「大きな一つの家族!どうやったら出来るの?」



7月14日-15日でアズワン鈴鹿ツアーがありました。神戸でシェアハウスをしている井上さん(愛称いのじさん)がシェアメイトを誘ってツアーに参加しました。その参加者の方がツアー後に感想をフェイスブックで発信していたので、ここに紹介させて頂きます。ツアーには佐賀から参加した方と、15日の午前中は、コミュニティデザインの山崎亮さんも加わって、コミュニティを参観しました。(写真は、おふくろさん弁当の前で参加者のみなさん)




◆人によって対応を変えることは可能!--参加者の声より

昨日今日と、鈴鹿にあるコミュニティにアズワンネットワークを見学するツアーにいってきました。

きっかけは今住んでいるシェアハウスわらいのいのじさんから、「色々探求して、ちょっと面白い事してるコミュニティあるけど、一緒に行かへん?」と誘われたからです。

んーちょっと怪しい、内容もよく分からないし、お金払ってまで行く価値あるの?って、思ってましたが、いのじさんから言われたし、何か気になったので行くことにしました。

で、実際、2日間色々見せてもらった感想ですが、行って良かったと思っています☆こんなコミュニティのかたちもあるんだ!って思いました!

まだ何も理解の出来ていない私の見識ですが、そのコミュニティは、今の社会や会社とは違う流れにある、大きな一つの家族のようなコミュニティのようでした。
彼らはお金の介在しないコミュニティ、仕組みとして大枠は理解出来ましたが、そのような仕組みで生活出来る関係性ってどうやったらできるの?ってとても疑問に思いました。とても不思議なコミュニティです。
以前に別のシェアメイトから教えてもらったセロー監督の映画『美しき緑の星』で、それに出てくる星から地球を見ている状態に似ているなって思いました。



また、今回はたまたまイベントで以前から本で読んでいたコミュニティデザインの山崎さんのお話を聞きことができ、すごく刺激を受けました。

それに、一緒にまわった方もとても魅力的な方が多く、熊本のサイハテ村のことも聞き、とても興味がわきました。

色々な出会いがありましたが、今回一番ハッとした事は、人によって対応を変えるということは可能かもしれないということです。今までルールなどで誰に対しても同じ対応をするということが当たり前と思っていましたが、そうではないかもしれないと思わされた瞬間がありました。

短い文では意味わからないと思いますが、そんな考えもあってもいいんじゃないかなーと思い始めています。(神戸市・男性)


2泊3日の参加者のみなさんと一緒に


その人らしく本心で生きられるコミュニティ!
アズワン鈴鹿ツアー
来訪・滞在 > アズワン鈴鹿ツアー | - | -