80歳の桜描く80歳の作品に感動

今日はアートスクール講師をしているIwata氏のつぶやきを紹介します。
鈴鹿市美術展の日本画部門・主任審査員をやって感じたことがあり、投稿したそうです。朝日新聞11月16日朝刊「声 Voice」に掲載されました。




文化・教育・環境 | - | -

求めるものは人間らしい暮らし

11月11日(土)~12日(日)、コミュニティ探訪DAY開催されました。

その様子を参観案内したItikawaさんのfacebookより抜粋し、紹介します。
九州.愛知.関東と各地から3人の若い女性と赤ちゃん、そのじいちゃんとおばあちゃん、といっても僕と同い年ですが、探訪DAYに来られました。 1泊2日、一緒に過ごして、それぞれの人が培ってきた人生とこころで、この鈴鹿コミュニティを見ていかれたんだと思います。同世代の3人が一緒になり、求めるものはやはり人間らしい暮らしのようで、「これからもお付き合いしたいな。」「また来たいなぁ」と言って帰っていかれました。

来訪・滞在 | - | -

家族を超えた大きな家族のお母さん スペース「JOY」Mammyの声

ここで暮らしている人達に、時々プチインタビューをしようと思っています。イモちゃんのおしゃべりレポートという感じ、今回はスペース「JOY」のMammyをしているJちゃんです。「大きな家の台所と在庫をまかしてもらっている」と言うJちゃんは、ほぼ毎日買い物に行っているそうです。現在JOYを使っている人たちは87名、「それだけの買い物って大変じゃない?」と聞くと、「楽しいよー!」と返ってきました。

暮らし | - | -

へだてなき世界へ

今日は、10月29日に鈴鹿カルチャーステーションで開催された「やさしい社会国際フォーラム2016」に参加したMiyatiさんのレポートをお届けします。
フォーラムが終わって、家路につきながら、湧いてきたこと。

願っている人たちが手と手を取り合って、豊かな地球、意見や考えが違っても相争わなくてもいい、知性を伸ばし合える人間社会が足下から現れてくる時代をつくっていきたいなあ、というもの。

やれるところから、ちょっとやそっとで壊れない実態をつくっていけば、一見遠回りのようだけど、そこから現れてくると確信しています。

「世界中のみんなで幸せになろう」
  ↓ ↓ ↓

「へだてなき世界へ」
各地への広がり | - | -

新しい社会での、新しい暮らし方、生き方の実験

今日は、先日紹介したEnjoyグループでやっているMさんのブログより、アズワン鈴鹿コミュニティで暮らしていて・・・を紹介したいと思います。

暮らし | - | -

Enjoyの暮らしって?

アズワン鈴鹿コミュニティ鈴鹿には、「ENJOY」という大きな家族のようなグループがあります。この土日、そのメンバーが寄ってミーティングをしました。今日は日曜日に参加したイモちゃんの視点から、簡単にレポートしたいと思います。

・Enjoyの暮らしって?
・どんなスタイルなんだろう?
・ふだんの暮しで感じていることもあるけれど、Enjoyが目指している暮らしは?

enjoy

体調崩して寝込んでいたんだけど、復活してJOYへ行ったら、「どう?大丈夫?」と声かけられた。自分のことを知っていてくれるのが、今はうれしいな~

韓国へ4人で旅行へ行った時、お財布一つだったなぁ。
使いたい時に、「お土産買いたいからちょうだい」と言ってそこからもらった。

今度、市営住宅からこの近くのアパートに引っ越してくることになった。
家賃高くなるけど、やっぱ人の近くがいいなと思って…。

以前、「マンションから市営住宅へ引っ越します。」と言ったら、だれも反対されなかった。その時の、反対されないことがなんだか印象に残っている。

暮らしのほとんどをやってもらってるなー。

何かするでも、だれかリーダーがいてその人が仕切って動くって感じじゃない。みんなで作る感じ? 「こういうことしたいと思ってるけど、だれか協力してくれる人いませんか~?」と発信すると、やりたい人がやりたいだけやってくれる。
などという意見で始まりました。いろいろ出し合う中、サイエンズ研究所のパンフレットにある「自由意志調和型社会」という資料を読みながら、みなで検討してみました。

自由意志って? 調和って?

「相談」ってどういう感じ?
決まったことを言うのじゃなくて、その間のことを言う・・・。

「安心」がベースだな

「Enjoy」だから「楽しむ」ってことじゃない!?
などなど、いな&いなコンビの掛け合い漫才?あり、何やっても楽しいらしいというyoshidaさんの話あり、「Enjoy」の暮らしをみなで探っていきました。
暮らし | - | -

お母さんたちの韓国観光交流旅行

10月24日~27日、アズワン鈴鹿コミュニティで暮らすお母さん3人が韓国へ行ってきました。子育ても一段落、職場からも「楽しんできてね~」と送り出してもらっての旅。韓国料理、名所巡り、そしてたくさんの人達と触れ合った四日間でした。
お腹も心も満腹! 韓国満喫!
交流(人のつながり)は、人と人の輪(和)、そんなことを思った観光旅行でした。


(北朝鮮をバックに)

その様子を写真でどうぞ~
各地への広がり | - | -

NVCの水城ゆうさんとサイエンズ研究所の小野さんがYouTubeで対談

東京国立市にて、NVC(共感的コミュニケーション)や様々な活動をされている水城ゆうさんと、サイエンズ研究所の小野雅司さんが、YouTubeで対談しました。

水城さんのFacebookから紹介します。
今日は午前中からアズワンの小野さんが国立に来られて、たくさん話をさせていただきました。
半ズボンではなかったけど、半袖でした(笑)。 ついでにYouTube対談番組を収録して、さっくりとアップ。
アズワンという希望のコミュニティについて、持続可能社会について、そしてそれを支えるコミュニケーション・シフトについて、たっぷりと語りあっています。 昼は春野さんや野々宮も参加して、ランチ。
生パスタを作ってみました。
キノコのクリームソース、オクラと玉ねぎのスープ。
そのあと藤田さんも来られて、夢のある話で盛りあがりました。
小野さんは年内からブラジルに出張するらしいけど、来年帰国されてからいろいろと楽しくなりそうです。
Youtubeでの動画は以下からどうぞ!
各地への広がり | - | -

「やさしい社会国際フォーラム」全国各地で開催中~

GEN-Japan主催の「やさしい社会国際フォーラム」が、各地で開催されています。先週は九州で「アズワン鈴鹿コミュニティの試み」も紹介させてもらいました。
来週25日(火)は、神奈川県と東京で、そして29日(土)は、ここ鈴鹿カルチャーステーションで「自分達で創る自分達の持続可能な社会 」を開催します。

以下、九州での様子をアズワンネットワークブログより紹介します。

「福岡「結い村」にて、やさしい社会国際フォーラム」


「福岡の循環生活研究所で交流しました」


「九州大学西新プラザで、やさしい社会国際フォーラム」
各地への広がり | - | -

SUZUKA FARM 10月便り

今日は、ブロッコリー収穫や冬野菜の準備が始まった、SUZUKA FARM 10月の様子を写真でどうぞ!


(毎度お馴染みCEOのいなちゃん&サイエンズ留学中のYukoさん)

ブロッコリー畑は鈴鹿に点在し、全部合わせて3町歩になるそうです。
ひろーい!
ビジネス | - | -