「自分を大事にすること変わること」辻信一さんのお話


辻さんのお話も4回目(最終回)です。記者としては意外な展開になりました。会場にいたセブンゼネレーションの代表をつとめるヒロさんの質問からです。

「最後に示された、ローカリゼーションの流れをどう作っていったらいいか、既にあるその流れが社会に影響を及ぼしていくには、どこからアプローチできるのか考えています。辻先生は、こういう思いの人たちが、どうつながり、どこに力を合わせて社会を変えていくのか、世界を変えていくのか、その一番最初のポイントはどこだとお考えでしょうか?」

自分を大切にすること

ヒロさんの切実な問いかけに辻さんも誠実にこたえます。

「今の質問に、完璧な答えはありません。僕には実際ない。僕も同じように悶々と考えてきた一人です。でも、一つ言っておきたい、とても大事なことはですね、“自分を大切にする”ってことだと思うんです。僕は若い時からいろんな運動に身を投じた。時には、心も暴力的になったこともあります。人に敵対するエネルギーに駆られた時もある。今思うのは、この世の中を思いやったり、社会を思いやったり、他の人について思いやったり、未来について思いやったりする、そういう自分を育てるってことに、僕らはあまりにも無関心だったんじゃないかと思うんです。自分を育てたり、自分を大切にするってことは、実は、そう簡単なことではありません。
社会を変革するって言うと、自分がすでに完成形で、そこから世の中をいい方向に変えてやろう、導いてやろうと思いがちで、自分はカッコの中に入ってるんじゃないかな。


各地への広がり | - | trackbacks (0)

「ラダック・懐かしい未来」 辻信一さんのお話



人類は、より豊かに、快適に、幸福に、と発展してきましたが、同時に自ら作ったルールや社会が肥大化し、暴走しているのでしょうか。そのシステムの中で一人一人が息苦しさを感じながらも、スピードを止められないでいます。時間に追い立てられ、仲間や隣人と争い、自分を守ることに必死です。
これを緩める手立てはあるのでしょうか。その知恵とは?
そのアプローチが、ローカリゼーションへの道だと辻さんは明言します。
その前にもう少しグローバリゼーションの問題点を明らかにしておきましょう。

時間戦争による被害

辻さんによれば「問題は時間だ」と指摘します。
「今の経済学で一番大事なのは効率化なんです。同じものを作るのに、より短い時間で作るってことです。つまり、時間なんです。ミヒャエル・エンデの『モモ』は時間についての哲学書ですね。彼は“第三次世界大戦が始まっている。それは時間の戦争だ”と言っている。自然の時間と社会の時間がぶつかり合う。社会の時間がどんどん加速するので、自然の時間をそのまま許しておけない。自然を見て腹を立てる。何でもっと速く実が生らない。だから一瞬で加速させようとする。遺伝子組み換えをしちゃう。社会時間と経済時間もぶつかりあう。社会時間は、家族の団らんや友達との時間。経済が時間を加速させる。そんな暇があったら働け!って。ぼくら生き物です。人間時間を生きなきゃ。それを経済時間に追いまくられたら病気になりますよ。みんな同じマインドセットをもってて、おかしいって誰もいえない。裸の王様状態です。」(辻さん)

シューマッハが指摘する4つの戦争も同様です。経済が引き起こす国どうしの戦争。自然を破壊する戦争。隣人をライバル視し敵として争う人どうしの戦争。未来世代から豊かさを奪う戦争。経済はこうした争いを引き起こし、平和を破壊しているのです。
パックスロマーナから続く、パックスアメリカーナ、その次は、パックスエコノミカルです。経済支配のもとの平和です。経済に支配されている限りにおいて安定しているだけなのです。このような経済のグローバル化によって人や自然や未来が失われているのです。そこを、ローカリゼーションによって取り戻そうという運動が辻さんの本旨でもあります。




スロー・スモール・ローカルでいこう

ローカリゼーションへのアプローチ――
ヘレナ・ノバーク・ホッジの『ラダック・懐かしい未来』の話へ。
ラダックの美しい自然やドラマチックな風景がスクリーンに映し出されます。
「月面」と呼ばれる景観。風と同時に歌う脱穀風景。はためくカラフルな祈祷旗。どこか懐かしいと感じるのは、元々人はこんな場所で暮らしていたからかもしれません。ここにはまだ、かつての人の暮らしが残っているようです。
おそらく、ラダックの人たちに出会い、共に過ごしたら、マインドセットから抜け出せるかもしれない、と感じました。何を当たり前にしているのか。何を大切に生きているのか。そのものに出会えるような…。



「歌を歌うから風が起こるのか、風が起こるから口笛を吹くのかわかない。(一緒に行った)学生たちも感動した。歌と共に風がはじまっているって言うんですよ。風が実と殻を分けていく。こんなに楽し気に歌を歌いながらやっている。これが機械化されるって聞いたときに、学生の一人が叫んだ。“あー歌がなくなっちゃう”。経済学者が聞いたらなんて言うでしょうね。」(辻さん)
各地への広がり | - | trackbacks (0)

ガイアエデュケーション第2回が開催されました

4月から始まったガイアエデュケーションの第2回が、5月19日から21日まで、アズワン鈴鹿コミュニティを会場として開催されました。
第2回の講師は、文化人類学者でナマケモノ倶楽部などの活動家でもある辻信一さんでした。2日目の午後から、滋賀や愛知などからも参加して、「幸せの経済ーローカリゼーションや地域再生の意義」についての公開講座が開かれました。辻さんの熱意と見識の広さと深いところからの問いかけに、多くの参加者が気付かされ、勇気づけられるお話でした。その後は、非公開でのガイアエデュケーションのメンバーと交流会が持たれました。

ガイアエデュケーション第2回では、第1回に引き続いて、コミュニティづくりや社会づくりのベースについて学びました。その中でも重要な課題である話し合いについて、「話し合うとは」とか「聴き合うとは」というテーマでじっくりと探っていきました。また、スタディツアーでは、鈴鹿コミュニティの「コミュニティオフィス」や「スペースJOY」を案内してもらいました。
各地への広がり | - | trackbacks (0)

セミナー終えて、本心で安心して暮らせる仲間づくりへ

5月23日(火)、神戸市垂水のシェアハウス和楽居にて、アズワンセミナー体験報告会がありました。神戸方面やつながる人たちで、去年の秋以降すでに15名近くの方が、セミナーに参加しています。その後の自分自身や周りの変化なども語り合われて、改めて本心で安心して暮らせるようになっていくことの大きさが感じられたようです。


北川さんのFacebookから紹介します。
昨日は、アズワンセミナー報告会で神戸シェアハウス和楽居へ。
昨年の秋以来4回目で、行くたびにつながりの深まりを感じます。今月のアズワンセミナーに、この和楽居で出会った人たちが11名参加されたのが、何と言っても大きいです。その後の一人一人の話も聞かせてもらって、とてもうれしい時間でした。
夜にかけては、美味しいカレーを食べてから、関心を持たれている人も入って、アズワンミーティングをやってみました。写真は、その最後に撮ったものです。
お世話してもらっている宇佐見さんのFacebookからも紹介します。
昨日(5/23)14-17時で、アズワンセミナーの体験報告会をしました。5/2-7にアズワンセミナーに参加した6名と以前に参加した1名の体験を語り、未参加の方からの質問や感想を受けて、豊かな時間になりました。アズワン鈴鹿から北川道雄さんがお越し下さいました。
参加した人の感想:
・イライラに振り回されなくなった。
・どういうことにイライラしているかを書き出してみたら、原因が相手でなく自分にあることがわかり、これまでずーっとイライラしていたのに、イライラがなくなった。
・しなければならないという発想がなくなった。毎日変わったなと思う。
・素直になった。
各地への広がり | - | trackbacks (0)

「ローカル イズ ビューティフル」 辻信一さんのお話


私たちの日常は“経済”という枠の中で無意識にも暮らしています。どこかで、おカネの心配をしていたり。将来の不安を抱えていたり。そうした原因はどこから来ているのでしょう? 辻さんは、20世紀を代表する経済学者カール・ポランニーを取り上げて解説します。18世紀以降、経済システムはホップ・ステップ・ジャンプと3段階で“制約”から離陸していくというお話です。

マインドセットされている私たち

「資本主義の中に生きていると資本主義的なことが当たり前だと思ってしまう。それをマインドセットと言う。心にガッチと枠が嵌められた状態。これをアインシュタインがこう言ってる。『ある問題を引き起こしたのと、同じマインドセットでその問題を解決することは出来ない。』わかりますか?
何かの思い込みがその問題を引き起こしているわけです。解決しようとしても同じ思い込みのままでは解決できない。僕らのこの時代のマインドセットって何でしょう? 一つは経済成長です。環境が壊れた。福祉におカネがいる。もっと経済成長すれば環境にも福祉にもおカネがいくだろう。こういう発想しか出来ない。
ポランニーは、資本主義以前の社会では、『経済は社会の中に埋め込まれていた』と表現する。それが今は、『社会が経済の中に埋め込まれている』。何をするのにも、全て経済優先。子どもの教育も自分の健康も、結婚、老後も経済からしか考えられない状態。僕らの人生は経済の中に埋め込まれてしまった。
これは人類の歴史から見たら本当に異常事態です。ただの思い込みに過ぎない。そこから僕たち自身を解放することなしに、何一つ解決することは出来ない。」

「ポランニーは、資本主義的なマインドセットを抜け出すために、資本主義以前の社会を研究した。人類の歴史から、経済を相対化してみていく。元々の経済、元々のコミュニティは、互酬性だった。顔と顔が見える関係。生産量が分かり、分かち合っていた。量にも制約があったが、それを不自由だとは感じなかっただろう。
ところが今は、お互いの顔が見えない、制約がみえない。その結果が環境破壊です。
経済は、コミュニティから離陸し、次に自然的制約から離陸し、3段階目には、物でさえなくなってしまった。」(と辻さん)

マインドセットから抜け出すには、“絶対”としていることを“相対化”することだそうです。私たちは日常会話で、絶対こうだ、と使っていますが、絶対と言えることってあるでしょうか? おカネの価値は絶対でしょうか? そのおカネの話に入っていきます。

バーチャルなおカネ
「みなさんおカネって何ですか? 不思議なものです。どこで誰がつくっているんでしょうか。意外と知られてないんですよ。」
と話では、5%ほどが実際に作られた紙幣や貨幣で、95%は何ら物質的裏打ちもないバーチャル状態だとか。そのおカネが世界を高速で飛び回っているそうです。バーチャルだとしたら、どこにあるんでしょうか? 世界?幻想?頭の中? ますますわからなくなってしまいます。

続いて、イギリスの経済学者で『スモールイズビューティフル』の著者、シューマッハを取り上げました。進歩、成長とは一つの信仰であるという話。技術は、より大きく、より多く、より速くという方向に発展しています。その結果が過剰社会となった。そこで辻さんは、スロー・スモール・シンプルの3つのSを掲げ、「人間の身の丈にあった大きさに立ち戻ろうよ」と呼びかけます。

各地への広がり | - | trackbacks (0)

「ローカル イズ ビューティフル」 辻信一さんの話


第2回ガイアエデュケーションの公開講座が5月20日、鈴鹿カルチャーステーションで開かれました。講師は辻信一さん。明治学院大学教授で文化人類学者。スローライフを提唱する著名な環境運動家です。メディアにも度々登場する辻さん。会場も満席となり注目度も抜群で迎えました。記者ももちろん興味津々です。

昨晩は、横浜で落語を披露したとか。辻さんの創作落語で、如何に難しいものだったか、そんな話題で始まりました。そう切り出すくらいですから、講演の方もテンポがいい。グングンと引きこんでいく。2時間があっと言う間。そして中身が濃い〜、どこを切っても、面白い。その全部を紹介したくなります。紙面の制約もWEB上なのでありませんが、あえて、そのほんの一部だけ、記者の主観も入り交えてお伝えします。

講演タイトルは、「いよいよローカルの時代、“Local is Beautiful”」。いま世界は、イギリスのEU離脱やトランプ現象など、いっそう混沌としてきました。しかし、この流れは、グローバリゼーションからローカリゼーションへの変わり目だと言います。この現状を歴史的、学術的な見地から読み解き、ローカル化への道を解説してくれました。

IMG_5220 (2)s.jpg
各地への広がり | - | trackbacks (0)

一緒に「やさしい社会」を! 岸浪龍さん九州ツアー終了

おふくろさん弁当社長係の岸浪龍さんの山口・九州の旅が終了しました。
6日間の九州ツアーでは、新宮町での講演会の後、直方の結い村でセミナーがありました。そして、17日は、別府温泉にて小倉ロータリークラブでの講演がありました。その後再び新宮町に戻って、少人数での探究会でした。ここには、長崎などから参加された方たちもいました。
どの会場でも、おふくろさん弁当への関心の高さが感じられ、岸浪龍さんの話をぜひ聞いてみたいという人が、遠くは宮崎などからも来られたようです。「本当に安心して、本心のままに働きたい」という、誰もが願っていることが実現してきているおふくろさん弁当が、九州でもますます注目を集めそうです。
一連の動きを、龍さんのFacebookから紹介します。

再び福岡県新宮へ(^O^)九州ツアー6日目です。
「本当に安心して話し合える」って、どういうことだろう??
本当は「通じ合いたい」「聴き合いたい」そうならない原因は?
そんなことを、新宮の集まった皆さんと、楽しく面白く探りました。
これからも繋がって、一緒に「やさしい社会」を。


各地への広がり | - | trackbacks (0)

「生きやすい風通しのいい社会に」〜アズワンお話会@谷町空庭・大阪


最近、ゆめのたね放送局の番組「こっからパーマカルチャー」にアズワンの話題が紹介されています。今度は、アズワン鈴鹿コミュニティの小野雅司さんが招かれて、先日その収録をしてきました。番組パーソナリティのMAYAさんと、どんなトークがあったのか、放送日が待ち遠しい!
収録後の夜は「谷町空庭」さんにて小野さんを囲んでの「アズワンお話会」が開かれた模様。熱気ムンムンの会になったようです。その様子をMAYAさんがレポートしてくれています。ご覧ください。

各地への広がり | - | trackbacks (0)

人を大切にするから、力も発揮され会社も繁栄する



ゆめのたね放送局の番組「こっからパーマカルチャー」に2週に渡っておふくろさん弁当の会社が紹介されました。5月16日は、社員のサッキーこと崎久保祐子さんが登場し、社内の日常を伝えています。
社長係の岸浪龍さんは、「命令がない、上司がいない、責めない、縛らない会社」と言ってますが、実際に働いている社員さんはどんな気持ちなのでしょう? サッキーがインタビューに応えます。
(以下、放送内容をザックリ掲載しました。龍=社長係の岸浪龍さん。MAYA=番組パーソナリティのMAYAさん。サッキー=崎久保祐子です)



どんな感じ?って聞いてもらえる会社
各地への広がり | - | trackbacks (0)

岸浪龍さんのセミナーin結い村、感動のうちに終了!

九州ツアー中のおふくろさん弁当社長係の岸浪龍さん、16日(火)は、直方市の結い村でした。この結い村に新しく移転オープンした「えこわいず村」とおふくろさん弁当は、社員同士の交流もあるなど2年前より深いつながりがあります。今回は、そういうつながりの中で、ぜひおふくろさん弁当の話を聞いてみたいと遠く宮崎などからも参加してくれました。

おふくろさん弁当のひ・み・つ
in結い村

遠くは長崎県や宮崎県、山口県からも、お話しを聞きに来てくださったり、Facebookにシェアしてくださったりと、たくさんの皆さんに見守られて、無事に終えることができました〜o(^o^)o

本当にありがとうございました‼️
また、鈴鹿にも遊びに来てくださ〜い(^_^)v



各地への広がり | - | trackbacks (0)