本当にやりたいことって? ~探訪DAY感想~

12月10日~11日、神戸から探訪DAYにやってきた神戸シェアハウス「和楽居(わらい)」ご一行さま。その様子をブログで紹介していただきました。どうぞご覧ください。

アズワン鈴鹿コミュニティ探訪記1
 「お話会」~「おふくろさん弁当にて前半」


アズワン鈴鹿コミュニティ探訪記2
 「おふくろさん弁当 社長係 龍さんのお話」~「本当にやりたいことって?」



●また、12月3~4日の探訪DAYにやってきた京都の大学生Yagi Tomohiroさんの感想を以下に紹介します。(彼のFacebookより抜粋)

鈴鹿のアズワンコミュニティに行った。
米田 量さんがブログで書いているのを読んで、前から興味を持っていた。
1泊2日の探訪DAYというものに参加し、アズワンコミュニティがどういうものでできているかを紹介された。
採れたての野菜でつくった家庭料理がおいしかった。野菜はお土産までもらった。
色んな人に会ったけど、全然緊張しないでいられた。案内してくれた人たちが、「やりたいからやっている」と言っていたが、そのためだろう。したいことだけをして、経済や生活を成り立たせているからすごい。「おふくろさん弁当」という、コミュニティとつながりがあるお弁当の会社は、働き方やお給料を話し合いで決めることができるからすごい。
一番はっとさせられたのは、お金にしばられないことを、多くの人が大切にしていることだった。何かをしようとするとき、私たちの思考はお金が前提になっているから、いくらお金をもらうか、ということを考えてしまう。でも、何かをするとき、お金をもらわずにやってもいいのだ。家族の間ではお金のやり取りがないが、それを身近な人々にも延長すればいい。例えば、ぼくにできそうなことでいえば、ご近所さんの子どもの勉強で質問に答えるとか、ご老人の世帯で手の届かないところを掃除するとか、ちょっとしたことをして喜んでもらえるなら、別にお金なんていらない気がする。お金が介在しないと責任もいらないし楽だ。自分はなんてお金にとらわれていたんだろう…と、反省した。
来訪・滞在 | - | -

「SUZUKA FARM」2016年を振り返って

アズワン鈴鹿コミュニティのビジネス部門「SUZUKA FARM」の2016年。
自分たちで作った野菜やお米をコミュニティの人達に食べて欲しいなーと始まったSUZUKA FARM。でも、おいしい野菜たちが育ち収穫できることは大事ですが、一番大事なのはなんだろう?
義務も責任もない、「何もしなくてもよいし、してもよい」というベースに戻って検べていくと…。さてどんなSUZUKA FARMへ進化していったのでしょうか? Akoさんのレポートにより、3回シリーズで紹介していきます。

「SUZUKA FARM」2016年を振り返って その1


「SUZUKA FARM」2016年を振り返って その2


「SUZUKA FARM」2016年を振り返って その3
ビジネス | - | -

「SUZUKA FARM」2016年を振り返って その3

「SUZUKA FARM 2016」その3は、6月~12月の様子です。
おいしい野菜がたくさんできることは大事、でも一番大事なのはなんだろう?
義務も責任もない、「何もしなくてもよいし、してもよい」というベースに戻って調べていくと…。どんなSUZUKA FARMへ進化していったのかな?

ビジネス | - | -

「SUZUKA FARM」2016年を振り返って その2

「SUZUKA FARM 2016」その2は、1月~5月の様子をどうぞ!

冬の野菜は何といってもブロッコリー、毎日出荷していきます。
10月初めに採れはじめて年を越して2月ごろまで続きます。
ブロッコリー2万粒、カリフラワー1万3千粒分です。

写真はファームのCEO稲ちゃん。初収穫のブロッコリーを掲げて嬉しそう。
でも人が大好きな稲ちゃんは収穫の合間に近隣農家の人とおしゃべりを楽しんでいます。

ビジネス | - | -

「SUZUKA FARM」2016年を振り返って その1

さて2016年もそろそろ大詰め、アズワン鈴鹿コミュニティのこの一年はどんなだったかな?。一つずつ振り返ってみたいと思います。
トップバッターは、コミュニティのビジネス部門「SUZUKA FARM」です。
Akoさんのレポートにより、3回シリーズで紹介していきます。

ビジネス | - | -

なにもないところから、ゼロからやりたい。

12月10日~11日、コミュニティ探訪DAYが開催され、神戸と京都から12名の方が参加されました。10月初めの「お話し会」で出会った人達が「みんなでアズワンを見に行こう」とやってきて、次はみんなで「アズワンセミナーをやろう」となりました。5月の連休のセミナー開催へ向けてスタートです。誰もが願う争いや責め合うことがない社会に向けて、まずは神戸の足下から!



以下、写真と参加した方々の感想を一部抜粋して紹介します。
来訪・滞在 | - | -

朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)

「死んだとき、どうする?どうしたい?」
つい先日、お葬式がありました。そのできごとから、、、
コミュニティで暮らすシニアの暮らし「理想の暮らしを語る会」の一コマをどうぞ!
(Miyatiさんのブログ「かたつむり・つれずれ」より抜粋)
  ↓ ↓ ↓
「朔風払葉」


・・・・・
「老い方や死んでいくいき方はその人ならで、高齢者といってひと括りにはできないよねえ。一人ひとりの個性があるわけだし、家族や親しい人もいる」

「安心して、老いていける、死んでいける、ということが大事だよね」

「そうだよなあ。高齢者については、イベントやったり、施設を作ったり、ハード面の支援のフローチャートはあるけど、それが一人ひとりの気持ちを受け止められているかどうか」

「現場でやっている身近な人から、実際を聞くと、精一杯やっていて、頭が下がる」

「そういう直接、ケアにかかわる人が、ゆとりがあるかどうかというのもあるかな」

「地域として、老年期から、介護が必要になり、死んでいくというプロセスで、どれだけ一人ひとりの人生が大事にされているか、そこからのお付き合いがお互いできるようになっているか」

「けっこう、田舎ではお互いに見合っていける付き合いというものがあるよね。地域医療にかかわる人が、都市のなかに田舎をつくったらと提言しているね。それを鈴鹿のある医師に話したら、街のなかで、難しいと言っていた。そこ、もっと、研究したいな」
・・・・・
暮らし | - | -

みんなでつながろう!すずかの「輪」

今日は、鈴鹿市の市民活動フェスタ2016に参加させてもらいました。
「鈴鹿カルチャーステーション(SCS)」、「オープンコミュニティハウス」、「理想の暮らしを語る会」、「未来の里山プロジェクト」、「はたけへ行こうはたけで食べよう」の5部門がパネル展示し、活動紹介ビデオを上映したりしながら交流しました。



お福ちゃんとかりんちゃん
各地への広がり | - | -

気を遣わない間柄だからこそ・・・

今回は、コミュニティオフィスのYagiさんにプチインタビュー。
アズワン鈴鹿コミュニティのEnjoyグループでは、「シェアカー」を今年5月からスタートしましたが、Yagiさんは、その窓口をしています。

「隔てがなくなってきているから今みたいな感じでやれているんじゃないかな。
隔てある人の間でやっても、ギスギスして気を遣ったりするだろうなー。ガソリン使ったからどうしようか?とか、大変なんじゃないかと思う。
そういう気遣いが一切ないから、車を調整したりするのも楽だよな。今はスマホがあるから、出かけているときでも調整できるしな。」
と話し始めるYagiさん、なんだか愉しそうです。
現在、シェアカーは約10台、「私のを使って~」という人達の車です。車が好き…とか、自分用に乗りたいという人は、その人用として使っています。ワゴン車など大きい車を使いたいという時は、その持ち主に声をかけて乗れるように調整しています。
暮らし | - | -

「おふくろさん弁当」が三重テレビで放送されました。

12月5日、「おふくろさん弁当」が三重テレビ「とってもワクドキ」で放送されました。
撮影当日は、「今からテレビ撮影があるよー」と15分位前にお知らせされたそうです。飾らないそのままの雰囲気をどうぞ!



ビジネス | - | -