恵共同体・アズワン物語〈0〉「感動の涙」

韓国恵共同体81人と過ごした2泊3日は、私たちに多くの恵みをもたらしてくれました。改めてそのことを振り返ってみることで、それが何だったのかを検証してみたい気持ちです。そこでそのプロセスを一つの物語として綴ってみました。何かのヒントや問いかけになればと思います。(文:いわた)



プロローグ「感動の涙」

恵共同体の人たちと過ごしたのは、たった2泊3日だったが、別れる時は涙が溢れた。別れの悲しみではない。あふれてくる感動だった。この涙はいったい何だったのか? 

私達は思わぬ出会いに感動する。心と心が触れ合ったとき。共にに共感し溶け合ったとき。

たぶん、そんな出会いだった。求めているものをお互いの中に発見できたことの喜びや嬉しさ。as one 一つであることを感じたこと。

私達は、私達が作り出している様々なフィクションの中で暮らしている。
国家も法律も貨幣も文化も、また、権利や義務というルールも。
そのことに縛られていることもあるが、言葉や文化の壁を超えて、人と人という実際(objective reality)の中では同じ人なのだ。そういう人と人の心の出会いがあったんじゃないか。

フィクションをフィクションと気づけば、人と人の壁はなくなるのではないか。

つづく
来訪・滞在 > アズワン鈴鹿ツアー | - | -