韓国アズワンセミナー「本当に生きたい世界に出会う」

本当に生きたい世界に出会う「アズワンセミナー」


セミナー参加者たちと進行スタッフ

8月19日から24日までアズワンセミナーが開催されました。アズワンセミナーは、サイエンズメソッドを体験しながら、今まで自分に付いていたキメツケや固定観念から外れる過程です。固定やキメツケから離れることで、もともと自分にあった心(本心と言いましょうか)がよりよく見えてくるし、そして、その心を生かして話し合っていきながら、お互い隔てのない間柄になっていきます。そういう風に見えてきた世界は、参加者一人ひとりにとって、どんな感じだったでしょう。

参加者たちの感想を共有します。

◆小さくても始められる

自分の中の疑いや警戒がなくなって、争いも対立もない社会で生きていきたい。一緒に探究していく人たちと、もっとやさしく、もっと気楽に、何でも話し合いながら、自分の願いに関心を持っているその人たちと「小さくても始められるのではないか」という期待感も湧いてきた。その過程はとても軽くて楽しそうな感じ!難しくない、複雑ではない、本当にやさしくて親しい間柄で、誰とも一緒に生きていきたい。(30代女性)

◆幸せにより良く生きたい


アズワンセミナーで学んだこと・学んだ方式を、またもう一つのキメツケや唯一の正解にしたくない。柔軟に、大切な観点の一つとして上手く使いたい。本心は「アズワンのサイエンズメソッドをを維持したい」というより、「幸せにより良く生きたい」ということだから。ただ、今くっきりと見えてくるのは、認識上だけで自分の頭の中で生きている時より、実際を調べようとする時、現われた現象だけを見るよりは「本当は何があるか」と見ようとする時に、ずっと面白いしもっと広まる感じになること。そして、それを分け合いたいということ!(20代女性)
国際情報 | - | -

アズワンネットワークニュースvol.24

夏の暑さが続いていますが、鈴鹿ではもう稲刈りシーズン。ツヤツヤの新米を頬張る季節です。秋は稔りの豊かさを感じさせてくれます。でも、本当は、お米も野菜も肉も魚も…いつでも自然界からの贈り物ばかり。そして享受しているものは自然の恵だけではありません。多くの「人の行為」も、日々浴びるように受けているのではないでしょうか。

今、私たちが、社会に暮らしていること自体、いろんな人の行為によって成り立っています。ゴミを出せば収集してくれる人。宅配を届けてくれる人。電気や水道やガスも、いろんな人の行為があってはじめて使えるようになっているのでしょう。

普段の暮らしの中で、当たり前になり過ぎて、仕事だから、お金を払っているから、やってもらって当然だ、としていたら、そこにある人の行為を知らず、受けているものも見えないままです。

実際の「人の行為」を知ることで、心が満たされ豊かさを増していく……そんな検討を、今ここ鈴鹿コミュニティで暮らしながらしています。本来の人と人とは? 実際の姿や営みって何だろう? そんな探究の日々です。

そして、知った分、見えてきた分だけ、姿や行為となって現れてくるように思います。その一端を、今月の記事から感じてもらえれば……とお届けします。


◆「本当に生きたい世界に出会う」アズワンセミナー
今、あなたが、この社会や身近な人間関係の中で感じているものは何でしょう? 息苦しさや窮屈さがあるとしたら… 世の中こんなものだとキメツケていませんか? では、本当に自分が生きたい世界とは、どんな世界なのでしょう?


8月度アズワンセミナー参加者インタビュー《前編》
8月度アズワンセミナー参加者インタビュー《後編》
安心・満足・分かち合う・幸せへの道を歩む


韓国アズワンセミナー「本当に生きたい世界に出会う」

◆「人っていいなぁ~」 人にふれる、人に出会うツアー
改めて、「人って何だろう?」と問い直し、その本質を探り、その理解が深まれば深まるほど、人の温かさで心が満ち足りてくるようです。人が人から受けたり、応えたり、求めたりしていることが見えてくるからでしょうか…
人の心は何によって満たされるのか? 人は何を求めているのか? そんな人との出会いを感じるアズワンスタディツアー。参加者インタビューをどうぞ!


「人にふれられた1泊2日でした」AsOneスタディツアー
「一人で頑張らなくてもいいんだ」

◆サイエンズスクールで成長しながら仲間づくり
「争いのない幸せな世界を実現したい」そんな願いで全国各地にアズワンネットワーク活動をしている人たちがいます。サイエンズスクールのコースに参加し、自分自身を見つめ、育ち合っていこうという仲間です。そんなレポートが届きました。


「人を聴くコース」に参加して―アズワンネットワーク福岡より

◆「自分らしい人生を、その人らしく生きられる社会を」サイエンズスクール
人の成長には、身体の健康や技能の習得も大事ですが、一人ひとりの人間性の成長、すなわち「心」と「知性」の成長に主眼を置いているのがサイエンズスクールです。
誰でもが生涯を通して、心と知性を培い育て、豊かな人生を送ることを目指しています。
そのために、安心した環境の中で、自分をみつめ、人や社会について、その根本から探究する機会として、約7種のコースを開催しています。各コース参加者のレポートを紹介します。


自分の中を観ていくと、自分を成り立たしているものが…
現状の自分と社会、誰でもが自由に生きられる社会って?
当たり前になっているものから自由へ

◆2ndCSS「社会・人間・心の“豊かさ”を探る」~科学技術の先にあるものとは
<サイエンズ研究所>主催によるCSS(Crossover Study Session)を開いています。研究分野の異なる研究者と語り合いながらその本質に迫っていくというセッションです。環境問題に取り組む内藤正明さんとの続きをどうぞ!


第6回人間社会にとって必要な研究とその実現とは?《2》

◆本当に主体的に生きるとは?
自分がどうしたいのか?と自分の内面に目を向けるのではなく、その場の空気や、やること、やらなければならないことに、自分を合わせていることはありませんか? 仕事や暮らしの中で本当に主体的に生きるとはどういうことでしょう。何かに従属してはいないでしょうか? こんな観点で見直してみてはいかがでしょう?
「今その行為は“自発的服従”になっていないか?」

◆本心からの願いが住みよい街につながる
京都のmumokutekiホールで、アズワン講座が開かれました。本当は本心で話したくても話せないという人たちに、鈴鹿コミュニティの実態はとても響いたようです。誰もが本心で生きられる社会は実現できることに共感が集まった講座です。


京都mumokutekiで「本心で生きられる社会づくり」講座


◆御師ミッチーの旅日記「奈良・信州」編
アズワンのミッチーこと北川さんは、北へ南へ全国を旅しています。迎えてくれる人たちの中でアズワンの輪が広がっているようです。御師(おんし)とは、その昔「お伊勢参り」を全国に知らせて回った人たちのこと。ミッチーもアズワンを伝えようと希望を灯す旅へ。今回は、奈良と信州〈前編〉をどうぞ!


みっちーの旅@奈良『種つながりの仲間達』
みっちーの旅《信州へ》前編


《お知らせ》
ガイアエデュケーション9月度公開講座「ワールドシフト・私の一歩で世界がつながる

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワンスタディツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●9月8日(土)~9日(日)
●9月9日(日)1DAYコース
●9月15日(土)~16日(日)
●9月16日(日)~17日(月)
●9月15日(土)~17日(月)2泊3日
●9月22日(土)~24日(月)2泊3日
●9月29日(土)~30日(日)

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●9月19日(水)~9月24日(月)
●10月3日(水)~10月8日(月)(追加開催!)
●11月20日(火)~11月25日(日)
**************************************************
「ゼロからの探究会」
☆アズワンミーティング@アズワンネットワーク東京
●9月17日(日)10時~16時
場所は下保谷福祉会館1F和室にて 連絡先:080-5503-3015(城石)

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

みっちーの旅《信州へ》前編



アズワンの御師と自称するミッチーこと北川さんは、8月27日から涼しい信州へと出かけています。安曇野と長野市内でのお話会の様子をどうぞ!

◆安曇野でアズワンお話会



8月27日から長野県に来ています。
安曇野の農村交流ゲストハウス「ともさんち」にて、アズワンお話会でした。
主催してくれたのは、宿主のともさんと、5月のアズワンセミナーに参加したふゆちゃんです。安曇野は、若い人たちの意識も高くて、新しい風が吹いているのを改めて感じています。明日のお昼も、同じくともさんちでお話会があります。




Mさんのお誘いコメント

アズワンとみんなのお話会
〜 安曇野の農村交流ゲストハウス / 農家民宿 / スペース

人間らしくみんなが活かし合うはたらき方。
生きれるという安心感があれば、人は何をするか。
人との対話。自分との対話。
などなど。

あなたにあった内容をきっと受け取れるはず。
明日は10時からお話会、そのあと持ち寄りランチ会。
会場にてお待ちしています^_^



サイエンズアカデミー生の根津君と一緒に


◆長野市内でアズワンお話会

各地への広がり | - | -

みっちーの旅@奈良『種つながりの仲間達』





奈良でも安心して何でも話し合える場づくりを

8月9日は、池田麻矢ちゃんの呼びかけによる、『種つながりの仲間達』(トランジションなら)の8月ミーティングに呼んでもらって、奈良の天理市に行ってきました。会場は、ガイアエデュケーション参加者の中谷みちゃこちゃんのオフィスでした。



アズワンネットワークや鈴鹿コミュニティについて紹介させてもらって、感想を交えながら探究会もしました。アズワンについて、少し聞いたことがあるという方が大半だったので、率直な疑問もざっくばらんに出してもらって、本当はどうなんだろうと深まっていく場になりました。本格的に探究する場をこれから持てるようになるための、きっかけづくりはできたように感じています。

各地への広がり | - | -

「本当に生きたい世界」って? 8月度アズワンセミナー参加者インタビュー②


5泊6日のアズワンセミナーは、参加者、スタッフが共に生活しながらテーマを探究していきます。その暮らしそのものが一つの社会とも言えるようです。暮らしの中で、親しさが深まり、安心が安心を生み、心が開放され、何かに気づいていく… 
「本当に生きたい世界」って、どんな世界だったのか、インタビュー後編をどうぞ。片岡さんと山上さんの二人に聞いてみました。




佐賀から参加した山上さんの場合――感動のインタビューです!



岡山から参加した片岡さんの場合――
「それは一人一人が本来持っているものが発揮される社会」だそうです。それってどんな社会? どう実現できるの?
アズワンセミナー | - | -

「本当に生きたい世界」って? 8月度アズワンセミナー参加者インタビュー① 



「あ!虹だ!」 5泊6日のアズワンセミナー最終日、記念撮影後、空を見上げると遠くに虹が。思わず見上げて嬉しそう…

アズワンセミナーは、人間らしく生きられる社会を実現するためのメソッド(=サイエンズメソッド)を体験しながら学ぶ機会です。人間なのに、人間らしく生きてないってちょっとへんですね。こうしなければいけない、こうするのがいい…と、そんなキメツケに縛られていることはありませんか? 自分の本心に気づかずに…。

セミナーでは、本当の自分を知り、人を知り、知っていくことで、そのものが現れてくるようです。自分らしさやその人らしさがイキイキと現れて、発揮されていく。そんな自分になって新たな人生がはじまっていきます。

今回、セミナーに参加した人たちに「どんな世界に出会えたのか」インタビューしてみました。
アズワンセミナー | - | -

2ndCSS「社会・人間・心の“豊かさ”を探る」~科学技術の先にあるものとは~《6》




2nd Crossover Study Session (CSS)
「社会・人間・心の“豊かさ”を探る」
~科学技術の先にあるものとは~ 《6》


これまでの記事
第1回 プロローグ
第2回 何のための研究か? 専門化し細分化している現状《1》
第3回 何のための研究か? 専門化し細分化している現状《2》
第4回 何のための研究か? 専門化し細分化している現状《3》
第5回 人間社会にとって必要な研究とその実現とは?《1》


第6回 人間社会にとって必要な研究とその実現とは?《2》

片山 U理論の研究は、人の内面の変容と社会の変容がどう相関連して起きるのか、そこに関心を向けて研究している人たちではないかという印象があります。
CSS | - | -

京都mumokutekiホールで「誰もが本心で生きられる社会づくり」講座



8月5日、京都のmumokutekiホールにて、サイエンズ研究所の小野雅司さんによるアズワン講座「誰もが本心で生きられる社会づくり 〜アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティの実践から〜」を開催しました。会場のヒューマンフォーラムの社員の方たち含めて、多くの方に参加してもらいました。
本当は本心で話したくても話せないという人たちに、アズワン鈴鹿コミュニティでの18年かけて現れてきている実態は、とても響くものがあったと思います。誰もが本心で生きられる社会は、絵空事でなくて実現できるということが、かなりの人に共感してもらえたように感じました。(北川)


参加者の柴田浩久‎さんがご自身のフェイスブックにその様子を投稿していましたので、ここに紹介させていただきます。

共感!「既成概念からの解放、本心からの願いが住みよい街につながる」

『誰もが本心で生きられる社会づくり』講座に参加しました。アズワンさまの鈴鹿市での取り組みについて、以前からとても興味深く思っていたところ、京都市内でご紹介いただく機会がありましたので参加させていただきました。

サイエンズ研究所の小野雅司先生のお話を伺いました。正確ではありませんが、あくまで私の理解としてお伝えさせていただきます。

本心で生きられる社会とは? なぜ本心で生きられないのか? 小鳥も蝶も自由自在、本心そのままで生きているのに、素晴らしい能力がある人間がなぜできないのか? 人間の特徴は、フィクションを共有する力があり、『サピエンス全史』(ハラリ著)では、柔軟かつ大勢で協働できる能力があるから、サピエンスは繁栄できたとされたうえで、フィクション(虚構)を作り、それを共有できる能力が認知革命となり、ないものをあると約束していくことにより、現在の社会ができたとの見解をご紹介されました。

これに対し、あくまで虚構に過ぎないことにとらわれすぎ、やらなければいけない、してはいけない等、あたかもあるかのように虚構に拘束されることが、本心で生きつらい社会を形成してもいる、という見解を示されました。

自縄自縛により、本心で生きられなくなってきた人間の可能性について、想像力(イマジン)と、創造力(クリエイト)をもって、物質や科学の世界では発展してはいったが、キメツケや約束により、様々な問題が生じていることを指摘されました。ビートルズのジョンレノンが『イマジン』の中で、The world will be as one(世界は一つになる)ことを想像したように、アズワンネットワークは様々な差異を乗り越えて、みんなで助け合う社会を創造していこうとされていると理解しました。

各地への広がり | - | -

2ndCSS「社会・人間・心の“豊かさ”を探る」~科学技術の先にあるものとは~《5》





2nd Crossover Study Session (CSS)
「社会・人間・心の“豊かさ”を探る」
~科学技術の先にあるものとは~ 《5》


これまでの記事
第1回 プロローグ
第2回 何のための研究か? 専門化し細分化している現状《1》
第3回 何のための研究か? 専門化し細分化している現状《2》
第4回 何のための研究か? 専門化し細分化している現状《3》


第5回 人間社会にとって必要な研究とその実現とは?《1》

CSS | - | -

「U理論」のWEBにアズワン鈴鹿コミュニティの試みが紹介

02.jpg

U理論で世界的に知られる“The presensing Institute(プレゼンシング・インスティチュート)”のWebに、「一つ家計の経済 One Household Economy in city」としてアズワンネットワーク鈴鹿コミュニティの活動が紹介されました。

紹介されたのは、資本主義を超え、すべての人たち、人以外の存在、将来世代も含めたすべての存在の幸福のための経済を創出するためのプラットフォーム「Transforming Capitalizm Lab(トランスフォーミング・キャピタリズム・ラボ)」です。

そこに世界各地でその方向で活動する人たちの先駆的仕事をつなぎ、新しい経済への流れを生み出そうと意図されています。アズワンの試みは、14のプロジェクトの一つとして紹介されました。

プレゼンシングインスティチュートは、マサチューセッツ工科大学(MIT)のオットー・シャーマー博士たちが中心となって、世界各地の実践家をつなぐネットワーク組織です。本来の人の生き方や社会、未来はすでにある。すべての人、人以外のすべての存在、将来世代も含めた、すべての人たちの幸せに繋がる新しい社会システムを足元から各地に創出しようとしています。



https://www.presencing.org/#/transforming-capitalism-lab


アズワンの試みのページは、
http://as-one.main.jp/suzuka/English/one%20household%20economy.html

「U理論」とは、マサチューセッツ工科大学のオットーシャーマー博士が体系化した手法で、経営学に哲学や心理学、認知科学、東洋思想まで幅広い知見を織り込んだ他に類を見ない理論と言われています。

今日、私たちは、ますます複雑化する社会の中で、世界規模に至る多くの問題を抱えたままです。気候変動、経済格差、貧困、戦争など、誰も望んでいないにも関わらず、その解決策も軌道修正も出来ずにいます。U理論は、「過去や偏見にとらわれず、本当に必要な“変化”を生み出す技術」として今世界的に注目されつつあり、多くは行き詰まるマネージメントにイノベーションをもたらす手法として脚光を浴びていますが、U理論を提唱する「学習する組織」では、資本主義を変革し新たな社会を創造する理論として研究されているのです。

以下、片山弘子氏(アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティ)が寄稿した英文と本人による翻訳文です。(以上、編集部:岩田)
国際情報 | - | -