アズワンネットワークニュースvol.27

人類は、より豊かに、快適に、と発展してきましたが、同時に自ら作ったルールが肥大化し、暴走しているのでしょうか。そのシステムの中で一人一人が息苦しさを感じながらも、スピードを緩められないまま、時間に追い立てられ、仲間や隣人と争い、自分を守ることに必死です。これを止める手立てはあるのでしょうか。その知恵とは?

その一つのアプローチとして、ローカリゼーション運動が世界各地で胎動してきています。今年も「しあわせの経済フォーラム2018」が開催され、活動家や仲間が集いました。呼びかけ人の一人、辻信一さん(明治学院大学)がフォーラムの冒頭で、「その解決には、しあわせの経済をそれぞれ各地に生み出す、ローカリゼーションを実現すること」という強いメッセージを発信していました。

いま社会は、資本主義経済が行き詰まり、民主主義も限界に達し、次の社会像が求められています。その社会モデルが規模は小さくても実際にあるとしたら… 。アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティは、そうした社会のモデルになろうと、試みを重ねています。産業、経済の仕組みから・人が尊重される社会システムを実験しています。今月のニュースをどうぞ!(編集部:いわた)



◆新しい社会の架け橋に―「しあわせの経済フォーラム」で発表
人、地域、自然のつながりを再生し、「生きる目的」と「安心して暮らせる未来」を再発見しようとする「ローカリゼーション」運動。世界と日本各地で活動する仲間たちが集った「しあわせの経済フォーラム2018」が、今年も11月11日に東京・明治学院大学で開催されました。
フォーラムにはアズワン鈴鹿コミュニティから2人が登壇し、片山弘子さんがその様子をレポートしています。


具体的モデルを生み出していきませんか
心の植民地化から解放されること

◆「なぜ、今、ぼくはここにいるのか」―アカデミー生ブログより
いまサイエンズアカデミーで学ぶ岡田拓樹くん(=下の写真)が次のように語っています。
「誰かが苦しむ世界はおかしい。誰も苦しまないで本当にその人らしく生きられる世界。その世界のために僕が出来ることって何だろう。国際協力をしたい!ボランティアをやりたい!平和学や貧困について学びたい。そんなことから明治学院大学を選び、大学では国際ボランティアサークルに入り、授業では南北問題や格差、貧困問題、環境問題など、なぜそういった問題が起きているのかその構造がどうなっているのか学んでいきました。
ボランティアの現地で、校外実習先のタイやブータンで僕たち自身がこの構造を作ってしまっていることに気付きショックだったことは今でも忘れられません。

解決しようとすればするほど、なぜ、問題は深刻化するのだろう。
僕はボランティアをやりながらこの矛盾にとても苦しめられました。
問題の根本原因は現地にではなく、僕自身の中にある。
そして僕は、一度立ち止まってよく自分自身と向き合いたいと思いました。」

そんな彼が「なぜ鈴鹿にいるのか」をブログに書いています。


「僕が鈴鹿にいるわけ」岡田拓樹

◆「やらせる」「やめさせる」がない子育てって?
そもそも争いの原因は、人が人を力で動かそうとすること。と言ったら何かピンときますか? 子育てでも、親が子どもに言い聞かせたり、強制して、子どもに言い聞かせる場面が多いと思います。でも、そうすることで、子どもの心はどうなっていくでしょうか。前回に引き続き鈴鹿コミュニティでの「やらせる」「やめさせる」がない子育ての試みを紹介します。舞子さん(=写真)にインタビューしました。


http://as-one.main.jp/suzuka/sb1/log/eid1536.html
鈴鹿モデル>「その子らしく育つ環境」
アズワンネットワークのホームページに新しく「その子らしく育つ環境」のページが出来ました。キンダーハウス・チェリッシュの試みが紹介されています。>>>http://as-one.main.jp/HP/suzuka8.html

◆「こんな暮らし方、こんな生き方があるんだ…」
鈴鹿コミュニティを訪れる人の感想で、「想像していたものとちがう」、とちょっと驚かれることが多いようです。下記に紹介する二つの記事もそんな内容ですが、頭で想像していたのと、実際に触れるのでは、やはり違うでしょう。話だけを聞いて、はるばるブラジルから来た人たちもいます。それには、それだけの熱い思いがあるのでしょうね。来て見て、それが何か、気づけるのかも知れません。自分自身の中にあるものに…。


「こんな暮らし方、こんな生き方があるんだ…!」
「本心で生きる」ことの価値を感じてーアズワンツアー参加者インタビュー

◆地域のコミュニティづくりに「アズワンお話会」
「子どもも大人も安心して、誰もが自分らしさを発揮できる温かいコミュニティをつくりたい」、そんな思いで活動しているお医者さんや子育て中のお母さんがいます。どんなコミュニティにしたいのか、その一つの参考モデルに「アズワンお話会」を開いて、地域のみんなで共有し合い、その可能性を探っています。

おかあさんの会でアズワンお話会IN長久手
岡山すこやかコミュニティでアズワン&ガイアお話し会

◆藝術とアズワンセミナー
「Art of Living」を実践する熊倉敬聡さん。慶応大学や京都造形大学の教授を経て現在は京都で活動しています。10月のアズワンセミナーに参加し、そこでの体験を『GEIJUTSU論――藝術2.0をさぐる思考の旅』という「Web春秋」の連載記事に執筆しています。熊倉さんが思考する“藝術2.0”に、アズワンがどう位置づけられるのか、興味深いエッセイです。


『アズワンネットワーク、あるいは〈中空=円〉の可能性』熊倉敬聡さん

◆ミッチーの旅日記〈四国・九州・山口〉へ
日本各地を旅してアズワンのお話しをしているミッチーこと北川道雄さん。今回は四国高知と、船で九州へ上陸し、宮崎、北九州、そして山口を周ってきました。どこに行っても温かく迎えてくれるみなさんがいるおかげです。ミッチーレポートをどうぞ!


http://as-one.main.jp/sb/log/eid1015.html

◆人としての成長をサポートする―サイエンズスクールブログより
「今の心境を一言で言い表すなら――なぜだろう。目的がはっきりすればするほど、それへの道筋が鮮明になればなるほど、肩の力が抜け、気持ちが軽くなっていく」
サイエンズスクールのコース参加者の感想の一節です。事実・実際、本来・本質を知ることで、心や気持ちや自分自身の内面が大きく変わっていきます。そんな中身の詰まったレポートです。


固定・隔てのない、健康な人と社会…!(1)
固定・隔てのない、健康な人と社会…!(2)
固定・隔てのない、健康な人と社会…‼ (3)
じっくり、ゆっくり、顧みる時間をもってみませんか…。

《お知らせ》
第3回人を聴くためのカレッジ
ユネスコ認証教育プログラム「ガイアエデュケーション」HP
ガイアエデュケーション2018報告会&2019説明会―日程
アズワンネットワーク インターナショナルミーティング2019

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワン鈴鹿ツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●12月1日(土)~2日(日)
●12月8日(土)~9日(日)
●12月9日(日)1DAYコース
●12月15日(日)~16日(日)
●12月22日(土)~24日(月)2泊3日

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●年末年始
2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)
2019年2月6日(水)~2月11日(月)
   3月16日(土)~3月21日(木)

**************************************************

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.25

先月は大型台風が通過し、鈴鹿でも一晩、停電を経験しました。普段いかに電気に支えられて暮らしているのか、その有難味を感じたものです。復旧には電力会社の人などの尽力がありましたが、電気も人の手で作られ、届けられていることを痛感した夜でした。
また、交差点の信号機も停電で止まっていました。日頃は信号を見て、ほとんど何も考えずに交差点を通過したり止まったりしていますが、この時は行き交う車も、慎重に左右を見て運転していて、信号機がなくてもぶつかることはなかったのです。つまり、ドライバー一人ひとりが、状況をよく見て、自分の頭で考えて行動しているようでした。

さて、私たちの日常はどうでしょう。予定や計画だから、決まったことだからやっているとか……。実は、状況が刻々と変化しているにも関わらず、決めた事に合わせて行動していないでしょうか。自分自身を振り返るととても多い気がします。そうして不測の事態に遭遇すると誰かのせいにしたり、人に振り回されてしまう。

そんな場面で自分の主体性が問われます。他に依存したり従属していては、自分の人生を、自分の本心を生きられません。今、鈴鹿コミュニティでも「主体性って何だろう?」と探究しています。私たちが望んでいる次の新しい社会は、一人ひとりが主体的なお互いになって、初めて人を支え合える社会が出来るように思います。
今月のメルマガから、そんな風をお届けします。


◆「物事が流れるには親しい人間関係が大事」―アズワンセミナー
9月度アズワンセミナーが開かれました。初めて会ったお互いが寝食を共にしながら探究する日々は、心の囲いが外れて、親しさや安心感が醸し出されていくようです。そこでの気づきや体験は、人生の大きな財産になるのかもしれません。


記事へ>>>http://as-one.main.jp/sb/log/eid979.html

◆アズワン鈴鹿ツアー参加者インタビュー
アズワン鈴鹿コミュニティに訪れた人から、「人の温かさを感じた」「自分が素直になれる」、そんな感想を耳にします。コミュニティにふれて、その人の中に元々あるものが動き出しているのかもしれません。最近訪れた、大学生や若者、親子で参加しお母さんたちの声をどうぞ!


「温かい空気をどう作っているの?」大学生インタビュー
「自分が素直になれる」若者インタビュー
「子どもたちに繋げていける理想的な社会を!」母親インタビュー

◆アズワンネットワークパンフレット発行
この度、アズワンネットワーク活動を小冊子にまとめたパンフレットが出来ました。今年6月にアズワンネットワークのホームページがリニューアルされたことをキッカケに、その内容をコンパクトにまとめたものです。A5判16ページ・カラー。

記事へ>>>http://as-one.main.jp/sb/log/eid982.html

◆サイエンズスクールブログより
誰でもが生涯を通して、心と知性を培い育て、豊かな人生を送ることを目指して、サイエンズスクールでは、「心」と「知性」の成長に重点を置いています。
そのために、安心した環境の中で、自分をみつめ、人や社会について、その根本から探究する機会として、現在では、毎週連続的に約7種の各コースを開催しています。そんなコースに参加した人たちのレポートをどうぞ!


固定した考えで、自分や人を縛っていないだろうか?
足るを知り・味わう、暮らしへ…
歌にも歌われている、世界は「一つ」、自分の中を探ってみると…
地に足ついた、幸福な人生を生きているだろうか?

◆「コース中の生活も貴重な体験」サイエンズスクールに参加して
先回、アズワンネットワーク福岡から参加した豊田高子さんの「人を聴くためのコース」のレポートを紹介しました。今回はその第2弾!「コースの暮らしについて」。人と人が「本当にラク」な関係になっていくってどういうことでしょう。ちょっと考えてみませんか?

記事へ>>>http://as-one.main.jp/sb/log/eid978.html

◆理想の暮らしを語る会
「自分らしく老い、最後まで自分らしく生きられる地域社会を目指して」
を趣旨に活動する「理想の暮らしを語る会」。8月25日の公開講座では、駒田雄一医師を講師に、「人生の振り返りが地域文化を創造する~地域のかかりつけ医が語る意思決定支援~」をテーマに講演とワークショップがありました。


人生の振り返りが地域の文化を創造する

◆SUZUKAファーム今年の米作りは
9月はじめ、鈴鹿は稲刈りの季節です。SUZUKA FARMでも地域の田んぼでお米の収穫を迎えていました。たった数人で作業が出来るのは? その秘密をFARMの稲垣さんに聞きました。


米作り…直接・間接、みな関わりあっている?

◆2ndCSS「社会・人間・心の“豊かさ”を探る」~科学技術の先にあるものとは

第7回人間社会にとって必要な研究とその実現とは?《3》

◆ガイアエデュケーション2期目終了、ガイアファミリーへ
ユネスコ認証の教育プログラム「ガイアエデュケーション」の2期目が9月で終了しました。スタッフをした片山弘子さん(GEN-Japan代表)がこの半年を振り返っています。


ガイアエデュケーション2期目を振り返る
「人類の未来!私たちがワールドシフト出来るかどうか」谷崎テトラさん講座

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワン鈴鹿ツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●10月6日(土)~8日(日)2泊3日
●10月13日(土)~14日(日)
●10月14日(日)1DAYコース
●10月20日(日)~21日(日)
●10月27日(土)~28日(日)

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●10月3日(水)~10月8日(月)(追加開催!)
●11月20日(火)~11月25日(日)
●年末年始
2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)
**************************************************
「ゼロからの探究会」
☆アズワンミーティング@アズワンネットワーク東京
●10月21日(日)10時~16時
場所は下保谷福祉会館1F和室にて 連絡先:080-5503-3015(城石)

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.24

夏の暑さが続いていますが、鈴鹿ではもう稲刈りシーズン。ツヤツヤの新米を頬張る季節です。秋は稔りの豊かさを感じさせてくれます。でも、本当は、お米も野菜も肉も魚も…いつでも自然界からの贈り物ばかり。そして享受しているものは自然の恵だけではありません。多くの「人の行為」も、日々浴びるように受けているのではないでしょうか。

今、私たちが、社会に暮らしていること自体、いろんな人の行為によって成り立っています。ゴミを出せば収集してくれる人。宅配を届けてくれる人。電気や水道やガスも、いろんな人の行為があってはじめて使えるようになっているのでしょう。

普段の暮らしの中で、当たり前になり過ぎて、仕事だから、お金を払っているから、やってもらって当然だ、としていたら、そこにある人の行為を知らず、受けているものも見えないままです。

実際の「人の行為」を知ることで、心が満たされ豊かさを増していく……そんな検討を、今ここ鈴鹿コミュニティで暮らしながらしています。本来の人と人とは? 実際の姿や営みって何だろう? そんな探究の日々です。

そして、知った分、見えてきた分だけ、姿や行為となって現れてくるように思います。その一端を、今月の記事から感じてもらえれば……とお届けします。


◆「本当に生きたい世界に出会う」アズワンセミナー
今、あなたが、この社会や身近な人間関係の中で感じているものは何でしょう? 息苦しさや窮屈さがあるとしたら… 世の中こんなものだとキメツケていませんか? では、本当に自分が生きたい世界とは、どんな世界なのでしょう?


8月度アズワンセミナー参加者インタビュー《前編》
8月度アズワンセミナー参加者インタビュー《後編》
安心・満足・分かち合う・幸せへの道を歩む


韓国アズワンセミナー「本当に生きたい世界に出会う」

◆「人っていいなぁ~」 人にふれる、人に出会うツアー
改めて、「人って何だろう?」と問い直し、その本質を探り、その理解が深まれば深まるほど、人の温かさで心が満ち足りてくるようです。人が人から受けたり、応えたり、求めたりしていることが見えてくるからでしょうか…
人の心は何によって満たされるのか? 人は何を求めているのか? そんな人との出会いを感じるアズワンスタディツアー。参加者インタビューをどうぞ!


「人にふれられた1泊2日でした」AsOneスタディツアー
「一人で頑張らなくてもいいんだ」

◆サイエンズスクールで成長しながら仲間づくり
「争いのない幸せな世界を実現したい」そんな願いで全国各地にアズワンネットワーク活動をしている人たちがいます。サイエンズスクールのコースに参加し、自分自身を見つめ、育ち合っていこうという仲間です。そんなレポートが届きました。


「人を聴くコース」に参加して―アズワンネットワーク福岡より

◆「自分らしい人生を、その人らしく生きられる社会を」サイエンズスクール
人の成長には、身体の健康や技能の習得も大事ですが、一人ひとりの人間性の成長、すなわち「心」と「知性」の成長に主眼を置いているのがサイエンズスクールです。
誰でもが生涯を通して、心と知性を培い育て、豊かな人生を送ることを目指しています。
そのために、安心した環境の中で、自分をみつめ、人や社会について、その根本から探究する機会として、約7種のコースを開催しています。各コース参加者のレポートを紹介します。


自分の中を観ていくと、自分を成り立たしているものが…
現状の自分と社会、誰でもが自由に生きられる社会って?
当たり前になっているものから自由へ

◆2ndCSS「社会・人間・心の“豊かさ”を探る」~科学技術の先にあるものとは
<サイエンズ研究所>主催によるCSS(Crossover Study Session)を開いています。研究分野の異なる研究者と語り合いながらその本質に迫っていくというセッションです。環境問題に取り組む内藤正明さんとの続きをどうぞ!


第6回人間社会にとって必要な研究とその実現とは?《2》

◆本当に主体的に生きるとは?
自分がどうしたいのか?と自分の内面に目を向けるのではなく、その場の空気や、やること、やらなければならないことに、自分を合わせていることはありませんか? 仕事や暮らしの中で本当に主体的に生きるとはどういうことでしょう。何かに従属してはいないでしょうか? こんな観点で見直してみてはいかがでしょう?
「今その行為は“自発的服従”になっていないか?」

◆本心からの願いが住みよい街につながる
京都のmumokutekiホールで、アズワン講座が開かれました。本当は本心で話したくても話せないという人たちに、鈴鹿コミュニティの実態はとても響いたようです。誰もが本心で生きられる社会は実現できることに共感が集まった講座です。


京都mumokutekiで「本心で生きられる社会づくり」講座


◆御師ミッチーの旅日記「奈良・信州」編
アズワンのミッチーこと北川さんは、北へ南へ全国を旅しています。迎えてくれる人たちの中でアズワンの輪が広がっているようです。御師(おんし)とは、その昔「お伊勢参り」を全国に知らせて回った人たちのこと。ミッチーもアズワンを伝えようと希望を灯す旅へ。今回は、奈良と信州〈前編〉をどうぞ!


みっちーの旅@奈良『種つながりの仲間達』
みっちーの旅《信州へ》前編


《お知らせ》
ガイアエデュケーション9月度公開講座「ワールドシフト・私の一歩で世界がつながる

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワンスタディツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●9月8日(土)~9日(日)
●9月9日(日)1DAYコース
●9月15日(土)~16日(日)
●9月16日(日)~17日(月)
●9月15日(土)~17日(月)2泊3日
●9月22日(土)~24日(月)2泊3日
●9月29日(土)~30日(日)

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●9月19日(水)~9月24日(月)
●10月3日(水)~10月8日(月)(追加開催!)
●11月20日(火)~11月25日(日)
**************************************************
「ゼロからの探究会」
☆アズワンミーティング@アズワンネットワーク東京
●9月17日(日)10時~16時
場所は下保谷福祉会館1F和室にて 連絡先:080-5503-3015(城石)

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.23

連日の猛暑に豪雨被害、異例の台風進路と思いがけない天候に、みなさんお元気でお過ごしでしょうか。もし被害に遭われた方々や猛暑の中で復旧作業に当たられている皆様には心からお見舞い申し上げます。

異常気象や気候変動が叫ばれて久しく、近年ますますその影響が大きくなっているようです。社会がグローバルなシステムで動き、暴走しているように見えると、個人の力では変えようがない、非力にさえ思ってしまう。しかし、それも一つの思い込み、キメツケかもしれません。そんな状況や周りに合わせてしまうのか、本当はどうしたいのか? 自分自身の内面に目を向けたとき、本心は、どうなっているのでしょう?

アズワンネットワーク活動は、人と人がその本心でつながり、一人ひとりが本心で生きられる社会をつくる活動です。人間は自然とも一つです。自然の一部でもある人間だからこそ、自然と調和した暮らしや生き方が出来るのだと思います。

今月は、アメリカから若者たちがアズワン鈴鹿コミュニティを訪れました。また、「U理論」のWebでもアズワンの実践が取り上げられています。ますます、人類に待たれている活動であること、今、求められている実践であるのではないかと思います。その溢れる活動をお届けします!



◆世界に広がるアズワンネットワーク

◆アメリカ高校生が感じた「世界平和」
7月は、アメリカの高校生たちがワールドユースジャパンの企画でアズワン鈴鹿コミュニティを訪れ4泊5日を過ごしました。彼らが感じたものは、人が本当に大事にしたいこと、大切に思うことでした。気持ちを出し合って話し合うことや、ルールではなく本心を知ること、そして「今のアメリカ社会に必要なことだ」と語っています。文化や人種を超えて伝わっていく人間の本質的なものがありそうです。インタビューをご覧ください。また、同時期にアメリカから2度目の来訪者がありました。


アメリカの高校生アズワン鈴鹿コミュニティ体験《前編》
アメリカの高校生アズワン鈴鹿コミュニティ体験《後編》
アメリカから2度目のスタディツアー

◆「U理論」のWEBにアズワン鈴鹿コミュニティの試みが紹介
今、世界が注目する「U理論」。主にマネージメントの手法として脚光を浴びていますが、実は、資本主義を変革し、新たな社会を創造する理論として研究されているものです。そのWEBにアズワンネットワーク鈴鹿コミュニティの活動が紹介されました。今後、どんな広がりが出てくるか楽しみです。


http://as-one.main.jp/sb/log/eid958.html

◆ブラジル・韓国で、サイエンズスクールのコース開催
この間、ブラジルや韓国でもサイエンズスクールのコースが開催されています。それぞれの地にサイエンズメソッドの種が蒔かれ、芽吹きはじめています。新しい知性によって、とらわれキメつけから解放され自由で安心した人生・社会が一人ひとりの中に明らかになってきています。


ブラジル便り7月「自分」「人生」を知るコース&セミナー開催
韓国で「自分を知るためのコース」開催

◆「本当に生きたい世界に出会う」アズワンセミナー開催
皆さんは今、どんな世界に生きていますか?
ちょっとしたことでイライラしたり、不平不満を感じたり、過去を悔んだり… あるいは、毎日やりたいことをやって充実した日々です、とか。人それぞれに感じ方や受け止め方がありますね。でも、その感じている世界を事実実際だと思い込んでいませんか? 本当はどんな世界に私たちは生きているんでしょう。自分の内面にある世界と実際の世界… 5泊6日をかけて探究したアズワンセミナー参加者にインタビューしてみました。


アズワンセミナーで出会った「生きたい世界」《前編》
アズワンセミナーで出会った「生きたい世界」《後編》
「やること」の縛りから、「私の気持ち」への解放

◆2ndCSS「社会・人間・心の“豊かさ”を探る」~科学技術の先にあるものとは
<サイエンズ研究所>主催による2ndCSS(Crossover Study Session 新しきを創造する 垣根を超えた 研究セッション)を環境問題に取り組む内藤正明さんと行いました。研究分野の異なる研究者と語り合い、それぞれのテーマを投げかけ合いながらその本質に迫っていくというセッション。その序盤です。


第1回プロローグ
第2回何のための研究か?専門化し細分化している現状《1》
第3回何のための研究か?専門化し細分化している現状《2》
第4回何のための研究か?専門化し細分化している現状《3》
第5回人間社会にとって必要な研究とその実現とは?《1》

◆理想の暮らしを語る会「患者に寄り添うとは」
「介護は新しい文化を創造する」というテーマで公開講座を開き続けている「理想の暮らしを語る会」。ちょっと飛んだテーマだと思いながらも、ようやく日常の暮らしの中でそのことが芽吹き始めてきているようです。


http://as-one.main.jp/suzuka/sb1/log/eid1519.html
理想の暮らしを語る会8月度公開講座@鈴鹿

◆御師ミッチーの旅日記「中国・九州」編
アズワンのミッチーこと北川さんは、今回は中国・九州へ出かけました。出向いた先々で迎えてくれる人たちがいて、アズワンの輪が広がっているようです。御師(おんし)とは、その昔「お伊勢参り」を全国に知らせて回った人たちのこと。ミッチーもアズワンの存在を伝えようと全国を旅しています。希望の光を灯す旅。


ミッチーの旅《岡山編~》「子育て応援コミュニティを!」
ミッチーの旅《九州編1》
ミッチーの旅《九州編2》

◆「NCU 次世代型コミュニティ大学」受講者募集中!
真の豊かさは「自分らしさと居心地の良いコミュニティ」にある。
いつの時代も人類が求めるものに変わりはない。
そう呼びかるのは、「三角エコビレッジ サイハテ」で活動する坂井勇貴さん。「NCU 次世代型コミュニティ大学」を立ち上げ、今受講者を呼び掛けています。
アズワン鈴鹿コミュニティの小野雅司さんも講師として参加します。興味のある方はご参加ください。

http://as-one.main.jp/sb/log/eid961.html

《お知らせ》
ガイアエデュケーション9月度公開講座「ワールドシフト・私の一歩で世界がつながる

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワンスタディツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●8月3日(金)~5日(日)2泊3日
●8月11日(土)~12日(日)
●8月12日(日)1DAYコース
●8月18日(土)~19日(日)
●8月25日(土)~26日(日)

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●8月10日(金)~8月15日(水)
●9月19日(水)~9月24日(月)
●11月20日(火)~11月25日(日)
**************************************************
「ゼロからの探究会」
☆アズワンミーティング@アズワンネットワーク東京
●8月19日(日)10時~16時
場所は下保谷福祉会館1F和室にて 連絡先:080-5503-3015(城石)

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.22

梅雨もまもなく明けそうな時期ですね。太陽の日差しをいっぱいに受けて夏野菜が今ぐんぐん育っています。みずみずしい野菜たちが食卓で大賑わい。
ところで、その太陽の熱ですが、太陽が熱く燃えているから、日差しが暑いと感じてはいないでしょうか? 実は、太陽の熱が直接地球に届いているわけではないそうです。宇宙空間は真空で熱は伝わりません。この熱が伝わる仕組みは太陽の電磁波が伝わってきて、それが人の体内分子を振動させて、熱を発生させているんだとか。
太陽に手をかざして、「暑い暑い、陽射しが強いからな~」なんていうのは、まさに人間の感覚の世界なんですね。

「人間の考え」と「実際の世界」
ここにある違いをどのように思いますか。

「相手がこうしたから、自分がこうなった、ムッとした」、なんて場合も、自分の考えと実際とはずいぶん異なるかもしれません。自分の考えが自分の頭の中のことだと気づけば、実際はどうなっているんだろう? と関心が向く方も違ってくるでしょう。
ゼロから実際はどうか?と探究していくサイエンズメソッドの実践がいろんなところで実現しています。今月のニュースをご覧ください!



◆アズワンネットワークHPがリニューアル!
これまで、「アズワンネットワーク」「鈴鹿コミュニティ」「アズワンセミナー」のホームページがそれぞれありましたが、それらがアズワンネットワークの中に位置づけられ新しいホームページになりました。アズワンネットワーク活動の「理念と方法」、その「鈴鹿モデル」、そして「世界へ展開」していく道筋が、より分かりやすくなったと思います。その方法としてのサイエンズメソッドを学び体験する機会がアズワンセミナーです。

http://as-one.main.jp/sb/log/eid934.html
アズワンネットワークHP>>>http://as-one.main.jp/HP/index.html

◆サイエンズアカデミー生によるブログがスタート
今年4月からサイエンズアカデミーが開校され、アカデミーに関心を持つ人が出てきたことから、アカデミー生活がどういうものか、どんな暮らしをしているかを紹介するブログが始まりました。
http://as-one.main.jp/zaidan/blog/log/eid0.html
サイエンズアカデミーHP>>>http://as-one.main.jp/zaidan/HP/

◆「世界と私が一つに」アズワンセミナーで出会った世界
本当の願いがあるのに、どうせ出来ないと諦めていたことが、本当に安心したお互いの中でゼロから探究していくと、出会える世界があります。「ホントに生きたい世界」

http://as-one.main.jp/sb/log/eid937.html
私は、何によって生きているのだろうか?

◆海外の研究者が見た「次の社会」の試みとは
最近は海外からの研究者がアズワン鈴鹿コミュニティを訪れるようになりました。サイエンズの研究にも触れながら、自身の研究の意味も深まっていくようです。

フィリピンのサラさん「内面の探究が現れる」(前編)
フィリピンのサラさん「内面の探究が現れる」(後編)
ブラジルの研究生・リッチーさんのスタディツアー

◆雑誌やラジオで紹介された「新しい試み」
「働き方改革」が進められている中で、マスコミも新しい働き方に注目!
サンデー毎日に「おふくろさん弁当」の働き方が掲載
FM京都αStationにGEN-Japanの片山弘子さんゲスト出演

◆ブラジル便り6月「カンピ―ナス大学で講演会」
サイエンズ研究所の小野さんは現在、ブラジルで活動中!

http://as-one.main.jp/sb/log/eid936.html

◆ミッチーの旅日記から高知~兵庫編《後編》
アズワンの空気を届けるミッチーこと北川さんの旅日記です。


http://as-one.main.jp/sb/log/eid930.html
ミッチーの中国・九州の旅7月の予定

◆『いきたひ』上映会で「死と生」を見つめ直す
「理想の暮らしを語る会」の中井さんが、映画監督とトークセッション。死を見つめて生を考える一日に。

http://as-one.main.jp/suzuka/sb1/log/eid1515.html

◆恵共同体のアズワン物語《後編》
5月に韓国からやってきた恵共同体の81人が鈴鹿コミュニティで過ごした2泊3日のエピソードを13編の物語にしています。前回に引き続いての後編です。

恵・アズワン物語〈5〉「準備の中にある目的」
恵・アズワン物語〈6〉「計画というフィクション」
恵・アズワン物語〈7〉「人と人が出会うとき」
恵・アズワン物語〈8〉「フィクションからの解放」
恵・アズワン物語〈9〉「フィクションの向こうにあるもの」
恵・アズワン物語〈10〉「利己心」
恵・アズワン物語〈11〉「おふくろさん弁当は今」
恵・アズワン物語〈12〉「心のゼロ地点を求めて」

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワンスタディツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●7月7日(土)~8日(日)
●7月8日(日)1DAYコース
●7月14日(土)~16日(月)2泊3日
●7月21日(土)~22日(日)
●7月28日(土)~29日(日)

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●7月14日(土)~7月19日(木)
●8月10日(金)~8月15日(水)
●9月19日(水)~9月24日(月)
**************************************************
「ゼロからの探究会」
☆アズワンミーティング@アズワンネットワーク東京
●7月15日(日)10時~16時
場所は下保谷福祉会館1F和室にて 連絡先:080-5503-3015(城石)

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.21

緑眩しく過ごしやすい季節を迎えています。この地上で、太陽や自然の恵みを受けて暮らしている私たち。一方的にもたらされるその豊かさは、自然界からの贈り物に限らず、昔の人たちが作り出してきた様々な発明や社会システムなどの集積もあります。その上に、今の社会があり、その営みの中で私たちは暮らしています。

この豊かさに満ちた「実際の世界」。そこに目を向けたとき、人間が頭の中で作り出しているものが、一つの「フィクション」(虚構)であることに気づくでしょう。そして、フィクションがフィクションだと自覚出来たとき、その一人は世界を変えていく存在になっていくはず。
アズワンネットワークは、そういうお互いに成り合っていく「一つ」のつながりとも言えるでしょう。今月のニュースをどうぞ! 



◆韓国からの81人と共に試みた「次の社会」
ゴールデンウイーク中に韓国恵共同体から81人がアズワン鈴鹿コミュニティにスタディツアーにやってきました。その受け入れでは、コミュニティメンバーが自発的に役割につき運営されました。最近話題の「次世代型組織運営(ティール組織)?」のようだったとメンバーが語っています。現在「恵・アズワン物語」として連載中。どのような組織運営だったのでしょう?そしてそこで見えてきたものは?


韓国恵共同体81人のスタディツアー!
恵共同体・アズワン物語〈0〉「感動の涙」
恵共同体・アズワン物語〈1〉「出会い」
恵共同体、アズワン物語〈2〉「自由意志による運営」
恵共同体・アズワン物語〈3〉「本来その人の中にあるもので…」
恵共同体、アズワン物語〈4〉「一つのチームになるには」


◆ホントに生きたい世界に出会う
フィクションをフィクションと気づき、実際の自分、人、社会を知りながら、人間らしく生きられる社会を実現していく方式が「サイエンズメソッド」。その方式を体験しながら学ぶ機会が「アズワンセミナー」です。ゴールデンウイーク中に開催されたセミナーの参加者がとらえた、科学の視点からの「サイエンズメソッド」とは?

科学の目から見たサイエンズメソッドの可能性
新しい学びのスタイル アズワンセミナー

◆「サイエンズメソッド」世界へ展開 
昨年の第1回ガイアエデュケーションにメキシコから講師で訪れたジョバンニチャ―ロさんが、世界中の卒業生へのニュースレターで、アズワンのことに触れ、真の人間性への復帰を呼びかけています。私たち人間がなぜこの地球に生きるのか、アズワンの問いに戻ろうと説く内容です。


世界の仲間へ発信「The World as one」ガイアのジョバンニさん

◆韓国・サイエンズスクールコリア開所式
韓国江華でサイエンズスクールコリアの開所式が行われました。地域社会からの応援を受けてスタートです。


http://as-one.main.jp/sb/log/eid912.html

◆ゼロからの見直し「おふくろさん弁当」次の一歩へ
今、また、ゼロ地点に戻って「人のための会社」とは、「本当に美味しいお弁当」とは、と研究が始まっています。


http://as-one.main.jp/suzuka/sb1/log/eid1508.html

◆ミッチーの旅日記から高知編
世界が一つになることを描き、ネットワークの旅を続けている道案内人のミッチー。今回は高知からの日記です。


http://as-one.main.jp/sb/log/eid917.html

◆安心して看取られる地域の施設を創りたい
家族に見守られなくても、安心して看取られる場が地域に出来たら…「理想の暮らしを語る会」では、既存の枠に嵌らない、新しい発想が生まれているようです。


http://as-one.main.jp/suzuka/sb1/log/eid1507.html


******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワンスタディツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●6月2日(土)~3日(日)
●6月9日(土)~10日(日)
●6月10日(日)1DAYコース
●6月16日(土)~17日(日)
●6月23日(土)~24日(日)
●6月30日(土)~7月1日(日)

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●6月9日(土)~6月14日(木)
●7月14日(土)~7月19日(木)
●8月10日(金)~8月15日(水)
**************************************************
「ゼロからの探究会」
☆アズワンミーティング@アズワンネットワーク東京
●6月17日(日)10時~16時
場所は下保谷福祉会館1F和室にて 連絡先:080-5503-3015(城石)

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.20

今年、鈴鹿では、たくさんの竹の子料理やタラの芽の天ぷらが食卓に並びました。全部贈り物で、お金で買わなくても、春の恵みを満喫できるのは季節の良さもありますが、それだけではない、人と人との繋がりの豊かさを感じます。
鈴鹿は今、田植えの真っ盛り。アズワンネットワークの各地の話題をお届けします。



◆自分の周りの小さな世界を作り直そうよ~ガイアエデュケーションスタート
アズワン鈴鹿コミュニティを舞台に、えこびれっじネット日本が主催するガイアエデュケーション2018が始まりました。そのオープニングの公開講座への出席も兼ねて、文化人類学者で、ローカリゼイションの旗手の辻信一さん、タイの環境・平和運動指導者プラチャー・フタヌワットさんとその家族が、鈴鹿コミュニティにやってきました。サイエンズメソッドによる社会づくりの実態に触れ、新たな実践の可能性を感じられたようです。


自分の周りの小さな世界を作り直そうよ~ガイアエデュケーションスタート

◆韓国の活動家たちのスタディツアー
韓国でさまざまな社会運動を展開している活動家11名がスタディツアーに参加しました。アズワンネットークでは「話し合う」の際に、「聴き合う」ことに重点を置いていますが、韓国では「話し合う」=「対話」ということで、相手の話を聴くということには、あまり重点を置いてないそうです。人と人が聴き合うという文化に初めて触れて新鮮な体験をしたようです。


韓国の活動家たちのスタディツアー

◆トランジションタウン栃ノ木からミッチーの旅レポ
「『次の社会』への道筋・方法がある。これを全国の人たちに知ってもらいたい」アズワンネットワーク事務局の北川道雄さんは日本全国を飛び回ってますが、今回は関東・静岡方面を旅してきました。
そのお話し会に参加した人たちから、喜びのレポートが届いています。


トランジションタウン栃ノ木からミッチーの旅レポ

◆ホントに生きたい世界に出会う「アズワンセミナー」
4月30日~アズワンセミナーが開催されています。
アズワンセミナーとは一体どんなセミナーなのでしょう?世の中にはさまざまなセミナーがありますが、なぜアズワンセミナーなのか!? セミナーの目指すものをサイエンズスクールスタッフが分かりやすく話してくれています。


ホントに生きたい世界に出会う「アズワンセミナー」

◆次世代型組織運営で受入準備!?ーGWに韓国から80人
アズワン鈴鹿コミュニティに5月4日から7日まで韓国ソウルにある惠共同体のメンバー81人が訪れます。こんなに多人数を一度に受け入れるのは初めてのこと。さぞかし現場はてんやわんやで大変と思いきや、そうでもないようです。リーダーも支持系統もない不思議な組織運営で楽しく準備が進んでいるようです。


次世代型組織運営で受入準備!?ーGWに韓国から80人

◆本当は何を聴きたいのだろう?
話し合いは、家族でも会社や職場でも日常生活には欠かせないものでしょう。しかしなぜか話し合えば話し合うほど仲が悪くなったりします。相手のことを分かりたい、仲良くしたいのに、何が原因なのでしょうか。そこを超えて話し合えるようになるには、どうやら「聴く」というところに大きな秘密があるようです。


本当は何を聴きたいのだろう?

◆鈴鹿コミュニティNOW
子どもからシニアまでが、里山に集ってたけのこ堀り。最近ではあまり見かけない光景でしょう。楽しいそうな写真もいっぱいです。


里山NOW“たけのこ堀り”
2018年の稲作「種まき」編

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワンスタディツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●5月12日(土)~13日(日)
●5月13日(日)1DAYコース
●5月19日(土)~20日(日)
●5月26日(土)~27日(日)

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●6月9日(土)~6月14日(木)
●7月14日(土)~7月19日(木)
**************************************************
「ゼロからの探究会」
☆アズワンミーティング@アズワンネットワーク東京
●5月20日(日)10時~16時
場所は下保谷福祉会館1F和室にて 連絡先:080-5503-3015(城石)
5月アズワンミーティングin浜松
●5月25日~5月26日コミュニティ・カフェ jimicen

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.19

 今年は桜の咲き始めを聞いたと思ったら、瞬く間に満開のニュース。春爛漫と思いきや各地から真夏日のニュース。それでも満開の桜を見るとワクワクしますね。
 アズワンネットワーク活動も「次の社会」へ向けて、ワクワクするようなニュースが満載です。どうぞお読みください。



◆本当に自分らしい人生を、一人一人がその人らしく生きられる社会を、本気で実現してみませんか!アズワンセミナーへ
 日常は、身近な人との人間関係や、生き方の悩みなど、自分なりに考えて、改善していこうとする場合が多いでしょう。しかし、あのアインシュタインも「ある問題を引き起こしたのと同じマインドセットのままで、その問題を解決することはできない」と言っているように、今まで知らず知らずのうちに身につけてきた自分の考え方の枠の中では、本当の意味での解決は難しいと思います。
 アズワンセミナーでは、人間関係のあらゆる問題や、社会問題、心の問題などの根本原因を、教わるのでなく、ゼロから自分自身の内面を探究することによって根本的に解決する方法である「サイエンズメソッド」を実際に体験しながら学ぶ機会です。
 「サイエンズメソッド」は、本質的に持続可能な社会づくりを試みるアズワン鈴鹿コミュニティサイエンズスクールでの17年にわたる探究・実践によって、自然や人、物などあらゆるものの本質を知って、そのものらしく生かしていく方法として確立されてきました。
 この機会に、新たな世界への一歩を、踏み出してみませんか。

★次回ゴールデンウイークに開催>>>4月30日~5月5日
★参加してみたい方>>>こんな人におすすめ
★参加しての感想は>>>こちらからどうぞ
★お申し込みは>>>こちらから

◆初の試み!サイエンズ研究所が研究者とセッション
 現代には多様な学問や研究分野があり、一見すると個々別々の研究にも見えます。しかし、アインシュタインの言葉で、「物理学と心理学は私たちの経験を一緒につなぐ系統立った思考による違った試みにすぎない」とあるように、「一つ」の同じものを、それぞれの立場から、アプローチしているだけなのかも知れません。
 サイエンズ研究所による「Crossover Study Session」(CSS)が始まりました。

1 プロローグ
2「なぜ、今家族農業か?」
3「人が学び育つ環境とは?」

◆鈴鹿コミュニティを舞台に「アズワンスタディツアー1DAYコース」始まる
 人って何だろう?社会って何?その本質を探究し、一つのモデルとして試みているのがアズワン鈴鹿コミュニティです。17年間の研究と試験を重ねながら現在進行中のコミュニティ。アズワンの世界を小さな社会として形に現わそうとしています。1DAYスタディツアーも企画され、いま各地より訪れる人たちが増えています。


アズワンスタディツアー 1DAYコース始まる
★村おこしの実践家15名が、想像で終わらない「次の社会」創造を体感
「茨木ほくちの会」の皆さんを迎えて問われたこと
茨木ほくちの会 横峰さんのFBより
「やっぱり本来はこうだよね」AST_1DAY
★ゼロから考えてみる、心に向き合ってみる
「40代からの移住計画」ブログでアズワンスタディツアー紹介

◆「サイエンズメソッド」を知って、ちょっと体験してみよう
 人が本心で生きられる幸せな社会の実現方式、「サイエンズメソッド」に触れる機会が広がっています。


サイエンズメソッドで幸せな社会を!岩手でセミナー
一つの職場メンバーで「職場づくりカレッジ」開催
「職場づくりカレッジ」参加者レポート
「ていねいに暮らしを創る~エコ・コミュニティ入門」でサイエンズメソッドを紹介

◆人生・生き方を探究する
 人生とは何か、人生の目的や生きがいとは何だろう。人の一生を観察すると何が見えてくるでしょう。そこから、人生を知り、自分に最も適した生き方、本当の人生を探っていくと……。

「今を、自分を、生きているだろうか?」

◆『SCIENZ』を知るために
 人類史上いまだかつて、誰もが願っていながら成し得なかった「社会」とその実現への道筋を明らかにした本『SCIENZ No.6』が発刊されました。感想が寄せられています。

心温まる世界!『次の社会へ 人知革命』読後感

◆自然の中で感性を磨こう!
 「季節」を味わい、「農」を通した新しき感性の開拓の扉を、童心から叩かれているシニアの人たちの思い。

「じゃがいもを植えよう~」
里山NOW

◆鈴鹿コミュニティの暮らしの一コマ
 事務所の下で、何かかわいらしい笑い声がすると思ったら……
 「今日はみそつくり。お母さんたちと一緒に、子どもたちもすっかりその気です。まず米麹つくり。明日、麹の花が咲いてるかな~~」(Nおじいちゃん)

キンダーハウスの子どもたち

◆お知らせ
 ローカリゼーションの騎手、辻信一さんが再び鈴鹿にやってくる!

辻信一さん公開講座「ローカルから始まる地球のこと」@鈴鹿
理想の暮らしを語る会4月度公開講座@鈴鹿

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワンスタディツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●4月 7日(土)~ 8日(日)
●4月 8日(日)1DAYコース
●4月14日(土)~15日(日)
●4月21日(土)~22日(日)
●4月28日(金)~30日(日)

アズワンセミナー「わたしらしく生きるために」
●4月30日(月)~5月5日(土)
●6月9日(土)~6月14日(木)
●7月14日(土)~7月19日(木)
**************************************************
「ゼロからの探究会」
☆アズワンミーティング@アズワンネットワーク東京
●4月22日(日)10時半~16時 連絡先:080-5503-3015(城石)
4月アズワンミーティングin浜松
●4月27日~4月28日コミュニティ・カフェ jimicen

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.18

晴れた日のお昼時などは、春の訪れを肌で感じるようになってきました。今年は特に寒かったせいか、日に日に温かくなる気候の変化に気持ちの方もほころんでいくように感じます。

2月は平昌オリンピックで連日盛り上がっていました。選手の活躍が報道で伝わってくる度に、一喜一憂する自分もいて、果たして、私は何に喜んでいるんだろう? メダルが取れたこと? と、そんな自分を振り返ってもみました。結果や評価に目が行きがちですが、そうなる過程や背景には、実際、何があるのでしょう? 

季節の移り変わりには、始まりも終わりもあるようでないようで、万物全てが変化しその途上にありそうです。人の人生もまた、本来どういうものか、常識を外して、ZEROから見直してみると、どんな世界が見えてくるでしょう。



◆次の社会へ 人知革命 = サイエンズメソッド
サイエンズ研究所より、『SCIENZ6号』が発刊されました。
タイトルは「次の社会へ 人知革命」です。

人類が誕生して600万年。文明社会をつくるようになったのは、その歴史のほんの一瞬だそうです。その間に科学技術はめざましく進歩し、人の暮らしも便利で豊かになってきたように思われますが、すべての人が豊かで幸せな社会に生きているとは言い難いでしょう。平和に、豊かに、幸せに暮らしたいと、長い歴史の中で、多くの賢人たちが考え、実行してきたに違いないのですが、いまだそのような社会は実現していません。なぜなのでしょう?

本書には、なぜ実現できなかったのか、どうしたらそれが実現できるのかが、解説されています。誰もが本当に願っている、人のための社会は、サイエンズ研究所の研究により編み出された、「サイエンズメソッド」によって実現できることを示しています。アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティの17年に亘る試みで実証してきました。そしてそれは、誰にでも実行可能な方法なのです。

誰でもが平和に幸せに暮らせる世の中を願っている、すべての人に、ぜひ手に取って頂きたい本なのです。

『次の社会へ 人知革命』(サイエンズNo.6)発刊

◆人間らしい職場ってどんな職場?
「社会」と聞いても、自分とはちょっと離れたもの、関係ないものと思っていませんか? 社会、国、政治・経済など、大きすぎて、個人では、どうすることも出来ないとか、自分とは別のところで動いているといった感覚があるかもしれません。ところが、「社会とは?」をゼロから探究してみると、意外とそうではないのです。

例えば自分にとって身近な、職場のルールや規則はありませんか? そんな規則に無意識に従っていたり、人にも従わせようとさせていたり、お互いが監視し合って職場の秩序が保たれているのかもしれません。そういう人たちで大きな社会が回っていそうです。そこには不自由を感じないから、それでいい、と言う人もいるかもしれません。

しかし、それは不健康な状態に慣れてしまって、正常な健康状態に鈍感になっているだけかも。ある日突然、病気が発症することはよくあります。いまの社会の歪みや問題の原因は、実は身近なところにあるのでは? 職場のルールをどんな気持ちでやっていますか? 次の記事はその実例です。

「いつもの場所に物がない!」どうしてる?
アズワン スタディ ツアー始まる!知性を伸ばそう!

◆苛立ちのカラクリを知る サイエンズメソッド
ちょっとしたことでムッとなったり、人が思うようにならなくてイライラしたり、約束の時間に相手が来なくてその人を責めたくなったり、人に対してそんな感情が湧くことは決して心地よくはありません。そればかりか、怒りに振り回されていませんか? 怒りや憎しみは、どうして起こるのでしょう? 相手のせい、自分のせい、自分の過去の体験のせい、と理由は言えても、怒りは何度でも湧いてきます。

怒りから解放されることは出来ないのでしょうか。一度、じっくりと「怒り」そのものと向き合ってみると、その正体が掴めるかもしれません。
例えば、食べたこともないのに、「嫌いな物」としていることや、怖い怖いとしている虫や生き物もよく観察してみると、意外とそうでもないこともあります。

人の感情も、じっくり観察してみると、その正体がつかめるかもしれません。怒りのメカニズム、そのカラクリを。ゼロから、「実際はどうだろう」と探究し、怒りから解放される「メソッド」があります。


アズワンセミナー@Rede As One Brasil
私らしく生きるためのアズワンセミナー 3月17日~22日
2月度アズワンセミナーレポート


◆新たに人材育成事業スタート「サイエンズアカデミー」開校へ
理想の社会を創り出すには、既存の常識や価値観に執われず、全く新しい立ち位置から考え、行動できる人材が必要になります。人間や社会の本来の姿を知り、それを現実の社会の中に実現していくクリエイティブな力を有する人材を育成することが急がれています。

アズワンネットワーク活動の中で、そのような人材が育っていく過程が明らかになってきました。2009年以降、アズワン鈴鹿コミュニティで様々な研修生を受入れ、留学制度も試み、人材育成の研究と実績を重ね、この2018年4月より、まったく新たに「サイエンズアカデミー」として、広くその門戸を開くことになりました。

サイエンズアカデミーで学ぶことで、人として成長し、本質的なことに重点をおくことができる人材を世界各地・各分野に送り出していきたいと願っています。今春4月から人材育成事業としてスタートします。


サイエンズアカデミーHP

現在、アズワン留学生としてサイエンズを学ぶ若者たちに触れて、コミュニティの人たちも刺激を受けています。宮地さんのブログより。
アズワン留学生、人としての成長

◆自分を知ることから始まる~人としての成長~
「自分って、どんな人だろう?」と、自分の行動や思考、感情など、自己観察し、科学的に調べてみると、どんな自分が見えてくるでしょう?
誰かと比べたり、周りの人から言われて、自分って、こういう性格だとか、~が苦手だとか、得意だとか、自分について思うことはいろいろあると思いますが、そもそも、「自分ってなに?」「もともとの自分って、どんな人だろう?」「何に望んでいるのだろう?」と、「自分」に「人」に関心が湧いてくるようです。

自分について、どれくらい知っているだろうか?

◆老いを楽しむとは? シニアの生き方を考える
「人が老いていくということは以前出来ていたことがだんだんと出来なくなっていくこと。それを受入れることが出来るか出来ないかが幸せに老いるかどうかの決め手だと思う」と語る理想の暮らしを語る会の中井さん。どういうことだろう?


老いを楽しむ(理想の暮らしを語る会2月度公開講座より)

◆お知らせ
幸せ実現の基盤となっている「サイエンズ・メソッド」とは何か。岩手においてもそのような幸せな社会がつくれるのか。参加者同士で学び,考え,あすからの足掛かりとするセミナーです。
「サイエンズ・メソッドによる幸せな社会づくり」セミナー@盛岡


******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワンスタディツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●3月 3日(土)~ 4日(日)
●3月10日(土)~11日(日)
●3月11日(日)1DAYコース
●3月17日(土)~18日(日)
●3月24日(土)~25日(日)
●3月31日(土)~4月1日(日)

アズワンセミナー「わたしらしく生きるために」
●3月17日(土)~22日(木)
●4月30日(月)~5月5日(土)
●6月9日(土)~6月14日(木)
**************************************************

「ゼロからの探究会」
☆アズワンミーティング@アズワンネットワーク東京
●3月25日(日)10時半~16時 連絡先:080-5503-3015(城石)

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

アズワンネットワークニュースvol.17

みなさんは、新年をどう過ごしましたか?
強い寒波が日本列島をおおっているようですね。インフルエンザも大流行り。体調には気をつけてくださいね。
2018年アズワンネットワーク活動は、にぎやかに幕を開けました。
今年最初のニュースをお届けします。



◆18年目にして初。アズワンネットワークメンバーの熱い想いが集結
韓国、ブラジル、スイス、日本各地、そしてアズワン留学生も参加した、アズワンネットワーク・インターナショナルミーティングが開かれました。この活動は、何のためか?どんな活動なのか?活動の原点を知り、各地の活動の現状を知り、理想実現のための鍵「サイエンズメソッド」を知る機会でした。自分たちが目指す、次の社会の輪郭が見えてきました。


アズワン18年目 初の世界ミーティング開催

◆【サイエンズメソッド】で理想実現への第一歩
昨年、アズワンセミナーを受講した季和美(きわみ)さん。周りからは「できるわけがない」と言われ諦めかけていた自分の理想が、アズワン鈴鹿コミュニティでやられているのを見て、自分の職場で試してみたくなりました。どのような展開になっていたのでしょう。


「アズワンのような運営を目指して」、今その芽が…

◆ゼロから考えてみるミーティング
静岡県浜松市の増田さんが、毎月アズワンミーティングを設け始めています。今月は「サイエンズメッソド」体験するミーティングを開催しました。


アズワンネットワーク浜松でサイエンズメソッド体験

◆【アズワンセミナー】 サイエンズメッソドを学ぶスタート地点 
今年初めてのアズワンセミナーでした。日頃、実際としていること、現実だと思っていること、その正体は一体なんだろう?ゼロからみんなで探っていくと、目から鱗。まさに「新しい世界」が見えてきたようです。


「新しい世界が始まろうとしている」1月度アズワンセミナー


◆願いは、一つ。世界中に通じる
世界は広く、それぞれの国にはそれぞれの文化があります。でも、「人間本来の願いは、きっと世界中誰にでも通じる」そんな展望を抱いて、サイエンズ研究所の小野雅司さんはブラジルへ旅立ちました。
そして、各地での講演会やサイエンズスクールのコースを通して、「サイエンズメソッド」を使えば、どの国の人でも、本来の願いにたどり着くという確信を得たのでした。


ブラジル便り.2 Clareandoエコビレッジへ
ブラジル便り.3 エコビレッジでサイエンズメソッドを紹介
ブラジル便り.4 世界中に生かされていくサイエンズメソッド

◆大学から求められる「働き方改革」の実践例
「働き方」の問題は社会人だけのことではなく、経済を学ぶ学生や教える教師にとっても大きなテーマになっています。愛知学院大学経済学部で、アズワン鈴鹿コミュニティでの事例講演会が開かれました。
愛知学院大学経済学会で「人のための会社」の事例講演

◆若い感性でアズワン鈴鹿コミュニティを見てみると
近年様々な人たちが鈴鹿コミュニティを訪れるようになりました。何の知識もなく関心もなく、ただ友達がいるからという理由で来られたHiroshiさんが自身のブログに感想を掲載しています。


アズワン留学生の友人が鈴鹿コミュニティ探訪、体験ルポ
韓国探訪団の視線~鈴鹿コミュニティビデオ

◆地域づくり情報誌編集者の目でみた、アズワン鈴鹿コミュニティ
「かがり火」という雑誌があります。編集人は哲学者の内山節氏。今回30年間地域づくりの現場を取材し続けてきた発行人の菅原歓一氏が読者目線でアズワン鈴鹿コミュニティの核心に迫ろうとしています。


情報誌『かがり火』にアズワン鈴鹿コミュニティが紹介

◆お餅つきにあらわれる人と人の繋がり
毎年恒例のお餅つきが行われました。


お餅つきで新年スタート 親しさでつながる社会を!
はたけで食べよう!新春餅つき大会

◆記憶を通して、実際の世界を探る
サイエンズスクールには内観コースがあります。内観法を使って、自分の成り立ちを探っていくと言っていいでしょうか。今いる自分は、どのような実際があってここまで生きてきたのか、丁寧に丁寧に記憶を調べていくと、どんな自分が見えてくるのでしょう。周りの人たちがどのように見えてくるのでしょう。


サイエンズスクール 自分を知るための内観コース


◆『サイエンズNo.6』2月中旬発刊!
「次の社会へ 人知革命」
この本は、人類史上いまだかつて、誰もが願っていながら成しえなかった「社会」とその実現への道筋についてについて書いてあります。「人知革命」とは、聞きなれない表現ですが、本書をお読みになることで、その中身・実質が明らかになってくるでしょう。
人間ならば、誰でもが本心から願っている世界の実現のための書です。



◆お知らせ
幸せ実現の基盤となっている「サイエンズ・メソッド」とは何か。岩手においてもそのような幸せな社会がつくれるのか。参加者同士で学び,考え,あすからの足掛かりとするセミナーです。
「サイエンズ・メソッドによる幸せな社会づくり」セミナー@盛岡


******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー *******
「ゼロからの探究会」
アズワンミーティング@アズワンネットワーク東京
●2月は現在調整中 連絡先:080-5503-3015(城石)

探訪DAY「アズワン鈴鹿コミュニティを訪ねてみませんか!」
●2月 3日(土)~ 4日(日)
●2月10日(土)~12日(月)
●2月17日(土)~18日(日)
●2月24日(土)~25日(日)

アズワンセミナー「わたしらしく生きるために」
●2月10日(土)~15日(木)
●3月17日(土)~22日(木)
●4月30日(月)~5月5日(土)
**************************************************
☆アズワン鈴鹿コミュニティを舞台にする教育プログラム
【第11期】持続可能な社会づくりカレッジ
●第1回 2018年2月23日(金)~25日(日)
●第2回    3月23日(金)~25日(日)
※【第11期】より、2回シリーズのプログラムになります。

**************************************************

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -