飾ったり、隠したりのない方がいいなー

ただ今韓国から体験交流中のセリちゃんにインタビュー。イモちゃんなりにレポートしてみたいと思います。

来鈴して早3ヶ月、「来た頃からすると別人のようだ」と自分で言ってました。そして、「もうちょっといたいなー」と8月の帰国を延期しようかなと検討中です。

期待外れ
韓国では、サイエンズスクールの「マイライフセミナー」と
「自分を知るためのコース」に参加しました。
アズワンコミュニティに魅かれ、期待してやってきたけど、
来鈴当初はつらい気持ちになり、「だまされたー」「もう帰るー」と。
職場では、勤務時間は順守!、
疲れていても「大丈夫です~」ニコッ!と、
常識観ばっちりの、いわゆるいい子でいたそうです。

おもしろくなってきた!
が、しかし・・・、
サイエンズスクールの「内観コース」を皮切りに、
参加するごとに自分の気持ちや心の状態が鮮明になってきて、そこからおもしろくなってきました。
前は自分の気持ちや心の状態に気付きもしないし、
目を向けてもなかったなと、振り返って思うそうです。
「でもね、前より鮮明にはなってきたんだけど、それをうまく整理できないんだ。今は、ちょっと心が落ち込んでまーす」という彼女、とっても明るいです。

セリちゃん曰く、「研修コースに参加していきなり変わるわけではないし、
人間だし生きているから、いろんな気持ちにもなるんだよね。
でも、明るい方向へと動き出している。
今どうなってるかなーと自分を見ようとする、できるだけ詳しくね」
それがおもしろい!

飾ったり、隠したりのない方がいいなー
セリちゃんは、韓国で仏教系の活動を何年も一生懸命やってきました。仏教では、慈しむ心が溢れるような人になろうと修行するそうで、セリちゃんもそうなろうとやってみたけど、どうもなれなくてがっかり。
でも一方で、修行して何があっても動じないきっちりした大人になるより、子どものように飾ったり、隠したりのない、楽な感じの方がいいなーとも思ってたそうです。
サイエンズスクールのコースに参加すると、楽な方向へと進んでいけるようで、益々はまっています。

周りの影響って大きいよー
この前韓国に一時帰国したら、周りの人達がとっても疲れて見えて、自分の周りにいる韓国の人達はいい人ばかりだけど、「社会から自由じゃないなー」と思ったそうです。お金に対する不安、老後、会社のプレシャー…etc。

「今、これで帰ったらすぐ泡になって消えちゃいそう。」
「この間の滞在は、何だったんだー!?」となりそう。
環境の影響って大きいなと思う。
だから、もっとここにいて勉強したい!
もっと自分の状態や成り立ちを見る力をつけたい!
と、滞在交流延長を思うそうです。

自由な環境
また、今おふくろさん弁当でやっていては・・・、
自分がここをやる、ここまでやるという線があるけど、
それが固まっていない感じがする。
自分だけじゃなくて周りもね。
その時々に応じて変わる(動く)柔軟さがある。
そして、言いたいことが言える、そうなるかどうかはわからないけれどね。

誰もが通れる大道を
自由な気風(自由な社会)があってこそ、
人は成長していけるのかな。
社会は人がつくる、
そして社会(人と人)の中で人は生きていく。
そう言えばこの前のフォーラムで、
「社会」という言葉の語源(「society」の訳)は、
「人間交際」だったと言っていたなー。
お弁当屋さんもその一つだけど、
人が幸福に生きられる社会をつくっている
アズワンコミュニティの紹介には、誰もが通れる大道をと書いてある。
そして「人を幸福にする仕組みや運営を」と続いている。
なんかイモちゃんの中でつながってきたぞー
聞いていてそんなふうに思いました。
またいろんな人にインタビューしながらアズワンコミュニティを探訪してみたいです。
来訪・滞在 | - | -