若者たち 鈴鹿の里山でキャンプ開催

GEN JAPAN主催ガイアエディケーションに参加した若者たちが中心となって、鈴鹿の里山で【GAIAキャンプ】が開かれました。
26373.jpg
里山でキャンプを張って寝泊まりし、昼間には鈴鹿コミュニティの見学なども織り交ぜ、夜はサイエンズメソッドを使った探究会をしました。
26374.jpg
キャンプに参加した19歳の大学生、環ちゃんが感想をレポートしてくれました。

Gaia Education 2021の仲間と企画したGaia Camp。

作り手・参加者がそれぞれに思いや願いをもって集まる中で、“同じように今の社会に違和感を持っている同世代がいる、安心して本心で生きられる社会を本気で実現しようとしている人がこんなにいる、その安心感に触れてほしい”そう願って私はこのキャンプに参加しました。

1日目、夜の探求の時間。ほーちゃんが涙を流しているのを見て、彼女の隣にひろこさんがいてくれるといいなと思い、相談して場所を変わった。そばにいてくれる人の温かさや安心感があるといいなと思った。りょうさんが「清々した~」と共有し、そこにいるみんなも笑い飛ばしたり清々したりしているのを見て、軽やかな空間だな~と思った。

 2日目、朝の心地よい陽の下で音を鳴らすけんちゃんとおーちゃん、その音を聴く周りのみんな。穏やかな時間だな~と思った。夜の探求の時間、みんなの盛り上がりについていけてない、話を聴けてないと思っていたところで小野さんが話を振ってくれて、みんなにシェアした。みんなの声が聴こえてきて、心地いいな~と思った。

 3日目、振り返りをする中で、キャンプに関わってくれている人、見守ってくれている人が沢山いることを感じた。うれしいなと思った。
 そばにいてくれる人の温かさや安心感、軽やかな空間、穏やかな時間、声が聴こえる心地よさ、人の中で何かができる嬉しさ。“この感覚に触れてほしい”そう願って参加したけれど、 “この感覚に触れていたい”という願いが自分の中にあったんだなと思いました。

 みんなの姿や変化を見ているようで、自分の姿や変化を見ているような感覚。言葉を交わしているようで、言葉ではない何かを共有している感覚。人が寄って、そこに流れが生まれ、繋がっていくような感覚。あたたかくて穏やかで軽やかな場所にいるような心地よい感覚。キャンプで感じた感覚たちを大切にしたいと思いました。(環)
244981486_10226928557016876_2494968607647584930_n.jpg
若い子たちとのキャンプ終了。
今夜のお題は、
本心で生きるとは?
一人一人の素直な気持がみんなの中でどんどん出てきて、いろんな心の制限にみんなが気づいて大笑いになる。
人生にとって本当に大切な問いに向かい合い、自由に何でも出し合うことで、あっという間に一人一人がみんなの中で成長していく。
ともに成長していく。
繋がっていく。
心で感じ合っている。
未来が見えて来る。
テントを打ちつける雨音に時折り声も聞こえない大雨が降ったが、探究が終わる頃には雨も上がった。
日本の夜明けは近い、というか
日本の未来はやばい(笑)
(レポート三木 スタッフで参加)
26380.jpg 
- | -

【自分のことは自分で何とかしない!? 物も行為も贈り合いで暮らす】   <アズワン鈴鹿コミュニティ、200人の本心で生きられる大家族の暮らし方>

10/25(月)オンラインお話し会を開催しました。

【自分のことは自分で何とかしない!? 物も行為も贈り合いで暮らす】  
<アズワン鈴鹿コミュニティ、200人の本心で生きられる大家族の暮らし方>
67601.jpg
今回のオンラインお話し会は、「仕事」という側面から、アズワン鈴鹿コミュニティで実践されている「働き方」を一緒に考えました。

「責任」や「義務」などで、自分も相手も縛らない縛られない、それでも会社(社会)が成り立つのはなんでだろう?
「そんなことしたら誰も働かなくなるんじゃない?」という疑問から、
「やったら損?っていう感覚は、どこから身についたんだろう?」
「本当はやってあげる(贈る)方が、喜びが大きいんじゃないかな?」

などなど、短い時間でしたが参加した皆さんと、一緒に考えていく楽しい時間になりました。

10月のアズワンセミナーに参加した、王ちゃんとりいちゃんも参加して、セミナーの感想をシェアしてくれて、早速アズワンセミナーに参加してみたいと申し込みをした人もいました。

【アズワンお話し会】は、アズワン鈴鹿コミュニティでの暮らしの様子を通して、新しい社会を描く機会です。毎月2回開催しています。
- | -

10月アズワンセミナーに参加してみて 理沙子さん編

10月10日から開催された【アズワンセミナー】参加した今村理沙子さんが、セミナー終了後のに感想をシェアしてくれました。

大学4年生の彼女は何を想い、アズワンセミナーに参加してみようと思ったのか、参加して感じたことなどを話してくれました。

「めちゃくちゃ楽しい、ワンダフルな1週間でした!」と語る理沙子さん。
その中でも特に印象的だったことを、話してくれました。



10月【アズワンセミナー】の様子は、こちらから
【アズワンセミナー】の詳細・申し込みは、こちらから
66292.jpg
- | -

10月アズワンセミナーに参加してみて 王野君編

10月10日から開催された【アズワンセミナー】参加した王野太一君が、セミナー終了後のに感想をシェアしてくれました。

なぜ、アズワンセミナーに参加してみようと思ったのか、参加して感じたことなどを、素直な言葉で話してくれました。

「次の社会のビジョンが見えてきた。一緒に作りましょう!」と語る彼には、どんな世界が見えてきたのでしょうか。



10月【アズワンセミナー】の様子は、こちらから
【アズワンセミナー】の詳細・申し込みは、こちらから
66230.jpg
- | -

笑って泣いて発見して衝撃を受けて、優しい気持ちになるワンダフルな一週間

【笑って泣いて発見して衝撃を受けて、優しい気持ちになる、本当にワンダフルな一週間 アズワンセミナー】
66230.jpg
10月10日(日)~10月16日(土)で、アズワンセミナーが開催されました。
どんなセミナーだったのでしょうか。

参加者の感想から、垣間見てみましょう!

アズワンセミナーに参加して 

笑って泣いて発見して衝撃を受けて、優しい気持ちになる、本当にワンダフルな一週間でした。

セミナーを進めていくにつれて、「嫌い」とか「被害者意識」とか「怒り」とか、いうものの根拠や原因が、全部自分の中にある、記憶や経験がら来たものなのだということを感じていきました。

ある出来事、事柄として思い込んでいることを、【実際に起こったこと】と【自分の中で起きたこと】、に分類してみてみると、激しい怒りや悲しみや被害者意識のようなものがどこかに行って、自分のピュアな願いのようなもの、「ほんとはどうこうして欲しかったな」という思いが見えてきて、絡まって黒くなっていたわだかまりの糸のようなものが解けていくのを感じました!

これは本当に衝撃だったし、自分で【実際に起こったこと】と【自分の中で起きたこと】をホワイトボードに書いて、その出来事を俯瞰して見たときに、なんともその分類された姿が滑稽で、けらけら笑えてきて、「なーんだ、今までずっと忙しく自分の頭の中で自分劇場を繰り広げて、怒ったりわめいたり抗ったりしてきたんだ!(笑)」と、何かが一気にはじけて、パーンと軽くなった感じがありました。
(20代女性)

66289.jpg

今回のセミナーを振り返ってみると、なかなか思い出せない様な感覚がある。あまりの衝撃に記憶が飛んでいるのか、自分が堅く握り締めていた思い込みとともに何処かに行ってしまったのか。

すぐに思い浮かぶのは、ずっと笑っていたこと、幸せに溺れる様な感覚になったこと、自分の思い込みや固定観念が「ぺろりん♪」と剥がれたこと。「バリバリ!」や「ベリベリ!」ではなく「ぺろりん♪」。「剥がされた」というよりは、大きなポスターが風に吹かれて自然とめくれる様な感覚だ。

日々の中で人と話をしている時、お互いの主張が食い違って硬直状態に陥ることは珍しくない。フラットな視点を持った第三者が聞いていると、両者の視点の違いや価値観の違いによる意見の相違に過ぎず、「どちらが間違っている訳でもない」ことが多いのかもしれない。

この様な状況を今回のセミナーでは「実際に起きたこと」と「頭の中で起きたこと」に分けて考えた。この二つを分けて書いてみると面白いほどに、「実際に起きたこと」が少ない。普段、いかに自分が自分の感情や捉え方、価値観をさも事実かの様に思っているかという事が浮き立った様だった。
更に面白いのは、事実として記した内容にも自分の感情や視点が表れているということだった。

途端に、周りにある物や人の言葉、文字などが意味を為さなくなり見える物全て繋がっている様な感覚に陥った。机の上にある「コップという名前」も、「コップとしての機能」も全て人間が与えているに過ぎず、もはや机との境もよく分からない。時間をかけて過去の記憶と結びつければ、「名前は出てくるけど、何のためにあるんだ?」と言った始末。

時計を見ても、細い線が回転している不思議な物体にどこかで見た様な模様が散りばめられているだけで何のことかさっぱり分からない。当然「遅い時間」も「早い時間」もないことに気が付いた・・・・・
(20代男性)

66292.jpg

率直に楽しい、嬉しい、有意義な時間だったなーと感じている。

印象に残った点としては“ひとつである”もの観方

参加者の若いこの話で、とってもユニークだったのが、お菓子の #マーブル といった発想だった。

自分の捉え方としては元々同じだった処から発生しているものが、あるタイミングで分断されていて、あたかも見た目的には別の模様とか、色とか味とかになってはいるが、元をたどっていったら、それって元々みんな一緒のものからできているんでしょう~

この身体も、もしかしたら、マーブルが創られる仕組みとたいして変わらないないんじゃない、人間も見た目には個々別々と捉えていうけど・・
水も空気も、動物も鳥も、魚ももういろんなものが太古からグチャグチャにいりまじって
様々な影響しあって今の物ができている感じが、このお菓子の マーブルという
表現に ぴたー と合わさった瞬間だった。
ひとつのもの ≒ マーブル(概ね) 

この社会の成り立ちや背景を探っていくと、自分ひとりでは気付きにくいけど
今回のように、みんなと一緒に検討、観察していくと・・
世界は、不思議に満ち溢れている・・・(自分の内面も含めて)
まだまだ、ありそうだが・・
朝から夜遅くまで、みんなと笑いころげている日々
こんなに笑っている、検討会、セミナーはとても 衝撃的だった。
(50代男性)
66138.jpg

次の社会への道筋がハッキリと見えた、そんな1週間でした。
今までは、理想はあっても難しいと思っていたけれども「この道なら実現できる」と、喜びが心の芯から湧き上がってくるのを感じます。

そして、一緒に歩む人たちがたくさんいる。きっと実現できるはず。
一緒にやりましょう!
- | -

10月11~12日でアズワン鈴鹿ツアーを開催

IMG20211011165512.jpg

10月11~12日でアズワン鈴鹿ツアーを開催
7月末にアズワン鈴鹿ツアーに来られた東京の王野百合子さんが、友人の作家の方を誘ってもう一度来たいということで、11日(月)~12日(火)にかけてツアーを開催しました。

IMG20211011141031.jpg


なつかしい 安心 豊か
不思議でおもしろい
穏やか


初めて来られた方の、一泊二日を過ごしてみて浮かんだ感想です。
実際のコミュニティで暮らす人たちと話すことを通して、触発されることがとても多かったようでした。

IMG20211012095232.jpg

また、二度目の王野百合子さんも、ますますナゾが深まったようで、またアズワンセミナーで深めていきたいと思ったようでした。

IMG20211012112140.jpg
IMG20211011141836.jpg
- | -

5年前の出会いからアズワン鈴鹿ツアーへ

IMG20211009141143.jpg
5年前の出会いからアズワン鈴鹿ツアーへ
10月9日~10日でアズワン鈴鹿ツアーが開催されて、東京からひとりの女性が参加されました。
きっかけは、5年前にトランジション世田谷の集まりでアズワンの話を聞いたのを、ここ最近思い出したことでした。アズワンで掲げている理念が、本当にコミュニティの一人一人に根付いて、実行されているのかを、現場の生の声を聞いて確かめてみたいと思って来られました。

IMG20211009164954.jpg
IMG20211010091820.jpg

一泊2日を過ごしてみての感想を紹介します。

アズワンの皆さんのお話を通じて、私は、一人で生きて稼がなければ死んでしまうという、恐れのストーリーを強く持っていることに気づかされました。このストーリーを信じすぎていて、アズワンのコミュニティに憧れ、また、実際に実現された世界を目の当たりにしても、恐れがじゃまをして、勇気を出して最初の一歩を踏み出すことが難しいと思いました。
サイエンズやガイアエデュケーションなどに今後参加して、自分の今後を見つめ直していきたいです。
IMG20211009152621.jpg
IMG20211009141822.jpg
IMG20211010104025.jpg
- | -

【個々で頑張る暮らしから、不安のいらない安心した贈り合いの生き方へ】

【個々で頑張る暮らしから、不安のいらない安心した贈り合いの生き方へ】
<アズワン鈴鹿コミュニティ、200人の仲良い大家族の暮らし方>

10月6日にオンラインでお話し会が開かれました。
65534.jpg
主催したアズワンネットワーク、倭翔輝君からの案内文を紹介します。

【個々で頑張る暮らしから、不安のいらない安心した贈り合いの生き方へ】

個々で頑張る暮らし。
個々でやるのが当然。という意識の状態からかな?

一緒にやってほしいって言えない。ってのもあるかな?
給料や時給で、やることを区分けしちゃった影響もあるかな?

自分のことは自分でやる。相手には干渉しない。自己責任。自分の成果。
いつからそんな寂しい生き方を人はするようになったんだろう。

でもほんとは、人のことが気になって仕方なくて。
ほんとは、人と一緒に居たくて、人に愛情を傾けたいのが本音で…
そんな風に素直に、そのままを表せなくなっちゃっただけで、消そうにも消えない人間としての「欲求」がある。

そして素直になってみたら、案外みんなも同じように思ってて、愛情を贈り、ものを贈り、技術を贈りってしてたら、やっぱりというべきか
相手ももらう側も、うれしくて、贈り返したくなっちゃって。気持ちを、能力を、お金までも贈り合いになっちゃって。
で、気づいたら終わりなき贈り合いの生き方になっていく。

これは夢物語かな?
実現は不可能かな?

ほんとにそうだろうか、まぁやってみよう。ってなった人達がいた。そしてコミュニティ化していった人達がいる。
そんな人達のお話会。

10月6日20時から。
個々で頑張る暮らしから、不安のいらない安心した贈り合いの生き方へ。

244639835_4393150714125677_4363569795302014460_n.jpg
今回は、全国各地から26名の人たちが参加して「贈り合いで営まれるコミュニティ」を通して、本当はどんな暮らしがしたいかな?と一緒に考えていきました。

「子育ても、家族単位でなくコミュニティのようなところで、みんなでできたら安心だと思う」
「お互いが家族のように思い合えるとは、どんな感じなんだろう?また、どうしたら、そういう関係になれるのかな?」
「メリットやデメリット、利害ややることでの繋がりが、日常は多い気がしますが、本当は安心できる繋がりを望んでいるように感じました」

などなど、後半は4班に分かれて感想などをシェアしながら、深め合う時間になりました。

またこれからも、一緒に考えるお話し会を設けていきたいと思います。
- | -

アズワンネットワークニュースvol.61 10月号

夏の暑さも落ち着き、秋の気配が漂ってきました。
皆さん、お元気にお過ごしですか?
涼しさを取り戻した公園にはトンボが遊び、食卓も野菜に加えて、秋の果物たちが、彩りを添えてくれるようになりました。
今年は7月の高温に加え、8月には長雨と、作物にとっては厳しい環境だったかもしれません。
それでも植物たちは、その時々の環境の中で、精一杯出来得る限りの成長をして、私たちに豊かさを齎してくれています。
そんな自然界の一部として、私たちにはどんなことができるのでしょうか。
世界中の全ての幸せを願う、それは自然の中から、全てを受けて育った私たちの元にある、本当の願いなのかもしれません。
そんな気持ちで、今月も「アズワンネットワークニュース」を届けます。

続きはこちらから
10月号ヘッダー
- | -

アズワンネットワーク韓国から

アズワンネットワーク韓国では数年前から、30代の若者が中心になって、コミュニティ作りが始まっています。
S__15335434.jpg
数家族が大きめのマンションの一室で、共に暮らしながら、争いや対立のないお互いに成り合って、仲の良い家族のような間柄になりあっていこうと試みています。
32E62F74-5C60-479C-AD02-9C4A9E75D3B2.jpg
その中の数家族は、実際に物やお金も自由に行き交わせることができる間柄になってきて、人と人の間に囲いや隔てのない、ひとつの暮らしを実現しようとしています。
S__15335444.jpg
そんなメンバーが、今度は少し離れた「ポルン島」というところを拠点に、農場を始めようとしています。
サツマイモなどを育てながら、拠点となる家を建てています。
S__5562376.jpg
色々な事柄もあるけれど、その前にまずは自分の内面、お互いの内面に目を向けて、「どうするか」よりも「何をやろうとしているか」「どうありたいか」と、安心して何でも話して何でも聞きあえる関係に、成り合っていこうと実践を重ねています。
S__5545988.jpg
今は、日本へ学びに行くのも難しい時期なので、日本のコミュニティで行われているミーティングを録画して、それを韓国のメンバーで一緒に見ながら探究したりしています。
S__5545990.jpg
2021年も韓国でもアズワンセミナーが開かれ、サイエンズにも触れる中で、日本のコミュニティへ行ってみたい、サイエンズアカデミーへ入学したいなど、気持ちのある若い世代が、たくさん待っています。
S__5545993.jpg
また自由に行き来できる日が、1日でも早く訪れてほしい。そう願う毎日です。
- | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>