【次の社会創造】 連載第三回  争いのない、気持のままにやさしく生きられる社会へ

次の社会創造 連載第三回
【争いのない、気持のままにやさしく生きられる社会へ】
サイエンズ研究所  小野雅司
img3325_ono.jpg

第1章 

連載第一回はこちらから

連載第二回はこちらから


5.やる気や意欲だけではできないんだ! ~「キメつけ」だらけの実態に気づいて

20年を経て、現在のアズワンネットワーク鈴鹿コミュニティは、規模はまだ小さいながらも、ずいぶん人も増え、いろいろな産業や種々の活動や建物も整い、内容もずいぶん充実してきているように見えます。しかし、もちろん、最初からすべてうまくいった訳ではありません。いろいろな問題や危機(笑)にも直面してきました。

2001年、理想も高く、やる気まんまんの人達でスタートしたこの試みですが、すぐにいろいろな問題に直面することになります。
新しいコミュニティを目指している自分達の中でも、人間関係のことや社会のことになると、「これはやらなければならない」「当然こうでしょ」としていることがたくさんあったのです。しかも、それに全然気がついていなかったのです。つまり、「思い込み」「キメつけ」や「あきらめ」が心の奥に横たわっていたのです。あまりに当たり前になり過ぎていて、また、周囲の人も同じように当たり前にしているので、誰も気がつかないのです。

もちろん、僕自身もそうだったし、今もそこをたえず問い直しながらの日々です。

僕は大学時代(もう40年前になります~)に人生や社会に疑問を持ち始め、学生運動や平和運動に関わる経験を経て、理想の社会づくりを志すようになり、大学卒業後、ヤマギシ会という共同体に身を投じ、16年ほど活動していました。

しかし、組織が大きくなり、様々な問題が生じ、理想とする世界とのギャップと行き詰まりを感じ、2000年の暮に会を脱退しました。そして、ヤマギシ会で出会った志を同じくする仲間たちと、もう一度ゼロから、理想とする社会を創ってみようと、鈴鹿に移住し、新たな活動を始めました。今は、アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティと呼んでいる試みの始まりです。

純粋な気持の仲間たちが集い、やる気も十分だし、今までのコミュニティづくりの失敗の経験も生かせるし、「今度こそはやれるぞ!」と思っていました。「上下のない何でも話し合いで運営される会社を創ろう」「お金の要らない経済を創造しよう」「本当に自由な暮らしを創造しよう」と理想に燃え、いろいろなことにチャレンジしていきました。

ところが、意見が違うと対立が起こったり、仕事ができる人や理路整然と話せる人の意見が強くなったりすることが出てきました。また、お金が足りなくなったりすることもしばしばで、そうすると、働いていない人にプレッシャーがかかったり、遠慮が出たり、お金を多く使う人を責めたり・・・。実に様々な人間問題が噴出してきたのでした。「争いのない、気持のままにやさしく生きられる社会」という理想とは程遠い現実に直面したわけです。

理想の社会を願っている人達が集まっているのに、なぜそうならないのか?「平和を願って戦争をする!?」、あの状態と同質の問題が再び現れてきてしまったのです!

そこでハタと気づいたのです。「皆で決めたことをやるのは当然」としている自分。「やると言ったんだからやらなければならない」「仕事ができるのが良い」「全体のこと考えて行動するべきだ」「困っている時は助け合うのがふつうだろう」などなど、キメつけだらけの自分に向き合わざるを得なくなりました。

また、「親しい」とはどういうことか?「幸せ」とはどういうことか?「自由」とはどういうことか?「そういう社会を目指している」と言いながら、実は「親しさ」「幸せ」「自由」などの意味を、本当には「知らない」ということに気が付かされたのでした。つまり、目的地をハッキリ知らないのに、だいたいこっちの方向だとやみくもに走り出しているような状態だったのです。
意欲や純粋な気持だけでは、理想のコミュニティはできないのだと思い知らされたのでした。

コミュニティづくりを「やれる人」という視点がなかったのです。
これは、これから、コミュニティを志す人にとっても、職場や家庭を良くしようとしている人にとっても、とても大事な視点だと思います。
「やれる人」なのかどうか?という視点。そういう人になろうとしているのかという視点です。

例えば、野球選手として活躍したいという純粋な願いややる気のある少年がいたとしても、願いややる気があれば活躍できるわけではありませんよね?基礎体力をつけたり、基礎的なトレーニングを積み、実践的な経験を重ねながら野球を知る、そうやって、野球を「やれる人」に成長していく道筋を通ってはじめて野球選手として活躍できるのだと思います。

しかし、人間関係を良くするとか、職場や地域を良くする、コミュニティを創るという活動では、やる気や意欲があると、できる気になりがちです。しかし、「やれる人」になっていなければ、やれないのは当然なのでした。

僕達にとって、これらの気付きが大きな転換点になりました。「親しさ」「幸せ」「自由」とはどういうことか?争いや対立の原因は何か?キメつけとは何か?それはどこからくるのか?「やれる人」とは?どうやったら「やれる人」に成長できるのか?などを本格的に研究しようということで、2004年「サイエンズ研究所」という研究機関を立ち上げました。

そして、ゼロから人間や社会のことを問い直し、研究と実践を積み重ねていくことになったのです。そして、「やれる人」になる要素を研究し、「やれる人」に成長するための人材育成機関として「サイエンズスクール」を設立(2006年)する方向に動き出しました。


6. フィクションの牢獄からの解放
~「当然だ」「~すべき」という縛り合いを超えて

先ほど、素晴らし想像力+創造力を持つ人間が、人間自身や社会に対して、その能力を発揮できていないのは、深い「思い込み」や「キメつけ」や「あきらめ」があるからではないか?という事を書きました。そこをもう少し考えてみたいと思います。

日本でも話題になった『サピエンス全史』の著者ユヴァル・ノア・ハラリ氏(歴史家)は、「個体としては、とても弱い存在の人類が現在のように繁栄できたのは、フィクション(虚構)を使うことができたからだ」と述べ、それを「認知革命」と呼んでいます。つまり、フィクションを共有することで、大人数で協働することができるようになり、大きな力を持つことができるようになったのです。

チンパンジーやネアンデルタール人などは、150人程度の見知った仲間でしか協働できないのに対して、人類はフィクションを共有することで、大人数の見知らぬ者同士でも協働できるわけです。

フィクションとは、現実に存在しないものです。例えば、国、法律、人権、権利、義務、責任、制度、所有、貨幣、宗教・・・・。
もう少し身近な表現だと、お金、約束、予定、時間、やらなければいけない、してはいけない、すべき、当然、当たり前、普通、常識、こうなっている、人の上下・・・等々、これらは皆フィクションで、実際に存在するものではないですね。挙げればキリがありません。

フィクションを共有するとは具体的にはどういうことでしょうか?例えば、お金。ここに一万円札があるとします。チンパンジーに、「1万円札をあげるから、お前の持っているバナナと交換しよう」と交渉しても、何の関心も示さないでしょう。彼らにとってはただの紙切れに過ぎないものです。しかし、人間同士で、お金というフィクションを受入れたとたん、突然価値のあるものに見え、交換の材料として、使い始めることになります。

国があるというフィクションを共有することで、会ったことのない人同士で「頑張れー、ニッポン!」と肩を組んで日本代表チームを応援したり、1億3千万もの人が日本という国の元に協働できるようになったりするのです。
人類の繁栄をもたらしたフィクションなのですが、一方では、今の社会では、フィクションが絶対化・固定化されてしまい、人がフィクションに従う構造になり、人間を縛ったり、人と人を隔てたり、いろいろな人間問題を惹き起こし、争いの原因になっているようです。「お金に動かされる」「規則に縛られる」「時間に追われる」等は、その顕著な例でしょう。自分が作り出したフィクションに自分が縛られる、まさに自縄自縛の状態です。自分が作った牢獄から逃れられない状態とも言えましょうか。

フィクションが悪い、害だ、なくすべきだという話ではありません。フィクションを共有し協働できるのは人間の特徴ですし、素晴らしい能力ですから、それに縛られない新しい知能の使い方が必要なのだと思います(第1章第8項参照)。

コミュニティづくりを進めていく時や、何か事業や活動を本格的に進めようとする時に、人と人との関係性が近くなっていきます。すると、いろいろな縛り合いが始まり、様々な争いや対立に発展してしまうことがあります。また逆に遠慮や我慢などの隔てを生んでしまうこともあります。例えば、「あの人は自分からやると言ったのにやらない」「あの人は自分の当番なのにやらない」「あの人は自分が使った道具を片付けない」「あの人は皆で決めた事をやらないで自分勝手にやる」・・・etc.

こういうことで人を責める人が出たり、争いが起こることもあるでしょう。また、責められないように人の目を気にして一生懸命周囲に合わせるようにしている場合は、一見うまく運営されているように見えますが、快適な状態ではないでしょうし、そうやって頑張ってやっている人は、やらない人に対して悪感情を持ちやすいでしょう。

これは、「やると言ったら責任を持ってやるべきだ」とか、「当番だったらやるのは当然だ」「自分の使ったものは自分で片付けるべきだ」「皆で決めたことは守るべきだ」というような自他を縛るフィクションが「常識だ」「普通だ」というキメつけとして、各自の中に無意識的にできあがってしまっているからでしょう。それは、それをやらない、守らない人に対して悪感情や対立感情が湧いてくる、自分の考えへ執着した状態です。

自分だけがキメつけているのだったら、自分のキメつけかもしれないと気づきやすいですが、他の皆も同じようにキメつけていると、「そうするべき」ことがあたかも実在するかのような錯覚に陥ってしまいます。「当然そうだ」「人だったらそうするものだ」「誰だってそうする」・・・と。そうして、人を責めて、対立や争いの状態になってしまいます。「悪いのは当然のことをしないからだ」と。そうやってフィクションの牢獄ができあがってしまうのです。固定化したフィクションが、コミュニティの人間関係を壊していくことになっていってしまうのです。願っていることと、まるで正反対のことが起きてしまうのです。

人間が考え出したフィクションに人間自身が縛られている現状を観察していくと、「人間の考え」というものの扱いを知らない状態とも言えるかと思います。つまり、素晴らしい能力を使いこなせないで、その能力に却って自らが縛られている状態です。そういう視点から、「人間の考え」から作られる自他を縛るフィクションから解放され、その能力を存分に発揮できるためのメソッドが見出されたのです。それが次項で紹介するサイエンズメソッドです。

フィクションに縛られなくなったら、どうなるでしょう?
「こうすべき」、「これが当然だ」という世界から解放されると、自分にも相手にも、意思や願いや希望があることがハッキリと見えてきます。それを素直に伝え合い、また互いに相手の意思や願いを聴き合い、理解し合おうとすることで、心の通い合う話し合いの世界が実現していくのだと思います。「やってほしかったよ」とか「それ、やってほしいな」「使った後は、道具を片付けてほしいな」という、人を責めたり、やらせたり、やめさせたり等の縛りや圧力のない、軽くて明るい人と人との関係性が見えてきます。

コミュニティづくりのベースは話し合いだと思います。(第2章第2項参照)固定化したフィクションに縛られた中でのやりとりではない、自らの内にある本心のやり取りが、快適なスムーズな話し合いにつながってくると思います。


(次回へ続く)
- | -

次の社会を描く 大西つねきさん、秋山麻理恵さん来訪

74600.jpg
湘南を中心に、全国で活動する大西つねきさんと、マネージャーの秋山麻理恵さんが、アズワン鈴鹿コミュニティを見学に来られました。

「全国で大西つねきさんの講演会をしているのですが、いく先の人達からアズワンコミュニティの話しを聞くので、今回寄らせてもらいました」とマネージャーの秋山さん。

おふくろさん弁当や、スズカファームを運営する若者たちとの意見交換や、アズワン鈴鹿コミュニティのお金を介さない暮らしや、贈り合いで営まれる社会機構などの現場を見学してもらいました。
74627.jpg
お金のフィクションを壊すことで、人が人を動かしたり縛るような社会から脱却して、本当に人間らしく生きられる、全く新しい社会を創造したいんですと、大西さんの熱い想いもたくさん聞かせていただきました。
74621.jpg
「実際に、もうこうして形になって表れている姿を見て、得るものがたくさんありました。たくさんのエッセンスをいただきました」と感想を話してくれました。

これから次の社会へ向けて、共に研究しながら力を合わせて進んでいけそうで、楽しみです。
- | -

【リアル お金のいらない国⁉】アズワン鈴鹿 贈り合いで暮らすコミュニティ

268129501_1725010807708518_8858480664839566759_n.jpg
【リアル お金のいらない国⁉】アズワン鈴鹿 贈り合いで暮らすコミュニティ
オンラインお話し会を、12/20(月)に開催しました。

お金のいらない暮らしを20年にわたって研究し、実践してきたアズワン鈴鹿コミュニティの【リアル】をご紹介♪

その後は、小グループに分かれてのシェアタイムや、参加者全員でのトークタイムなど盛りだくさんの2時間でした。
スクリーンショット (75).png
「なんでそんな暮らしができるのだろう?」
「人と人の間柄が基本というのは分かるけど、集まると対立的になってしまうのは、なんでだろうか?」

たくさんの感想や疑問も浮かび、シェアタイムは「時間がもっとほしい!もっと話したい」と、願う世界を描く熱気に満ちた時間になりました。

さっそく、アズワン鈴鹿コミュニティを支えている【サイエンズ】を学びたいと、お話し会直後にアズワンセミナーへの、参加申し込みをされた方も!

【アズワンお話し会】は、毎月2回オンラインで開催しています。次回は1月初旬を予定しています。
- | -

今年最後のアズワン鈴鹿ツアーを開催

IMG20211219093108.jpg

今年最後のアズワン鈴鹿ツアーを開催
12月18日(土)~19日(日)で、アズワン鈴鹿ツアーがあり、兵庫と神奈川から二人の女性が参加しました。
ふたりとも、今年のオンラインでのお話会などに参加して、実際にどのように実践しているのか訪ねて見てみたいと来られました。

IMG20211218165221.jpg

感想から紹介します。

人間らしく生きたいと思って活動している人たちが、こんなにいるんだと驚きました。と同時に、そのことに勇気づけられました。
経済とか社会とかの根本、根底には、人と人との関係があるということに気が付きました。
人間を科学的に研究して、それを実践していくというのが、興味深かったです。

初めの時から不思議な感覚、どんな生活をしているのだろうと思いましたが、地域にとけこんで、ゆるく力を抜いて生活されていると感じました。
一人一人の方のいろいろな気づきの体験を聞き、人と人とのつながりやコミュニケーション(話し合い)を大切にしていること、長年にわたってよい状態が維持できていること、皆様のゆったりとした笑顔が見られることは、本当にこのコミュニティで満たされているのだろうと感じられました。

IMG20211219105332.jpg
IMG20211218143406.jpg
- | -

藤沢鵠沼のグループ【ぐるぐる】の皆さんとお話し会

神奈川県藤沢市、鵠沼エリアで活動する「ぐるぐる」の皆さんと、アズワンお話し会&探究会体験を行いました。
100.jpg
参加した「けいちゃん」の感想から紹介します。

【イベントレポ:家族のようなコミュニティを20年!アズワンネットワークによるお話会】
どーも!サス研@湘南発起人のけいちゃんです。
サス研とぐるぐるまるしぇのつながりからさらにご縁がつながり、気になっていた鈴鹿のアズワンコミュニティのメンバーさんにお越しいただき、お話を伺うことができました😃

実は、オンラインイベントは何度か参加させてもらっていたのですが、今ひとつイメージが追いつかない点もありまして。。今回は、直接お会いできる機会だから!と、遠慮のない笑、踏み込んだ質問をしてきました👍

ーーーーーーーーーー
『こんな質問をしてみました』
1、大なり小なり何か衝突があった場合、一人ひとりが内省/内観して、自分と他者に向き合っていくことされていると思うんですが、それを一定レベルまでみんなができるために「何をどんなタイミングでしているのか?(カリキュラムがどうとかではなく、手順とタイミング的な話)」が気になります!

2、アズワンの運営メンバー?のお金の流れや、本業?とアズワン仕事の時間配分などがききたいです。参考にしたいです

3、目的は同じなのに手段の違いがあった時に、アズワンではどんな経緯と結果がケースとしてあったのか知りたい!

4、アズワンコミニュティはコミニュティ外の地域の人たちから、どのように見られているのですか?((※一般常識的には)変わったことをやっている人々が、地域でどのようなポジションをとり、どんなスタンスでコミュニティ外の人と接しているのかが気になります。)

ーーーーーーーーーー
ここでゴメンなさい(?)
どの質問も丁寧に答えてくださったのですが、顔を合わせて話ができたからこそ、話してくださった部分が多すぎて。。

割愛させていただきます🙏

ただ、
どの回答も想像のナナメ上をいくものばかりで本当に参考になったことと、アズワンコミュニティの方々は新しい暮らし/生き方を実践しながらも、地域の人たちから奇異な目で見られるようなこともなく、むしろ頼られたりするようや良好な関係もできているとのこと!地域コミュニティの大先輩の姿に、とても希望を感じられる時間となりました!

101.jpg
参加した、まきさんの感想を紹介します。

アズワン鈴鹿コミュニティのお話会に参加してきました。

アズワン鈴鹿、私は少し前に友人たちとシェアした映画『できる』を観て初めて知った活動。

世界60のエコビレッジの一つとしても選ばれる。
全ての人が自然で安心で幸せであるコミュニティ
シェアリング、ギフトエコノミー

直接お話を聞いて、ほんとにこんな地域があって、こんなに普通に人々が生活しているなんて!!となりました〜
驚きとともに、今もすごく温かな希望をじわじわ感じています。

コミュニティについてもいろいろ想いはあるのですが
まずは今回のお話会のことを。
誰もが安心して心から幸せだと感じるコミュニティをずーーーっと持続するエッセンスに触れるお話とワーク。

前半のアズワンでの実際の生活を聞くことで、as one(一つの世界)は可能だと感じたうえで、後半のワークへ。
自身と他者の「ねばならいない」「これが正解」と思っていることを見つめるワークでした。

もろもろ現場は面白すぎたのですが、、文章に起こせないほどの面白さなので!

今の私が感じていることを箇条書きで😌
〇ねばならない、は存在しない
〇ねばならないは存在しないと感じる人は多いけど、そこからさらに自分への問いかけが必要
〇日常のふとした自分の行動の本当の根拠(願い)を忘れないこと
〇自分の想いと他者の想いは違う、心地よさ・選択も違う
〇だから、相手の想いを聴く
〇ジャッジが存在しない場を共有する、フラットに感じる
〇すべてを面白がる、軽いエネルギーが最高に心地よい
〇人と人が本心で繋がるには、たくさんの積み重ね。ともに小さな分かち合い(話・空間・時間・物質)を紡いでいくこと
○とりあえず、みんなが大好き
まだまだ私の中は纏まってませんが、気になる方は是非お話し会に参加してみてください♡

102.jpg
- | -

パーマカルチャーセンター上籾へ

264572506_1718027905073475_5640907083914664272_n.jpg
【アズワンネットワーク岡山】で活動する皆さんと、パーマカルチャーセンター上籾を訪問しました。
263979405_1718027971740135_8877303703735796309_n.jpg
自然豊かなロケーションの中で、人と自然の調和を実践しながらの、暮らしを試みているカイルさんや、研修生の皆さんにお会いしました。264875324_1718028008406798_8603870140279983269_n.jpg
パーマカルチャーを真剣に伝えながら、この地で根差して活動するホルツヒューター カイルさん。
ともにここまでに道のりを話しをする中で、【アズワンセミナー】に是非参加してみたいとのことで、日程を調整中です。
264271252_1718028051740127_2776124107719224433_n.jpg
皆さん、鈴鹿コミュニティへも行ってみたい、アズワンセミナーに参加してみたいと意欲的で、さっそく上籾スタッフのAcoさんが、アズワン鈴鹿ツアーの申し込みをしてくれました。
265572815_1718027938406805_4551088976033469286_n.jpg
年明けに次は鈴鹿で会えそうで楽しみです。
- | -

1dayツアーに、九州や北海道などから3名の方が参加

IMG20211215135948.jpg
1dayツアーに、九州や北海道などから3名の方が参加
12月15日(水)アズワン鈴鹿ツアーの1DAYコースが開催され、九州や北海道、三重から女性3名が参加されました。
きっかけは、6年位前からつながっていた人が、新たに関わっている活動の取り組みに活かせる何かがあると思って、知り合いを誘ったことでした。
IMG20211215154517.jpg

10時半から17時までという時間でしたが、人に触れ、コミュニティの空気に触れる中で、想像を超えた気づきがあったようでした。

感想から紹介します。

誰もが生きやすい生き方ができる方法があるんだと知りました。
人の気持ちは変わって当たり前だし、決めるということに自分の中で色々こだわっていたことを知りました。
ゆるやかであり、本音で色々むきあえた時、互いの思いに気づけるんだと、そこが一番なんだと思いました。
お金の概念も、少なからずブロックがまだあるので、共有を今すぐできるのかな、とも思ったり、自分なりに色々なこだわりがあるのを知れてよかったです。

IMG20211215141303.jpg
IMG20211215111534.jpg
- | -

大学の論文作成の参考にアズワン鈴鹿ツアーに

IMG20211210133228.jpg
大学の論文作成の参考にアズワン鈴鹿ツアーに
12月11日までの2泊の日程で、神戸在住の大学3年生の何(ホー)くんがアズワン鈴鹿ツアーに来ました。
台湾出身で高校生から日本で学んでいて、エコビレッジや新たな暮らし方のスタイルに関心を持って、活動を始めているそうです。実際に、高知県でのプロジェクトを学生の仲間と立ち上げて、その代表をしているとのことでした。

最近サイハテエコビレッジにも行っていて、今回は熊本からまっすぐこちらにやって来ました。

IMG20211209151807.jpg
おふくろさん弁当やコミュニティHUB・JOYという場に触れたり話を聞いて、また若い人たちと交流したりする中で、これからの活動のヒントになることが多くあったようでした。
ガイアユースなどにも関心が高く、今後がとても楽しみです。
IMG20211210185922.jpg
IMG20211210153413.jpg
- | -

【ホントは言いたいけど言えない事】12月アズワン京都ミーティング

264852505_1716304678579131_2053816786393628730_n.jpg
12月4日、アズワン京都ミーティングを行いました。京都滋賀大阪のセミナーやコースを受けたことある人を中心に開催しています。

京都MTGメンバーは、特に最近はほぼ同じメンバーで続けてきてるのもあり、探究としてもとても進んでいく感じがあります。

普段言えないことを、何でも安心して話ができる場にまた一歩進展しました。

(以下はある参加者の感想)
【ホントは言いたいけど、言えないこと】
自分に置き換えると、なんでもないことなのに、
どうして、相手には出さない、出せないんやろなぁ。
なんて、ぼんやり考えながら、聴いてた。

自分の今の感覚より、人がああ言ってたから、こう言ってたから、過去の自分がそう思ったから、そんなあやふやな記憶や他人の感情を優先する。それって何やろなぁと。

自分の感覚を信じてないというか。恐怖。固い。何かしらの色んな硬い固い重い塊がお腹にある。

そしてそれをみんなで出して、それからコンコンとみんなで砕きながら、どんなんやろかーと虫眼鏡でじっくり観察していくイメージ、かな。

女の子2人の、答え合わせのような、あったかい想いのやりとりが、愛おしく感じてほっこりする。こうやって、お互いをさらに深く知っていくのって素敵やなぁと思う。見えない糸が繋がっていくというか、関係を育むというか、相手が自分に入ってくるというか。うーん。輪郭が溶け合う感じ?これがしっくりくるかな。私もそういう人が少なくてもいいからできたらいいなぁなんて思う。

今日はいろんな紙に伝統芸能まで。
笑って泣いて、ほっこりと満たされる。
そんな1日。

面白かったー!
皆様ありがとうございました!

264072700_1716304745245791_528253759667184310_n.jpg
- | -

【最近、聴けなかったな~と思ったこと】12月アズワン神戸ミーティング

265034312_1717033445172921_5759999881905612841_n.jpg
12/5(日) アズワン神戸ミーティングを行いました。

神戸MTGは兵庫県在住者中心で、アズワンセミナーないしサイエンズのコースに参加している人達で行っています。

神戸メンバーは、10代から80代(!)までと幅広く、とてもアットホームな雰囲気で、いつも暖かいお風呂のような安心に入る感覚がします。

今回は、「人を聴く」ということを通して、参加者同士とても感じ合い、「実際の人や社会の姿」を味わい合う機会となったように思います。

(以下参加者の感想)
【最近「聴けなかったな」(抵抗・反発) と思ったこと】
町内の仲間で、ふれあい喫茶を始めて5年ほどになります。

代表のAさんが道ひとつお隣の団地に越すことになり、実質ふれあい喫茶の代表は務めるが、代表は名前だけでいいので私にやってほしいと提案があったのです。

突然のことで物忘れもひどい私とか・・
自分の都合が強く出て抵抗したのでしたが、何か胸の中がモヤモヤして、おかしいなと感じたのです。

12歳も年下の尊敬しているAさんなんです。
Aさんはどんな気持ちで私に名前だけでも代表になってほしいとなったのか、聞いてみたいとなりました。

電話していろいろと聞いて行くうちに、Aさんを私でよかったら、何でもしてバックアップしたいなぁという気持ちが沸き上がってきたのでした。
でももっと早く、聴いてすぐに、こんな私でよかったらどうぞって、すぐ言える人になりたいな。

人を聴く(相手を聴く)とはどういうことだろう。
みんなで事例を出し合う中で、相手を聴くということは、相手の人の心はどうなんだろうかな、どんなことを考えて、どんなことをねがっているのだろうと、知りたくなる、聴きたくなることじゃないかな。

私の場合は、そこにたどり着くのに時間がかかるけれど、こうしてたどり着ける実感を味わったのです。

こんな場を用意してもらって、一歩一歩、もっともっと、みんなで進んでいきたいな。

264526747_1717033488506250_7042711053263292486_n.jpg
- | -
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >>