アズワンネットワーク福岡が熱く動き出した

6905011753720.jpg
★レポート アズワンネットワーク福岡 窓口 竹中高子★
はじまりは・・・
今年の3月にアズワンネットワーク福岡が密かに立ち上がりました。その半年ほど前から、おふくろさん弁当の本の出版効果もあり、福岡市近郊ではアズワンに興味を持つ人が続出。毎月のようにアズワンについてのお話会や勉強会が続きました。

お話会や勉強会に来た人の数は総勢80人ほど。アズワンネットワーク事務局の北川道雄さんやGEN-Japan代表理事の片山弘子さん、北九州からアズワン留学中の吉岡和弘さんが何度も足を運んでくださり、アズワン鈴鹿コミュニティのこと、サイエンズスクールのことを広めてくれました。

福岡県には3か所のアズワンネットワークの拠点がありますが、アズワンネットワーク福岡は、福岡市と福岡市近郊の人ということに一応なっています。フェイスブックグループのメンバーは多いのに、なぜか鈴鹿まで行った人は少ないので、私が3月にアズワンセミナーを受けると、そのままアズワンネットワーク福岡の窓口ということになりました。
278804.jpg
サイエンズメソッドを学びたい!
アズワンネットワーク福岡と言っても、私自身誰がメンバーなのかよく分からないし、そんな名前が付いていることも知らない人が多いんじゃないかな?そこがアズワンっぽくて気に入ってはいるのですが(笑) それでも、ここ1年近く毎月のように検討会をしていたので、熱心なメンバーはだいたい決まってきています。
子連れのお母さんも多いので、鈴鹿まで行くよりも福岡で学びたいという人が多いのが特徴です。小さい子がいると合宿も難しいので、「日帰りコースで検討会をやって欲しい!」というみんなの要望を、ようやく10月に実現することができました。
各地の情報 | - | -

アズワンネットワーク北海道主催で「おふくろさん弁当」講演会

アズワンネットワーク北海道主催で、窓口の及川修司さんが「おふくろさん弁当」 社長係 岸浪龍さんを招いての講演会を明日開催します。(NPO法人 北海道エコビレッジ推進プロジェクト共催)
「一人ひとりの個性が発揮され、活かされる、その仕組みとは何か、おふくろさん弁当で具現化されている部分がありますよね。そこを一般の人にも聞いてもらいたい。講演会翌日には、えこびれっじ活動を一緒にやっているメンバー向けに岸浪さんと共にグループワークをします。テーマは『話し合いとは?』です。内面を大事にしている、そこを実践できるスキル、価値観を体験してもらいたい」
そのように窓口の及川氏は願ってます。
アズワンネットワークが目指す世界を、サイエンズメソッドを使って、その地域に実現しようとする活動の一つです。
22789056_1723502817671568_6835021454996330874_n.jpg
- | - | -

「住宅建設の立場から人の幸せを!」韓国でアズワン紹介

建設側中心の住宅建設から、居住者と共に建てる住宅へ、更に、居住後の快適な暮らし方や、人の本当に幸せとは、を考えが発展してきた韓国の建築家キ・ノチェさんがいます。そのキさんの招待でサイエンズ研究所の小野雅司さんが講演に呼ばれ、アズワン鈴鹿コミュニティの実践例やサイエンズメソッドなどを紹介しました。小野さんのレポートをどうぞ。


韓国の建築家キ・ノチェさん(右)と小野さん

韓国レポート サイエンズ研究所 小野雅司

10月20日、21日ソウルで開催された住宅協同組合(Housing co-op)の特別フォーラムに招待されました。
今回の招待のキッカケは、韓国の建築家キ・ノチェさんが、今年の2月、アズワン鈴鹿コミュニティを訪問したことから始まりました。
国際情報 | - | -

8年にわたる熱い想いが花開く アズワンネットワークKoreaの今

SCIENZ SCHOOL KOREA
scienzkorea.jpg
今、アズワンネットワークKoreaでは30代の若者が中心になり「一つの社会」実現へ向けての活動が「サイエンズスクールKorea」の運営を活発化することで本格的に動き出している。
そのメンバーの一人、ぺク・フンミさんのレポートを紹介する。


この4月アズワン留学を終えて帰国したジョン・ジェウォン、イ・ソンヒ一家がユ・サンヨンさんとユキさん夫婦が住んでいる江華島へ、この九月初頭に引越した。サンヨンさんとユキさんは、8年前から江華島でペンション経営をしながら、韓国でもアズワンネットワーク鈴鹿コミュニティのように「一つの社会」を実現していく土台を作りたいと、サイエンズ研究所と連携しながら活動している。そこに若者4人の心が集まった。それによって、現在のサイエンズスクールkoreaも活発に運営されている。 今までも毎年2、3回程度着実に韓国でコースが開催されたが、ごれからは毎月1回以上の既存のコースの開催をサイエンズスクールkoreaとして、韓国の実情に適ったプログラムを構想して開催することに力を注ぎたい。その一環として、先月9月28日から3泊4日間「サイエンズ入門」集中輪読会合宿がこれまでのセミナーやコースの参加者を対象に開かれた。


ユ・サンヨンさんが経営する江華島のペンション駐車場にて
korea.jpg
国際情報 | - | -

本当の自分をどこまで知っていますか?



Nさんの変化

「自分のことをどれくらい知っていますか?」
10月度アズワンセミナーの開講式で、挨拶に来たSさんが参加者に投げかけた言葉です。
改めて聞かれると、立ち止まって考えてしまうでしょうか。
普段、思っている自分、意識に上る自分、人から思われている自分、過去の自分、潜在意識にある自分、そして未来はどうなっていくか未知の自分……。一言「自分」と言っても、様々な面が浮かびます。
その自分を自分がどんな風にとらえているのか。10月7日から開催されたアズワンセミナーに参加した一人の変化を取り上げてみました。
アズワンセミナー | - | -

願いは届く!人間中心のケアと街づくりへの第一歩 


10月3日、介護の日 市民公開講座 講師の堀田聰子さん

10月3日、鈴鹿市文化会館けやきホールで、「介護の日 市民公開講座」が開かれました。鈴鹿亀山地区介護支援専門員協会の主催で、「設立10周年記念」イベントです。講師は、堀田聰子さん。介護や福祉の現場から研究を重ねているスペシャリスト(慶応大学健康マネジメント研究科教授)で、「私の暮らしとこれからの社会~年齢を重ねても、住み慣れた場所で暮らし続けるために~」をテーマに講演しました。


鈴鹿市文化会館けやきホールで

この講演会の開催を誰よりも心待ちにしていた人がいました。「理想の暮らしを語る会」の活動を続けている中井正信さん(アズワン鈴鹿コミュニティ)です。堀田さんの介護や福祉に対する見方や考え方に響くものがあったからです。

堀田さんの主張は、
「介護や福祉の仕事がいかにクリエイティブなものなのか、地域社会に新たな循環を生んでいける可能性に満ちている」
「地域包括ケアシステムの構築とは人間復興の文化的な運動ではないか」
「患者とか専門職とかを超えた一人の人間としてその関係性の中で人間中心のケアと街づくりを追求していくことが極めて重要だ」
と語っています。
各地の情報 | - | -

「安心する間柄」どう作る? 韓国スンチョン新聞に紹介


スンチョン広場新聞 2017.9.28.に掲載。

韓国からアズワン鈴鹿コミュニティに学びに来たイム・ギョンファンさん(大学・高校の先生)が、その体験談を地元新聞社に投稿し紹介されました。コミュニティでの「安心する人と人の間柄」とはどういうものか、朝寝坊で気づいたというエピソードです。責められたり咎められることのない間柄ってどのように出来ていくものでしょう?

以下新聞記事を翻訳しました。


写真:深田さんに「美味しいラーメン屋さんを紹介してほしい」と言ったら、その日の夕食にわが家族を家に招待してラーメンを作ってくれた。(アズワン鈴鹿コミュニティの深田宅で)


安心する間柄

   イム・ギョンファン組合員

日本三重県鈴鹿市にas one communityがある。12日間、そのコミュニティを体験してきた。そのコミュニティで目標としていることが色々あるが、その一つはコミュニティのメンバーの中でお互い「安心する間柄」になること。「安心する間柄」はこうして作られるのだろう、という実感があった。それを紹介したい。
国際情報 | - | -

アズワンネットワークニュースvol.13

空の色、雲の形に秋の深まりを感じる季節。
アズワン(as one)とは、「一つの世界」を意味しています。「国境も所有もない」と、ジョンレノンが歌ったように、元々は囲いも隔てもない、すべてが「一つの世界」なのでしょう。「争いのない幸せな世界」を目指しての活動の種が各地に蒔かれ、芽が出て、育ちつつあります。
今月は、福岡やドイツの話題も含めて、各地各所での幸せへの一歩をお届けします。




◆アズワン筑豊から「本心で生きられる社会」の気風が醸し出される
2年前からサイエンズスクールのコースに参加しながら福岡県筑豊地区で、「気持ちと気持ちが繋がり合って、もっと自分がラクになったり、とらわれているものを剥していけたらって思う」という思いで活動する小鶴厚子さんに、話を聴いてみました。


「もっと本心で繋がっていきたい」アズワン筑豊の小鶴さん

◆ドイツで、『イマジン』でアズワンを共有 
GEN(グローバル・エコビレッジ・ネットワーク)日本代表で、アズワン鈴鹿コミュニティの片山弘子さんが、9月上旬にドイツを訪問しアズワンの活動を紹介してきました。長年にわたり交流のある、エクハルト・ハーン博士の招きによるもので、その時のレポートです。世界中の人にきっと伝わるという思いを込めて旅をする片山さんです。


ドイツ さすてなぶるな新しい社会を考える サステナの旅(1)
ドイツ サステナを学ぶ旅(2)アウトバーンを北西へ
ドイツ サステナを学ぶ旅(3)ツイーベンリンデンへ
ドイツ サステナを学ぶ旅(4)ルター500年祭
ドイツ サステナを学ぶ旅(5)バウハウスで考える
ドイツ サステナを学ぶ旅(6)庭園型エコビレッジ
ドイツ サステナを学ぶ旅(7)ベルリンで日本のエコビレッジ


◆「争いのない幸せな世界」の出発点、アズワンセミナー
「争いのない幸せな世界」は誰もが願うものでしょう。しかし、それはどういう世界なのか?その世界を知ることから、実現の道筋が見えてきます。
9月アズワンセミナーに参加し、その実現のスタートに立ち、各地へ出発していったみなさんの感想です。


社会を創る一人として出発!~9月度アズワンセミナー

◆「私の人生」を生きているだろうか?
人生と言っても、難しくてわからないものとして、どういうものかを知らずに過ごしている人も多いのかもしれません。自分を知り、人生を知り、人生の目的を知ることで、他に真似のできない生き方が見出されてくるのだと思います。
サイエンズスクールは、人としての成長をサポートしています。


「私の人生」を生きているだろうか? 人生を知るためのコース
私は、どんな社会に住みたいだろう? 社会を知るためのコース
素直な自分に出会う〜内観コース
人としての成長――成長とはどういうことだろう?

◆アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティNOW
誰でもが本心で生きられるコミュニティづくりを試みる鈴鹿コミュニティ。
お米作りでも、自分の仕事や暮らしや活動でも、「何のためにしてるんだろう?」と問い直してみると、自分の本当にしたいことや願いが浮かび上がってきます。その願いを実際に現そうとしている日々の一コマです。


世界の平和を願う「探訪DAY」
企業での人権教育――「幸せに働く会社」モデルに考える
秋の実り、お米を作る目的は何だろう?
森を守る!未来の里山プロジェクト―ツリーハウス作り

提携団体の動きからーGEN-Japan
◆ガイアエデュケーション2017修了
4月から始まったユネスコ認証の持続可能な地域づくりのための教育プログラムが9月で終了しました。第6回は、3泊4日でアズワン鈴鹿コミュニティを会場に開催されました。10月からは2018年開催にむけた報告会を開催します。「新しい社会を体験したい人たちへ そして、足元に安心のベースをつくってみたい人たちへ」


2017修了生の全6回まとめレポート公開!
ガイアエデュケーション2018説明会&報告会

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー *******
「ゼロからの探究会」
アズワンミーティング@アズワンネットワーク東京
●10月29(日) 連絡先:080-5503-3015(城石)

探訪DAY「アズワン鈴鹿コミュニティを訪ねてみませんか!」
●10月 7日(土)~ 9日(月)
●10月14日(土)~15日(日)
●10月21日(土)~22日(日)
●10月28日(土)~29日(日)

アズワンセミナー「わたしらしく生きるために」
●10月7日(土)~10月12日(木)
●11月18日(土)~11月23日(木)

**************************************************
☆アズワン鈴鹿コミュニティでの教育プログラム
【第10期】持続可能な社会づくりカレッジ
●第2回 10月20日(金)~22日(日)
●第3回 11月24日(金)~26日(日)
☆【第7回】経営カレッジ
●10月13日(金)~15日(日)
**************************************************

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0828 三重県鈴鹿市阿古曽町14-28 SCS内
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
 
メルマガ | - | -

ドイツ サステナを学ぶ旅(7)ベルリンで日本のエコビレッジ



持続可能な場を生み出すサイエンズ Hiroko Katayama



ベルリンにて ゼロに立つこと

9月6日、エコビレッジの旅から首都ベルリンに戻ってきた。ベルリンに戻って、改めてベルリンの位置を知った。東西ドイツという時代に、東ドイツの中に離れ小島のように存在していたドイツの首都。日本からここまでやってきて、そもそも何がやりたいのか。何が私の本心なのか。一人になって今回の旅での出会いを振り返ってみた。
そこで見えてきたのは、具体的な活動や取り組みについて、思いを羅列してみたところで、意味がないということだった。私は何を本質と捉えているのだろうと、自分をもう一度振り返ることに時間をつかった。

7日朝に、荒田さんはハノーバーに向けて出発し、私は夕方まで十分時間が出来ることになった。朝食の時に、Hahn博士がこれまで取り組んできたエコステーションづくりの一つ、モーリッツプラッツにあるプリンツェスガルテンのMLニュースに、私のお話し会のことが紹介されているよ、と教えてくれた。

Eco Villages in Japan
Talk - September 7th, 7 pm
Heroko Katayama presents the AS-One Community in Suzuka (Japan): Building a model society for sustainable Future. Find out more

ここで、この旅に学んだことを軸に話してみようと思った。



 
国際情報 | - | -

ドイツ サステナを学ぶ旅(6)庭園型エコビレッジ



産業革命後、世界初のエコビレッジ Hiroko Katayama




デッサウ ヴェルリッツのとっても大きな庭園、あるいは王国エコビレッジ

ヴィッテンベルグから車で少し走って、エルベ川を渡った。川幅は50メートル程度だろうか、私たちの他にもう一台の車で動き出したが、あと一台でちょうどいっぱいになる程度のいわゆる木造フェリー。豊かな水の上をのんびりと渡る。すぐに対岸に着いちゃいますが、なにやら楽しかったな。

しばらく行くと、およそ150平方キロメートルにわたって広がった、18世紀に創られたイギリス庭園式の王国、というか、長靴をはいた猫式に言えば、公爵様というか。ドイツにはそのような諸侯がたくさんいて、それぞれ独自の治世を行っていたそうだ。
Hahn博士の説明と、後で読んだパンフレットの説明によると、その公爵が、自分の領地の一部、このエルベ川沿いの土地全体を、領民の教育のために、住まいも全部オープンにして、美しい庭園型の村、というかHahn博士は、これを世界初のエコビレッジと呼ぶのですがーーーをつくったもの。

国際情報 | - | -