【優越感も劣等感も無い、嫉妬なんて意味が無い、そんな世界観が自分の中に生まれた】9月期アズワンセミナー 参加者の感想

7日間のアズワンセミナーを終えようとしている今。
セミナーに参加する前の自分と、参加した後の自分の内側は大きく変化したことを実感しています。
162035.jpg

アズワンセミナーは知人から紹介してもらいました。
そのときの私の状態は、大学3年生になり就活や社会に出るということが目前に迫ってきた時であり、それに対して乗り気ではなく、自分の気持ちを無視して就活をするのではなく、一度休学して、もっと広い世界を見て、違う選択肢を見つけたいと思っていました。

そんな時に知人の、“概念が変わる”という言葉に反応しました。休学して様々な外の世界を知るということよりも、まず内側を変えることの方が自分には必要で、意味のあることではないのかと、直感で感じ参加しました。

今回セミナーに参加して、人間が世界をどのように知覚しているのかや、人間のもつあらゆる感情、考え、また自分について社会についてなどの、普段当たり前のように思っていて疑問すら抱かないものたちを、一から考え直してみると、多くの気付きがありました。

その中で、私にとって最も大きかった気付きは、この世界は個々で独立しているものではなく、本当は1つのものである、ということです。それに気付くことで、私が自分で自分にもたらしていた、あらゆる傷をいやすことができました。

私は、自分自身に対する劣等感が強い性質がありました。それの原因には、人と比べて、人より優れていたい、だとか、自分で自分を認められない、などがありました。

しかし、“アズワン”というものに気付くと、この世界は全ての人の行為の連鎖で成り立っており、全ての人間は役割を果たしており、全ての人間は特別なのだというように感じました。

すると、自分自身は世界を構成する1つの存在として重要な役割を果たしていて、みんなも特別だし、自分も特別なのだと思い、優越感も劣等感も無い、嫉妬なんて意味が無い、そんな世界観が自分の中に生まれました。

生活の中で毎朝、研修所の掃除をしていましたが、それだけでも、自分は四肢があり、健康な体をもっているという才能があり、その才能を使い、トイレや風呂場をきれいにすることで、人々は気持ちよく過ごすことができ、その人々は次にまた良い役割を果たすようになっていくのだと思うと、自分はとても世界の役に立っているなと思い、自分で自分を認められました。また、自分も他人も無いようで、人に自然と優しくなり、愛しい気持ちが湧きおこってくるようにも感じました。
308110584_5917765461578595_958650400216343745_n.jpg

私にとって社会とは、きっと生きづらい場所。できるだけ社会とは関わらずに生きたい、そう思って、山の奥深くで自給自足をするしかないかなどと、高校生あたりから考えている次第でもありました。
今回社会について考えてみると、本来人間はなぜ社会を形成したのだろうと思いました。

それを考えてみると、安心安全に生きるためにあるのではないかと思いました。
しかし、現在の社会となると、人の気持ちは尊重されず、人の心は死んでいき、しまいには、命まで失われる。本来、安心安全に生きるためにあるのに、真逆の結果になっているではないかと思いました。

大学生の私は、卒業したあとに、いかにして自分が楽になる形で社会という地獄に出ようか、その方法を模索していました。しかし、その答えは見つかりそうにありませんでした。それもそのはずです。パズルのすきまに、形の合わないピースを無理やりはめようとしているようなものです。どんなに頑張っても、窮屈です。

私は、社会を変えていくしかないのだなと思いました。
その時にはじめて、私の中で情熱というものが湧きおこったように感じました。
これからどう生きるか、自分にそう問いかけた時、サイエンズの考えに基づいた、人が本当に幸福に生きられる社会の実現に、私も関わっていきたいという気持ちがありました。

私の周りには社会に出たくないと思っている多くの同年代の友人がいます。そんな若者たちをセミナーに誘って、絶望から抜け出してもらい、希望を作る仲間になってほしいなと思いました。
(20代学生)
- | -

【ひとりひとりが個性を発揮する社会、豊かな世界を実現したい】長野県八ヶ岳 平川浩之さん

4年前にアズワンセミナーに参加し、その後サイエンズスクールの各コースにも参加した平川さん。八ヶ岳を望む長野県原村で、シェアハウスやイベントホールなどを運営しながら活動されています。
IMG20211211220329.jpg
写真一番右が平川さん。
一緒にサイエンズスクールのコースに参加した木村さん(中央)と。



みなさん、こんにちは。平川です。

東京から八ヶ岳・原村に移住して、リングリンクというシェアハウス、音楽イベントホールを運営して、もうすぐ7年が経とうとしています。

7年前まで商社で勤務していた際、食料部門の子会社を経営指導する仕事を長年携わっておりましたが、「どうしたら人は幸せに、社会が豊かになるのか?」という観点から、「日本を経営改善」したくなりました。

ひとりひとりが個性を発揮する社会、豊かな世界を実現したい。
本来の教育・子育て、本来の健康、本来の住宅、本来の金融制度を実現したい、と思うようになりました。

ところが、一部の人から世界がお金で支配されている資本主義経済の仕組みが、あまりに強固で、社会全体を変えることは誰にも出来ないので、自分たちで小さく変えるしかないと思い、そのタイミングで、リングリンクの前の所有者の小林節子と出逢い、会社を退職して、八ヶ岳・原村に移住することとなりました。
308494675_5562360080510180_2309962003733483779_n.jpg
※平川さんが、長野県原村で運営するシェアハウス「リングリンク」

そして4年前に、八ヶ岳・小淵沢に住む木村浩昭さんから、アズワンさんを紹介され、一緒に、アズワンセミナーを受けました。

ひとつの社会を実現するには、自分のこころがひとつになる状態になる必要があることを実感して、その後、「ひとつの社会を実現するためのコース」まで、一機に受けました。

ひとりでも多くの人に、サイエンズメソッドを広めたいという思いから、東京、八ヶ岳で「サイエンズメソッド勉強会」を開催させていただきました。
その後目の前のことに集中しているうちに、月日が経ちましたが、何らかの形で、アズワンさんと連携出来ればと思っております。

特に、「企業研修」「子育て・教育」の必要性を痛感していますので、この分野を研究、実践したいと思っています。
286253264_5286816694731188_3386294795653123742_n.jpg
※イベントホールも併設 様々なイベントを積極的に行っている

なぜかと言うと、世界を変えるのは、ひとりひとりの意識であると同時に、短期的には、「日本の企業が世界を変える」から、長期的には「子どもたちが世界を変える」からです。

サイエンズメソッドはとても素晴らしいのですが、企業研修にするためには、1日、3日間コースで多くの方に左脳と右脳で理解いただく必要もあります。

自然豊かな環境で、リラックスした状態で、理想的な未来を思い描きつつ、自分の会社をその実現のために活かすことを目指す企業は、これからどんな激変期にも耐え忍んで成長すると確信しています。

2022 年 9 月 1 日
平川浩之
- | -

【次の社会創造】 連載第12回 (最終回) 争いのない、気持のままにやさしく生きられる社会へ

次の社会創造 連載第12回(最終回)
【争いのない、気持のままにやさしく生きられる社会へ】
サイエンズ研究所  小野雅司
次の社会創造

連載第1回はこちらから
連載第2回はこちらから
連載第3回はこちらから
連載第4回はこちらから
連載第5回はこちらから
連載第6回はこちらから
連載第7回はこちらから
連載第8回はこちらから
連載第9回はこちらから
連載第10回はこちらから
連載第11回はこちらから

第三章
16. The world will be as one. ~I hope someday you will join us.

【The world will be as one】

John Lennonの「Imagine」の歌詞の最後のフレーズです。

世界中が一つで、争いなく、気持のままにやさしく生きられる世界。
これは、世界中のほとんどの人の素直な願いではないでしょうか?

Imagineが作られたのは1970年。それから50年以上が経過しても、世界各地で歌われ続けているのは、そういう願いの現れなのでしょうか。
しかし、JohnがImagineを作った時点から、その願いが実現に向かって進んできたでしょうか?

アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティづくりの元となる理念は、その名前の示すとおり、As One(一つ)です。
宇宙自然界には単独で存在しているものは何もなく、切れ目のないつながりの中で絶えず変化しているようです。人も物も、その中で、ひと時、現われ、また次のものに姿を変えながら存在しているのです。人の生き方もまた、この自然界の理にそって生きるからこそ持続可能であり、そういう生き方が楽で簡単で安心なのだと思います。

そういう世界観に立って、人とはどんな存在か、人間らしく生きられるにはどんな社会が必要か、こういう問いを元に、コミュニティづくりを通して、20年以上にわたって研究と実験を重ねきました。

その中で、人間の作り出したフィクションが固定化し、自然界の理から大きく外れてしまい、人間自らが自らを縛ってしまう自縄自縛状態であるという現状の姿も見えてきました。その固定化したフィクションから解放される方式を見出すことができました。そして、元々の姿、人間らしい姿に立ち還っていくプロセスも見えてきました。

元々一つ。所有も国境も権利も義務も責任も罰もお金も交換もすべて、人間が作り出したフィクションです。そこから解放されると、元々、自由、平等なのです。人間の考えで作り出したフィクションで自縄自縛の世界を作り出しているだけなのですから。どの人にも、すべてのものと調和し、健康に成長しようとする働きが元々あるのだと思います。何かを得たり、獲得しなくても、元々の姿に立ち還るだけでいいのです。

こういう理論的な話になると、ちょっと難しく感じる人もいるかもしれませんね。

しかし、アズワン鈴鹿コミュニティの実際に営まれている姿に触れてもらったら、実にシンプルで簡単なことだと理解してもらえると思います。元々の姿ですから、理屈でもなんでもない、人として実に当たり前の普通の姿だからです。

僕は、22年にわたるアズワンネットワーク鈴鹿コミュニティでの研究と試行錯誤の実践を通して、人間の素晴らしい能力を使えば、自分達が心底で願う世界は実現できると真面目に思っています。
まだまだ規模は小さいですし、未熟な点もまだまだありますが、「争いのない、気持のままにやさしく生きられる社会」のミニモデルができつつあると思っています。

その社会を創っていける次の世代が育つ道筋も見えてきています。
これからは、研究と試験を重ねながら、規模的にもっと大きなコミュニティづくりに挑んでいく段階に入っていくと思いますし、鈴鹿以外にも日本各地・世界各地にこのようなコミュニティが創られていくサポートをしていきたいと思っています。ブラジル、韓国、スイスなどでもそういう動きがスタートしています。

この連載を読んでもらった人達とも、心底で願う世界を一緒に創っていけるとステキだなと思っています。
夢を夢に終わらさないで、みんなで知恵と力を合わせて、現実のものにしていきたいなって思っています。
みなさんは、どうですか?
僕は、一緒にやっていきたいなと願っています。

Imagineの一節に以下のような歌詞があります。

You may say I am a dreamer. 
僕のこと、ただ夢みてるだけって言うかもしれないね

But I’m not the only one.  
でも、この世界が見えてるのは僕一人じゃないはず

I hope someday you will join us. 
いつしか君も手を携えて、共に歩く日が来るよ

And the world will be as one.
だって元々僕らは「一つの世界」に生きてるんだから

僕達の試みは、今はまだ、夢追い人、変わり者のように見えるかもしれません。
しかし、現実に存在するし、その芽は確実に伸び広がり、多くの人と心の手を結び始めています。

世界中の多くの人と心の手を取り合って、争いのない、気持のままにやさしく生きられる社会を一刻も早く実現していきたいと願っています。
- | -

アズワン関西ネットワークメンバーとのミーティング

週末は関西のネットワークメンバーのミーティングが開かれました。
神戸ミーティング
(👆昼食後に、みんなにかき氷をふるまういのじ(井上)くんを囲んでの団らん風景)

アズワンセミナーを経験した人たちが、その後も継続的に、暮らしのなかに内面を大切にする話し合いを持ちたいというところから、オンラインも活用しながらやっています。

今回は久しぶりのリアル対面での開催でした。

神戸の垂水でシェアハウス「わらい」を運営している井上くんのシェアハウスと、大阪の奥田智子さんのお宅を会場に開催されました。

回を重ねる毎に、一人一人の内面が開放され、和気あいあい通じ合う気風が醸成されていっているように感じます。

各地にそんな仲間を増やしていきたいです😊
京阪ミーティング
アズワンネットワークの取り組みに触れる機会として、鈴鹿のコミュニティ・ツアーや
http://as-one.main.jp/HP/tour.html

そのベースにある話し合いと探究を体験する機会として、アズワンセミナーを用意しています。
http://as-one.main.jp/HP/seminar.html

9月24日(土)には、ゲストスピーカーに「ZEN2.0」の宍戸さんと三木さんを迎え、第4回アズワンシンポジウムがオンラインにて無料で公開されます。
是非ご参加ください。
Peatixイベントページ https://asone-sympo2022-9.peatix.com/
- | -

コミュニティを始めたくて、宮城からアズワン鈴鹿ツアーに

IMG20220910142347.jpg

コミュニティを始めたくて、宮城からアズワン鈴鹿ツアーに
9月10日(土)~11日(日)でアズワン鈴鹿ツアーが開催されて、宮城から女性二人が参加しました。
これからシェアハウスをつくってコミュニティを始めたくて、参考にしたいとの動機で来られました。
お金の不安のない生活を理想としているので、その参考にもしたいとのことでした。

IMG20220910163150.jpg

お金に不安のない生活をしている人たちに会ったり、安定して満たされた空気感の中で一泊二日を過ごしてみて、これから実現していけそうな希望が持てたようでした。

最後のアンケートから紹介します。
・予想はしていたけれども、とてもシンプルな仕組みになっていると感じた。
・自分のやりたいことをすでに実現していて、勇気をもらった。
・コミュニティの人との安心がベースになるので、コミュニケーションがしやすい。
・コミュニティHUBの存在が重要だと思った。「コミュニティ運営費」という考え方も参考になった。

IMG20220911094334.jpg

IMG20220911103409.jpg
- | -

新しい社会の可能性に触れるアズワン鈴鹿ツアー

IMG20220904154250.jpg

新しい社会の可能性に触れるアズワン鈴鹿ツアー
9月4日(日)~6日(火)にかけて、アズワン鈴鹿ツアーが開催されました。
参加したのは、三木卓さんから誘われた3名の方たちで、資本主義の限界を感じて、新しい資本社会や人の生き方の参考にしたいと来られました。

IMG20220904172215.jpg

コミュニティの産業や暮らしに触れたり、メンバーとの深い話し合いにより、都市型コミュニティの可能性、お金のない社会の可能性、個人の根源的内面を探る重要性などを感じられたようです。

IMG20220905091013.jpg

感想アンケートからです。
・「所有」の概念が薄い(ない?)方々の美しさ、自然体に驚きました。また、いる人が自然に変容していくサイエンズメソッドの内容が気になってます。

・自分が日々感じている違和感、疑問を柔らげることができました。アズワンの理念が世の中に拡まっていけたら、幸せな人が増えると感じました。

IMG20220905104604.jpg

IMG20220905162534.jpg
- | -

アズワンネットワークニュースvol.72 9月号

まだまだ蒸し暑い日が続きますね。
アズワンネットワーク事務局のある、ここ三重県鈴鹿市では、早くも稲刈りが始まりました。流れる風に、稲わらの香りが運ばれてきて、秋の稔りの豊かさを感じるこの頃です。一方で、熱波や水不足、大規模な大雨と洪水などの自然災害が報じられています。被災の皆さんの健康と一日も早い復興を心から願わずにいられません。同じ地球の上に生きる者として、すべての人が幸せに生きられる社会を実現するために、知恵と力を寄せていきたくなります。この夏、海外でも、アズワンネットワークへの関心が高まってきています。ブラジルで講演会の開催や、スイスでは初めてのアズワンセミナー開催に続いて、ドイツで初めての講演会がベルリン近郊で開催されました。日本では若者たちの動きも始まりました。
今月号も内外の情報で盛りだくさんです。是非ご覧ください。

全文はこちらをご覧ください。

スクリーンショット-(375).jpg
- | -

鈴鹿近辺の方たち10名の1DAYアズワン鈴鹿ツアーを開催

IMG20220830120202.jpg

鈴鹿近辺の方たち10名の1DAYアズワン鈴鹿ツアーを開催
8月29日(火)に、鈴鹿・四日市・津にお住まいの方たち10名が参加して、1DAYアズワン鈴鹿ツアーが開催されました。
きっかけは、今月初めに県内各地で開かれた北九州の「アグリゾート」のお話会に参加して、アズワンというコミュニティが鈴鹿にもあると知ったことでした。大半の方たちは、人と人のつながりや調和したコミュニティづくりの話に共感する中で、鈴鹿に既にそういうところがあると知って、ぜひ触れてみたいと来られました。

IMG20220830140612.jpg

1DAYツアーなので、10時から16時までの短い滞在でしたが、鈴鹿ファームやおふくろさん弁当、コミュニティHUB&JOYなどを実際に見学したり話をする中で、多くの気づきや感動があったようでした。
地元の方たちなので、おふくろさん弁当や鈴鹿ファームの野菜は食べたことがあるけれども、その背景にコミュニティがあることを初めて知ったという方が多かったです。

IMG20220830145800.jpg

何人かの感想を紹介します。
「本当に驚くことばかりでした。お金の概念や常識がぶちこわされて、人と人とのつながりの大切さ、みんなが自立していて楽しく生き生きと働いている。働いているけど仕事という感覚がなく、したいからする、したくないならやらない。今の世の中では考えられないことをやっている。ねばならない、べきべきの生活から考えを変え、善い悪いもなく、損得もない、そんなみんなが幸せになれる場が広がればいいな、と思いました。」
「自給自足を目指し、個人が自由で、心配事や意見があれば相談して、みんなで話し合いで解決していく。そして、お金の概念から解放された生活を営んでいける。まさに目から鱗でした。いずれ、このような生活を送りたいという願望も出てきました。」
「コミュニティと聞くと色々と制約があるのかなと思っていましたが、思った以上に自由で、各自の状況に合わせて柔軟に関わり合って、話し合いを大切にして、お互いの本心や思いを分かち合っているんだなと思いました。とても素晴らしいと思います。」

IMG20220830102043.jpg
- | -

アズワンネットワーク関西の近況 シェアハウス和楽居 井上考史さん

みなさま、こんにちは。アズワンネットワーク関西の「いのじ」こと、井上考史です。

神戸でシェアハウス和楽居(わらい)を運営して15年目になります。
シェアハウス5棟、家族向け賃貸戸建てを9棟を自主管理、そして
DIYしながら運営中です。
194514247_1580507078825559_59889721726925047_n.jpg
和楽居で月に一度のペースで行われている「アズワン神戸ミーティング」

2016年から、アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティを知り、
シェアハウス運営や、地域づくりに活かしたいと思い、
年に数回、
・サイエンズスクール
・持続可能な社会づくりカレッジ
・ガイアエデュケーション
・アズワンネットワーク合宿
などなど、機会がある度に、鈴鹿に通い続けております。

神戸・垂水でも、
聴き合う文化を育てたい、
話せば話すほどお互いの本心、本当の願いが見えてくるような仲間創りがしたい。

そう願って、
※ 2017年、
当時、同時期にサイエンズスクールのコースに入ったシェアメイトと一緒に、
神戸で探究会を始めました。

が、結果は散々でした。
※ 詳しくは後述します 

そして、2022年7月から満を持して探究会を再始動しました。

・トランジションタウン神戸メンバー 月1
・地域の活動でよく一緒になるコアメンバー 月2回ほど

サイエンズメソッドをベースにした探究会。

探究会の準備のために資料を集めます。
●アズワンネットワークのyoutubeチャンネルの動画

●サイエンズNo.1〜No.6の書籍 サイエンズ研究所発行のもの

鈴鹿での探究の経験がないメンバー中心で、どこまでやれるかな。
探究慣れしていないメンバーが少しでも

“実際はどうだろう?”
“知識や経験は横に置いて、前提もなくして、ゼロから見直す”

ということを探究していけるよう、
どんな資料がいいかな、と考えながら資料に目を通すことが、
自分自身の学びにもなっているように感じています。

いつの間にか、身内や、仕事関係で、
責められてる? みたいなやりとりがあっても、
以前より動じなくなってきました笑

ーーーー
264852505_1716304678579131_2053816786393628730_n.jpg
毎月寄って探究会を持つことで、ぐっと親しい仲になってきている

一番最近の探究会では、
アズワンネットワークメンバーでもあり、
和楽居のシェアメイト & 元シェアメイトの
しょーちゃん・しおりちゃんの2名が参加してくれました。

探究会後の感想は、
1日、めっちゃラクやったなー。
なんでやろう?

1つおもしろかったエピソードをシェアします。

昼ご飯のBBQを食べ終わる頃、
しおりちゃんの手作りおやつ 重ね煮クラッカーの話になり、
「今材料あるし、焼けるわ!今からやこーっと。」
と、しおりちゃんがこねこね生地を練る準備をやり始めたのです。

そして、午後からの探究会のスタートの時間ちょうどに、オーブンでクラッカーを焼き始め、
探究会、午後の部スタート。

テーマについて出し合う中、
しおりちゃんが
「テーマと関係ないんやけど、、、
オーブンの音や温度が、気になって探究に集中できない自分がいます。
午後の部がスタートする前に、おやつをオーブンに入れさえすれあば、探究に参加できる、って思ってたけど、焼く間にも、温度調節とか色々あることが頭から抜けてた!
探究に集中したいー!」

と今の気持ちを話してくれました。
すると、

しょーちゃんが
「しおりちゃんが、今からクラッカー焼く、って言うた時は、
正直、 え?今から焼くんや? 
時間は大丈夫かな? って思ったけど、言わなかったな。」

オーブンが鳴る度に、クラッカーの様子を見に行き、再度加熱のためにオーブンの操作しにいくおしおりちゃん。

焼き上がりのいい香りが漂ってきます。

会のラスト30分は、1日の振り返りに充てていたので、
そこでしおりちゃんがクラッカーをお皿に出して、みんなに振る舞ってくれました。

しょーちゃん
「途中で、クラッカーが焼けたっぽいときに、
あ、できてる。食べたいな。
いつ出してくれるんやろ?って思った。
クラッカー についても、時間を経る度に、
自分自身の気持ち 思ってることって変わっていくでな。」

しおりちゃん
「無事、こうやってみんなにクラッカーを出せて、
今はよかったー、って思ってる。」

このやりとりを改めて振り返る中、

これって、すっごいおもしろいな、と。
思ってることをそのまま出す。

ネガティブ や 否定的 にも思える内容でも、
関係ない。
その時に自分が感じている気持ちを出して、またそれを聞いた他のメンバーも、
また自分の素直な気持ちを出す。

僕は、こういうやりとりをしたいんだな、と
この探究会を通して改めて感じたんですよね。

普段から付き合う仲間と、
そのまんま気持ちを出し合えるような関係になっていきたい。

やってもいいし、やめてもいいこと。
それをなぜ僕たちはやってるんだろう?
いつもゼロから見直しつつ、
関わるメンバー一人一人が、心底満たされていく社会創り。

192102922_1580507005492233_8434804549646794423_n.jpg
いのじ君が運営するシェアハウス「和楽居」でにアズワンミーティングの様子

●思ったことを、そのまま出して、それを受け止めてくれる仲間が複数名いる中で探究会を進めたい。
●やってみて、の振り返りの時間でなんでもぶっちゃけて話し合い、検討できるメンバーが欲しい。

そこが、これからの探究会を創っていく上での課題かな。
一人でやらんでいい安心感。求めてます。

アズワンネットワーク関西のメンバーにヘルプを頼みつつ、
地域での探究会もぼちぼちやっていこうと思います。

これからが楽しみです。

=====

そしてここからは、
※後述します と書いていた、
散々な結果に終わった2017年の探究会について、書いてみようかと思ったけど、
ちょと長くなるから、また今度書きますわ。

じゃーまたね。
いのじでした。
アズワンネットワークの記事、2回目の執筆でした。
程よいプレッシャー。

また書くわ!読んでや、みなさま!
乞うご期待!

あ、あとアズワンネットワークに関わる方は、
短期滞在も格安で気軽に泊まっていただけるように歓迎しとります。
いつでもご相談くださいねー!

神戸シェアハウス和楽居(わらい)の
いのじでした。
184554612_3904273556324341_1811258533658140202_n.jpg
- | -

ヨーロッパ各地で「アズワン紹介お話し会」が開かれています。

スイス・ドイツなど、ヨーロッパでアズワンネットワークや、サイエンズへの注目が高まっています。

スイスで開催されている、サイエンズスクールへ参加したメンバーなどが中心になって、各地でお話し会や講演会、ワークショップなどが開催されています。
299613659_5108717129237918_7760314342103528102_n.jpg

299327882_5103817493061215_8847417786922953740_n.jpg
8/12~8/14は、スイスの3か所で講演会が行われ、合計120名以上の方が参加してくれました。

新しい社会づくりを夢見る若者や、フリースクール設立を目指す女性グループなど、社会の変容を願う人が集まってくれたようです。

3日間とも、すごく熱心に聴いてくれますし、質問も後を絶たないで出てくるほど、もっと知りたい学びたいと、次の社会への希望が湧いてくるようです。

299117629_5103817389727892_3203030938095549402_n.jpg

299729533_5108717092571255_1170832082343564127_n.jpg

8月17日はベルリンから東へ電車で2時間、ポーランド国境近くの旧東ドイツ地域にある、Una Village (https://unavision.eu/de/unavillage/)でのワークショップ。

新しい社会への関心の高い20名の人が参加。
エチオピアからの留学生
アメリカからの女子学生
オーロビルに住むドイツ人
など、多様な人が参加してくれました。
皆さん、本当に熱心で、話が尽きない感じでした。

AsOneの試みを聴いて、
「様々な活動をしてきたが、何かが足りないと思っていた。それは人間関係の大事さを知らなかったからだったのだと気づいた」
とある参加者が感想を話してくれました。
299193414_5103817403061224_7945723221334936263_n.jpg
これからますます、ヨーロッパでの展開が楽しみになってきました。
- | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>