【なぜ「魂の放火魔」は「のんびりおじさん」になったのか?】 アズワンでのセミナーを連続三回受けて思うこと…井上祐広さん

2022年6月のアズワンセミナーに参加した井上さん。その後、サイエンズスクールのコースにも続けて参加されました。

サイエンズに触れての変化や近況などを、井上さんが寄稿してくれました。


【なぜ「魂の放火魔」は「のんびりおじさん」になったのか?】
アズワンでのセミナーを連続三回受けて思うこと…
2022年8月29日 井上祐広

思いつくままに綴ろう。
上記テーマで原稿の依頼が来たのは数日前…
セミナーの感想は、結構長文のものを以前書いたが。それを読み返して構成を考えるほどの余裕は今無い。96歳の伯母がまさにお迎えが来ている状態にある中で…。
277892055_1017554362508432_1401984892282451142_n.jpg
最期を迎えつつあるおばさんとの愛するツーショット写真です。

私は、今から20年以上前に、ある方程式を発見した。もちろんそれが正しいかどうかは分からない。仮説として聞いてほしい。

人間の成長という現象は、物理的現実と人間関係と意識の相互作用によって起こる。そして植物に例えるならば種であり花が意識。土壌が物理的現実。そして栄養を吸収する根(繊毛)が人間関係にあたる。
それゆえ人間関係、分かち合える関係性がとてつもなく重要だと言う認識をずっと持っていた。私の主要なテーマは、被害者を作らない人間関係の構築。
そして、様々な経験と事例から「いいミーティングが無いところにいい未来はあり得ない」という確信を持つに至ったのは数年前のこと。
そんな私が、アズワンの存在を、いや存在自体は10年近く前から知っていたが、その衝撃的な実態を知ったのは、知人の三木卓さんの紹介によって見たズームセミナー…。
そこで語られている内容も衝撃的だが、それを語っている「おふくろさん弁当」の社長の語り口に、カルトなどに見られる変な臭いが無い…。

これはいったい何なんだ。
決まりも規則もない。話し合いでほとんどすべてを決めて、争いが起こらない。
経営も順調そうだ…。
その「話し合い」って何?

信じるな!疑うな!確かめろ!を信条としている私は、これを確かめないでどうする…。

との思いで6月初旬に受けたアズワンセミナー。
一週間の間、外部との情報遮断…。

最初はとまどいもあった。

しかし徐々に身構えが取れていく。
何を言っても、批判もジャッジも強制もされない。
思ったことを、語ったことを尊重される…。
そう…。
身構えが取れていく、というよりは、身構えていた自分に気づかされていく。

テーマに対する思いを深め、それを分かち合う。
本質的な問いかけの内容は、まさに座禅の考案そのものだが、それを宗教っぽくしない工夫が見て取れる(笑)

アズワンセミナーを受ける数か月前から私の内面で起こっていた探求…。
還暦を前にして行った三週間の瞑想行。
20歳の頃に入り込もうとして一時的に精神病のような状態になって以来、ある意味避け続けてきた究極的な意識のステージへのあこがれが蘇り、探求が始まっていた。

そんな状態でアズワンセミナーの中で、無意識的な身構え、瞑想やセラピーによってはなかなか解きほぐされないある緊張が、ほぐれていったのかもしれない。
アズワンセミナー参加6日目の朝…
全てはなるようになっていく
というコトバと共に、自分の無力さを祝うことが起きたようだ…
そして気が付いた

「のんびり」というコトバで表現できる不可思議なくつろぎが、そこに広がっていることに…。
アズワンの中にその「のんびり」とした時空が広がっていることに…。
「のんびり」と私の中で浮かんだ言葉が指し示す何かが広がっていることに…。

セミナー終了後、私は、それまで名乗っていた異名、リングネーム?
魂の放火魔
改め
のんびりおじさん
になった(笑)

そしてその「のんびり」というコトバで私が呼ぶ感覚が内側に生まれたことで、私はセミナー後もそれまで一度も味わったことがない意識のステージへと導かれた…。

通常の会社に勤務している人が、このセミナーを受講するのは至難の技かもしれない。
しかし、私はたまたま、時間に恵まれていた。
正直、次のサイエンズスクール(自分を知るためのコース)も6泊7日。
迷いはあったが、メンターの後押しもあり、7月に受講した。
そこでまた新たな深まりがあった。

さらに、8月にサイエンズスクール(自分を見るためのコース)3泊4日にも参加。
毎回気づきが深まっていく…。

3回目受講後、アズワンのセミナーを受講した経験のある魂のツワモノたちとの嬉しい出会いもあった。

今改めて思うこと…

それは
のんびり
というコトバで私が表現している何か

それは、すべてに優先する

ということ

なぜなら

それが無いと
今を
味わえないから

いや、もう少し正確に言うと

味わいが深まらないから

どんな素晴らしいことを仮に実現したとしても、達成したとしても

それを味わえないとしたら…

そこにどんな意味があろうか?

今これを綴っていて、改めてその大切さを再認識する機会を得た。
原稿を依頼してくれた岸浪龍さんに感謝!
それを伝えてくれた三木卓さんに感謝!
合掌

追伸

今、96歳の伯母の看取りの時期にあって、伯母の存在に、そう旅立つ存在に、のんびりと向き合うことこそ、伯母の魂への贈り物になると、思えた…

再合掌
264870901_451568813260343_1393254108005321473_n.jpg
- | -

大阪から20代女性二人がアズワン鈴鹿ツアーに参加

IMG20220827154838.jpg

大阪から20代女性二人がアズワン鈴鹿ツアーに参加
8月27日(土)~28日(日)でアズワン鈴鹿ツアーがあり、学生時代からの友達という、25歳と26歳の女性二人が大阪から参加しました。
直接のきっかけは、北海道の余市エコビレッジからアズワンツアーに来た人のFacebook投稿を見たことですが、これから訪問看護を足がかかりとしたコミュニティづくりを模索している中で、実際に触れて学びたいと来られました。

IMG20220827141104.jpg

1泊2日を過ごす中で、人の幸せとは何か、人と人とのつながりとは何か、その関係を継続するためにはどうしたらよいのか、などについて深い学びと気づきがあったようでした。

IMG20220827161240.jpg

感想を紹介します。
「やはり大切なことは人とのつながりだと再認識しました。生活でも仕事でも、心地がよいとみんなが思える場をつくるのは、家族のように本音で話し合うことだと分かり、その話し合いの過程や方法(サイエンズメソッド)にさらに興味を持ちました。こんなコミュニティが実現可能なのか!と驚き、未来に希望を持ちました。」

IMG20220828110916.jpg

IMG20220828094741.jpg
- | -

9月24日 第4回アズワンシンポジウムが開催されます。

第4回アズワンシンポジウム

第4回アズワンシンポジウムは9月24日(土)20:00-22:00で、世界最大のZenとマインドフルネスに関する国際会議を主催するZen2.0の共同創設者である宍戸幹央さん、三木康司さんをお招きし、「心が解放される社会のあり方とは」というテーマで開催致します。

詳細、お申込はPeatixイベントページから

★アズワンシンポジウムについて

一切の強制や束縛のない自由な話し合いだけで運営するという社会実験の中で生み出されてきたミーティングの持ち方、合意形成の方法、会社運営の仕方、学習する組織の作り方、コミュニティ内での自然発生的な贈与経済など、小規模ながらも新しい社会モデルとして豊富な先行事例を蓄積しています。
本シンポジウムでは、このアズワン鈴鹿コミュニティの社会実験から生み出された知見を、さまざまなテーマを通して多くの方と共有、議論し、だれもが安心して、その人らしく生きていける新しい社会の基盤並びに人的ネットワークを作っていくことを目的とします。

アズワンシンポジウムHPから、第1回~第3回のアーカイブ動画がご覧いただけます。どうぞお楽しみください。

多くの方の参加をお待ちしております。
- | -

オンラインお話し会を開催しました。

8月24日(水)、オンラインお話会を開催しました。

2022.8.24.オンラインお話し会

タイトルが【大きな家族のような暮らし】ということで

コミュニティでの暮らしや、そのベースにあるものをお話ししたり

実際に移住してみてどんな感じか、ここ1,2年で移住してきた2人から話を聞いたり、質疑応答したり

それぞれのパートの間に、グループに分かれて感想のシェアや、さらに質疑応答などして深めていきました。

「移住前と移住後ではどんな心境の変化がありますか?」とか

「どうやったら移住できるのですか?」

「血縁じゃない人たちが家族のように暮らすってどんな感じだろう?」

「実際に行ってみたい」

「話し合いの大切さを感じた」等々

アズワン鈴鹿コミュニティの新しい社会の試みに、みなさん興味をもっていただけたようです。

会には各地のアズワンネットワークメンバーも寄って、各グループの進行をするなど、より近い地域の方たちで寄って感想などをシェアしました。

日本や世界の各地に、心通じ合う人と人のつながりが広がっています。

9月24日(土)20時~22時

アズワンシンポジウムがオンライン(無料)にて公開されます。

詳細、お申し込みはコチラからご覧ください。
- | -

「人がいることの大きさを感じた」アズワン鈴鹿ツアー

8月20~21日、アズワン鈴鹿ツアーが開催されました。

里山

参加者は隣町にお住いのKさん(40)です。

エコビレッジに関心があって、「5,6年まえからアズワンのことは知っていた」とのことでしたが、今回初めての訪問となりました。

単身、田舎に家を借り、「自然農の畑などにもチャレンジしてみたけど、一人でやる事への限界を感じた。」と、エコビレッジやコミュニティの暮らしはどんなだろう?とやってこられました。

弁当屋

コミュニティの概要、お弁当屋やファーム、機構や運営の話を聞いたり見学をする中で、人と人、そのベースに流れている空気、刻々と変化していっている様子を見聞きしながら、普段の自身の暮らしとの違いを感じておらえるようでした。

交流

最後のパートでは、鈴鹿に移住して6年目を迎えた吉岡里美さんと、アズワン鈴鹿コミュニティの暮らしを体験する【アズワンスタイル実習プログラム】に、岩手県から参加している八重樫信子さんと交流の時間を持ちました。

里美さん八重ちゃん

二人のここまでの変遷や、今ここでの暮らしや、通っている中で感じていることなどを聞いて、Kさんから「みなさん、ここ半年とか1年の変化の大きさみたいなことを言っているけど、それはどんなことなんだろう?」という問いから、「ん-、、、一人一人をほんとうに知ろうとして聴いてくれる人が周りにいるんだってことが見えてきたり、、、、人の中にいて安心しているような、、、」とか、「Kさんはどんなことを思って田舎に行ってみたりしたのかな?」「何か願っていることがあるのかなあ、、、」とか、、、、お互いを聴きながら、もっと知り合っていきたいような、そんな時間が過ぎていきました。



人と自分と出会う旅、アズワン鈴鹿ツアーに是非お越しください。

お会いできるのを楽しみにしております🍀
- | -

8月24日(水)オンラインお話し会を開催します。

2020.9.24.お話し会.jpg
8月24日(水)オンラインお話し会(参加無料)20:00~22:00
アズワン鈴鹿コミュニティ【大きな家族のような暮らし】
ーこんな生き方があった! 私、移住して暮らし始めてみましたー
※イベントの参加申し込み(無料)は、こちらから
https://asone20220824.peatix.com/
三重県鈴鹿市で、多世代約200人が大きな家族の様に暮らしている「アズワン鈴鹿コミュニティ」 
この仲良い家族のような社会(アズワン鈴鹿コミュニティ)では「所有」する必要がありません。

そうすると、どんな社会(家族)ができるでしょう? 所有がなかったら、社会がめちゃくちゃになっちゃわないの? 社会は成り立つの? そんな実験を真面目に繰り広げているコミュニティです。
アズワン鈴鹿コミュニティでは、義務も責任もない会社「おふくろさん弁当」を営んでいます。
コミュニティの若者が立ち上げたSuzuka Farmで野菜を育て、おふくろさん弁当で街の人に手作り弁当を届けたりしています。
コミュニティではお金を介さない経済も試みています。ひとりひとりは各自の技術や持ち味を活かしあって贈り合って暮らしています。
美容や車のメンテナンスも、子守やパソコンの修理もプレゼント、野菜やお惣菜もプレゼント、家計ですら垣根なく自由に融通しあって暮らしています。
なんでそんな暮らしができるのでしょう?
アズワン鈴鹿コミュニティでは、20年間社会の研究と実験を、積み重ねてきました。
「こうするべき」や「こうしなければならい」、「普通はこうだ」「常識だから」と相手も自分も縛る生き方から解放されて、ただ1人の人と人になって「こうしたいよ」「こうしてほしいよ」と、気持ちを出し合い、「じゃあ、どうしようか」一緒に考え歩んでいく。何でも伝え合える、安心の間柄で営まれるコミュニティが実現してきています。

そんなアズワン鈴鹿コミュニティの実践例を、色々な実例を交えながら紹介します。
本当は誰もが願う「争いも対立もない社会」を、夢物語に終わらせずに、この世界に実際に実現しようとしています。
今回は最近、アズワン鈴鹿コミュニティに実際に移り住んだ人たちの、お話しを中心にしたお話し会です。
質問コーナーもあるので、色々気になることも聞いてみよう!お気軽にご参加ください!
対話を通じて理解を深められたらと思いますので、可能な限り音声、映像を「オン」にしてお入りください。
★日時: 8月24日(水)20:00~22:00
 スケジュール(予定)
19:55 開場(20時に開始できるようにお集まりください)
20:00 開会・チェックイン
20:10 アズワン鈴鹿コミュニティでの実践事例紹介
20:40 聞いてみてのグループ対話の時間
21:00 アズワン鈴鹿コミュニティへ移住した人の体験談
21:20 聞いてみてのグループ対話の時間
21:40 参加者全員でのまとめとお知らせ
22:00 閉会
また事前に、わかりやすくまとまっている、アズワン鈴鹿コミュニティの紹介ビデオ(約12分)をご覧ください。
https://youtu.be/ISw34Ud99Ek
【アズワンネットワークとは】
 アズワン(as one)とは、「一つ」の世界を意味しています。ジョン・レノンが"Imagine"の中で、「The world will be as one」と歌っているように、世界は元々、囲いも隔てもない、すべてが「一つ」の世界でしょう。
 私たち人間も、その世界に生きている存在です。自然界の中で全てのものと調和しながら生きていくこと、そして、人間同士も、世界中の人と親しく、共に繁栄していくことが本来の姿でしょう。それを空想に終わらせないで、この世に創り出すことが、アズワンネットワークの目的です。
 もっと詳しく知りたい方は,こちらをご覧ください。
 http://as-one.main.jp/HP/index.html
トに参加しよう!
※イベントの参加申し込み(無料)は、こちらから
https://asone20220824.peatix.com/
- | -

8月13日~15日で2泊3日のアズワン鈴鹿ツアーを開催

IMG20220814091754.jpg
8月13日~15日で2泊3日のアズワン鈴鹿ツアーを開催
8月13日(土)から15日(月)にかけて、2泊3日のアズワン鈴鹿ツアーが開催されて、福井、大阪、兵庫から4人の方たちが参加しました。
動機や目的として、議論や争いではない対話や、お金に縛られない暮らしなどを体験し、コミュニティの成り立ちについて深く知りたいと来られました。

IMG20220813161441.jpg

2泊3日のコミュニティの人たちとの対話や探究体験などを通して、深く実際の姿に触れるとともに、自分自身についても振り返ってみる機会となったようでした。
終えてみての感想から、その一端を紹介します。

・時間の流れ、空気感、会話のスピードがゆるやかで居心地がよい。
・攻めのない関係性と対話が成立している不思議さ
・自分がしてきたことは”相談”ではなく、決定事項の”報告”であり、対話によって導き出したものではなかったという事実に気づいた。

・時間がゆっくり流れている。
・本心と話し合いを大切にしている。
・お金に縛られない循環型のコミュニティの一つの形を体験することができた。
・自分が大切にしてきたこととのギャップを感じた。

・アズワンの方々が、話をじっくり聞いてくださったり、心のままを言葉にしようと話していたりする中で、普段の周りとのコミュニケーションが上辺であることに気づきました。「仲がいい」と思っていた彼や友達に、深いところにある想いや願いを伝えたい。そういう対話を通して、本当に仲が良い間柄になりたいです。そのために、もっと自分を知りたい。私の本心とはどんなものなのか、自分はどんな感じなのかをみてみたいです。

IMG20220813155000.jpg

IMG20220814113305.jpg

IMG20220814152855.jpg

IMG20220815093309.jpg
- | -

北九州の「アグリゾート」の人たちが一泊でツアーに

IMG20220808163241.jpg
北九州の「アグリゾート」の人たちが一泊でツアーに

8月8日(月)から9日(火)にかけて、北九州で「アグリゾート」という農を主体にしたコミュニティをつくっている小村泰秀さんたちと、東京でつながっている方の3人が、アズワン鈴鹿ツアーに一泊で来られました。
代表の小村さんは、「アグリゾート物語」という本を出版したのを機に、1か月以上にわたり各地をお話会をしながら周っている中で、アズワン鈴鹿コミュ二ティの実際に触れてみたい、今後の参考にぜひしていきたいとのことでした。

おふくろさん弁当や鈴鹿ファームなどで、現場での生の声に触れたり、コミュニティの人たちと話しすることによって、これからのアグリゾートについて、また自分自身についても深く見つめてみる機会となったようでした。

IMG20220808154534.jpg

コメントを紹介します。
・みんなが自分らしく、自然体で生きていける場になっていると思った。
・「やらなければいけない」とか、「こうあるべきだ」みたいなものから開放されると、「やりたい」だけが残り、その気持ちからだけで行動できれば、世界は一つになると思った。
・あまりにも規模が大きく、テンポはゆっくり、システムもゆるく、みんなが満たされて、宇宙の采配が降り注ぐつながりで、安心して暮らしていることに感動でした。

IMG20220808133422.jpg

IMG20220808144820.jpg
- | -

8月6日~8日にかけて、アズワン鈴鹿ツアーを開催

IMG20220806141517.jpg
8月6日~8日にかけて、アズワン鈴鹿ツアーを開催
8月6日から8日にかけて、1Dayツアーと一泊二日ツアーと続けて開催されて、愛知、兵庫、長野から4人の方が参加されました。
それぞれに、アズワン鈴鹿コミュニティを肌で感じて知りたい、どうして成り立っているのかを実際に見てみたい、そしてアズワンの目指す世界や社会について理解したいと来られました。

IMG20220806153308.jpg

感想から一端を紹介します。
「時間の流れが、私の日常と比べ、ゆったりとしている感覚があり、自分と向き合う時間、人とコミュニケーションをとる時間、本来とても大切にしたい時間を大切にできているコミュニティだと感じました。(40代・女性)」
「みな人当たりがよい。よい波動が満ちている。
分け合い、無駄の少ない、人と人のつながりが快く形成されている。(40代・男性)」
「改めて、本当に人に社会に必要な大切なものがある場所だと感じました。
しかし、大切なものを実現できるための人への聴き方、伝え方が、まだ自分には学ぶべきところがあるのかなと課題も見え、進めたツアーでもありました。(20代・女性)」
IMG20220806161836.jpg

IMG20220807111022.jpg

IMG20220807162803.jpg
- | -

アズワンネットワークニュースvol.71 8月号

蝉しぐれが降りそそぐこの頃、皆さん元気にお過ごしでしょうか。
今年は各地で夏祭りや花火大会が数年ぶりに開催され、家族連れで賑わっている様子がニュースで届きます。改めて、それぞれの地域でみんなの幸せを願って活動している人たちの存在が浮かび上がってきます。
アズワンネットワークも、海外で新しく力強い動きが始まっています。スイスでは【アズワンセミナー】が初めて開催されました。ヨーロッパ各地から参加した多様な人たちが、本来の願いに気づきあいながら、怒りや決めつけ、思い込みから解放されていきました。
そんな各地の様子を今月もお届けします。ぜひご一読ください。

全文はこちらをご覧ください。

スクリーンショット-(367).jpg
- | -
<< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >>