韓国・花咲く学校高校生のアズワン体験ツアー《前編》



7月3日から7日まで、韓国の「花咲く学校」の高校2年生9人と先生1名がアズワン鈴鹿コミュニティを訪れ、4泊5日を過ごしました。この学校は、オルタナティブスクールで幼稚園から高校までがあり、今回の学生たちは、幼い頃から共に過ごしている仲だとか。このツアーを計画したのはその学生たち自身で、これからの人生や方向性を考える旅にしたいと、日本の訪問先を探しプログラムをつくってやってきました。
鈴鹿では、コミュニティの見学や体験をしながらコミュニティの人たちと触れ合い、いろんな話しをしました。悩みを持った学生もいたようです。そんな彼らが何を感じていったのか、感想を交えながら紹介します。まずは、写真をどうぞ!(記事:いわた)




初日、ビジターズハウスで食事会。
「食事がおいしかった!」、「一番印象に残ったのは食事です」、そんな感想も。


2日目の朝。鈴鹿ファームの見学と農作業体験。


インゲンの収穫。


出荷場で野菜の出荷体験。


3日目はお茶室で茶道体験。
「お茶の体験が印象に残っています。ただ、お茶を飲んで、お菓子を食べるだけじゃなくって、日本の歴史や文化と他の文化との共有がある感じがして、それがよかったです」と感想がありました。


和菓子は「水面」(みなも)という水面を模した水ようかん風の和菓子。

その夜は、コミュニティメンバー宅へ家庭訪問。
一緒に食事をしながら、スマホの翻訳アプリを使って会話したそうです。
写真は、佐藤さん宅で。アカデミー生のなつみさんも一緒に。


4日目には、すずかの里山へ。
里山の活動をしている高崎さんの案内を聞きました。


里山にある手作り遊具で思い思いに遊びました。




里山では童心に帰ったようでした。


後編では、最終日の交流会の様子と彼らの感想をお伝えします。つづく


その人らしく本心で生きられるコミュニティ!
アズワン鈴鹿ツアー
来訪・滞在 | - | -