社会を創る一人として出発!〜9月度アズワンセミナー



9月16日から21日まで、9月度のアズワンセミナーが開催されました。
ブラジルからアズワン留学中の若者や九州・東京からの参加者で行われました。人や社会の本来のものを、「ゼロから実際はどうか」と探究した6日間。「争いのない幸せな世界」を創っていこうという活動がアズワンネットワーク活動です。自分の立場で、自分の本心からの行為・行動が「一つの世界」(アズワン)の点となり、点が結ばれて線となり、面となって、世界を創っていくことになるのでは…。
そのスタート地点がアズワンセミナーの機会です。
21日、セミナー参加者は、「本心で生きられる社会」を創る一人として各地へと出発していきました。感想を紹介します。


幸せに生きられる社会を創る一人となりたい

探究会って‥
一つの答えを出すことはないし、終わりがないから的外れかもと一瞬思うことも遠慮なく出し合える。探究会が緊張せず、遠慮なく、楽しく、面白い。もっと探っていきたいというのを味わった。一日があっという間に感じた。
サイエンズ | - | trackbacks (0)

「もっと本心で繋がっていきたい」アズワン筑豊の小鶴さん



「人との関係性をもっと本心で繋がっていきたい!」
そんな思いでアズワンネットワーク筑豊の窓口を務める小鶴厚子さん。
毎月2回、アズワンに触れたことのある仲間で検討会を開いている。また年2回、1泊の合宿を企画して、サイエンズ研究所の人も招いて検討会を開催している。
今回、サイエンズスクールの『人生を知るためのコース』に参加し、その帰り際に、筑豊での活動の様子や、その元になる願いを伺った。

サイエンズやアズワンに触れた人たちが自分の場所で何がやれるのか、それが周囲にどんな変化を与えるのか、アズワンネットワークの願う「争いのない幸せな世界」にどう近づいていけるのか、その可能性を取材できればという思いからだ。

表面的な問題はないが…

厚子さんは夫との二人暮らし。ヨガ教室も開ている。周りには仲の良い友達がいて、いろんな活動やアクションを起こしている。夫婦仲が悪いわけではないし、何かしようというときに集まる仲間もいる。
「表面的には何も問題はないですが、もっと本音で、本心で繋がっていきたいって思う」

各地への広がり | - | trackbacks (0)

世界の平和を願う「探訪DAY」

commnity_ver1s.jpg
9月最初の土日に、アズワン鈴鹿コミュニティの「探訪DAY」がありました。訪れたHさんが、その感想を自身のフェイスブックに載せています。
その内容から、私たちの本当の願いが通じたように感じました。
「分かち合い、助け合いの世界にならないと人類は生きていけない…、
 心からみんなが平和を願い行動するそんな未来が来てほしい」
と書かれています。これはHさん自身の心からの願いだろうと思います。

そんな気持ちが周囲に広がっていくことは私たちも願っていることです。
掲載の了承を頂いたので、ここに紹介します。(いわた記)

規則も命令も上司も責任もない会社

三重県鈴鹿にあるアズワンコミュニティと言うところへ泊まりで見学に行っていました。
鈴鹿コミュニティ > 探訪Day参加者の声 | - | trackbacks (0)

ドイツで、初めてアズワン鈴鹿コミュニティを紹介しました

GEN(グローバル・エコビレッジ・ネットワーク)日本代表で、アズワン鈴鹿コミュニティの片山弘子さんが、9月2日からドイツを訪ねています。長年にわたり交流のある、エクハルト・ハーン博士の招きによるものです。
ドイツ到着後すぐに、シーベン‐リンデンというエコビレッジにて、アズワン鈴鹿コミュニティの試みが紹介されました。ドイツにおいて、初めてのアズワンを知らせる活動がスタートしています。

弘子さんのFacebookから紹介します。

Now I am in Sieben Linden in the northern German with prof.Hahn, Last night I gave some information and lecture on GEN-Japan's activities and As-One Network Suzuka Community, in this beautiful place.

私は今、ハーン博士と一緒に北ドイツのシーベンーリンデンにいます。昨夜、この美しい場所で、GEN-Japanの活動とアズワンネットワーク鈴鹿コミュニティについて、情報提供と講演をしました。



国際情報 | - | trackbacks (0)

延長してもらいたいほど楽しかったアズワンセミナー

7月15日から20日で、サイエンズスクールJapan主催のアズワンセミナーが開かれた。
参加者の一人竹中正剛(41歳)さんにアズワンセミナーの感想をインタビューした。
竹中さんはアズワン鈴鹿コミュニティに、サイエンズスクールのコース参加のため6月30日から2か月にわたって家族で滞在している。
竹中さんは福岡県福岡市在住で自然食品店に勤務している。

IMG_9757.jpg
自分のやりたいことを求め続けて

「前もって言っときますけど僕しゃべらないですよ」
そんな前置きで始まったインタビューだった。
というのも竹中さんは子供時代からあまり社交的ではなく、考えることは好きだったけど、人と会話することはあまり好きではなかった。
大学では理系的な発想が好きで、物作りがしたいと機械科を専攻した。
ダクトや配管など設備の設計施工の会社に就職するも、四年半勤めて、急に人とかかわりたくなり作業療法士がいいと考えて資格をとるために会社を辞める。夜間学校に通うが自分がやりたいのは整体師だと思い民間の整体師の資格をとる。
そのころ奥さんの高子さんと結婚して、自宅の2階で奥さんはネットショップ、1階で竹中さんが整体をという生活が始まる。
奥さんの扱っていた商品は大手ネットショップで1位になるほどの売り上げだったが、大手メイカーが参入してきて価格競争が激しくなり仕事とプライベートのオンオフがない生活に。これでは体が持たないと現在の自然食品の会社に入る。
そこで、環境とか持続可能な社会という世界と深くかかわるようになる。

「どうしたら人と人がケンカにならない関係になるだろうかといろいろ考えているうちに、アズワンに出会った。最初は敬遠してたけど、よくよく聞くと自分のやりたいことだと思って関心を寄せるようになったんです」

鈴鹿に行きたくても仕事が忙しい。しかし先に奥さんは今年の3月にアズワンセミナーを受講して「すごく良かった」とニコニコして帰ってきた。
- | - | trackbacks (0)

アズワンネットワークニュースvol.12



暑い夏もそろそろ終わりですね。空を見上げれば、秋の雲が浮かんでいます。
今月は鈴鹿だけではなく、韓国でもアズワンセミナーが開催されました。9月にはブラジルでも開催予定です。
次の社会へ向けてまさに熱い風が吹きはじめたようです。
争いのない、幸せな世界に向けてのアズワンネットワークニュース9月号をお届けします。



◆アズワンセミナーで世界観が転換
ほんの5,600年前は地球が宇宙の中心で、宇宙の方が動いているというのが「当たり前」でした。今でも人間の感覚では太陽や月は地球の周りをまわっているように感じます。当時「地球の方が回ってる」なんて言ったら、「えーっ。何言ってるの?そんな『当たり前』のこと知らないの!」と言われたでしょう。
この「当たり前」としていることの正体ってなんでしょうか?「当たり前」としていることには普段そのことについて考えもしないでしょう。「当たり前」だから。そこに焦点を当ててみんなで探っていくと、何が見えてくるのでしょうか?


「ゼロからの探究」8月度アズワンセミナー
韓国アズワンセミナー〈前編〉「踊るように辿り着いた世界」
韓国アズワンセミナー〈後編〉「最終日に流した涙は…」
延長してもらいたいほど楽しかったアズワンセミナー


◆ドイツでモデルプロジェクトとしてアズワンが紹介される
毎年のようにアズワンを訪れているドイツのエクハルト・ハーン氏(ドルトムント大学教授)が自身のホームページで、アズワン鈴鹿コミュニティをモデルプロジェクトとして取り上げています。また、GEN-Japan(Global Ecovillage Network)代表の片山弘子さんも9月はじめにドイツを訪問。ハーン氏と共に、アズワン鈴鹿コミュニティを紹介する講演を行います。


ドイツで、モデルプロジェクトとして紹介される!


◆コミュニティにふれる中で、本心が動き出す
今月も多くの人がアズワン鈴鹿コミュニティに探訪DAYや交流に訪れました。
韓国のオルタナティブスクールのサンマウル高校との交流は今年で8年目。
新しい社会づくりの実験的試みに、来た人の心が動かされるようです。


コミュニティ探訪で見えてきた自分のこれから
若い感性がふれたもの 交流したサンマウル高校生
高齢者住宅づくり×コミュニティづくりを探る探訪DAY

◆人として成長していく楽しさ
アズワンセミナー参加後、もっと自分、人生、社会の本質を探究してみたいという人がサイエンズスクールの各種コースに参加しています。
サイエンズスクール事務局ブログでは、コース参加者の感想を紹介しています。


話し合えるようになるために
心の声を聴こう 内観コース
自分の成り立ちを知ろう 自分を知るためのコース


◆シニアの理想の生き方を考える
アズワン鈴鹿コミュニティのメンバーが運営する「理想の暮らしを語る会」主催の講演会が開かれました。
自分らしく老い、最期まで自分らしく、生きられる地域社会を目指しての活動です。


人生、最期まで自分らしく生きるために


◆各地での一歩
四国初のアズワンお話会、高知にて開催
大阪で「働く人が幸せになる会社づくりセミナー」開催

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー *******
「ゼロからの探究会」
☆アズワンミーティング@アズワンネットワーク東京
●9月24(日) 連絡先:080-5503-3015(城石)

探訪DAY「アズワン鈴鹿コミュニティを訪ねてみませんか!」
●9月 2日(土)〜 3日(日)
●9月 9日(金)〜10日(日)
●9月23日(土)〜24日(日)
●9月30日(土)〜10月1日(日)

アズワンセミナー「わたしらしく生きるために」
●9月16日(土)〜9月21日(木)
●10月7日(土)〜10月12日(木)
●11月18日(土)〜11月23日(木)

**************************************************
☆アズワン鈴鹿コミュニティでの教育プログラム
【第10期】持続可能な社会づくりカレッジ
●第1回 9月22日(金)〜24日(日)
●第2回 10月20日(金)〜22日(日)
●第3回 11月24日(金)〜26日(日)
☆【第7回】経営カレッジ
●10月13日(金)〜15日(日)
**************************************************

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0828 三重県鈴鹿市阿古曽町14-28 SCS内
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | trackbacks (0)

韓国アズワンセミナー〈後編〉「最終日に流した涙は…」



8月20日から韓国で開催されたアズワンセミナーに参加したキム・ジョンヒョンさん(30代、男性)が、後日フェイスブックにアップしたレポートです。
6月にアズワン鈴鹿コミュニティを訪れ、そこでの体験もセミナーにつながったよう。社会づくりへ湧き上がる想いを綴っています。



人類が一緒に歩んできた道のりに触れたような…
   キム・ジョンヒョン(30代、男、6月の探訪団)
国際情報 | - | trackbacks (0)

延長してもらいたいほど楽しかったアズワンセミナー

7月15日から20日で、サイエンズスクールJapan主催のアズワンセミナーが開かれた。
参加者の一人竹中正剛(41歳)さんにアズワンセミナーの感想をインタビューした。
竹中さんはアズワン鈴鹿コミュニティに、サイエンズスクールのコース参加のため6月30日から2か月にわたって家族で滞在している。
竹中さんは福岡県福岡市在住で自然食品店に勤務している。

IMG_9757.jpg
自分のやりたいことを求め続けて

「前もって言っときますけど僕しゃべらないですよ」
そんな前置きで始まったインタビューだった。
というのも竹中さんは子供時代からあまり社交的ではなく、考えることは好きだったけど、人と会話することはあまり好きではなかった。
大学では理系的な発想が好きで、物作りがしたいと機械科を専攻した。
ダクトや配管など設備の設計施工の会社に就職するも、四年半勤めて、急に人とかかわりたくなり作業療法士がいいと考えて資格をとるために会社を辞める。夜間学校に通うが自分がやりたいのは整体師だと思い民間の整体師の資格をとる。
そのころ奥さんの高子さんと結婚して、自宅の2階で奥さんはネットショップ、1階で竹中さんが整体をという生活が始まる。
奥さんの扱っていた商品は大手ネットショップで1位になるほどの売り上げだったが、大手メイカーが参入してきて価格競争が激しくなり仕事とプライベートのオンオフがない生活に。これでは体が持たないと現在の自然食品の会社に入る。
そこで、環境とか持続可能な社会という世界と深くかかわるようになる。

「どうしたら人と人がケンカにならない関係になるだろうかといろいろ考えているうちに、アズワンに出会った。最初は敬遠してたけど、よくよく聞くと自分のやりたいことだと思って関心を寄せるようになったんです」

鈴鹿に行きたくても仕事が忙しい。しかし先に奥さんは今年の3月にアズワンセミナーを受講して「すごく良かった」とニコニコして帰ってきた。
サイエンズ | - | trackbacks (0)

韓国アズワンセミナー開催〈前編〉 「踊るように話し合ってたどり着いた世界」



8月20日から25日まで、韓国・カンファドで「アズワンセミナー」が開催されました。今年1月の開催以来2回目です。韓国の若者たちが集い、人や社会の本来の姿をゼロから探究した5泊6日。日本からもスタッフで、アズワン鈴鹿コミュニティの岸浪龍さんが参加しました。

参加者のレポートを2つ紹介します。
自分が見たり聞いたりしたことを「実際のことだ」としていたが実は勘違い?と気づき、そこから探究して見えてきた世界が描かれています。
自分の本当の願いやその世界を実感したようです。ソン・ヨシオさんの感想からどうぞ。(もう一つは明日公開)



たどり着いた「穏やかでやさしく生きる世界」
            ソン・ヨンオ(40代、女、ウドンサ)
国際情報 | - | trackbacks (0)

コミュニティ探訪で見えてきた自分のこれから


「街のはたけ公園」を散策(「探訪DAY」)

どうしたら安心して生きていけるのか

「新しい社会を創ろう」とする試みが、ここ鈴鹿で日々進んでいます。訪れる人たちも、そこに触れて何か希望を感じたり、あるいは、自分の方向性を見つけたり、と、それぞれの人生にとっての何かのキッカケになっているようです。

そんなアズワン鈴鹿コミュニティに触れる「探訪DAY」が8月26日から28日であり、今回は4人の方が訪れました。
東京であった辻信一さん(文化人類学者)のお話会でアズワンのことを聞いて来たという女性。7月に京都で開かれた「おふくろさん弁当」の講演会を聞いて参加した2人。そしてネットで「おふくろさん弁当」の本を見つけて読んで来たという男性。

それぞれに会社や職場で、何かしら疑問や問題意識を持ちながら、なんとかしたいと考えていました。

「今の職場環境が苦しく、上司も責任も無いフラットな関係のこの鈴鹿コミュニティが気になり探訪に来ました」
「人間らしい、本当に幸せで、安心して生きていけるような生活をどうすれば送れるのか、学んでみたかった」
「実際に、地域コミュニティがどのように運営されているのか、見てみたかった」
といった動機です。

探訪DAYでは、コミュニティの現場を見学しながら、そこの人たちの話を聞きます。

そして、コミュニティで実際に行われている、「話し合い」を体験します。
アズワンならではの「話し合い」と言っていいでしょう。その中で、考えたり、調べたり、自分を振り返ってみることで、自分のことが少しだけ見えてくるようです。
鈴鹿コミュニティ > 探訪Day参加者の声 | - | trackbacks (0)