腹が立つのは何でだろう?

腹が立って当たり前? 
妻への「苛立ち」や「怒り」をなんとかしたいと思いアズワンセミナーに参加した男性がいます。探究が進むにつれて次第にそのメカニズムが見えてきたそうです。そして、気づいたことが――
7月のセミナーに参加したその男性の感想を紹介します。




◆俺を怒らせやがって!

参加の目的は「怒り」について知るために来ました。
結婚して共に生活するようになってから妻へのイライラが頻発して、そしてなかなか収まらなくなっていました。

このセミナーで探究していくと、自分の考えの思い込みやキメツケが原因じゃないかということに行きつきました。
それまでは妻のせいだと思っていました。妻の言動が悪い、反応が遅い、妻が空気読めない、俺がこんなに頑張っているのに、何もしない。
我慢しているのは、いつも自分だ! など、怒りを全部妻のせいにしてきました。

自分の怒りポイントは、わかっていました。毎回、状況は変われど、ポイントはおなじでした。それも妻へ説明しました。
にもかかわらず、また同じポイントで俺を怒らせやがって!!と思っていました。そのポイントは自分は、こういう風に考えているので、妻にも同じように
して欲しいというものでした。

◆怒って当然!

自分は、お前に対して、これだけやってるのだから、お前も同じようにしてくれとか、俺はこんだけ努力してるから、お前も同じように努力してくれとか、
俺はこんだけ、我慢してるから、お前も我慢しろとか、
妻にも自分と同じレベルを求める。
そのレベルに達してなかったら、イラっとして怒りが出てくる。
怒って当然だとも思っていました。
初日の「嫌い」って何だろう?
2日目の腹が立つって何だだろう?
って問いは、深堀りすればするだけ、ああでもない、こうでもないと、考えがまとまらず、わからなくなりました。ただ、わかる事は相手が悪いという事、相手に非があり、自分が正しいと決めつけていた事です。

3日目のテーマに沿って、深堀りしました。
そこでも自分の考えに執着している自分がいました。
キメツケている自分がいました。
そうだと思い込んでいる自分がいました。
次のテーマでも同じでした。決めつけている自分、そうだと思い込んでいる自分がそこにもいたのです。

◆思い込み?キメツケ?

「怒り」もそうなじゃないか? その瞬間、ふに落ちました。
腹が立つのは何でだろう? 思い込みだ!!自分の考えが正しいという思い込み。相手はこうだというキメツケ、そこから、離れられない自分がいました。
キメツケや思い込みでがんじがらめになって、思考停止しているということに気づきました。

他のテーマでも自分の考えの中にキメツケや思い込みがかなり入り込んでいました。そこを探究すると、自分の考えの中に世の常識、誰かの考え、ルール、価値観が入り込んで、本来の自分の考えとは違うものさしで判断している事があるという事に気づきました。
その一つ一つを一回ゼロにもどして、一つ一つ探究しなおして、本来の自分の考えを新しく作り直すことが、これから、もっと楽に生きれる、楽しく生きれる、イキイキ、ワクワクして生きれることにつながると確信しました。(長崎県・男性)

セミナー終了後、男性に聞いてみました。
「怒りはなくなりましたか?」と。
すると、また、怒ったときに、自分を調べられると思う。
だから、チャンスにしたい。
何で怒ったのか、その都度調べていくうちに、だんだんなくなっていくんじゃないかな、これからが楽しみです。
とスッキリしていました。(Iwata)


アズワンセミナー | - | -