アズワンネットワークニュースvol.34

◆固定がない
梅雨ですね。アズワンの鈴鹿ファームでは、いまジャガイモ収穫真っ最中。晴れ間を縫ってコミュニティの人たちも応援に駆けつけています。農業は日々変わる天候や植物に合わせての営み。人はそんな変化に対応して暮らしています。人の気持ちも心も日々変化していると思いますが、人の社会も柔軟で変化に対応できる生きもののような組織や運営とはどんなものでしょう?
そこをみんなと共にゼロから探究し、試み、実現していこうとする活動がアズワンネットワーク活動です。今月の記事をお届けします。(いわた)

◆不愉快になる原因は相手のせい?
人に対して、気持ちがざわついたり、感情的になって責めたりすることがありますね。自分はちっとも悪くないのに…と、言いたくなりますが、はたして原因は相手にある?
自分の気持ちや感情は、自分の内側に起こった「反応」と言えます。では、その反応の本当の原因は、どこにあり、どうなって起きるのでしょうか?


「すべては内側で起きている」を体感―サイエンズメソッド
「自分の本心を開かせてくれた」アズワンセミナー


◆自分を発揮して生きられる地域社会づくり
岩手県盛岡市でサイエンズを学びながら、一人ひとりの力が発揮される地域社会をつくりたいと活動している八重樫信子さん。3年前に公務員を辞めて、現在、アズワンネットワーク・イーハトーブの仲間と共に歩んでいます。個人の学びや深まりが周囲社会へどう影響し、願っている社会が実現していくのか話を聞いてみました。


自分を発揮して生きられる地域社会をつくりたい!―盛岡

◆「不思議がいっぱい」アズワン鈴鹿ツアー
「面白そう」と興味を持ち、「実際どうなっているんだろう?」と鈴鹿コミュニティを訪れた学生さん。ところが、ますます「不思議」が増えて、もっと知りたくなったようです。その知りたいものは、本当はどこにあるのでしょうね。本当のことを知ろうとする営みがコミュニティでも続いています。


「不思議がいっぱい」~中国からの留学生
私自身のコミュニティ形成をはじめよう!

◆「アズワン」が新しい「藝術」?
昨年10月にアズワンセミナーに参加した熊倉敬聡さん(元慶應大学教授)は、その体験を、今度出版された『藝術2.0』(春秋社)の中で取り上げています。
今人類は全く新しい創造性の形が芽生えつつあり、彼はそれを「藝術2.0」と名付け、多様な分野でイノベーションする変革者たちを訪ね、論考しています。そのキーパーソンの一つにアズワンネットワークも取り上げられました。

熊倉敬聡著『藝術2.0』アズワンネットワーク~〈円〉の可能性

◆サイエンズスクールで人としての成長を
私たちは感覚器官を通して脳が外の世界を認識していますが、その認識の仕組みや機能を知らないために、脳の誤認に振り回されているようです。頭の中の考えを実際のことだと思ったり、フィクションをフィクションだと自覚できないために、感情が波立つようです。ここから脱却していく道は? サイエンズスクールでは、知性の働きによって正常健康で心豊かな人へと成長しようとしています。


思い出しじっくり観る、私を縛っていた記憶が、変わっていく!
実際に則して検べ、本質に迫ることの体験で、誤認からの解放!
“気持ちを聴く”“人を聴く”社会の実現で、皆で明るく生きる!

◆ミッチーの旅日記
日本各地を旅してアズワンのお話しをしているミッチーこと北川道雄さん。今回は兵庫・岡山・広島へ行ってきました。みなさんに温かく迎えられて、アズワンの空気が感じられる会になったようです。


ミッチーの旅日記―兵庫・岡山・広島へ

《お知らせ》

山崎亮氏ガイア公開講座7月~人がつながる、未来につながる~7/14
サイエンズメソッド体験会@東京~7/6
アズワン鈴鹿コミュニティ探訪ツアー with 堀田義樹&ぬん7/20~22
ユネスコ認証教育プログラム「ガイアエデュケーション」HP

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワン鈴鹿ツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●7月 6日(土)~ 7日(日)
●7月13日(金)~15日(月)2泊3日
●7月13日(金)~14日(日)
●7月14日(日)~15日(月)
●7月20日(土)~21日(日)
●7月27日(土)~28日(日)

アズワンセミナー「幸せとは良好な人間関係から」
●7月11日(木)~7月16日(火)
●8月10日(土)~8月15日(木)
●9月18日(水)~9月23日(月)
●10月12日(土)~10月17日(木)
●11月19日(火)~11月24日(日)
●2020年1月2日(木)~1月7日(火)

**************************************************

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.33

◆人的環境を安心ベースに
緑眩しい季節です。田んぼの稲もすくすく育ち、水面が緑に覆われつつあります。生物にとって最適な環境があるように、人にとっての最適環境とは、どんなものでしょう?
自然環境や生活空間だけでなく、私たち人間は、家族、地域、職場や学校など人の中で暮らしています。そうした人的環境は人の心に大きく影響してますね。
今の社会では規則や罰則で、監視し合うため、警戒心を生み、安心できる環境とは言えません。犯罪が起きるたびに強まります。
でも、本当に人って、どんな存在でしょう? そこをゼロから探究し、それに適った人的環境をつくり、安心して暮らせる社会にしたいです。そんなアズワンネットワーク活動の一端をお届けします。



◆まず、話し合える自分になって、世界が変わっていく
身近な人と何でも話し合えていますか? 家族、夫婦、職場や学校、仲間たちと… 心を開き、安心できる関係が出来ていけば… そこに、争いのない幸せな世界が生まれていくでしょう。その実現方式がサイエンズメソッドです。人と話し合える自分になりながら、良好な人間関係を築いていく方式です。「アズワンセミナー」がその入り口。参加者の声は――!

「対話から始まる未来の可能性」アズワンセミナーって何?《1》
「教わる」ではない「学び」ーアズワンセミナーって何?《2》
「サイエンズメソッドの体験」―アズワンセミナーって何?《3》

◆ブラジルから日本へ―サイエンズアカデミー生に聞く
評価されたい、人によく見られたい、そんな気持ちで行動しても心は満たされないんでしょうね。本当に満足できる人生とは? その答えを見つけにブラジルから日本へやってきた若者がいます。サイエンズアカデミーで学ぶ彼の心の変化を聞きました。


ブラジルからなぜ鈴鹿へ?―ジエイゴの内面の変化

◆「アズワンの空気を感じたい!」―鈴鹿ツアー
「あれも、これもと、やらなきゃいけないことだらけ!」という日常を過ごしていると、心も緊張状態かもしれません。ちょっと一息ついてみると、本来の人や社会の姿まで感じられるのかな。鈴鹿コミュニティで過ごした2泊3日は――


里山の自然を満喫!アズワン鈴鹿ツアー
「ひとつ」の空気感をインストール

◆鈴鹿ファームNOW!
仕事はやらなければならない? 本当は? やらなくてもよい? 田植えしないとコメが出来ないよ。だからするんでしょ。さあ、どうでしょう?
自分は何をベースに暮らしているのか、自分自身を振り返りながら、本来の人や社会の実現を試みようとする日常は…。

田植え真っ最中!SUZUKA FARM NOW!

◆ガイア公開講座「ニーズとは」―水城さんのNVC講座
Gen-Japan主催のユネスコ認証の教育プログラム「ガイアエデュケーション」の公開講座がアズワン鈴鹿コミュニティを会場に開かれました。第2回目の公開講座は非暴力コミュニケーション(NVC)の講師をしている水城雄さんのお話しと楽しいワークショップがありました。


「ガイア公開講座」水城雄さんの非暴力コミュニケーション

◆サイエンズスクール
私たちは、人間の認識機能が日常どう働いているのかを知らないばかりに、人の言動に振り回されていることがあります。怒ったりするのもその一つでしょう。認識のメカニズムを知って、自分を知り、本来の人の心を知ろうとすると… サイエンズスクールでは、人の心の成長に重点をおいたプログラムで開催しています。


「話を聞く」が「人を聴く」になって…快適生活が実現!
認識のメカニズムを知り、自分を知り、誤認からの開放を!
思い出しじっくり観る、私を縛っていた記憶が、変わっていく!


《お知らせ》

山崎亮氏ガイア公開講座7月~人がつながる、未来につながる~7/14
ユネスコ認証教育プログラム「ガイアエデュケーション」HP

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワン鈴鹿ツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●6月 1日(金)~ 2日(日)
●6月 8日(土)~ 9日(日)
●6月15日(土)~16日(日)
●6月29日(土)~30日(日)

アズワンセミナー「幸せとは良好な人間関係から」
●6月4日(火)~6月9日(日)
●7月11日(木)~7月16日(火)
●8月10日(土)~8月15日(木)
●9月18日(水)~9月23日(月)
●10月12日(土)~10月17日(木)

**************************************************

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.32

◆親しさが湧いてくるのは
「昔から知っている家族に会えたような気がして温かくなりました」
先日、初めてアズワン鈴鹿コミュニティを2泊3日訪れた方が帰り際に、そう話していました。初めて出会った人どうしでもそんな家族のような親しさが湧いてくるんですね。本来、人と人の間柄って、そういうものかもしれません。純な子どもどうしがはやく馴染むのもお互い警戒するものがないからでしょう。大人になると、いつの間にか壁を作って自分を守ろうとしているようです。人って、そんなに怖いもの? そんな固定観念が潜んでいませんか?
その訪れた方は、こんなことも…
「コミュニティのメンバーの空気感に触れ、身体感覚としては、ホッとしたり安心したり、ゆるんだ感じがしました」と。
安心出来れば、緊張もほぐれ、心も開いていくようです。そんな居心地のよい場を、きっと誰もが求めているのだと思います。
そういう社会になれば、誰もが安心してその人らしく生きられるでしょう。そんなに難しいことではないはずです。
アズワンネットワークは、そうした社会の実現を願って、その実現方式として「サイエンズメソッド」を試みています。
今月も、その一端に触れてみてください。



◆「未来都市は細胞型になる!」ハーン博士へのインタビュー
~なぜ10年にわたってアズワン鈴鹿コミュニティを訪れているのか~

「持続可能な未来都市は、生命の姿のように細胞型都市になる」
そう考えるのは、環境調和型の都市計画の研究とパイロット事業で世界的に知られるエクハルト・ハーン博士(ドルトムント大学名誉教授)。10年に渡ってアズワン鈴鹿コミュニティを訪れ、観察し、研究対象にもなっているようです。「特に人間性の観点から極めて興味深い社会実験である」と言います。GEN-Japan代表の片山弘子さんがハーン博士に観察し続けている内容をインタビューしました。記事はGEN-JapanのHPに掲載しています。


写真は辻信一さん(明治学院大学教授)、ハーン博士、片山弘子さん(GEN-Japan代表)
記事へ>>>http://gen-jp.org/2019/04/29/ekharthahn/

◆「受け身から積極的な人生へ」アズワンセミナー
安心できる人間関係は、心地よく自分らしくいられるものです。
言いたいことが言えて、相手の話も聴き合えたらどんなにラクか‥
でも、自分はそうしたくても、相手はそうじゃないよ!? そう出来ないのは相手のせい? そこにも思い込みや固定観念が潜んでいるかもしれませんね。一度、じっくりと自分自身の内面を探究してみると…


記事へ>>>http://as-one.main.jp/sb/log/eid1067.html

◆「なぜ、僕はここにいるのか?」―吉岡翔一朗さんに聞く
ヨッシーこと吉岡翔一朗さん(29歳)は2年前に鈴鹿コミュニティへ留学生としてやってきました。その後サイエンズアカデミー生として学び、現在は鈴鹿コミュニティの一員として暮らしています。なぜ、彼は今ここにいるのか? そこにある思いをインタビューしてみました。


写真はヨッシーと里美さん(左)
前編>>>http://as-one.main.jp/sb/log/eid1065.html
後編>>>http://as-one.main.jp/sb/log/eid1066.html

◆日本のエコビレッジを繋いだ映画『できる セ・ポシブル』
フランス人カップルが日本のエコビレッジや持続可能なモデルを旅して制作したドキュメンタリー映画『できる セ・ポシブル』の上映会が今各地で開かれています。
制作したジョナサンさんとマチルドさんのカップルは、2年前にアズワン鈴鹿コミュニティに取材で訪れ、映画の中にも紹介されました。「こんな生き方をする人たちを知ってほしい」と上映会に参加したIWATAさんがレポートしています。


記事へ>>>http://as-one.main.jp/sb/log/eid1063.html

◆「本来の人と人の間柄とは?」体験しよう!
お金、規則、上下関係、責任、やらなければならないこと… などは、人と人の心地よい関係を阻害しているものかもしれません。子どもどうしの間には元々ないもの。そんな本来の人間関係ってどういうものでしょう? そこを探究し、実現しようとしているコミュニティに触れてみると…アズワン鈴鹿ツアーへ!!


「今いる場所で出来ることを始めたい」
「お金に縛られてるな~」

◆「介護×演劇」で人に寄り添う体験
理想の暮らしを語る会と三重県総合文化会館のコラボで開催された「介護に寄り添う演技体験講座」が4月20日、鈴鹿カルチャーステーションでありました。講師は「老いと演劇」OiBokkeShi主宰の菅原直樹さん。トークセッションでは、サイエンズスクールの福田博也さんも登壇。介護を演劇からアプローチする菅原さんの試みと、サイエンズスクールでの学びが、どう重なってくるのか、興味の湧くトークになりました。


記事へ>>>http://as-one.main.jp/suzuka/sb1/log/eid1554.html

◆すずかの里山NOW!
春の「すずかの里山」では、「未来の里山プロジェクト」の活動が活発です。地域のみなさんとタケノコ堀り! ツリーハウスも完成!活動を通して、人と人のつながりや間柄が変わってきているとか。里山の様子を写真でどうぞ!


記事へ>>>http://as-one.main.jp/suzuka/sb1/log/eid1555.html

◆「知る」ことで、人としての成長を―サイエンズスクール
人間に備わっている知的欲求には、飽くなき探究心があるでしょう。モノを生み出すことに多くのエネルギーを注いでいる現代ですが、その欲求を自分の内面へ、心の世界に向けてみると… 自分とは、人とは、人生とは、社会とは、何が見えてくるでしょうか。


自分を客観的に見えると、多くの愛情に気づき始める
誰にとっても快適な、「健康な社会」を探る!
不安や警戒心の元、固定した「考え」を知る探究を!


《お知らせ》
水城雄氏ガイア公開講座5/18
第4回「人を聴くためのカレッジ」5/31-6/2
ユネスコ認証教育プログラム「ガイアエデュケーション」HP

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワン鈴鹿ツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●5月 3日(金)~ 5日(日)2泊3日
●5月11日(土)~12日(日)
●5月18日(土)~18日(日)
●5月25日(土)~26日(日)

アズワンセミナー「幸せとは良好な人間関係から」
●6月4日(火)~6月9日(日)
●7月11日(木)~7月16日(火)
●8月10日(土)~8月15日(木)
●9月18日(水)~9月23日(月)
●10月12日(土)~10月17日(木)

**************************************************

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.31

「苦」の原因は「無明」にあり

平成が終わり、新しい元号へ名称が変わっていきます。新しい時代がやってくるという期待もありますか?
私たち人間は、様々なものを想像し、言葉や意味を作り、事物を創造してきました。西暦も元号もその一つです。みんなが混乱なく暮らせるのも、そうしたものを共有できるからでしょう。人間の想像力は良くも悪くも働きます。夢や希望を持つこともあれば、不安や苦しみも生み出します。

仏教用語に「無明(むみょう)」という言葉があります。
「無明とは無知を意味する言葉で、無明こそが『苦』の根本原因である。ここでは、実在していないものを実在していると思い込むこと。無明から、実在しない物への執着や所有欲が生まれ、人生の苦がもたらされる」と言われています。

お釈迦さまの時代の言葉ですが、今も、私たちは無明の中でうごめいているようです。アズワンネットワーク活動では、サイエンズメソッドによって「みんなで悟ろう」と活動しています。自分の内面に目を向けて、「人間の考え」とは何か、そこを知ることからはじめています。知れば、解放され、自由に物事も進んでいくようです。今月もそんな事例を取り上げてみました。



◆良好な人間関係が幸せの基
冒頭の「無明」は、「実在していないものを実在していると思い込むこと」です。言い換えれば、自分の頭の中の想像を、現実だ、実際だとして“思い込んでいる”状態とも言えます。しかし、その思い込みに本人は気づき難いもの。一人で修行して悟ることも至難の業です。さて、この思い込みに気づき、実際はどうだろうと進む道があります。幸せへの道――

良好な人間関係になる話し合いーアズワンセミナー

◆「人としての復興を」各地のアズワン活動
東日本大震災から丸8年。アズワンネットワーク・イーハトーブで活動する吉田さんが、「外形的な復興で終わりとせず、震災前よりも平和で幸せな生き方へ内面的なパラダイムシフトを」と願い、人としての復興に思いを寄せています。


震災から 人の復興を思う
岩手で「人を聴くためのカレッジ」開催

◆「一人ひとりを生かしたい」想いが形になった
心の奥に「もっとこうしたい」と願いながらも、「現実は無理だ」と決めていることは色々ありそう。誰もが願いながら実現しないことがあるとすれば、何が妨げているのでしょう。キメツケを解き放ち、本来のものを尋ね求めるサイエンズメソッドは、理想を実現する方式です。「スペースJOYで夕食が始まった」、その過程にサイエンズメソッドの実際が見れるでしょうか。レポートをどうぞ!


スペースJOYで夕食がはじまった《1》
スペースJOYで夕食がはじまった《2》
スペースJOYで夕食がはじまった《3》

◆自分らしく暮らすには、「居場所と安心」が不可欠―理想の暮らしを語る会
高齢者や子供達にとって、安心して過ごせる場所はとても大切です。そんな場があることで、イキイキと自分らしさも発揮されるでしょう。お年寄りや子供に限ったことではありません。そんな居場所をどのように実現していけるのか、「理想の暮らしを語る会」では探っています。2月度公開講座で発表された面白い事例、そこを運営する人たちに共通したものは――「人が好き」。


高齢者の居場所と子供食堂から探る「居場所の力とは?」(前半)
高齢者の居場所と子供食堂から探る「居場所の力とは?」(後半) 

◆春、新学期サイエンズアカデミーへ
春、桜の花も開き始め、新入学、新学期の季節です。自然界の息吹を感じながら、サイエンズを学ぶアカデミー生たちも、この春出発した人もいれば、新しくやってきた若者もいます。彼らに触れると、イキイキとした鼓動を感じますね。はるばるブラジルから来た青年の思いを聞いてみました。


「サイエンズを学びたい」ブラジルから来た青年

◆「フラットな関係性をどう築く?」アズワンツアー
「フラットな関係性を望んでいても、なかなかそうならないのはなぜ?
仕組みややり方を考えてきたけど、そうではなかった」、鈴鹿ツアー参加者の感想です。コミュニティにふれて気づいたものがあったようです。


「“みんなで悟ろう”という発想が新鮮!」
「フラットな関係性をどう築く?」アズワンツアー

◆人としての成長をサポートする―サイエンズスクール
現状の自分自身をジックリ見て、観察していくと、今まで気づかなかった自分の実際の姿や気持ちや心が観えてきます。みんなの中で本音を聞き合いながらの探究が、自分の本心に気づかせてくれるのでしょう。本心で生きる・暮らせる社会、幸福な人生のスタートへ。サイエンズスクールでは、人としての心と知性の成長に力を注いでいます。


アズワン(as one)・一つの社会・一つの世界!
本来の人生をハッキリ知って、幸福な暮らしを生きる!

◆ガイアエデュケーション第3期スタートへ
ユネスコ認証の教育プログラム「ガイアエデュケーション2019」の第3期が、4月から始まります。人類が持続可能な社会に生きられるための人材養成プログラムです。アズワン鈴鹿もその会場の一つになり、「サイエンズメソッド」を体験しながら学ぶ機会になります。それに先立ってインターネットラジオで紹介されました。


「ガイアエデュケーション」第3期スタートへ

《お知らせ》
4/2 新たなエコビレッジづくりの胎動 in 表参道
4/13 辻信一氏ガイア公開講座~地域が豊かになる経済
4/20「介護に寄り添う演技体験講座」講師:菅原直樹さん
ユネスコ認証教育プログラム「ガイアエデュケーション」HP

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワン鈴鹿ツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●4月 6日(土)~ 7日(日)
●4月13日(土)~14日(日)
●4月20日(土)~21日(日)
●4月27日(土)~28日(日)
●4月27日(土)~29日(月)2泊3日

アズワンセミナー「幸せとは良好な人間関係から」
●4月28日(日)~5月3日(金)
●6月4日(火)~6月9日(日)
●7月11日(木)~7月16日(火)

**************************************************

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.30

「ねばならない」のは何で?

「この仕事は明日までにしておかないといけない」「約束は守らなければならない」など、今の社会の中では当たり前にしている「ねばならない」こと。実際あるようになっていますが、本当にそうでしょうか?そう思うのはなぜでしょう?
やらなかった時に責められる不安、無責任に思われたくない、自分が決めたことは守りたい… そこにも様々な動機があるでしょう。更に探究してみると、小さい頃から身につけてきた「ねばならない」とする強迫観念がありそうです。現状の社会はこの強迫観念をベースにして、仕事をさせたり、ルールを守らせたりしているようにも見えます。

「5匹の猿の実験」という興味深い実験があります。(詳しくは次を参照https://curazy.com/archives/71660
人間の規則や常識がどのように作られてきたのか、参考になりそうです。ルールが作られた当初の人はその事情を知っていますが、人が替わり事情を知らない人たちの間でもルールだけが守られているという例です。そこにはルールを守らなければ酷い目に遭うという強迫観念があるからでしょう。

こうした社会風潮や人間の深層にある観念の解消は難しそうですが、そのことが人間関係をギクシャクさせているのでは… ただし、そのカラクリが分かれば意外と簡単に解消されることかもしれませんね。

本当に安心した人間関係を築いていくために、こうした問題を根本から解消し、本当にその人らしく生きられる社会を実現する方式がサイエンズメソッドです。いよいよサイエンズメソッドによって、少しずつ私たちを縛っているものが明かになり、ますますラクで心地よい安心のベースが出来てきつつあります。今月もそんな事例をお届けします。


◆人類へ贈る「サイエンズメソッド」
今年はアポロ11号が月面に着陸してちょうど50年。月面からはじめて地球を眺めたとき、私たち人類が同じ一つの星に共存し暮らしていることを改めて知ることになりました。「地球の出」と呼ばれるその画像は、人類の意識に大きな影響を与えたと言われています。その地上では、未だに対立・争いが絶えません。その根本問題に着手し、人類の次なる道を創ろうと試みているのがアズワンネットワーク活動です。「ねばならない」という強迫観念を消し去り、誰もが本心で生きられる社会へ、サイエンズメソッドの光が差してきています。


http://as-one.main.jp/sb/log/eid1049.html

◆宇宙船「アズワンセミナー号」で無重力の旅へ!
日ごろは、スマホやパソコン、テレビなどの刺激や、職場や家族などの人間関係の中で、周囲からいろんな力で引っ張られている感覚はありませんか。本当はどうしたいんだろう、と自分に尋ねる前に状況に流されていたり…。一旦そんな日常から離れて、本来の自分を見つめてみるのが「アズワンセミナー」です。そこは無重力空間。まるで宇宙旅行です。日常の引力から自由になって、ゼロに立ち戻って出会う自分や人、そこにどんな姿が見えてくるでしょうか? セミナーの参加者が語っています。

幸せな人間関係になる“知恵”の発見!
自分の考えと実際との違いに気づくと…
苦手な人っていますか?

◆サイエンズメソッドを勉強会で体験!
「サイエンズメソッドを体験してほしい」と、八ヶ岳でシェアハウスを営む平川浩之さんの呼びかけで「サイエンズメソッド勉強会」が2月上旬に八ヶ岳と東京で開催されました。各地に芽が出てきています。


サイエンズメソッド勉強会を八ヶ岳と東京で開催!

◆安心ベースに「人を聴くためのカレッジ」各地で!
サイエンズメソッドを学び体験して、実際にラクに生きられるようになってきている人たちが、各地に現れてきました。「人を聴くためのカレッジ」が、鈴鹿を離れて、今回浜松で初開催です。今日から岩手でも開催! 安心をベースにした地域づくりが進んでいます。


浜松で「人を聴くためのカレッジ」初開催!
「人を聴くためのカレッジ」とは

◆日々前進「アズワン鈴鹿ツアー」NOW!
アズワン鈴鹿ツアーも毎回内容を検討しながら進んでいます。最近は「サイエンズメソッド探究体験」という場も出来ました。参加者に合わせて、キンダーハウスチェリッシュやアカデミー生の話を聞く機会もあります。アズワンの試みに少しでも触れられるように進化してきています。先日は、スイスから青年がツアーに訪れました。


サイエンズメソッド探究体験―アズワンツアー

◆人としての成長をサポートする―サイエンズスクールブログより
病気やケガをした時、私たちは健康な状態に戻そうとします。病気やケガを治します。それは身体の正常健康な状態を知っているからでしょう。では、心の正常健康な状態を知っていますか? 本来の健康な心の状態を知っていくことは、人としての成長でもあり、幸せに生きることにもなります。サイエンズスクールでの体験レポートをどうぞ!


内を観る、そのままの自分を見ていくと、本音・本心が観えてくる
阻害しているものを知って、自ら快適に生きていく!

《お知らせ》
人類の生き残りをかけたローカル・ソリューション in 戸塚
3/31 新たなエコビレッジづくりの胎動 in 新大阪
4/2 新たなエコビレッジづくりの胎動 in 表参道
人を聴くためのカレッジin イーハトーヴ 3月1日~3日
ユネスコ認証教育プログラム「ガイアエデュケーション」HP

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワン鈴鹿ツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●3月2日(土)~3日(日)
●3月9日(土)~10日(月)
●3月10日(日)1DAYコース
●3月16日(土)~17日(日)
●3月23日(土)~24日(日)
●3月30日(土)~31日(日)

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●3月16日(土)~3月21日(木)
●4月28日(日)~5月3日(金)
●6月4日(火)~6月9日(日)
●7月11日(木)~7月16日(火)

**************************************************

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.29

人類の未来へ!

2019年がスタートしました。新しい年に胸躍らせている人もいれば、将来への不安や社会の閉塞感を感じている人もいることでしょう。不安や心配の種はどこにあるのでしょうか。
自然界の営みは、固定なく、日々移り変わっていますが、そこに住む生物には不安や心配などないように見えます。もし、人間の作り出した社会にその問題があるとしたら…

世界的ベストセラーとなった『サピエンス全史』の著者ハラリ氏は、お金も国家も宗教も法律もフィクションであると言います。人間が作ったフィクションをあたかも現実のように勘違いしていることに問題の原因を見ているのです。それに対して、事実に立脚すべきだ、と主張しています。
フィクションをフィクションだと気づき、そこから抜け出る道はあるのでしょうか。
「サイエンズメソッド」という実現方式がそれなのです。
「サイエンズメソッド」は、現在の人間問題の原因を根本から解消し、人間らしく生きられる社会を実現する方式です。

いま時代は、各方面の専門的な立場から、人類の未来をシミュレーションし、私たちがどこに向かおうとしているのかを盛んに提示しています。問題の原因にも焦点が絞られてきているようです。そんな流れの中で、「サイエンズメソッド」が注目され、その芽が、世界や日本各地で出始めてきました。関心を持つ人たちの輪が広がり、つながり始めています。そんな一端を今月のメルマガでお届けします。


◆「サイエンズメソッドで次の社会へ!」インターナショナルミーティング開催
サイエンズメソッドによってフィクションに気づくと実際の世界に目が向いていきます。そこは自由で豊かな安心できる世界。気づけば、そっちへ行けるのですが、「難しい」と考えてしまうことがあります。それも「自分の考え」だと気づけば、また軽くなり、探究が進んでいきます。みんなの中で和気あいあいと気づいていける方式です。今年で2回目となるインターナショナルミーティングでは、世界各地にその芽が育ってきていることが見えてきました。


記事>>>http://as-one.main.jp/sb/log/eid1037.html

◆新年の幕開けに出会った世界―アズワンセミナー
国や言葉は違っても、人にとっての本当の幸せとは? 人や人生、社会に関わる様々なテーマを掘り下げ、ゼロから探究するアズワンセミナーは、サイエンズメソッドの入門コース。新しい年の幕開けに「一つの世界」に出会った参加者たち。「人と人の間に垣根がなくていいんだ!」と。


「人と人との間に壁がなくてもいいんだ」-参加者の声
「家の大掃除」リッチーが感じたこと

◆「アカデミーのお正月 実家帰省」アカデミー生ブログより
お正月に実家に帰ったアカデミー生のタッキ―。ヒッチハイクで三重から東京へ。その道中に出会う人たちの優しさを経験する。実家では90歳のおじいちゃんと88歳のおばあちゃんから戦争体験を聞いて、自分の中にある「たくさんの当たり前」を感じる。4世代が集まり、手作りの料理を味わって、今まで気づけなかったたくさんの愛情を感じていく、そんなエピソード満載のブログです。


前編>>>http://www.scienz-school.org/blog/academy/log/eid7.html
後編>>>http://www.scienz-school.org/blog/academy/log/eid8.html

◆人にとって本当に大事なものって何だろう?
サイエンズメソッドによって、自分らしく、本心で生きられる、自由でイキイキした生き方に変わっていきます。そんな暮らしが出来る社会を試みているのがアズワン鈴鹿コミュニティ。まるで生き物のように日々変化しながら成長しています。そんな場にふれる機会がアズワンツアーです。触れた方の感想をどうぞ!


「大事なものを取り戻せる」参加者インタビュー
百聞は一見に如かず 岡山発アズワンツアー

◆「サイエンズメソッド」紹介―サイエンズ研究所の新パンフ発行
「サイエンズ研究所」のパンフレットが新しく2月に発行されます。B5サイズ8頁の冊子です。これまでのパンフレットをリニューアルしたものですが、新パンフレットでは「サイエンズメソッド」の解説が入りました。


http://as-one.main.jp/sb/log/eid1038.html

◆恒例?のお餅つき、今年はやる?やらない?からスタート
鈴鹿コミュニティ、恒例(?)のお正月お餅つきが、1月2日に街のはたけ公園でありました。恒例行事は毎年開催して当たり前?なのでしょうか。参加する人たちも、あって当前、やって当たり前、そんな頭になっているかもしれません。今年は、そんな前提の見直しから、はじまりました。


http://as-one.main.jp/suzuka/sb1/log/eid1541.html

◆人としての成長をサポートする―サイエンズスクールブログより
「サイエンズメソッド」は、人の心の成長に重点を置いたメソッドです。サイエンズスクールが開講する各コースは、自分を知ることに始まり、社会を知るまでの一貫したプログラムで組み立てられています。一人ひとりの心の成長が豊かな社会へと成長していくのです。コース参加者の声を紹介します。


健康な頭の働きへ⇐「自分の頭の中の認識である」という自覚から
日常会話が快適でスムーズになる元「人を聴く」わたしへ!
すべての人が求める、幸福な人生を探る!

◆「介護の中に人間主体の文化を見る」―理想の暮らしを語る会
シニア世代が自らの生き方を探る場として、人を尊重しようと実践する医療や介護従事者に声をかけて講座を開いています。「“介護”実は、人間らしさを取り戻す文化活動だった!」をテーマに12月度公開講座が開かれました。講演者が問い続けてきた「 誰もが望む人間向きの文化は何によって創られていくのだろうか?」に参加者と向き合いました。


「介護、実は、人間らしさを取り戻す文化活動だった!」
「理想の暮らしを語る会」2018年度活動レポート集発行!

《お知らせ》
サイエンズメソッド勉強会@八ヶ岳 2月3日~5日
SmileMAPミーティング(下関) 2月11日
サイエンズメソッド勉強会@東京~ 本当の自分に還るためのメソッド ~2月12日
人を聴くためのカレッジin 浜松 2月22日~24日
人を聴くためのカレッジin イーハトーヴ 3月1日~3日
ユネスコ認証教育プログラム「ガイアエデュケーション」HP
ガイアエデュケーション2018報告会&2019説明会―日程

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワン鈴鹿ツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●2月2日(土)~3日(日)
●2月9日(土)~11日(月)2泊3日
●2月10日(日)1DAYコース
●2月16日(土)~17日(日)
●2月23日(土)~24日(日)

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●2月6日(水)~2月11日(月)
●3月16日(土)~3月21日(木)
●4月28日(日)~5月3日(金)

**************************************************

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.28

◆本当の豊かさって?
2018年が過ぎ、新しい2019年が始まろうとしています。
みなさんにとって、どんな年だったか、そして新年をどんな年にしていきたいでしょうか。

アズワンネットワーク活動にとって2018年は、『次の社会へ 人知革命』の本が出版され、「サイエンズメソッド」が打ち出されました。そこに描かれた内容をみんなで輪読し、読み解き、理解する機会も設けられ、私たちがどんな社会を創造していきたいのか、そのイメージがよりいっそう明らかになってきた年だったと思います。そして、その深まりと共に、ネットワーク活動もより活発に現れてきたのではないでしょうか。

現在の社会は、物もサービスも豊かで便利になり、ますます進歩を遂げています。私たちの暮らしはその恩恵に浴するばかりです。しかし、もし、電気が止まったら、パソコンが動かなくなったら…、あたふたしたり、不平・不満が出たりしてしまいませんか? 生活の中で「あって当たり前」「やってもらって当然」として暮らしているとしたら、あるものの豊かさは見えず、ない時に不平・不満が出てくる貧しい心の状態なのかもしれません。本当の豊かさや本当の幸せとは、どんな心の状態にあるのでしょう? 

年の変わり目の今、心のゼロ状態を見直してみたいものです。あればあるだけ、してもらえばしてもらっただけ豊かさが増していく世界に。
新しい年に向かって、アズワンネットワークニュースをお届けします。



◆GENOA会議で注目「サイエンズメソッドを世界へ!」
近年の経済発展は気候変動問題を引き起こし、その対策に国際的な取り組みがなされています。COP24がポーランドで開催される中、グローバルエコビレッジネットワークの会議がバンコクで開かれアズワンのメンバーも参加しました。今、注目されつつあるアズワンネットワーク活動とは――


その①>>>http://as-one.main.jp/sb/log/eid1025.html
その②>>>http://as-one.main.jp/sb/log/eid1027.html

◆「今、ファームで思うこと」アカデミー生ブログより
「野菜だけじゃなくて、僕たち自身も自然からのプレゼントだよな」、「生きている」ことと「働く」こと、どっちが目的で手段なんだろう? サイエンズアカデミー生のタッキーこと岡田拓樹さんがファームでの近況の中で問いかけています。


http://www.scienz-school.org/blog/academy/log/eid6.html

◆お金を介在しない暮らし「JOY」がリニューアル!
お金を介在しないでモノをやりとりしている場所、「コミュニティスペースJOY」の空間が広くなりました。大きな食卓が置かれて、大勢で食事が出来るようになり、JOYの機能が少しずつ変化し、充実してきています。それに伴って、使う人たちの意識や気持ちにも変化があるようです。レポートをどうぞ!


http://as-one.main.jp/suzuka/sb1/log/eid1539.html

◆孤独を克服出来るのか?「そもそも談義」でアズワンの挑戦を語る
京都の風伝館で開かれた「そもそも談義」。現代は、衣食住足りて幸せになったか、というと、精神的飢餓=孤独が蔓延しているのでは? その孤独を克服できるのか?をテーマにみんなで考えました。


http://as-one.main.jp/sb/log/eid1023.html

◆自由になりたくて 吉田直美
「もっと自由に生きたい」と思っているあなた!
学校に拘束され、会社に縛られ、自由を求め続けてきた吉田直美さん(アズワンネットワーク・イーハトーブ)が、人生を振り返って、その求めていた「自由」とは何だったのか? そして「自由」になるには?を4回に渡って発信しています。


1 意識の囚われからの解放
2 人らしく生きる,それを知る
3 人の心に焦点が当たっているか
4 自由になるのは難しくない

◆韓国経済テレビにアズワン鈴鹿が放映されました
韓国経済テレビが、秋に鈴鹿コミュニティを取材に訪れ、11月24日に番組の中で取り上げられ放映されました。現在you tubeで視聴できます。韓国社会も様々な面で行き詰まりがあり、新たな道を探しているとのこと。その一つとしてアズワンに注目したものです。


http://as-one.main.jp/suzuka/sb1/log/eid1540.html

◆ものすごく暑いブラジルから、現地の熱いレポート!
サイエンズ研究所の小野雅司さんは、現在、ブラジルでのアズワンネットワーク活動のサポートで現地に渡っています。「ものすごく暑い!」というブラジルからのレポートです。


http://as-one.main.jp/sb/log/eid1026.html

◆人としての成長をサポートする―サイエンズスクールブログより
心の成長に重点を置くサイエンズスクールです。冒頭のあいさつで、心の豊かさについて述べましたが、そんな豊かな心を育み成長していく場としてのスクールで、各コースを開催しています。自分の内面を静かに見つめ直すことで、豊かな世界が展開していきます。そんな参加者の声を紹介しています。

自由なる心境は、自分を知ることからの始まり!
本当はどうしたかったんだろう?  何が言いたかったんだろう?
自分らしく自由に生きたい‥‥誰にでもある願いが叶えられる社会を探る!
自分の内面・気持ちや心をみてみると? 本心は?

◆「介護は新しい文化を創造する!」理想の暮らしを語る会
介護という現場には厳しいイメージがありますが、そこにある喜びや面白さ、やりがいを語り合い、「新しい文化を創造する」場であると、公開講座を通して見出しています。10月度のレポートをどうぞ!


http://as-one.main.jp/suzuka/sb1/log/eid1538.html

《お知らせ》
1/11(金) 「アズワン」に学ぶ持続可能なコミュニティづくり@横浜・善了寺
第3回人を聴くためのカレッジ
ユネスコ認証教育プログラム「ガイアエデュケーション」HP
ガイアエデュケーション2018報告会&2019説明会―日程
アズワンネットワーク インターナショナルミーティング2019

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワン鈴鹿ツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●1月5日(土)~6日(日)
●1月12日(土)~14日(月)2泊3日
●1月13日(日)1DAYコース
●1月19日(日)~20日(日)
●1月26日(土)~27日(日)

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●2019年2月6日(水)~2月11日(月)
●   3月16日(土)~3月21日(木)
●   4月28日(日)~5月3日(金)

**************************************************

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.27

人類は、より豊かに、快適に、と発展してきましたが、同時に自ら作ったルールが肥大化し、暴走しているのでしょうか。そのシステムの中で一人一人が息苦しさを感じながらも、スピードを緩められないまま、時間に追い立てられ、仲間や隣人と争い、自分を守ることに必死です。これを止める手立てはあるのでしょうか。その知恵とは?

その一つのアプローチとして、ローカリゼーション運動が世界各地で胎動してきています。今年も「しあわせの経済フォーラム2018」が開催され、活動家や仲間が集いました。呼びかけ人の一人、辻信一さん(明治学院大学)がフォーラムの冒頭で、「その解決には、しあわせの経済をそれぞれ各地に生み出す、ローカリゼーションを実現すること」という強いメッセージを発信していました。

いま社会は、資本主義経済が行き詰まり、民主主義も限界に達し、次の社会像が求められています。その社会モデルが規模は小さくても実際にあるとしたら… 。アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティは、そうした社会のモデルになろうと、試みを重ねています。産業、経済の仕組みから・人が尊重される社会システムを実験しています。今月のニュースをどうぞ!(編集部:いわた)



◆新しい社会の架け橋に―「しあわせの経済フォーラム」で発表
人、地域、自然のつながりを再生し、「生きる目的」と「安心して暮らせる未来」を再発見しようとする「ローカリゼーション」運動。世界と日本各地で活動する仲間たちが集った「しあわせの経済フォーラム2018」が、今年も11月11日に東京・明治学院大学で開催されました。
フォーラムにはアズワン鈴鹿コミュニティから2人が登壇し、片山弘子さんがその様子をレポートしています。


具体的モデルを生み出していきませんか
心の植民地化から解放されること

◆「なぜ、今、ぼくはここにいるのか」―アカデミー生ブログより
いまサイエンズアカデミーで学ぶ岡田拓樹くん(=下の写真)が次のように語っています。
「誰かが苦しむ世界はおかしい。誰も苦しまないで本当にその人らしく生きられる世界。その世界のために僕が出来ることって何だろう。国際協力をしたい!ボランティアをやりたい!平和学や貧困について学びたい。そんなことから明治学院大学を選び、大学では国際ボランティアサークルに入り、授業では南北問題や格差、貧困問題、環境問題など、なぜそういった問題が起きているのかその構造がどうなっているのか学んでいきました。
ボランティアの現地で、校外実習先のタイやブータンで僕たち自身がこの構造を作ってしまっていることに気付きショックだったことは今でも忘れられません。

解決しようとすればするほど、なぜ、問題は深刻化するのだろう。
僕はボランティアをやりながらこの矛盾にとても苦しめられました。
問題の根本原因は現地にではなく、僕自身の中にある。
そして僕は、一度立ち止まってよく自分自身と向き合いたいと思いました。」

そんな彼が「なぜ鈴鹿にいるのか」をブログに書いています。


「僕が鈴鹿にいるわけ」岡田拓樹

◆「やらせる」「やめさせる」がない子育てって?
そもそも争いの原因は、人が人を力で動かそうとすること。と言ったら何かピンときますか? 子育てでも、親が子どもに言い聞かせたり、強制して、子どもに言い聞かせる場面が多いと思います。でも、そうすることで、子どもの心はどうなっていくでしょうか。前回に引き続き鈴鹿コミュニティでの「やらせる」「やめさせる」がない子育ての試みを紹介します。舞子さん(=写真)にインタビューしました。


http://as-one.main.jp/suzuka/sb1/log/eid1536.html
鈴鹿モデル>「その子らしく育つ環境」
アズワンネットワークのホームページに新しく「その子らしく育つ環境」のページが出来ました。キンダーハウス・チェリッシュの試みが紹介されています。>>>http://as-one.main.jp/HP/suzuka8.html

◆「こんな暮らし方、こんな生き方があるんだ…」
鈴鹿コミュニティを訪れる人の感想で、「想像していたものとちがう」、とちょっと驚かれることが多いようです。下記に紹介する二つの記事もそんな内容ですが、頭で想像していたのと、実際に触れるのでは、やはり違うでしょう。話だけを聞いて、はるばるブラジルから来た人たちもいます。それには、それだけの熱い思いがあるのでしょうね。来て見て、それが何か、気づけるのかも知れません。自分自身の中にあるものに…。


「こんな暮らし方、こんな生き方があるんだ…!」
「本心で生きる」ことの価値を感じてーアズワンツアー参加者インタビュー

◆地域のコミュニティづくりに「アズワンお話会」
「子どもも大人も安心して、誰もが自分らしさを発揮できる温かいコミュニティをつくりたい」、そんな思いで活動しているお医者さんや子育て中のお母さんがいます。どんなコミュニティにしたいのか、その一つの参考モデルに「アズワンお話会」を開いて、地域のみんなで共有し合い、その可能性を探っています。

おかあさんの会でアズワンお話会IN長久手
岡山すこやかコミュニティでアズワン&ガイアお話し会

◆藝術とアズワンセミナー
「Art of Living」を実践する熊倉敬聡さん。慶応大学や京都造形大学の教授を経て現在は京都で活動しています。10月のアズワンセミナーに参加し、そこでの体験を『GEIJUTSU論――藝術2.0をさぐる思考の旅』という「Web春秋」の連載記事に執筆しています。熊倉さんが思考する“藝術2.0”に、アズワンがどう位置づけられるのか、興味深いエッセイです。


『アズワンネットワーク、あるいは〈中空=円〉の可能性』熊倉敬聡さん

◆ミッチーの旅日記〈四国・九州・山口〉へ
日本各地を旅してアズワンのお話しをしているミッチーこと北川道雄さん。今回は四国高知と、船で九州へ上陸し、宮崎、北九州、そして山口を周ってきました。どこに行っても温かく迎えてくれるみなさんがいるおかげです。ミッチーレポートをどうぞ!


http://as-one.main.jp/sb/log/eid1015.html

◆人としての成長をサポートする―サイエンズスクールブログより
「今の心境を一言で言い表すなら――なぜだろう。目的がはっきりすればするほど、それへの道筋が鮮明になればなるほど、肩の力が抜け、気持ちが軽くなっていく」
サイエンズスクールのコース参加者の感想の一節です。事実・実際、本来・本質を知ることで、心や気持ちや自分自身の内面が大きく変わっていきます。そんな中身の詰まったレポートです。


固定・隔てのない、健康な人と社会…!(1)
固定・隔てのない、健康な人と社会…!(2)
固定・隔てのない、健康な人と社会…‼ (3)
じっくり、ゆっくり、顧みる時間をもってみませんか…。

《お知らせ》
第3回人を聴くためのカレッジ
ユネスコ認証教育プログラム「ガイアエデュケーション」HP
ガイアエデュケーション2018報告会&2019説明会―日程
アズワンネットワーク インターナショナルミーティング2019

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワン鈴鹿ツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●12月1日(土)~2日(日)
●12月8日(土)~9日(日)
●12月9日(日)1DAYコース
●12月15日(日)~16日(日)
●12月22日(土)~24日(月)2泊3日

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●年末年始
2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)
2019年2月6日(水)~2月11日(月)
   3月16日(土)~3月21日(木)

**************************************************

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.25

先月は大型台風が通過し、鈴鹿でも一晩、停電を経験しました。普段いかに電気に支えられて暮らしているのか、その有難味を感じたものです。復旧には電力会社の人などの尽力がありましたが、電気も人の手で作られ、届けられていることを痛感した夜でした。
また、交差点の信号機も停電で止まっていました。日頃は信号を見て、ほとんど何も考えずに交差点を通過したり止まったりしていますが、この時は行き交う車も、慎重に左右を見て運転していて、信号機がなくてもぶつかることはなかったのです。つまり、ドライバー一人ひとりが、状況をよく見て、自分の頭で考えて行動しているようでした。

さて、私たちの日常はどうでしょう。予定や計画だから、決まったことだからやっているとか……。実は、状況が刻々と変化しているにも関わらず、決めた事に合わせて行動していないでしょうか。自分自身を振り返るととても多い気がします。そうして不測の事態に遭遇すると誰かのせいにしたり、人に振り回されてしまう。

そんな場面で自分の主体性が問われます。他に依存したり従属していては、自分の人生を、自分の本心を生きられません。今、鈴鹿コミュニティでも「主体性って何だろう?」と探究しています。私たちが望んでいる次の新しい社会は、一人ひとりが主体的なお互いになって、初めて人を支え合える社会が出来るように思います。
今月のメルマガから、そんな風をお届けします。


◆「物事が流れるには親しい人間関係が大事」―アズワンセミナー
9月度アズワンセミナーが開かれました。初めて会ったお互いが寝食を共にしながら探究する日々は、心の囲いが外れて、親しさや安心感が醸し出されていくようです。そこでの気づきや体験は、人生の大きな財産になるのかもしれません。


記事へ>>>http://as-one.main.jp/sb/log/eid979.html

◆アズワン鈴鹿ツアー参加者インタビュー
アズワン鈴鹿コミュニティに訪れた人から、「人の温かさを感じた」「自分が素直になれる」、そんな感想を耳にします。コミュニティにふれて、その人の中に元々あるものが動き出しているのかもしれません。最近訪れた、大学生や若者、親子で参加しお母さんたちの声をどうぞ!


「温かい空気をどう作っているの?」大学生インタビュー
「自分が素直になれる」若者インタビュー
「子どもたちに繋げていける理想的な社会を!」母親インタビュー

◆アズワンネットワークパンフレット発行
この度、アズワンネットワーク活動を小冊子にまとめたパンフレットが出来ました。今年6月にアズワンネットワークのホームページがリニューアルされたことをキッカケに、その内容をコンパクトにまとめたものです。A5判16ページ・カラー。

記事へ>>>http://as-one.main.jp/sb/log/eid982.html

◆サイエンズスクールブログより
誰でもが生涯を通して、心と知性を培い育て、豊かな人生を送ることを目指して、サイエンズスクールでは、「心」と「知性」の成長に重点を置いています。
そのために、安心した環境の中で、自分をみつめ、人や社会について、その根本から探究する機会として、現在では、毎週連続的に約7種の各コースを開催しています。そんなコースに参加した人たちのレポートをどうぞ!


固定した考えで、自分や人を縛っていないだろうか?
足るを知り・味わう、暮らしへ…
歌にも歌われている、世界は「一つ」、自分の中を探ってみると…
地に足ついた、幸福な人生を生きているだろうか?

◆「コース中の生活も貴重な体験」サイエンズスクールに参加して
先回、アズワンネットワーク福岡から参加した豊田高子さんの「人を聴くためのコース」のレポートを紹介しました。今回はその第2弾!「コースの暮らしについて」。人と人が「本当にラク」な関係になっていくってどういうことでしょう。ちょっと考えてみませんか?

記事へ>>>http://as-one.main.jp/sb/log/eid978.html

◆理想の暮らしを語る会
「自分らしく老い、最後まで自分らしく生きられる地域社会を目指して」
を趣旨に活動する「理想の暮らしを語る会」。8月25日の公開講座では、駒田雄一医師を講師に、「人生の振り返りが地域文化を創造する~地域のかかりつけ医が語る意思決定支援~」をテーマに講演とワークショップがありました。


人生の振り返りが地域の文化を創造する

◆SUZUKAファーム今年の米作りは
9月はじめ、鈴鹿は稲刈りの季節です。SUZUKA FARMでも地域の田んぼでお米の収穫を迎えていました。たった数人で作業が出来るのは? その秘密をFARMの稲垣さんに聞きました。


米作り…直接・間接、みな関わりあっている?

◆2ndCSS「社会・人間・心の“豊かさ”を探る」~科学技術の先にあるものとは

第7回人間社会にとって必要な研究とその実現とは?《3》

◆ガイアエデュケーション2期目終了、ガイアファミリーへ
ユネスコ認証の教育プログラム「ガイアエデュケーション」の2期目が9月で終了しました。スタッフをした片山弘子さん(GEN-Japan代表)がこの半年を振り返っています。


ガイアエデュケーション2期目を振り返る
「人類の未来!私たちがワールドシフト出来るかどうか」谷崎テトラさん講座

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワン鈴鹿ツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●10月6日(土)~8日(日)2泊3日
●10月13日(土)~14日(日)
●10月14日(日)1DAYコース
●10月20日(日)~21日(日)
●10月27日(土)~28日(日)

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●10月3日(水)~10月8日(月)(追加開催!)
●11月20日(火)~11月25日(日)
●年末年始
2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)
**************************************************
「ゼロからの探究会」
☆アズワンミーティング@アズワンネットワーク東京
●10月21日(日)10時~16時
場所は下保谷福祉会館1F和室にて 連絡先:080-5503-3015(城石)

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.24

夏の暑さが続いていますが、鈴鹿ではもう稲刈りシーズン。ツヤツヤの新米を頬張る季節です。秋は稔りの豊かさを感じさせてくれます。でも、本当は、お米も野菜も肉も魚も…いつでも自然界からの贈り物ばかり。そして享受しているものは自然の恵だけではありません。多くの「人の行為」も、日々浴びるように受けているのではないでしょうか。

今、私たちが、社会に暮らしていること自体、いろんな人の行為によって成り立っています。ゴミを出せば収集してくれる人。宅配を届けてくれる人。電気や水道やガスも、いろんな人の行為があってはじめて使えるようになっているのでしょう。

普段の暮らしの中で、当たり前になり過ぎて、仕事だから、お金を払っているから、やってもらって当然だ、としていたら、そこにある人の行為を知らず、受けているものも見えないままです。

実際の「人の行為」を知ることで、心が満たされ豊かさを増していく……そんな検討を、今ここ鈴鹿コミュニティで暮らしながらしています。本来の人と人とは? 実際の姿や営みって何だろう? そんな探究の日々です。

そして、知った分、見えてきた分だけ、姿や行為となって現れてくるように思います。その一端を、今月の記事から感じてもらえれば……とお届けします。


◆「本当に生きたい世界に出会う」アズワンセミナー
今、あなたが、この社会や身近な人間関係の中で感じているものは何でしょう? 息苦しさや窮屈さがあるとしたら… 世の中こんなものだとキメツケていませんか? では、本当に自分が生きたい世界とは、どんな世界なのでしょう?


8月度アズワンセミナー参加者インタビュー《前編》
8月度アズワンセミナー参加者インタビュー《後編》
安心・満足・分かち合う・幸せへの道を歩む


韓国アズワンセミナー「本当に生きたい世界に出会う」

◆「人っていいなぁ~」 人にふれる、人に出会うツアー
改めて、「人って何だろう?」と問い直し、その本質を探り、その理解が深まれば深まるほど、人の温かさで心が満ち足りてくるようです。人が人から受けたり、応えたり、求めたりしていることが見えてくるからでしょうか…
人の心は何によって満たされるのか? 人は何を求めているのか? そんな人との出会いを感じるアズワンスタディツアー。参加者インタビューをどうぞ!


「人にふれられた1泊2日でした」AsOneスタディツアー
「一人で頑張らなくてもいいんだ」

◆サイエンズスクールで成長しながら仲間づくり
「争いのない幸せな世界を実現したい」そんな願いで全国各地にアズワンネットワーク活動をしている人たちがいます。サイエンズスクールのコースに参加し、自分自身を見つめ、育ち合っていこうという仲間です。そんなレポートが届きました。


「人を聴くコース」に参加して―アズワンネットワーク福岡より

◆「自分らしい人生を、その人らしく生きられる社会を」サイエンズスクール
人の成長には、身体の健康や技能の習得も大事ですが、一人ひとりの人間性の成長、すなわち「心」と「知性」の成長に主眼を置いているのがサイエンズスクールです。
誰でもが生涯を通して、心と知性を培い育て、豊かな人生を送ることを目指しています。
そのために、安心した環境の中で、自分をみつめ、人や社会について、その根本から探究する機会として、約7種のコースを開催しています。各コース参加者のレポートを紹介します。


自分の中を観ていくと、自分を成り立たしているものが…
現状の自分と社会、誰でもが自由に生きられる社会って?
当たり前になっているものから自由へ

◆2ndCSS「社会・人間・心の“豊かさ”を探る」~科学技術の先にあるものとは
<サイエンズ研究所>主催によるCSS(Crossover Study Session)を開いています。研究分野の異なる研究者と語り合いながらその本質に迫っていくというセッションです。環境問題に取り組む内藤正明さんとの続きをどうぞ!


第6回人間社会にとって必要な研究とその実現とは?《2》

◆本当に主体的に生きるとは?
自分がどうしたいのか?と自分の内面に目を向けるのではなく、その場の空気や、やること、やらなければならないことに、自分を合わせていることはありませんか? 仕事や暮らしの中で本当に主体的に生きるとはどういうことでしょう。何かに従属してはいないでしょうか? こんな観点で見直してみてはいかがでしょう?
「今その行為は“自発的服従”になっていないか?」

◆本心からの願いが住みよい街につながる
京都のmumokutekiホールで、アズワン講座が開かれました。本当は本心で話したくても話せないという人たちに、鈴鹿コミュニティの実態はとても響いたようです。誰もが本心で生きられる社会は実現できることに共感が集まった講座です。


京都mumokutekiで「本心で生きられる社会づくり」講座


◆御師ミッチーの旅日記「奈良・信州」編
アズワンのミッチーこと北川さんは、北へ南へ全国を旅しています。迎えてくれる人たちの中でアズワンの輪が広がっているようです。御師(おんし)とは、その昔「お伊勢参り」を全国に知らせて回った人たちのこと。ミッチーもアズワンを伝えようと希望を灯す旅へ。今回は、奈良と信州〈前編〉をどうぞ!


みっちーの旅@奈良『種つながりの仲間達』
みっちーの旅《信州へ》前編


《お知らせ》
ガイアエデュケーション9月度公開講座「ワールドシフト・私の一歩で世界がつながる

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワンスタディツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●9月8日(土)~9日(日)
●9月9日(日)1DAYコース
●9月15日(土)~16日(日)
●9月16日(日)~17日(月)
●9月15日(土)~17日(月)2泊3日
●9月22日(土)~24日(月)2泊3日
●9月29日(土)~30日(日)

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●9月19日(水)~9月24日(月)
●10月3日(水)~10月8日(月)(追加開催!)
●11月20日(火)~11月25日(日)
**************************************************
「ゼロからの探究会」
☆アズワンミーティング@アズワンネットワーク東京
●9月17日(日)10時~16時
場所は下保谷福祉会館1F和室にて 連絡先:080-5503-3015(城石)

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -