「本心を探る」アズワンミーティングって?

7月度アズワンミーティング@鈴鹿 開催



7月8日、9日で、アズワンセミナーの参加者を対象に「アズワンミーティング」が鈴鹿でありました。先月からはじまったミーティングで、今回は、鈴鹿に住む人たちが主です。

アズワンセミナーで使う資料に、「アズワンミーティングについて」という600字程度の文章があり、その中身を探りました。



資料の一節に、「アズワンミーティングは、誰もが願う社会を実現する方法であ」るとあります。

「誰もが願う社会」って?

「誰もが人間らしく、本心で生きられる社会」のことだろうと文中から推察できます。それを実現する方法が、この「アズワンミーティング」のようですが、この段階では、もう一つピンときません。

アズワンネットワークから様々な出版物が出ていますが、このA4一枚に書かれた内容を理解し実行すれば、「誰もが願う社会」が実現できるってことなんだろうか? そんな簡単なこと? 
と、集まった8人であれこれと探ったのです。

サイエンズ | - | -

第1回アフターセミナー アズワンミーティング開催@鈴鹿



6月10日(土)、11日(日)二日にわたってアズワンセミナーを受講した人で「第1回アフターセミナー・アズワンミーティング」が、アズワン鈴鹿コミュニティで開かれた。
アズワンセミナーを受講した人たちの中から、是非ミーティングを開いて各地のみんなと繋がっていきたいとの声があり、今回、岩手、千葉、静岡、岐阜、大阪、奈良、そして鈴鹿と全国から集まった。また3か月のアズワン鈴鹿コミュニティに交流しにブラジルから来ていた箕輪ルシオ省吾さんも参加した。
初日夜7時、アズワンネットワーク事務局の北川道雄(通称ミッチー)さんの進行で始まった。

「話し合いとは?」
今回は「話し合いについて」というテーマが用意されていた。簡単な自己紹介の後「話し合いとは?」についてみんなで出し合う。やはり日頃のコミュニティやシェアハウス、会社など各地で活動している人たちなのでこの「話し合い」は大きなテーマであるようだ。
現状話し合いは、聞きたくもなし言いたくもないのに、関係を悪くしたくないからと無理して聞いていたり、言ったり。みんなで決めなければならないとか、みんなの合意がいるとか。
いろんな話が出るが、結局何のための話し合いなの? 話し合いの目的ってなんだろう? 決めることが目的なのだろうか?

このミーティングの前に、おふくろさん弁当社長係・岸浪さんと小学校教師・新間草海(あらま そうかい)先生のコラボ企画で、『叱らなくていい子育てセミナー』があり、ミーティング参加者のほとんどが参加していて、そこで「心の満足」という話が出ていたこともあってか、やはりどうやら話し合いもこの「心の満足」が関係しているらしいというところで、一日目は終わった。

サイエンズ | - | -

動画「ママ変わった!」―アズワンセミナー参加者に聞く



ゴールデンウイーク中に開かれた第3回アズワンセミナーに参加したKumikoさんに感想を伺いました。
セミナーから戻ると子どもたちに「ママ、変わった!やさしくなった!」と言われたそうです。「子育て中のママさんたちに是非おススメ!」とも。どんなセミナーだったのでしょう?

サイエンズ | - | -

アズワンセミナー開催 迎えた人たち



 5月2日に始まった第3回アズワンセミナーは5泊6日の合宿を終え、7日、参加者23人は元気に出発していきました。
 別れ際では、お互いにハグしたり、涙したり、別れを惜しむ姿があり、その光景に記者もホロリ‥。この期間に何があったのだろう? お互いの中に結ばれた心の絆? そんな人の情が溢れているようでした。

 鈴鹿でのセミナー開催にあたっては、多くの人たちが関わりました。直接・間接を含めたら、どこまでが関わった人と言えるだろうか、と判断しかねます。参加者と寝食を共に過ごしたスタッフ8人、食事を用意してくれた生活スタッフ、料理を作ってくれたおふくろさん弁当の方々、事務局・運営スタッフ、送迎ドライバー、コミュニティ案内メンバー、交流会に参加した人たちなどなど、最終日は鈴鹿コミュニティ総出だった印象です。

 そんな人たちに迎えられ、見守られ、支えられて開催出来たセミナー。この開催を喜び、協力したい人たちの気持ちが、参加者へと届いていたようにもみえました。最終日、鈴鹿コミュニティを参観した時の様子を写真で紹介します。


おふくろさん弁当でエピソードを話す岸浪知子さん。
来訪・滞在 | - | -

アズワンセミナー

「わたしらしく、その人らしく生きられるコミュニティ」を試みるアズワン鈴鹿コミュニティの実践や、「人としての成長をサポートする」サイエンズスクールでの活動の16年の実績から生まれた画期的なセミナーです。これまで「サイエンズセミナー(マイライフセミナー)」と呼んでいたものが名称変更され、バージョンアップしたものです。

わたしらしく生きるために
「ゼロ」から見える新しい世界!


新たなホームページも完成しました。どうぞご覧ください。
  →→ http://as-one.main.jp/seminar/


アズワンセミナーは、本当の自分を知り、わたしらしい人生を送るためのセミナーです。

ゼロの地点から全てを見直すことで、一切の縛り・束縛から解放され、人間らしい、自由で、楽しい生き方をスタートすることができます。
生きる目的がハッキリし、身近な人と何でも話し合えるようになり、悩みも不安もなく積極的に暮らせる道が見えてきます。
コミュニティづくり、会社づくり等のベースになる人間関係の核心が見えてきます。
サイエンズ | - | -

暮らしの中に探究の機会

NPO法人サイエンズ研究所は、今年4月より会員向けに「サイエンズゼミ」を開講しています。サイエンズを学び、本質的なものを探究する機会として設けられたこのゼミには、鈴鹿コミュニティに暮らす人達、そしてサイエンズ留学している人達も大いに活用していて、20代~70代の老若男女がそれぞれじっくり調べ合っています。




以下、その参加要項をサイエンズ研究所のFacebookページと文章にて紹介します。

サイエンズ | - | -

「マインドセット」を「マインドリセット」する手法

今年5月に静岡県浜松市から6カ月間のサイエンズ留学にやってきた吉岡翔一朗君(26歳)。前半やってみて、自分の意識の変化などをレポートしています。
どうぞご覧ください。

日中はサイエンズをやってる人たちに囲まれた職場で働き、夜はサイエンズゼミに出て。月1回1週間程のサイエンズのコースに入る。
サイエンズ漬け、サイエンズの漬け物(笑)

何か身につけてるというより、身についてるのを取り除いて「無い」状態に戻っていってる感じかな。
-----------------------------

サイエンズは人間にはそもそも無い色んなものが「有る」社会で育った人たちが自分の中の「有る」を取り除いて「無い」状態に、人間本来の姿に還っていく手法なんじゃないかと思う。

そうやって人間本来の姿に戻ってく人たちで、平和で幸せな社会を実現しようとしているんじゃないかなと思う。
(彼のfacebookより一部抜粋)

  ↓ ↓ ↓ (全文は以下をご覧ください)
来訪・滞在 | - | -

「責めがない」社会

昨年から始まった「サイエンズ留学」。アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティに長期滞在し、ここで暮らしながら、コミュニティの職場体験、勉強会、サイエンズスクールのコース参加などを通して、「サイエンズ」を学んでいます。現在、7~8名の若者がこの制度を活用しています。今回は、その中の「サイエンズ勉強会」のひとコマより、「責めがない」ということをMiyatiさんのブログより紹介したいと思います。

「責めないと、責めがないって、ちがうんだよな」

聞いていて、ハッとするものがあった。
「どういうことだろう?」というものが湧いて来た。
これって、おもしろいなあ、と思った。
こういうことは、これまでも聞いたり、自分でも言ったりして、分かっているつもりになっていたかもしれない。

聞いて、「あれ、そこんとこ、どんな風になっているかな?」
「こうなんだよな」という答えがほしいのではないらしい。

言えば、自分はどんな世界に立っているか、生きているか、暮らして
いるんだろう?、という問いかけのようでもあった。

こういうことは、一人部屋のなかで考えていても、自らに問うのは難しいように思う。

このミーテイングに参加して、そこに座っていれたからこそ、かなと思いました。

「責めがない社会」が実現したら、一人ひとりの人がどんな現れになるか、少しかいまみることができそうです。

     ↓ ↓ ↓ (全文はこちら)
   「責めがない」
来訪・滞在 | - | -

さあ、ゼロから、創造してみましょうか~

コミュニティの気風を醸成する源でもあるサイエンズスクール。その入門コース、「サイエンズセミナー」は、本来の人と人を体験する機会でしょうか…
今日は、7月5日~10日に開催された「サイエンズセミナー」に参加された方々の感想を一部抜粋し紹介します。
人のなかで、力むことなく等身大の自分になって、私の中身を、本来に照らして見ていく。
それは、難しいことでなく、
素直に、ただ、ただ、「自分に問う」。
答えが出ない、表現できない。
でも、何か、もっと、と尋ねて・・・
人と人、こんな感じがいいなあ。
人と人でつくる社会、どんな社会がいい?
さあ、ゼロから、創造してみましょうか~
「サイエンズセミナー」
サイエンズスクール事務局ブログより)
サイエンズ | - | -

自分を見るとは!?

人の成長をサポートするNPO法人「サイエンズスクール鈴鹿」
「人の成長」には、身体の健康や技能の習得も大事ですが、サイエンズスクールで主眼に置いているのは、人間性の成長、すなわち「心」と「知性」の成長です。誰でもが生涯を通して、心と知性を培い育て、豊かな人生を送ることを目指しています。(スクールHPより抜粋)

見るその最初の入り口でもある「サイエンズセミナー」が、7月5日~10日で開催されました。サイエンズを体験する6日間。安心に包まれた中で人が発揮されてくる、自然と溶け合っていく…

また、以下に、ベーシックコース「自分を見るためのコース」に参加した方の感想を紹介します。(スクール事務局ブログよりより)
サイエンズ | - | -