アズワンネットワークニュースvol.46 7月号

S__7733267.jpg
梅雨の明ける7月下旬まで、暑さに加えて長雨が続きます。一方で、主体的な人たちが共に生きることに目覚め、心の手をつなごうと、次の社会のベースづくりが着々と始まっています。
農場では、梅雨の晴れ間に土が乾くのを待って、夜明け前から一気にジャガイモの収穫が始まりました。トマトやキュウリ、なすびやオクラ、ウリやスイカも毎日ぐんぐん大きくなり、活力ある生命活動に目を見張らされます。
梅雨が明けると、海の日。ひと時も止まらぬ自然界に調和しながら、営々と続く人の行為の積み重ねの中に、日々生かされている豊かさ。太陽や水と戯れ、夕すずみをしながら語り合い、互いを愛で合える人の輪と時間を生み出していきたいです。

続きはこちらを⇒ アズワンネットワークニュース7月号
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.45 6月号

S__7389226.jpg
 燕(つばめ)が田んぼを低く飛ぶと、なぜか雨が降り始めるようです。軒先の巣で待つひな達に、虫を運んで頻繁に行き来しますが、なぜ人の家を選ぶのでしょう。入梅の優しい雨が田畑をうるおす頃、巣だけが残って家には静けさが戻ります。秋までどこで過ごすのか、燕には未知のことが多いようです。フィリピンからシベリアまでを飛ぶ鳥が、人の暮らしと隣り合わせで子育ての時を過ごします。
 私たち人間界は新ライフスタイルを励行中ですが、入梅という言葉が古く中国から伝わってきた様に、人も交流しながら社会を育み、育まれてきました。
 「燕来る家に福きたる」と言いつがれていますが、私たち人は本来の幸福に目を向けて、共に知っていく時を迎えたようです。

続きはこちらを⇒ アズワンネットワークニュース6月号
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.44 5月号

アズワンネットワークニュース5月号

一斉に田植えが始まっています。鈴鹿市の真ん中には田んぼが広がって、少し前まで代掻きや畔塗りにいそしむ姿がありました。今日、ふと気づくと、植わったばかりの幼い稲が一面に風に揺れていました。鈴鹿山脈からいったいどれだけの水がここに注ぎ込まれるのでしょう。昼間立ち働いた後、夕食後に田に行けば、田に映った無数の月と出会うこともできます。田毎の月(たごとのつき)と呼んで、浮世絵にも、連れだって風情を楽しんでいた様子が描かれているほどです。
今ここに受けるだけ受けて、どれだけのモノやコトが今ここから生まれていくのかーー有るものを組み合わせ、生かし生かされている私たち。この舞台に有るものが、どこまでそのまま見えるようになっていけるでしょう。全貌は知る由もない、広大な世界に生きていることに、改めて気づかされます。

続きはこちらから→ https://mailchi.mp/3b118b6ad53e/news-vol44-hp

S__7094323.jpg
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.43 4月号

誰がいつから始めてくれたことでしょう、川沿いの土手や、人の行きかう道沿いに、桜並木が当たり前のように用意されています。毎年この季節になると、誰でも行きかうことができ、花を見上げながら互いに喜びあっています。

生命がいっせいに動き出す春ですが、新型ウイルスをきっかけに、これからを見直そうとする動きも始まりました。この環境で世界的に感染していることで、私たちが国境も人種も、経済や文化の違いも超えて、すべてひとつに繋がっていることがよりクッキリと見えてきます。お金があるから出来ると思っていたことが、実は人と人が繋がっているから生産も流通も成り立ってきた、その実際に気づき始めた人も多いようです。

今まで当たり前としてきた豊かさの質を見直し、等身大の私たち自身を知っていく機会です。自然と調和した、誰もが安心して満たされていくようなコミュニティを、それぞれが主体的に取り戻していく、新しい流れを創り出していきたいです。
チェリッシュ2.jpg

◆アズワンセミナー
3月度(3月15日~21日)の参加者感想から
3月セミナー写真600.jpg
千葉、岡山、奈良、三重から参加者を迎えて開催されました。
岡山からの参加者、中山真生(30代女性)さんは
「探究していくと、残るのは本当にシンプルな気持ちだった。世界で起こっている様々な課題も本当はすごくシンプルなことかもしれないと思ったーー。そうやって自分を知っていくことや人を知っていくこと、そして仲間が欲しいかな。その人たちと本心でつながって、やっぱりみんなが幸せな世界がいいなあと心から思う。」

NVCや東京アーバンパーマカルチャーの活動をするソーヤー海さんは、
「普通の街の中で、違う世界観・価値観を体現しているのを見て、彼らの取り組みの核となる部分が知りたかった。
「アズワン」や「SCIENZ」って聞くと、なぜか「怪しい」って感じてしまうのは僕だけだろうか?ちょっと警戒心もありながらアズワンで出会う人がみんなやさしく誠実な感じがするから飛び込んでみたくなったが、それは、ただ表面を見てもそれを理解したり再現できそうになかったから、自分がセミナーを受けて、その核は何なのかを理解したかったーーー」
詳細は⇒ 東京アーバンパーマカルチャーのブログへ。

続きはこちらから→ https://mailchi.mp/0c0f2a642c5d/news-vol43-6832265
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.42 3月号

つくしの無料写真600-200.jpg
 今日は雲が鈴鹿山脈を覆うように低く渦巻きながら流れてきます。日本海を渡った大陸からの北風が、琵琶湖を超えて鈴鹿の町に冷気を吹き降ろします。思わず首をすくめて早足になってしまいますが、日差しはぽかぽかと足元に暖かさも・・・。枯草の間からフキノトウが芽吹き、土中ではそろそろカエルや蛇たちも動き出していることでしょう。
 今月は、知り合いの生き生きと変化した様子から、また、人と人とのつながりの中から関心を呼び興されて鈴鹿ツアーやアズワンセミナーに参加してきた人が続きました。各地と鈴鹿コミュニティの、それぞれ自由な活動の様子を紹介したいと思います。

20200221-梅花見_200228_0009.jpg
梅見 アカデミーの学生たち。彼らの一人一人の「今」がある。それぞれの心に焦点をあてて、その成長を見守る。「人が成長する」とは本来どういうものだろうか
http://www.scienz-school.org/blog/academy/

全文はこちらから→ https://mailchi.mp/fb6034876137/news-6785449
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.41 2月号

2月600-200.jpg
もうすぐ立春ですね、みなさんお元気ですか。
待ち望まれた雪が各地で降り始めました。一刻一刻、地球上におきる変化と一つで、切れ目のない命の営みが粛々と展開されていきます。日本には立春の前に柊や柊鰯を飾ったり、節分で鬼退治の風習があります。いずれも不安や怖れの一切ない、喜びの中に日々を生きようとする願いの現れでしょう。

202001-スイス チューリッヒ湖-1.jpg
その願いを夢で終わらせないで実現したい人たちが、鈴鹿やスイス、ブラジルで開催された、アズワンセミナーやサイエンズスクールに参集しました。また実際のコミュニティに触れたい人たちがアズワン鈴鹿ツアーに集い、コミュニティの人たちと交流していきました。
台湾では初めてお話会が開催されるなど、ひと月の間に100人を超える人たちが、新しい可能性に向けて動き始めています。鈴鹿コミュニティの日々の様子と合わせて、新年からの動きを紹介します。

全文はこちらから→ https://mailchi.mp/eb0be8c1c92a/news-6212833
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.40 2020年新年号

初日の出450-150.jpg
あけましておめでとうございます!
皆さんにはどんなお正月をお過ごしですか。

さて今年は、アズワンネットワーク活動がスタートして20年を迎えます。
広大な宇宙自然界の、分けようがないすべてのつながりと、一刻も止まることのないダイナミズムの中から、私たち人間はひととき人の姿として命を宿し活動しているようです。その成り立ちから見ると、実は誰もが真理に沿って、争いなく調和して一つの世界に生きられるはずでしょう。
誰もがその人らしく生きられる社会=「一つの世界」を想像上のものに終わらせないで、本来の人間性を開花させ、一人一人発揮しあいながら生きられる社会を実現しようと、この運動は始まりました。

全文はこちら→ https://mailchi.mp/8f56ffb708ef/news-40

2020-1-1.jpg
鈴鹿市 千代崎海岸 伊勢湾に上る初日の出
メルマガ | - | -

As-One Network News vol.39


In AsOne Suzuka, Japan, the longest darkness of the winter solstice had already covered us. But while the sun shining around the fields, community farm is vibrant with harvesting winter vegetables. A couple of month ago, when the big typhoons came, they were still small seedlings. Now broccoli, turnips, Japanese radish, Chinese cabbage, and komatsuna are carried on the light trucks by young people and delivered around Suzuka city every day.

This year was also a year of collaboration for the big international conference “Economics of Happiness” as well as exchanges with people from all over the world such as the US, China, Amazon and Palestine. Such fruitful result has come while the various heartfelt bonds between people overlapped.
Hiroko Katayama reported on the latest news from As One Network.

サアドさん.jpg
In the journey from Suzuka to Tokyo for EoH. Keibo Oiwa (EoH Japan, Sloth movement) Saad Daghar (Palestine GEN Ambassador) Sami Awad (Palestine Peace activist) and Hiroko Katayama (GEN Japan, AsOne).


◆Economics of Happiness International Forum@ Totsuka, Yokohama / JAPAN November 8-10, 2019


しあわせの経済.JPG
This year is the third consecutive one of the International Conference “Economics of Happiness” in Japan, that Global Ecovillage Network JAPAN and As One Network collaborated with Ms.Helena Noberg-Hodge and Mr. Keibo Oiwa (Shinichi Tsuji). The aim is creating a strong local-community-led economy in each region. We have intended to establish strong bonds between groups and individuals for the base. This year, Kai Sawyer joined the caller group. More than 30 organizations joined together. The guest speakers have come from all over the world and 1600 participants were recorded.
GEN-Japan was in charge of the activities of the Executive Committee for more than half a year, as well as the subcommittees, the pre-forums and the after-forums, to interact with many overseas guests and visitors.

マルシェ.jpg

温さん、サアドさん.jpg
Saad Dagahr Wen Teijin (China) Shinichi Komori (Tokyo Gakugei University, GEN-Japan board, Hiroko Katayama


◆Sub Conference C-3 
 Ecovillage is the key for human to survive


しあわせの経済分科会.jpg

Presentation 
Wen Tiejin China new strategy for Ecosound village reconstruction 
Saad Dagahr Palestine Agro-forestry
Masashi Ono An urban style open ecovillage building
As One Network Suzuka Community
Comments
Graduates from GEN Japan’s Gaia Education
Takuki Okada NEXTGen-Japan
Kyoko Kibayashi Pediatrician
Moderator Hiroko Katayama 

Global Eco Village Network=GEN is trying to widely introduce the innovative and regenerative way of life and social image in the Climate Change Age, using various eco villages as models.
The announcement by Professor Wen of China and Saad Dagher of Palestine has totally changed from the first day, based on their own personal histories.
Prof. Wen talked about the reason why China needs to build a sustainable environmentally sound community. China has experienced three starvations since the end of World War II and has begun to move nationally to build an environment-friendly civilization around vast rural areas in China.

温さん.jpg

Wen Tiejin presented "Why China has selected the direction" with his story in Chinese; C-3 Ecovillage is the key for human to survive.

Saad Dagher :Palestine is under Israeli occupation and in a decertified harsh environment, making the best use of local resources and ensuring abundant food security through agricultural methods based on the concept of Masanobu Fukuoka. 

From Japan, Masashi Ono introduced the AsOne Network’s philosophy and activities in urban area, in which much population is concentrated worldwide. Suzuka Community shows a possibility of social change for human to survive. They have been conducting twenty years eco-sound community building as well as establishing and stabilizing the economy together with the region in Suzuka city.

小野さん1
Masashi Ono from AsOne Suzuka Community

In addition, two graduates of GEN-Japan’s EDE introduced the activities of NEXTGEN Japan and Health Office, based on the creation of a sustainable human relationship where they can discuss anything.

コメント.jpg

◆Study meeting with Michael H Shuman on Nov. 11 at As One Suzuka Community

マイケルさん2.jpg

A half-day study-tour and the meeting was held at As One Suzuka Community sponsored by GEN-Japan. From mainly west part of Japan, researchers and professors joined.
Immediately after studying law at Stanford University, Michael Schuman organized the Community-led Development Initiatives (CDI) for a law-free society and networked local governments around the world. Its purpose is to realize a regional-led economy for the establishment of true peace, which is not swayed by the global economy represented by Wall Street, and is dedicated to research and enlightenment activities for that purpose.

マイケルさん1.jpg

Impression about AsOne Suzuka Community / Michael Shuman>>>
I’m now heading home to the USA, and wanted to tell how grateful was for your kind hospitality. It was especially rewarding, given I’m one of a small number of Americans who believe that the atomic bombing was immoral and unjustified, and it deeply pains me to hear of the physical suffering of so many Japanese civilians who were unconnected and blameless for the Japan’s imperial policies of the 1940s. I’m humbled by the ability of you and your generation to move past that horrible event and develop new ideals in Suzuka.
I think the As One Community has a beautiful vision. I completely endorse and applaud your achievements, hope that your stated philosophy begins to include more directly your terrific businesses.
In any event, I wish you and your colleagues the best in your efforts to demonstrate a better way of living in the years ahead. I very much hope that our paths cross again.

◆November 16th,“After Forum at Suzuka Economics of Happiness”

アフターフォーラム2.jpg

“ After Forum of Economics of Happiness” was held in Suzuka, and Keibo Oiwa (Tsuji ) introduce an agro-ecologist Saad Dagher from Palestine. Last year, when Keibo visited Palestine, he was much moved by Saad’s personality. And then he was invited to Economics of Happiness Forum Japan and Suzuka this time.
How can we manifest to interact with Palestine? How can the ScienZ Method be recognized in Palestine and the As One Network Activities can be realized on site.

Impressions>>>
I felt great hope for Saad and his colleagues and young people who are plowing the fields as well as living a self-sufficient life in Palestine occupied by Israel.
I sincerely wished there was something we could do together. .

(Omitted) The land is shrinking and the situation is harsh. ButI was overwhelmed by the beauty of his clear eyes. I thought how harsh the situation was, until his eyes shining like that.
When he was asked why he was never depressed with such difficulty, he answered the African proverb.
If you're worried that you're too small to do a big job, you've never slept with a mosquito. You can fly around as a single mosquito. If you think you can make small changes, you can fly around like a fly. There are things you can do for small changes. Any enormous exercise can be done from one person. Do not exploit, compete for each other. If so, it will be one flow even if the viewpoint is different. (Omitted)
サアドさん2.jpg

サアドさん1.jpg

◆Community Activities with Neighborhood~Suzuka Citizen’s Activity Festa 2019 ~

フェスタ2.jpg
This year again, we exhibit various activities at the Suzuka Citizen's Activity Festival as As One Network.Among them, the Senior Group plays an active part in the “Ideal Life Talks”, where they performed plays on the theme of dementia.

フェスタ1.jpg

◆<As One network KOREA NEWS>
October 16-22: Course to know “life”
Oct. 23-29: Course to know yourself

A lot of people gathered and the course was held. The staff (Sato, Hiroya, Jin-chan) who came from Japan to hold the course, the lady who prepared meals at a side dish shop and network members in Korea.
In particular, I was impressed a mother could join the “Course to Know Myself”. For there were many people who supported her twin babies as her babysitters. I was a secretariat, however, it was time for me to feel that was not just a course.

Those who want to participate, those who want to hold the course and make it work, and those who have supported and cooperated with themselves. It was a process where the hearts of those people gathered and realized. I thank all of them.
( ASONE NETWA KOREA Secretariat, John Jae-won)
Click here for the original text → https://asonekorea.org/archives/1970

<Future plans in Korea>
December 1st to 4th: A course to listen to people will be held
December 20-22: A college for listening to people will be held
January 4-7, 2020-3 nights 4 days Suzuka tour
January 17-22, 2020 As One Seminar will be held

◆As One SuzukaTour
Ms.Clara, one of 13 grandmother of Amazon, is coming to Japan for lectures and workshops from the ecovillage in the back of Amazon. She came to As One Tour with the connection of Maya Ikeda.
She is a leader and spiritual leader based in Amazon, said that a person from Gaia Education in Brazil recommended that she go to As One, saying, "I'm sure it will help your community."
I was very interested in the ScienZ Method, which allows people to talk with each other with real heart, and I felt the possibility that it could be transmitted to the Amazon community and take root.
The people who came with her were also impressed by how close they were to Japan, where they could be comfortable with their hearts.

ツアー2019-11-27

ツアー2019-11-24

* You can stop distribution and change the address from the following.
→→→ http://as-one.main.jp/HP/mm_form.html
* Please send your opinions and impressions to the following e-mail address
===================================
As One Network Secretariat
〒513-0805 1244 Sakasuka-cho, Suzuka-shi, Mie
E-mail as-one@gw.main.jp
URL  http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.39


赤や黄色の紅葉や銀色のススキを照らしながら、日の落ちるのもめっきり早くなりました。鈴鹿ファームは冬野菜の収穫で活気に満ちています。台風の最中はまだ苗だったブロッコリーやカブ、ダイコン、白菜、小松菜など、いまは毎日山のように軽トラックに積まれて、若者たちの手で鈴鹿のあちこちに届けられていきます。

一方、11月はアメリカ、中国、アマゾン、パレスティナという世界各地の方々との交流が続いた一か月でもありました。
どの人も、繋がりが重なり合ううちに、出会うことができました。
2001年から始まったアズワンネットワーク活動も20年という節目を前に、新たな芽吹きが始まっています。

サアドさん.jpg


◆2019年11月8日~10日 
 しあわせの経済国際フォーラム2019@戸塚・横浜


しあわせの経済.JPG

それぞれの地域にしあわせの経済を生み出そうという趣旨のもと、日本連続開催3年目の今年は、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、辻信一の両氏に加えて、10月にアズワンに滞在していたソーヤー海氏も呼びかけ人となってパワーアップ。国内30団体以上で力を合わせて、参加実数1600人を記録しました。アズワンネットワークとグローバルエコビレッジネットワークジャパン(GEN-Japan)は、半年余りの実行委員会活動と、分科会、プレフォーラム、アフターフォーラムを受け持ち、多くの海外ゲストや、マルシェを訪れる人たちと交流することができました。

マルシェ.jpg

温さん、サアドさん.jpg


◆分科会の報告 C-3 
 人類の生き残りをかけたエコビレッジの可能性


しあわせの経済分科会.jpg
参加者 Participants 85人
プレゼンテーション 
温鉄軍 中国 農村開発 Wen Tiejin 
サアド・ダゲール パレスチナ アグロフォレストリ 
小野雅司 アズワンネットワーク
コメント ガイアエデュケーション卒業生
岡田拓樹 NEXTGen-Japan
木林京子 小児科医 
モデレーター 片山弘子 GEN-Japan代表理事
    
グローバルエコビレッジネットワーク・ジャパンGEN-Japanは、地球時代の人の生き方や社会像を、様々なエコビレッジをモデルにしながら広く紹介しようとしています。
中国の温先生とパレスチナのサアド・ダゲール氏の発表は第一日目とは打って変わって、自分史を基調にしたものになりました。これまでと、現在、そしてなぜ持続可能な環境調和型のコミュニティを形成する必要があるのかを語られました。
中国では第二次大戦後の3回の飢餓の経験から、広大な農村を基盤にした環境調和型の文明を構築しようと国家的にも動き始めていること。
イスラエルの占領下でもあり、砂漠化した厳しい環境下にあるパレスチナは、地域の資源を最大に生かし福岡正信の思想に基づいた農法によって、豊かな食の安全が図られています。

温さん.jpg

また世界的に人口が集中する中小都市部での社会変革が大きな課題ですが、鈴鹿市で地域と一体となって経済の安定と確立と同時に、新しい経済の試験を行っているアズワンネットワーク鈴鹿コミュニティの理念と実際の活動を小野雅司さんが紹介しました。

小野さん1

またガイアエデュケーション卒業生の二人からは、何でも話し合える持続的な人間関係作りをベースに、それぞれNEXTGEN Japan、すこやか保健室の活動の紹介がありました。
コメント.jpg

◆2019年11月11日 マイケルシューマンさんを囲こむ研究会

マイケルさん2.jpg

マイケルシューマンさんは、スタンフォード大学で法律を学んだ直後から、法律の要らない社会をめざしてCommunity-led Development Initiatives (CDI)を組織し、世界の自治体をネットワークしています。その目的はウォールストリートに代表されるグローバル経済に振り回されない、真の平和の確立のための地域主導型経済が各地に実現することで、そのための研究と啓発活動に専心しています。半日の鈴鹿の見学をしたマイケルさんを囲んで、GEN-Japan主催でアズワン鈴鹿コミュニティで開催されました

マイケルさん1.jpg

初めてアズワンを知ったマイケルさんの感想>>>
私は今、アメリカにむけて帰ろうとしています。私は、原爆投下が不道徳で不当であると信じている少数のアメリカ人の一人ですが、しかしその被害者の側のあなたの世代の人たちがその恐ろしい出来事を乗り越え、鈴鹿で新しい理想を開発しようとしている力に、私は心から敬意を抱いています。アズワンコミュニティには美しいビジョンがあり、20年にわたる実現への功績を、私は完全に支持し、称賛します。そして述べられている哲学に、もっともっと実際にやっている内容が反映していくことを願っています。いずれにせよ、私はアズワンの皆さんが今後数年間で今の課題も乗り越え、さらにより良い生き方を示そうと努力されることを願っていますし、これから引き続きお互いの道が交わっていくことを心から願っています。

◆2019年11月16日 しあわせの経済アフターフォーラム

アフターフォーラム2.jpg

参加者の感想より>>>
11月16日、しあわせの経済アフターフォーラムが鈴鹿で開催され、パレスチナからアグロエコロジストのサアド・ダゲールさんと、辻信一さんが来てくれた。
ガザとか、ヨルダン川西岸などの地名は報道では聞いてはいたけど、実際、生のパレスチナの現状を知ったのは初めてだった。
(中略)
印象的だったのが、イスラエル側とパレスチナ側にある壁。
イスラエル側にはとても大きな看板が立っていて、向こう側にいくと危険、命の保証がないなど、真っ赤な文字で恐怖を煽るように書かれている。そんな看板を毎日見て暮らしていたら、それはイスラエルの人達だって、パレスチナ人がまるで猛獣のように危険な存在だと思って、攻撃したくなってしまうのだろう。
それに対してパレスチナ側の壁にはアートがユーモアに描かれている。アートで平和を祈っているかのように・・・
イスラエルが津波のようにどんどん入植してきて、パレスチナの地を奪ってきている中でも淡々と畑を耕し、自給的な暮らしをしているサアドさん。
まるでグローバルとローカルの象徴のような感じだった。

----------
(略)国土はどんどん狭められ、状況は過酷です。けれど、お話される前にその澄んだ眼差しの美しさに圧倒されました。優しく、穏やかで、明るい目になるまで、どれほど過酷な状況をくぐり抜けられたことか思いました。
困難な問題を抱えて落ち込まないのは何故か、と聞かれた時答えるというアフリカのことわざを教えていただきました。
自分の存在が小さすぎて大きな仕事ができないと悩むなら、蚊と一緒に寝たことがないな。一匹の蚊として飛び回ることはできる。小さな変化を起こせると思うならハエのように飛び回れる。小さな変化のためにできることがある。どんな巨大な運動も、元をただせば一人から。互いから搾取しない、奪い合わない。そうであれば視点が違っても一つの流れになる。(後略)

------------
昨年、辻さんがパレスチナを訪問した際に、彼の人柄に惚れ込んで今回の来日が実現したアフターフォーラムでした。
イスラエルが津波のようにどんどん入植してきて、パレスチナの地を奪ってきている中で淡々と畑を耕し、自給的な暮らしをしているサアドさんとその仲間や若い世代の人たちに、大きな希望を感じて、何か一緒にできることがあったらいいなあと思いました。

サアドさん2.jpg

パレスティナにアズワンの精神とサイエンズメソッドが普及し、アズワンネットワークコミュニティが実現できるように交流していきたいです。

サアドさん1.jpg

◆コミュニティの地域活動~市民活動フェスタ2019~

フェスタ2.jpg

鈴鹿の市民活動フェスタには今年も、アズワンネットワークとして様々な活動を出展。
その中でシニアグループが中心になって活発に活動している「理想の暮らしを語る会」では、認知症をテーマに演劇を披露してくれました。

フェスタ1.jpg

参加者の感想より>>>

若年性認知症になった人の実話を15分間と短い時間ではあったが、
印象に残ったのは、自分の名前すらわからなくなっても、私は私であり続けることができるということ。
桜の名前が出てこなくても、綺麗だなと、感じることができる。
雪が降れば、冷たいとか、美しいとか感じることができる。
認知症でも「今」を確実に生きていくことができるということを感じさせてくれた。

◆<アズワンネットワークKOREA NEWS>
10月16日~22日 人生を知るためのコース開催
10月23日~29日 自分を知るためのコース開催

沢山の人の心が集まって、コースの開催が出来ました。日本からコースの開催のために来てくれたスタッフ(佐藤さん、博也さん、ジンちゃん)と、食事を用意してくれたお惣菜屋のおばさんやネットワーク会員の皆さん。
特に「自分を知るためのコース」に参加した双子のお母さんは、子守のサポートをしてくれた人たちが何人も居て、参加が出来ました。事務局があったとしても、ただコースが成り立つことではないのだなと感じられる時間でした。
参加したい人と、コースを開催して成り立たせたい人、そしてそれを応援して自分のこととして協力してくれた人。その人々の心が集まって実現していく過程でした。その全ての人に感謝の気持ちをお伝えします。
(文:アズワンネットワKOREA事務局、ジョン・ジェウォン)
原文はこちらから→https://asonekorea.org/archives/1970

<韓国でのこれからの予定>
12月1日~4日 人を聴くためのコース開催予定
12月20日~22日 人を聴くためのカレッジ開催予定
2020年1月4日~7日 3泊4日間の鈴鹿ツアー予定
2020年1月17日~22日 アズワンセミナー開催予定

◆アズワン鈴鹿ツアー
アマゾン奥地のエコビレッジから講演やワークショップのために来日しているクララさんが、池田麻矢さんのつながりでアズワンツアーに来られました。娘のタイリンさんと日本でクララさんをお世話している3人の方たちも一緒でした。
アマゾンに拠点を置くスピリチュアルリーダー的存在であるクララさんですが、ブラジル国内のガイアエデュケーション関係者から、「きっとあなたのコミュニティに役に立つから」とアズワンに行くことを勧められたそうです。
人同士が本心で対話ができるようになるサイエンズメソッドに、とても関心を持たれたことで、アマゾンのコミュニティにも伝わり根付いていく可能性を感じました。
一緒に来られた方たちも、ありのままの心で快適に居られるところが、日本のこんな近くにあったことに感動されていました。

ツアー2019-11-27

参加者の感想(11月24日)

焦る必要はないということ、焦らず生きていく方法はあるということ。
それは、家族のような見守りあう存在がいるということで、固定観念がなかったら意外とできそうだと思えてきました。
何ごとにつけても、「それをどうしたらいいか」ばかり考えがちで、「自分はなぜそう感じたか」と、自分に視線を向けていない自分に気付けたことも大きい変化です。(S.T.女性、神奈川、23歳)

ツアー2019-11-24

*****『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー***** 
☆アズワン鈴鹿ツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
・12月7日(土)~8日(日)
・12月14日(土)~15日(日)
・12月21日(土)~22日(日)
・2020年1月11日(土)~13日(月)(2泊3日)
※上記以外の日程でも3人以上参加者が集まる場合、ツアーは随時開催できます。
問い合わせや申し込み→http://as-one.main.jp/HP/tour2.html

☆アズワンセミナー「幸せとは良好な人間関係から」 

・2020年1月2日(木)~1月7日(火)

2020年2月よりアズワンセミナーは6泊7日にリニューアルします。
・2月 9日(日)~2月15日(土)
・3月15日(日)~3月21日(土)
・4月29日(水)~5月 5日(火)
http://as-one.main.jp/HP/seminar.html

**************************************************
*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム

*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.38

10月12日に日本に上陸した台風19号は、広範囲にわたる激しい風雨で多くの災害を引き起こしました。命を落とされた方々のご冥福を祈るとともに、今もどれほど多くの方々が復旧に向け、力を注がれていることでしょうか。これほど科学技術が発達した今日でも、一度スイッチの入った自然界の猛烈なエネルギーを、誰もコントロールできないことを思い知らされます。

同じ時に、鈴鹿にはたくさんの人たちが集まっていました。台風上陸前に前泊出来るようそれぞれが相談して主体的に動きだしていたことで、予定の参加者は全員無事に到着していました。一人一人が来られるには、その人の意思があり、支えてくれる家族や周りの人たちの心と協力、途中の交通機関やすべて、すべてそこに繋がる無数の人たちに支えられて、来られる状態ができ、来ることができています。

プレフォーラム10-1.JPG

確かに自然の前では私たち人間一人一人は圧倒的に弱々しい存在です。しかし、それぞれの持ち場で、自分の出来るところから、「その人」「その人」と手をつなぎあっていく、そんな無数のつながりを人は瞬く間に作っていけるものなのだなあと、感慨深いものがありました。社会全体をどうこうしようと心配しないでも、そこに互いをゆだねる中に、温かさと安心を感じ取っています。強烈な自然の猛威にあっても、やさしく豊かに生きられる可能性を、人は持っているようです。

◆実践者・共生革命家ソーヤー海さんからみえる、次の社会
その中の一人、ソーヤー海さんは、この時期にゆっくり滞在したいと半年前から連絡してきてくれました。若い頃から様々な経験を積み重ね、現在36歳。かわいい女の子も生まれて、共生革命家を自ら名乗る彼は、率直さが身上です。幅広い若者たちに支持されながら、そこに留まらずに次に行こうとしているようです。
その彼が10月11日~15日までの5日間、途中で辻信一さんとのしあわせの経済プレフォーラムを挟んで、何をアズワンで感じ、見ていたか、これからどうして行こうとしているのか、「東京アーバンパーマカルチャー」ブログに彼自身が率直に語っています。

海くん.png
「これからコミュニティ同士でつながっていけるね」 別れ際の彼の笑顔がさわやかでした。
 ★ブログはこちらから

◆10月14日しあわせの経済プレフォーラム
台風直後で交通機関も復旧できていないところもある中で、会場には100人を超える人たちが集まってきました。
しあわせの経済とは何か、当たり前としている今の社会経済を歴史的背景から見直す問題提起を辻先生から。海さんから、何を大事にして生きるのかという問いかけがあり、そして第2部ではアズワンの次の世代との対話、会場の参加者も一つになって、しあわせの経済を自分の足元にどう実現できるか検討しあった半日間でした。

プレフォーラム10-2.jpg

プレフォーラム10-3.JPG

静岡から参加したSさん(20代男性)の感想から
「初めてアズワンに来ました。プレフォーラムでは、笑いあり、感動ありのお話しで、このような会で参加者皆さんと一緒に感じ合い共存することができる、こんな場所があることをとても幸せに思います。独特な空気感、素敵な時間でした。明るく楽しい世界は現実に作れるんだ、という学びを、自分でしっかり消化したいです。」

◆ScienZ School Korea便り
韓国で「人生を知るため」のコース、9人の参加者で開催
201910サイエンズ人生を知るためのコース韓国

自分を知るためのコース
韓国2.jpg

◆10月18日~20日 人を聴くためのカレッジ@鈴鹿
こんなに身近で地味なことと、始めは戸惑った
第5回人を聴くためのカレッジ.jpg

「人を聴く」というタイトルに惹かれ、人を聴くことができるようになりたいと各地から6人の参加者が集まりました。
内面を観察することには関心がある人たちばかりでしたが、ここで初めて経験した『人を聴く』世界に戸惑いつつも、コミュニティの人たちの具体的な話から醸し出されるものに、参加者全員が包まれて、一つになって探究が進んでいきました。その様子を感想レポートから紹介します。

*********************
自分が学んできた「聴く」と違って、とても日常的な実践的な「聴く」だった。言葉を理解しようとしていた自分に、最後の最後で気付いた。言葉を発した本体(人)の存在を忘れていた。まずは、その人をまるごと感じよう。
自分の見ている世界は、自分が作り上げているフィクションだということ。自分が、目の前の人に「この人はこういう人」とキャスティングし、でき上がっているフィクションの世界。
人を聴くことで見えてくる世界は、フィクションではない本当の世界。
今までの自分の色メガネを外し、新しいクリアーなメガネで、目の前のありのままの世界を見てみたら、どんなものが見えるだろう、とても楽しみだ。
全く違う相手と自分に出会えるかも、、、?(40代女性)

*********************
日常のほんのささいなエピソード、それを通り過ぎても特に困らないのでは??と思えるようなことを取りあげて、それを探究していることに、なぜ???と疑問がいっぱいでした。
コミュニティメンバーの話を聴いていると、そのささいなひっかかりを丁寧に見ていくことで、とてもすっきりと満たされている様子でした。
実際に聴くということを行ってみて、得られたのは、一緒に参加しているメンバーへの愛しさでした。
何がどうなってそれを体験できたのかは、うまく説明できないのですが、満たされる、自分の本来の温かさに触れる、ワンネスに気づくというのは、特別なことをすることで得られるのではなく、とても身近に体験できるということです。体の中を電気が走るとか、天からメッセージが降りてくるとか、そういう衝撃的な体験ではなく、なんだかよくわからないけど満たされていたという、不思議な体験でした。
それは、とても地味なことだと思いますが、この積み重ねが自分を変えていくのではないか、自分が抱える不安の解決につながるのではないかと感じています。
気づいたら、自分が変わっている、本当に地味なのかもしれないけど、だからこそ、実践しやすい→仲間が増える→心地よいスペースが増える、とつながっていくのかなと思います。
そして、これらは一人で解決していくものだと思っていたけど、仲間とやっていくことだと聞き、気持ちも楽になったのと、これからが楽しみになりました。(40代女性)

◆10月度アズワンセミナー
アズワンセミナー2019-10.jpg
アズワンセミナーを受けてーー感想レポートから
5泊6日の合宿を通して、自分の考えがどのように自分に作用するのかを探究できました。
順を追った設問に対して、自分で考え、他の参加者の発言を聞き、その時、自分に起きてくる反応を観察し、さらに考え、その考えがどのように作用しているのかを観察する。
「腹が立つとは」「何に腹を立てているのか」「なぜ、腹を立てるのか」そんな風に設問によって、腹を立てるという日常的でありながら、いかんともしがたい感情の性質を分解して、ゆっくり細かに観て、考えていくうちに、腹を立てるという現象のメカニズムが、手に取るようにわかってきて、なぜか笑いがこみ上げてくる。なんと馬鹿馬鹿しい理不尽なことを何度も何度も繰り返してきているのだろうという、自分の愚かさが見えてきて、笑い出さずにはいられない。
「考え」が、いかに事実をねじ曲げ、そのことによって自分の中に苦しみを生み出しているか。その無意識のメカニズムが、くっきりと浮かび上がってくる。
中略
『「実際の自分」と「自分がそうだと思っている自分」は、同じものだろうか』という、それ以前のいくつかの「自分」に対する設問と探究を経て出会った設問も、「自分」と「言葉」に対するクリアーな洞察を与えてくれた。
セミナーで出される質問とその順番、それは非常に考え抜かれた、21世紀の公案のように思えた。設問を順に探究していくと、そこには洞察の扉が次々と開かれていく。サイエンズメソッドが、生きた瞑想であり、生きた禅であり、生きた哲学であることを体験させてもらったアズワンセミナーだった。(60代、男性)

◆しあわせの経済国際フォーラム2019
11月8日前夜祭から11月10日
しあわせの経済2019.jpg
マルシェコーナーにブースを出しています 
戸塚の明治学院大学が会場。南門からすぐ入ったところのインターナショナルラウンジで、GEN-Japanとアズワンネットワークでブースを出しています。立ち寄って一息ついたり、待ち合わせポイントにもどうぞ。

10日午後3時20分から、分科会C-3で会いましょう!
パレスチナのサードダゲールさん、中国の温鉄軍さんとともに、アズワンからは小野雅司さんと、ガイアエデュケーション修了生の岡田拓樹君、木林京子さんが登壇。モデレーターはGEN-Japanの片山弘子です。
http://economics-of-happiness-japan.org/program_day2

11月16日にはアフターフォーラム@鈴鹿
サアドダゲール&辻信一
2019アフターフォーラム-1.jpghttps://www.facebook.com/events/520773202075279/

~しあわせの経済を私たちはどう創っていくのか~
パレスチナのエコビレッジ・Humanistic Farm「人間性に重点を置いた農場」から見えるもの
       対談 サアド・ダゲール×辻信一

◆サアド・ダゲール  アグロエコロジスト、農民、環境運動家。 グローバルエコビレッジネットワーク国際大使。 パレスチナに福岡正信の思想やアグロエコロジー を紹介し、25年間、その活動を続けてきた。 ヨルダン川西岸でパレスチナ初のコミュニティ協 同農場・エコビレッジを設立した。人間性を養う農 場として、毎年多くの人々が訪れている。

◆辻信一 文化人類学者。環境運動家。 2017年から、ヘレナ=ノーバーグ・ホッジ女史 としあわせの経済国際会議を日本で開催。
             

日 時: 2019年11月16日(土)午後1:30~4:30
会 場: 鈴鹿カルチャーステーション
(三重県鈴鹿市阿古曾町14-28)
参加費: 1500円(学生1000円)
●申し込み
https://forms.gle/6cgfJReAhNYCjp6w8

申込みされるとGEN-Japan事務局から受付メールをお送り致します。

----------------------------
【アズワン鈴鹿ツアーも並行して開催】
地球上で人口のほとんど集中している中小都市~大都市で、気候変動への歯止めがどうかけられるでしょう。大都市からローカルな地方の街に拠点を移しながら、次の社会モデル、暮らし方が描けることで急遽求められています。現状そのままで、人と人が協力し合うことから生み出されるアズワン鈴鹿コミュニティは、パリのCOP24の会場で事例として紹介されました。

新しい可能性を考えるヒントに、ツアーに参加しませんか。

●1泊2日コース
11月16日午後12時30分受付~
11月17日午後5時終了
参加費用 13500円(食事・宿泊、フォーラム参加費込)
メルマガ | - | -