【アズワンセミナー ブラジルと日本同時開催!】

1月アズワンセミナーが、ブラジルと日本で同日程で開催されました!
271715606_1741522459390686_5699841608609516073_n.jpg
271776997_1741522489390683_1090879970812032930_n.jpg
【参加者の感想から】
アズワンセミナーの感想(20代男性)                      
生命の川

直観に従って生きてきた。この人だ。この場所だ。と。
それでよかったと思っている。そうするしかなかったし。それが一番楽しかった。それが自分らしいなとも思う。

セミナーを通じてじぶんらしさみたいなものが見えた気がする。いろいろな問いがあって、いろんな感情があったけど、どの答えも自分らしかった。参加者のみんなも、みんな、どうしようもなく自分らしくて、嬉しかった。どうがんばっても。どんなにこねくり回しても自分らしいなって。
おもしろかった。

あっという間だったな。もっとここにいたいな。もっと好きになりたいし。もっともっと安心したいし。ゆるみたい。つぎはどんなみんなに会えるんだろう。どんな自分にあえるんだろう。どんな景色がみれるかな。って。
このままいこう。

そうだ。
このまま。
やってみよう。いってみよう。

そしたらもっと好きになる。そしたらもっと楽しくなる。
いつもどおりの直観と、立ち現れる本心をいだいて。

それでいい。それでいい。ただそれだけで。ほんとにそれだけでいいんだ。
ここにいるとそう思える。そう思いたい、自分に会える。
僕らはすぐに不安になる。すぐに固くなる。そうなりたいなんてほんとは思ってないのに。

でもね、そう思っても大丈夫。みんなが聞いてくれるし。そしたらまた自分にあえる。

ここにいたら大丈夫だ。どこまでも。どこまでも。とうとうと流れていける。どこまでも。

生命の川
いのちの川だ。
そうか。

だからか。
ゆるんで。さかなになって。川になる。

世界はこんなにうつくしい。
直観にしたがって生きてきた。本心はいつも見守ってくれていた。

ああ。
なんて人間ってはかりしれない。
- | -

10月アズワンセミナーに参加してみて 理沙子さん編

10月10日から開催された【アズワンセミナー】参加した今村理沙子さんが、セミナー終了後のに感想をシェアしてくれました。

大学4年生の彼女は何を想い、アズワンセミナーに参加してみようと思ったのか、参加して感じたことなどを話してくれました。

「めちゃくちゃ楽しい、ワンダフルな1週間でした!」と語る理沙子さん。
その中でも特に印象的だったことを、話してくれました。



10月【アズワンセミナー】の様子は、こちらから
【アズワンセミナー】の詳細・申し込みは、こちらから
66292.jpg
- | -

10月アズワンセミナーに参加してみて 王野君編

10月10日から開催された【アズワンセミナー】参加した王野太一君が、セミナー終了後のに感想をシェアしてくれました。

なぜ、アズワンセミナーに参加してみようと思ったのか、参加して感じたことなどを、素直な言葉で話してくれました。

「次の社会のビジョンが見えてきた。一緒に作りましょう!」と語る彼には、どんな世界が見えてきたのでしょうか。



10月【アズワンセミナー】の様子は、こちらから
【アズワンセミナー】の詳細・申し込みは、こちらから
66230.jpg
- | -

笑って泣いて発見して衝撃を受けて、優しい気持ちになるワンダフルな一週間

【笑って泣いて発見して衝撃を受けて、優しい気持ちになる、本当にワンダフルな一週間 アズワンセミナー】
66230.jpg
10月10日(日)~10月16日(土)で、アズワンセミナーが開催されました。
どんなセミナーだったのでしょうか。

参加者の感想から、垣間見てみましょう!

アズワンセミナーに参加して 

笑って泣いて発見して衝撃を受けて、優しい気持ちになる、本当にワンダフルな一週間でした。

セミナーを進めていくにつれて、「嫌い」とか「被害者意識」とか「怒り」とか、いうものの根拠や原因が、全部自分の中にある、記憶や経験がら来たものなのだということを感じていきました。

ある出来事、事柄として思い込んでいることを、【実際に起こったこと】と【自分の中で起きたこと】、に分類してみてみると、激しい怒りや悲しみや被害者意識のようなものがどこかに行って、自分のピュアな願いのようなもの、「ほんとはどうこうして欲しかったな」という思いが見えてきて、絡まって黒くなっていたわだかまりの糸のようなものが解けていくのを感じました!

これは本当に衝撃だったし、自分で【実際に起こったこと】と【自分の中で起きたこと】をホワイトボードに書いて、その出来事を俯瞰して見たときに、なんともその分類された姿が滑稽で、けらけら笑えてきて、「なーんだ、今までずっと忙しく自分の頭の中で自分劇場を繰り広げて、怒ったりわめいたり抗ったりしてきたんだ!(笑)」と、何かが一気にはじけて、パーンと軽くなった感じがありました。
(20代女性)

66289.jpg

今回のセミナーを振り返ってみると、なかなか思い出せない様な感覚がある。あまりの衝撃に記憶が飛んでいるのか、自分が堅く握り締めていた思い込みとともに何処かに行ってしまったのか。

すぐに思い浮かぶのは、ずっと笑っていたこと、幸せに溺れる様な感覚になったこと、自分の思い込みや固定観念が「ぺろりん♪」と剥がれたこと。「バリバリ!」や「ベリベリ!」ではなく「ぺろりん♪」。「剥がされた」というよりは、大きなポスターが風に吹かれて自然とめくれる様な感覚だ。

日々の中で人と話をしている時、お互いの主張が食い違って硬直状態に陥ることは珍しくない。フラットな視点を持った第三者が聞いていると、両者の視点の違いや価値観の違いによる意見の相違に過ぎず、「どちらが間違っている訳でもない」ことが多いのかもしれない。

この様な状況を今回のセミナーでは「実際に起きたこと」と「頭の中で起きたこと」に分けて考えた。この二つを分けて書いてみると面白いほどに、「実際に起きたこと」が少ない。普段、いかに自分が自分の感情や捉え方、価値観をさも事実かの様に思っているかという事が浮き立った様だった。
更に面白いのは、事実として記した内容にも自分の感情や視点が表れているということだった。

途端に、周りにある物や人の言葉、文字などが意味を為さなくなり見える物全て繋がっている様な感覚に陥った。机の上にある「コップという名前」も、「コップとしての機能」も全て人間が与えているに過ぎず、もはや机との境もよく分からない。時間をかけて過去の記憶と結びつければ、「名前は出てくるけど、何のためにあるんだ?」と言った始末。

時計を見ても、細い線が回転している不思議な物体にどこかで見た様な模様が散りばめられているだけで何のことかさっぱり分からない。当然「遅い時間」も「早い時間」もないことに気が付いた・・・・・
(20代男性)

66292.jpg

率直に楽しい、嬉しい、有意義な時間だったなーと感じている。

印象に残った点としては“ひとつである”もの観方

参加者の若いこの話で、とってもユニークだったのが、お菓子の #マーブル といった発想だった。

自分の捉え方としては元々同じだった処から発生しているものが、あるタイミングで分断されていて、あたかも見た目的には別の模様とか、色とか味とかになってはいるが、元をたどっていったら、それって元々みんな一緒のものからできているんでしょう~

この身体も、もしかしたら、マーブルが創られる仕組みとたいして変わらないないんじゃない、人間も見た目には個々別々と捉えていうけど・・
水も空気も、動物も鳥も、魚ももういろんなものが太古からグチャグチャにいりまじって
様々な影響しあって今の物ができている感じが、このお菓子の マーブルという
表現に ぴたー と合わさった瞬間だった。
ひとつのもの ≒ マーブル(概ね) 

この社会の成り立ちや背景を探っていくと、自分ひとりでは気付きにくいけど
今回のように、みんなと一緒に検討、観察していくと・・
世界は、不思議に満ち溢れている・・・(自分の内面も含めて)
まだまだ、ありそうだが・・
朝から夜遅くまで、みんなと笑いころげている日々
こんなに笑っている、検討会、セミナーはとても 衝撃的だった。
(50代男性)
66138.jpg

次の社会への道筋がハッキリと見えた、そんな1週間でした。
今までは、理想はあっても難しいと思っていたけれども「この道なら実現できる」と、喜びが心の芯から湧き上がってくるのを感じます。

そして、一緒に歩む人たちがたくさんいる。きっと実現できるはず。
一緒にやりましょう!
- | -

9月 【アズワンセミナー】が開催されました

2021年9月の【アズワンセミナー】が開催されました。
64456.jpg
<参加者の感想を一部紹介します>
【ヒトについての興味・関心】
特に関心を持ったのは自分自身の思考回路や心の反応です。
自分で「本心は○○だ」と見つけたような気になっても「本当にそうかな」「どうしてそう思っただろう」と2回、3回と繰り返すうちにどんどん本当の本当の本心に近づいていく感覚。
障子にプスッと穴をあける感覚のようで面白い。
本心は深く深く、今の自分とは少し遠いところにあるように思っていたけど、案外近いところにあるような気がした。みんなが本心と素直につながれたら、世界はもっとシンプルで、もっと単純になるのではないかと想像した。

【経験・知識からの予測とフィクション】
夢や希望を持つことをプレッシャーととらえたり、意見の食い違いを対立ととらえて争ったり、利益や目的に気をとられて自分の感覚や願いに気づかなかったり。
今まで苦しいと思っていた要素は実は経験や知識から自分で作り出したフィクションだったり考え方の癖であることに気づくとずいぶんと気楽な世界が広がっていると思う。(10代女性)



とっても心地良い一週間でした。 M君の声をみんなで静かに待っている間、みんなの気持ちが彼に向いていて、なんだか心が一つになっているような優しい感覚がしました。みんなが心から彼の幸せを願ってる感じ。 最初は自分の内側についてもっと探究したい気持ちでいっぱいだったけど、一週間みんなで過ごすうちにみんなと一緒にいられるのが楽しくて、自分の気持ちが満たされる関係、仲間の存在っていうところに心が惹かれていきました。(40代女性)

64330.jpg

10月の【アズワンセミナー】は、10月10日(日)から開催します。
アズワンセミナー開催日程や詳細はこちらから
- | -

アズワンセミナー開催【ホントのホントの本心は】

56181.jpg

7月度アズワンセミナー開催【ホントのホントの本心は】
7月19日~7月25日まで、アズワンセミナーが開催されました。

「ねばならない」「こうするべきだ」それが人間の考えであることを知ると、その奥にある【私のホントの本心】が見えてくる。

子供のころには知っていた、やさしい簡単な道を思い出す、そんな体験。


<<↓参加者の感想を紹介します↓>>

レポートを書く!と思うと心より頭に偏りそうなので、あえてここは体裁など考えず、日記のように心のままに書き連ねてみたいと思います。
≪感覚をそのままにかくと・・・・≫

「外国に住むと、世界観が変わる」
とよく言いますがそれくらい、いやそれ以上の、このアズワンセミナーに参加させてもらったことで世界観が変わりました。
いや、世界観が変わったなんてものじゃない。
「運命の人はこの人だ!」
「ずっと探し求めていたものは、これだ」
という感覚くらい(笑)

≪自分の内からずっと探し求めていたもの・出会いたかったもの≫  
とようやくここで繋がることができたような、簡単に言葉にはできない、真実、喜び、幸せ、生きる感覚、安心、肯定感・・・・色々なもの  
ありとあらゆる求めいていた全てのものがここで出会えたように思います。
≪実際・自分の心≫
「自分はどう生きたいのだろう??」  「誰といたいのだろう???」
そんなことが、最近特に中々掴めずぐるぐる回っていました。
(今も掴もうと探求中な感じではありますが。。。)

ここにきてまず、
自分は「ねばならない」ということが自分の考えになってしまっていることが、とても多くあったり、そのことで自分を責めたり・社会を責めたりしてしまっていることが多かったのかもしれないということに気がつきました。

「○○したい」「○○しなくちゃ」になりかけてることあるなぁ。。とか
すごく評価を気にしていたんだなぁ。。
そのことが苦しかったんだなぁ。。。とか

でも、そういった評価・対立・縛りがない考え方や、本心やその人を大切にしあっている、大切にしてくれる、そして暖かい。楽しい。
アズワンスタッフの方や他のセミナー参加者の人の、心や関係性に触れると、鎧が取れていくように楽に、本来になっていける感覚があって、今まで感じたことがない種類の あたたかい涙が出そうでした。
気付いてなかったけど、きっと今の「社会の私」はしんどかったんだ。

こうなる人、鎧が鎧であると気づかずに、同じように苦しんでいる人って多いんだろうな。

しんどかったんだなぁ を吐き出すと、言葉にできない人や社会への安心感への喜びが代わりに沁みて来て
人に対する無理をしてないそのままの愛情? のような感覚がわいてきました・

今回の参加者、スタッフ1人1人がもうとても素敵に思えて、好きで好きで、そう思えることも幸せで、なにより、
思う存分優しくしたい
優しくしてもらたい。
このことが許される関係・社会があることに、私は本当に本当に本当に感動しました。。。
今でもまた あたたかい涙が出そうです。

そんな社会になってほしい。
そんな身の回りになってほしい。
そう思ってずっと生きて、活動していたと思います。

なんだか悩んでいたことがすごく悩んとでいたのに、ちっぽけにおもえてくる気させするほど
自分の求めていたものだという感覚が、今の自分を満たしていっている感じがします。
それが正直な今の私の気持ち。


今本当にしたいのは、安心できる関係の作り方を学んだり、実践したり、、、社会や自分をもっと知ったたり、プレゼントしたり、活動のことをがんばりたい。が強いのかも

また、セミナーやアカデミー生としてチェリッシュに参加させてもらいたい。。。
今の活動のことも見直したいし、活かしていきたい、その気持ちが今あるのが本音です。

そのことを彼や家族、職場の人にも大切な人だからこと、どきどきするけど、「そのまま今のままの気持ちとして」ただ、伝えてみたいなと思いました。
未来がどう開けてくるのか、まだ不安とわくわくはどちらもあるけれど、、、

「自分はどう生きたいのか?」という問いに対しては
ホントのホントのホントの・・・自分の気持ちが見えたこと、このことが今はとても嬉しいです。

ここから、全ての命の幸せが、内にも外にもさらに広がって満ちていきますように!
 (20代女性)

56021.jpg

このレポート書くときすでに「いいことかかなきゃ」とかあるなぁと思って。
でもそこを見ていくと、「構成がしっかりしていて、誤字脱字もなくて、えぇこと書いてある、ちゃんとしたレポート」を書かなきゃいけないな、読んだ人はどう思うかな。

みんなと比べてどうだろう。
大丈夫かな。 なんて思ってる。

なんでそんなことを? とまた掘ってみると、「ほめられたいのかな」「よく見られたいんだろうな」なんて気持ちも出てきて。

でも、そもそもなんで書いてるの? とかふつふつ考えていたら、最後はどうせ書くなら、思ったことそのまま書きたいな~なんていう「タイ」が釣れた。
で、そんなことをそのまま書いてみようって、あふれ出てくる涙を垂れ流しながら、書き始めてみた。

今までなら、きっと、「ほめられたいのかな」「よくみられたいのかな」なんてところで止まってしまっていて。
でも、ここにきてからは、その先にある「タイ」が釣れないかなとか思うようになって、探すようになった。

たぶんそこから、あるような気はしていたけど気に留めてなかった警戒心がとけはじめたのかもしれないな。

「人間関係距離感大事」って、意識の上ではあまり思ってなかったけど意識の下では思っていて、でもさらにその下では、自分はやっぱり親密さを望んでいたんだなって。

この言いようのない安心感と安堵感は今まで生きてきて、感じたことがなかったかもしれない。

それを感じることができて、それを欲してたことに気づいたことだけでも、かなりの大きさの「タイ」だな。

いつの間にか「べき」「なければならない」で凝り固まって、人を攻撃したり自分に対しても攻撃してしまって、そんな自分がまた嫌で苦しくて、そこからいろいろ本を読んで、だいぶ「べき・なければならない」は落としたと思っていたけど、まだまだ深いところで残っていて。

ここにきて、やっとそういうことねと理解が頭からお腹におりてきた感じ。
ひとりだけではやっぱりだめだな。
根底には人と人。 それに限るな。
 
「したい」「してあげたいな」だけで回る世界。 どんなだろう。
 今度は息子と戻ってきたいな。 どうかな。 興味湧くかな。 ちゃんときいてみよ。

で、また、見直してて思ったんだけど、みんなに「ありがとう」っていっぱい言いたくなったから、ここにも書いたんだけど、だいたいにおいて、やってもらったら「ありがとう」と言いなさいと言われて育ちがちだからか、行為をした側、してもらった側がどういう心持なのかほんとのところはわからなくて、「ありがとう」が空滑りしてる感じがして、とても違和感があったのだけど、ここでの生活は心からの「ありがとう」ばっかりやったなぁなんて思った。

したい、してあげたい、本物のありがとう、そんな世界、どんなだろうな。
ちょっとワクワクするな。

(40代女性)


56020.jpg

アズワンセミナーを受けて、世界、人類が本当に望んでいる、向かって行く方向が見えた気がする。

生きている中で、問題の根底にあるのは不安であるように思う。
お金がないことへの不安、心の底から安心・安全を感じられない人間関係、守らなければならない自分の価値観など・・・。 
 
そこに、お金がなくても生きていける、本音本心を出し合える、「ねばならない、こうあるべき」がなく、何でもよくて、それを自分、人に対して許すことができると、本当に、世界、人の問題はなくなって、心が温まる幸せな日々を送られるように思う。
 
今まで世の中や人に対して感じていた違和感が、間違ってなかったと思うと、本当にあきらめないでよかったという気持ちでいっぱいだ。

「本質の科学的探究」は、「どこまでも結論づけないこと」という考えをきいて、自分の、いつも結果や正義、答えにこだわる性格に苦しめられていたことにも気がついた。
 
気づいてあげるだけで、解放された。

これも、一人でいたら気がつかないし、本や情報だけでは、結局、自分の思考でしか判断できないので、人と話し合うことの大切さ、仲間のありがたさを実感することができた。頭で理解していても、心で感じることで初めて自分の実になった感覚になれた。これから生きて行く中で、セミナーで得たものを人々に広めていきたいと思う。
 
そして私自身も、探究、話し合いを続けていきたい。
(20代女性)
- | -

6月セミナーお話会を開催しました

2021-6-14.png

6月アズワンセミナーお話会を開催
「アズワンセミナーって、どんなことするの?」を、6/14(月)夜に、オンラインで開催しました。
【アズワンセミナー毎月開催】
アズワンセミナー開催日程や詳細はこちらから

毎月開催している「アズワンセミナー」、いったいどんなことをするんだろう?どんなスタイルのセミナーなの?

今月のお話会は、12日の世界ローカリゼーションDAY関連のイベントとしても紹介されました。そこで初めてアズワンのことを知ったという方たちも含めて、新しい参加者の方たちが多かったです。

アズワンセミナーの話し合いながら探究していくというスタイルについて、初めて触れる方たちにはピンと来ていない感じもありましたが、これまでに参加した人の体験談を聞いてもらうことで、少しづつ分かってもらえたように思います。特に、初めて出会う人たちの中でどこまで自分の内面を出せるか心配という方もおられましたが、セミナーが進むにつれて安心して話せるようになった実際の体験者の話を聞くことで、不安がなくなっていったようでした。

アズワンセミナーの説明会「アズワンセミナーって、どんなことするの?」オンラインは、毎月開催しています。

【アズワンセミナー毎月開催】
アズワンセミナー開催日程や詳細はこちらから
- | -

ブラジルで開催【アズワンセミナー】

5/30から6/5でブラジルで【アズワンセミナー】を開催しました。
195708575_865375904327207_5969530090721983727_n.jpg
本来の人の姿、本来の社会の姿を、1週間一緒に暮らしながら、探究してきました。次の社会への道筋が明るく見えてくる1週間でした。
196853314_235067574662964_7248561500908587643_n.jpg
5月は、韓国でもアズワンセミナーが開催されました。

アズワンセミナーは、本当の自分を知り、ホントに生きたい世界に出会うためのセミナーです。

ゼロの地点から全てを見直すことで、一切の縛り・束縛から解放され、人間らしい、自由で、楽しい生き方をスタートすることができます。
生きる目的がハッキリし、身近な人と何でも話し合えるようになり、悩みも不安もなく積極的に暮らせる道が見えてきます。
コミュニティづくり、会社づくり等のベースになる人間関係の核心が見えてきます。

誰もが人間らしく生きられる方式=サイエンズメソッドを体験できるセミナーです。

アズワンセミナーの詳細はここから
http://as-one.main.jp/HP/seminar.html
- | -

アズワンセミナーを体験しよう 次回7/19~7/25で開催します。

セミナースクリーンショット (16).png
毎月開催している「アズワンセミナー」。今日は、どんなセミナーなのか、少しだけ紹介したいと思います。

アズワンセミナーって何をするのでしょう
スクリーンショット (29).png

何のためのセミナーなの?
スクリーンショット (30).png

アズワンセミナーを通して、どうなっていきたいかな?誰とでも話し合える人に。
スクリーンショット (31).png

常識や経験も一度横に置いてみて、「本当はどうなんだろう?」とゼロから探究する機会
スクリーンショット (32).png

アズワンセミナーのカリキュラムは?
スクリーンショット (33).png

こんな感じで、車座になって皆で「本当はどうなんだろう?」と探究していきます。
スクリーンショット (34).png

<参加者の感想から>

楽に生きたい!

楽しさ喜びを分かち合いながら、自分と他者の境なく、共有しあいながら共存したい!
素直な子供のように純粋に甘えたい。 誰かの役にたちたい。

そんなヒントを掴み取れるのかも!と感じて、参加申し込みしました。

生きることへの自責の念、どこまでも果てしないような無力感、認めてもらいたい(私が私を認めてない裏返し)身体的、精神的含めて、自らの生きずらさを克服したくて模索し続ける中で、身の回りの環境や外側よりも内側に答えがあるように感じて。

参加してみて、ここで感じられた大きなことは、
普段の当たり前と勝手に決め付けて、疑いを持つこともなく過ごしてた、些細な事を、どうでもいいって決めつけないで。

常に、何でだろう?  

わたしはどう考えていた? そして目の前の人は、どう思っているのかな? と興味をもって聞いてみたり、そこでまたどう感じるのか? 
互いを知ろうとしたり、あらためて、そのことについて何でだろう? をくりかえしていくと、見えなかったことが 見えてきたり、みえなかったり、実際の解決策を探そうとする。

その行為を一人ではなくて、みなさんとする!!!ということで、自分がみえてきたり、自分が見えてこなかったり、期待しているものが見えなかったとしても、ミーティングを続ける中で、思ったまんまの言葉を感じたまんまの言葉を吐くこと、聞けることが、安心感にかわっていき、信頼が生まれる。そして、自然とだれかの新たな気づきが芽生えてきて、その体感を目にしているまわりにも、連鎖や一体感がうまれてしまうようなそんな7日間でした。

もっともっと探究して、このままこのメンバーとお話を重ねてみたいと思う。

私に心底必要だった安心感を 味わい 感じさせていただいたり、アズワンのミーティングというこの対話の素晴らしさを もっと深くこれからも知っていきたい。(40代女性)

【アズワンセミナー開催日程】
スクリーンショット (13).png
【アズワンセミナー毎月開催】
アズワンセミナー開催日程や詳細はこちらから
- | -

5月のアズワンセミナー説明会を開催しました

5月のアズワンセミナー説明会
「アズワンセミナーって、どんなことするの?」を、5/14(金)夜に、オンラインで開催しました。
【アズワンセミナー毎月開催】
アズワンセミナー開催日程や詳細はこちらから
43764.jpg
毎月開催している「アズワンセミナー」、いったいどんなことをするんだろう?どんなスタイルのセミナーなの?

そんな疑問にもお答えしながら、アズワンセミナーを紹介するオンラインイベント「アズワンセミナーって、どんなことするの?」

今回は、前回のオンライン説明会に参加して、5月のアズワンセミナーに実際に参加した方も、このオンラインイベントに参加してくれて、その体験を話してくれました。

今回初めて参加された方も、最近手がけ始めたコミュニティ作りや、色々な活動をする中で、人と人が対立したり話し合えなくなっていくことを経験しながら、「対立なく、人と人が本当に仲良く話し合っていける」そこを実現していく「サイエンズメソッド」を知ってみたいと、セミナーへの参加も検討してみたいと話されていました。

アズワンセミナーの説明会「アズワンセミナーって、どんなことするの?」オンラインは、毎月開催しています。


【アズワンセミナー開催日程】
スクリーンショット (13).png
【アズワンセミナー毎月開催】
アズワンセミナー開催日程や詳細はこちらから
- | -
1 2 3 4 5 >>