ようこそサンマウル高校のみなさま

 5月26日午後、サンマウル高のユン校長と1カ月後に退任される先生ご夫婦、寄宿舎の先生、事務の人7名の一行がアズワンコミュニテイを訪れました。
サンマウル高一行
左から
 李 在恩 イ・チエウン      学校事務
 朴 賢美 パク・ヒョンミ     女子寮先生
 姜 龍浩 カン・ヨンホ      男子寮先生
 黄 敬鎮 フアン・ギョンジュン  1カ月後に退任される先生
 閔 英玉 ミン・リョウホウ    奥さま
 邢 京宇 ヒヨン・キョンウ    学校事務     
 尹 玲邵 ユン・ヨンソ      サンマウル高校長さん
茶室
 SCSに着いた一行は、先ず茶室”清鈴庵”でお茶の接待を受けながら、自己紹介などする。和菓子をいただきながら、和やかなひととき。

 サンマウル高サイエンズスクール案内.jpg
サイエンズスクールが、この地域にあることの意義や、どんなことをしているか事務局の竹本美代子さんが案内した。

サンマウル高はたけ公園.jpg 
 はたけ公園案内のとき、雨がぱらついてきた。小林耕一くんから、「ここは、今はじまったばかりだけど、コミュニテイづくりといっしょに作物も育てていきたい」と説明があった。


 サンマウル高研修所夕食フルコース.jpg
 宿泊はサイエンズスクール研修所。
 この日の夕食フルコースを紹介します。
  ・帆立貝のカルパッチョ
  ・蕗の煮物・竹の子の煮物
  ・トマトと玉ねぎのサラダ・ポテトサラダ
  ・揚げ春巻き
  ・茶碗蒸し
  ・豆ご飯
  ・デザート イチゴのムース・手製ドーナッツ

 春巻きは揚げたてが運ばれ、茶碗蒸しも豆ご飯も温かいとき食べることができました。

サンマウル高・再会.jpg
 デザートタイムのころ、この3月にサマウル高に短期留学したさゆり、みか、げんきがやってきました。再会の喜び、彼らはあっという間にその場の人になっていました。

サンマウル高 あきらめないで通じ合う.jpg
 ユン校長がさゆりちゃんの話に聞き入っています。いつもは笑顔の校長さん、このときは真剣な面持ち。さゆりちゃんは、日本語、ハングル、英語の三カ国語で話している。さゆりちゃんが「ああ、もうこれ以上つたえられない」と言うと、ユン校長は「大丈夫、3つの言葉で聞き取ることができる」と
あきらめなかった。さゆりちゃんは、もういちど韓国へ行きたいけど、難しいと」と思っている。

 <サンマウル高校との交流のいきさつ>
 韓国江華島のユー・サンヨン(柳相湧)さんのツテで、おなじく江華島にある フリースクール、サンマウル高校の理事さん、校長さん、ご父兄、在校生の一行6名を受け入れたのが、昨年12月初めだった。
 その時は、ゲストハウスに泊まり、翌日はSCS、おふくろさん弁当、ミッキーミート、はたけ公園、中井宅、本山照子宅、研修所など、やや駆け足で見てまわった。
 ユン・ヨンソ校長は、その日のうちに、鈴鹿の高校生をサンマウル高校で受け入れたい、サンマウル高の在校生もこのコミュニテイに送りだしたいと言い出した。「やりましょう」と小野雅司さんが応えた。
『韓国サンマウル高校より視察団』の記事

 3月23日から10日間、さゆり、げんき、みか、まいこがサンマウル高校に短期留学をした。そのときの様子は、アズワンコミュニテイのHPで紹介された。
『韓国サンマウル高校へ短期留学』の記事
 「サンマウル高校生のアズワンコミュニテイの留学は、来年2月ごろになります」とユン校長と言っていました。
来訪・滞在 | - | trackbacks (0)

Trackbacks