田植え真っ最中!SUZUKA FARM NOW!

緑眩しい季節。今年も鈴鹿ファームでは田植えの時期を迎えています。


軽トラに育てた苗がぎっしり積まれて


トレーの苗を田植え機にセットしていきます。


機械は苗を数本ずつ取って8列の幅で植えていく…


直線に運転するのも、難しそう


オペレーターは岸浪さん
「やっぱ、苗が綺麗に植えられるのは、代掻(しろか)きがうまくできてるからだね」なんだそうです。



その代掻きをしているのが、谷藤さん。
苗植えをする前に田んぼの表面の土を均して、苗がむらなく育つようにする作業です。
「この仕事は性に合ってるっていうか。隅や淵を綺麗に決めるのとか、水面を平らにしていくのとか、面白い」そうです。




稲垣さん(写真奥)と根津さん(アカデミー生)
「今年は、ファームのみんなで米作りをしてる感じかなー。
以前よりも、俺がやらなきゃ、っていう意識がなくなってきてる感じやな」

毎年毎年、米作りに精を出す稲垣さん。気持ちの方は、ラクになってきているそうです。自然の中で育つ稲ですが、気候や天候の影響を受けながら、人の手や技術が加わってお米になるんですね。その形には見えないものが一杯ありそう…(写真と記事:IWATA)


その人らしく本心で生きられるコミュニティ!
アズワン鈴鹿ツアー
暮らし | - | -