加されて、アズワン鈴鹿ツアーが開催されました。
愛知県の方は、団体役員やアーチストとして活動されていて、人が幸せに生きられる社会参画や経済活動に関心を持たれて来られました。滋賀県の方は、大学の環境分野の先生で、エコビレッジが継続的に機能している現場に触れてみたいと来られました。

IMG20221105171004.jpg

一泊二日過ごす中では、コミュニティの会社や暮らしの仕組みに触れたり、実際にやっている人とじっくりと深く対話をしました。そうしたことにより、仕組みについて理解が進むとともに、人が幸せに生きられる社会の未来を描くヒントにもなったようでした。

IMG20221105141524.jpg

最後のアンケートから感想を紹介します。
・コミュニティ内の経済活動と、外(一般)の経済システムとの間が、どのように関連しているか、ということがよく理解できました。
・何かから自分を守る必要がない暮らし=やさしい暮らし、が羨ましく感じました。
・生物多様性分野で、One Health といいますが、人間の健康、地球の健康、社会の健康はつながっていて、一つのものである、という実践だと思いました。

IMG20221106090336.jpg

IMG20221106105150.jpg
- | -

11月10日(木)オンラインお話し会を開催します。

11月10日(木)オンラインお話し会を開催します。
(参加無料)20:00~22:00
アズワン鈴鹿コミュニティ【暮らしの中にあるもの】

11月10日オンラインお話し会

三重県鈴鹿市で、多世代約200人が大きな家族の様に暮らしている「アズワン鈴鹿コミュニティ」 

この仲良い家族のような社会(アズワン鈴鹿コミュニティ)では「所有」する必要がありません。

そうすると、どんな社会(家族)ができるでしょう?
所有がなかったら、社会がめちゃくちゃになっちゃわないの?
社会は成り立つの? そんな実験を真面目に繰り広げているコミュニティです。

アズワン鈴鹿コミュニティでは、義務も責任もない会社「おふくろさん弁当」を営んでいます。

コミュニティの若者が立ち上げたSuzuka Farmで野菜を育て、おふくろさん弁当で街の人に手作り弁当を届けたりしています。

コミュニティではお金を介さない経済も試みています。
ひとりひとりは各自の技術や持ち味を活かしあって贈り合って暮らしています。

今回は、そんな鈴鹿のコミュニティに移住してきた増田が
鈴鹿コミュニティとの出会いや交流、移住に至った経緯など
コミュニティでの暮らしぶりの紹介や
暮らしている中で感じていることなど
また、日本各地でつながっているネットワークの仲間と共に
お伝えできたらと思います。

対話を通じて理解を深められたらと思いますので、可能な限り音声、映像を「オン」にしてお入りください。

★日時: 11月10日(木)20:00~22:00
 スケジュール(予定)
19:55 開場(20時に開始できるようにお集まりください)
20:00 開会・チェックイン
20:10 移住ビフォアフター&鈴鹿のコミュニティの紹介(増田)
20:40 聞いてみてのグループ対話の時間
21:00 ネットワークでの取り組み(増田&ネットワークの仲間たち)
21:20 聞いてみてのグループ対話の時間
21:40 参加者全員でのまとめとお知らせ
22:00 閉会

★お申込:Peatixイベントページからお願いします。

また事前に、わかりやすくまとまっている、アズワン鈴鹿コミュニティの紹介ビデオ(約12分)をご覧ください。
https://youtu.be/ISw34Ud99Ek

【アズワンネットワークとは】
 アズワン(as one)とは、「一つ」の世界を意味しています。ジョン・レノンが"Imagine"の中で、「The world will be as one」と歌っているように、世界は元々、囲いも隔てもない、すべてが「一つ」の世界でしょう。
 私たち人間も、その世界に生きている存在です。自然界の中で全てのものと調和しながら生きていくこと、そして、人間同士も、世界中の人と親しく、共に繁栄していくことが本来の姿でしょう。それを空想に終わらせないで、この世に創り出すことが、アズワンネットワークの目的です。
 
- | -

アズワンネットワークニュースvol.74 11月号

アズワンネットワークニュース 2022年11月号
野も山もうっすらと赤紅や橙、黄色に染まり始め、やがて山々一帯が錦のように華やかに織り上げられていく季節になりました。夕焼けの美しさを映す足元の落ち葉も、日ごとに早まる夕闇に覆われて、季節は移ろっていきます。
2022年も、始まったばかりだと気を緩めていれば、今年も残すところあと2か月。時の速さに驚かされます。
10月も各地のアズワンネットワークでは、様々な動きがありました。東北では合宿が開かれ、ブラジルでもアズワンセミナーが開催されました。
スイス、ドイツでは年末年始にかけて、サイエンズスクールや、アズワンセミナー開催に向けて着々と準備が進められ、アズワン鈴鹿コミュニティーでは、毎週末「アズワン鈴鹿コミュニティー見学ツアー」にたくさんの人が訪れてが賑やかです。新たな出会いもたくさん生まれ、早くも2023年に向けて楽しみで胸が躍ります。
そんな各地の様子を、今月も「アズワンネットワークニュース」にしてお届けします。
こちらをどうぞ⇒ https://mailchi.mp/cd78d345dddf/news-vol74-hp

メルマガカバー.jpg
- | -

「やさしいでんき」はじまります。

電力自由化により、電気の購入先を自由に選べるようになっているのはご存じですか?

このたび、アズワンネットワークでも、「SOCIAL ENERGY」という電力のプラットフォームの中で、「やさしいでんき」として皆さんに電気を購入して頂けることになりました。

やさしいでんき

大手の電力会社と変わりない電気が届き、料金をお安くできます
(サイト内の料金シュミレーターを参考に)。

「電気の契約を切り替えるだけで、手軽に、継続的に、経済的に、地域のために活動している人たちやコミュニティに"エネルギー"を届ける」

そんな、SOCIAL ENERGY という電力サービスのプラットフォームにより、電力を購入するという形でも、アズワンネットワークの活動を支援して頂けるようになりました。

「やさしいでんき」サイト内で、料金趣味レーションをすることもできますし、切り替えの手続きも、お手元に検針表があればパソコンやスマホを使って簡単にすることができます。

どうぞご検討ください🍀

先日は、コミュニティ・ツアーやアズワンセミナーの参加費に、スマホ決済の「eumo」を使えるようになったことをお知らせしました。

社会の仕組みの変化や、それを促していこうとする人たちの取り組みと共に、アズワンネットワークも手を取り合いながら、新しい社会への歩みを進めていきたいと思います。
- | -

【自分の中で起きていた葛藤や悪感情が、魔法のように消えていく】ブラジル アズワンセミナー

10月9日~15日、【アズワンセミナー】が、ブラジルで開催されました。
ブラジルでのセミナーの様子を、参加者の感想や、日本のサイエンズアカデミーで学びながら、海外研修として参加したレオ君の手記などを通して紹介します。
58935.jpg

【自分の中で起きていた葛藤や悪感情が魔法のように消えていく】
アズワンセミナーのミーティングに参加しながら、自分の状態が落ち着いていくような、そういう道がはっきりと簡単示されていくような気がしました。

そして自分自身がどう人と関係を築いていくのか、いきたいのかの可能性も見えてきました。

このセミナーで感じたことは、自分自身の世界の見え方の変化によって、調和した人間関係の可能性が見えてくるということでした。

今まで身に着けてきた、良いとか悪いという体験に対しての見え方ということを自覚するだけで、何もそれに執着するものでもないように感じられるようになって、解放されました。

自分の中で起きていた葛藤や悪感情が魔法のように消えていくようでした。このような気づきや理解は、人とのやり取りや自分を見ていく中で起きていきました。

自分の中のこうした動きが他の人の幸福にも表していくようで「大きな家族」という気持ちというのも届くものに感じがした。

この7日間の中でとても生き方、見え方が明らかになってくるようだった。

(参加者の感想から)

310375164_1939637892912474_536116264323801586_n.jpg
【今回、日本からスタッフとして参加したレオ君の手記から】
セミナーやってみて
探究というのに初めて触れて、人と話していく中で色々明らかになっていく。
その人その人の段階で、人の本来の姿が見えてくるような。
本心とか本当の願いが見えて、そこに適って生きられるように。

みんなの頭にどれだけ描けてくるかが…

セミナー終わったあと、それを実際にどう実現できるか。
そういうのを受け入れられる母体めっちゃほしいなと思った。

309214341_1939638162912447_3618089649410313414_n.jpg

年末にはスイスで、そして2023年にはドイツでも【アズワンセミナー】が開催されることが決まった。
日本、韓国、ブラジル、スイス、ドイツと、その輪は急速に拡がろうとしている。

世界中の人たちが、対立や争いの一切ない、本当に親しい仲の良い間柄一色で、安心して暮らせたら。そんな世界を一刻でも早く実現したい。
- | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>