【海外から続々と】 学びの場としてのアズワン鈴鹿コミュニティ

9月に入り、海外から鈴鹿コミュニティに学びに来る仲間が続いています。

↓スイスから来た、アレックスとアンティエ(写真左手前)↓
アレックス&アンティエ食事会

韓国から、セリさん、グムさん&ドンハさんと息子のサムギョルくん、ジョンアと二人の子どもたちヨジョンとヨミン(写真左から順に)↓
韓国ファミリー

アレックスとアンティエ、セリさんはアズワンスタイル実習プログラム生で

グムさんとドンハさん、ジョンアさんはサイエンズアカデミー生として学びたいと来日しています。

子どもたちは、日中は自主保育のチェリッシュで、コミュニティの子どもたちと一緒に、じいじやばあば、お兄さんやお姉さんに見守れながら、暮らし始めました。
よみん&なつき

サムギョルたち

今回は、スイスから来ている二人に、どんな思いで鈴鹿に来て、どんな時間を過ごしているのか、レポートしてもらいました。


アレックス

AsOneセミナーに参加して、世界が広がり、自分自身が満たされた気持ちになりました。

今年6月、鈴鹿に10日間滞在しただけで鈴鹿からスイスに旅立ったとき、故郷を離れるような気持ちになりました。そして、また来たい、もっと長い期間来たいと思ったのです。

8月には、スイスで開催された「社会を知るためのコース」に参加しました。それ以来、誰も何もしなくていい、誰もが自由に行動し、同時に調和がとれた社会を作るにはどうしたらいいのだろうと考えています。人々がお互いに楽しく充実した人生を送れるような社会。それができる人間になるために、私はここで学びたいのです。

食べ物、気候、言葉、睡眠、共同生活など、私にとってここは新鮮で興味深い場所です。一緒に食事をしたり、日本語を学んだり、手伝いをしたり、リビングルームに一緒に座ったり、もちろん何でも言えるし何でも聞けるミーティングも、ここにいる他の人たちと一緒にやるのが楽しいです。

私は、いつでも、どこでも、探究し、観察するようにしています。どこが上手くいって、どこが上手くいかないのか、興味深いです。そして、なぜそうならないのか?それをミーティングの中で一緒に見ていくこと。何もため込まず、自分の中にあるものを全部言って、一緒に見ていきたい。

そうやって、どんどん現実に近づいて、現実を知ることができたらいいなと思います。自分の内面はまだ落ち着いていないけれど、気分はいいし、どんどん居心地がよくなっていく。

私はよく、調和のとれた社会、未来の社会について考えます。そして、それをどのように実現するのか?毎日、アカデミーの学生たちを見ていると、自分もアカデミーの学生になれないかと思うことがあります。

3ヵ月後にスイスへの帰国便がありますが、本当はここに残って、日本語をしっかり勉強して、ここにいる人たちと一緒に研究して、みんなの楽園を実現したいという思いがあります。なぜなら、一緒にやれば可能だと思えるからです。


アンティエ&みずき
↑栗の皮むきのお手伝い、実習プログラム参加中のみずきちゃんと↑

アンティエ

鈴鹿に来て3週間ほど経ち、実習プログラムに参加しています。
スイスでは、エコビレッジにずっと住んでいます。人生とは何かを知り、誰もが幸せに暮らせる社会に加わりたいです。

3年前に小野さんがスイスに来られ、アズワンのコースに参加するようになりました。またゼロから見るのはとても楽しかったです。とてもやさしく感じて、もっとこうして探究していきたいと思いました。

いつか鈴鹿に行って、そこで人々がどのように共に暮らしているのかを見てみたいという思いが強くなっていきました。AsOneのスタイルは、どのようなものでしょうか。アレックスと一緒に来て、二人で、このプログラムに参加することになったことに驚きました。どちらかというと、外から見たいと思っていたのだと思います。

今は、自分を知りたいという気持ちの真っ最中です。何も知らない、分からないままでは楽しめないということに気づきました。理解しなければ......という考えだと、難しくなります。それなら、何でも知ろうと、物事に親しんでみようと。それが毎日できることにすぐ気がついたんです。

で、今は?今はどうかな?どれだけ知っているか、理解しているかは関係ない。今、自分は見ているか、尋ねているか、聴いているか。いろいろな人と関係を築くことは、とてもエキサイティングなことです。

それができない、何も分からないなど、頭の中で考えや思いを固めた途端、自分からのつながりの中で何かが揺らぐ。切り離された感じがする。私はここで、日常のあらゆることに目を向ける機会を得ました。

なぜ、このことをしたいのか。何かを達成した喜びの背景には何があるのか。自分のイメージはあるけれど、実際はどうなんだろう?ミーティングで見たり調べたり、何度も試したりするのが楽しみです。


海外から、日本のアズワンコミュニティで学んでみたいという問い合わせが増えています。今後ますます、諸外国の人たちの来訪や滞在が増えていきそうで楽しみです。
- | -

自分を縛る考えに気づく面白さ! アズワンスタイル実習プログラムに参加してみて

アズワン鈴鹿コミュニティで、アズワンスタイルの暮らしを体験する【アズワンスタイル体験・実習プログラム】

そのプログラムに初めて参加した戸塚爽太さん(24)どんな体験をしたのか、感想レポートから紹介します。
IMG20220417165358.jpeg

【実習プログラムに参加して】

自分を知るために、参加した。
色んな自分がでてきた。仕事がある。忙しい。緊張する。こんなこといって良いのかな。不安だ。安心する。楽しい。話がしたい。寒い。懐かしい。嬉しい。はなしていいのかな。人とあっていたい。寂しい。ミーティングが楽しすぎる。行きたくない。何したらいいか分からない。朝早い。この時間に行かなきゃ。ひまだ。話すと安心する。ミーティング凄い。どう思われるんだろう。話すの楽しい。

やっぱり思い出すのは反応が強くなったところ。
ネガティブに聞こえるかもしれないけど、
全体的な感想は、とても安心する。ということ。
出てくる悪感情や、対立感情、自分を縛る考えを、そうなのね!そう捉えるんだね!面白いね〜!何が起こってるのかね!
と、受けとめてくれる安心感。
聞いてくれる安心感。笑ってくれる安心感。かな。一緒に見ていける、考えていける安心感。


環境が変わっても。。
今までの仕事観、人間観、社会観を存分に引きずってるなと思った。
そして、ねばならない。どう思われるか気になる。こんな自分でいいのか。という不安がいっぱい出てくるんだな。と思った。

でも、ミーティングを重ねるごとに、みんなと話すごとに、あれ?何とも思われてないぞ?あれ?そんなこと思ってるの俺だけ?あれ?なんか違うっぽいぞ?俺がそう捉えてるだけか?暗い妄想してるだけか?実際はもっと明るいのか?と思うようになったかな。

まだまだ出せないな〜。こんな自分は受け入れられないな。やっぱりやらなきゃ行けないことはあるな。と思ってしまう自分が出てきたりするけど。きっとこれも少しずつ薄れて、無くなって行くんだろうな。
もっと人と会うのが楽しくなって、話すのが好きになって、軽くなって行くんだろうな。
262086.jpg
ここでならそうなれる気がするな。はやく、そうなりたいな。

明日の自分が楽しみになる。未来の自分が楽しみになる。そんな感覚が今はあるかな。
- | -

アズワンスタイル体験プログラムに参加してみて@松尾嘉友さん

3月のサイエンズスクール「自分を知るためのコース」に参加した、佐賀県の松尾嘉友さんが、コース終了後に「アズワンスタイル体験プログラム」に参加しました。

地元佐賀では、代々続く割烹料理店を経営されている松尾さん。自分のお店も、おふくろさん弁当のように、上下で人を動かしたり、義務や規則で縛り合わなくても運営できるようになりたいという願いがあり、今回の体験プログラムでは「おふくろさん弁当」の現場を体験しました。
(写真中央が松尾さん)

277076082_1150544965775606_3517956732253405398_n.jpg

【以下松尾さんの体験記です】
おふくろさん弁当を体験して

自分が理想とする、笑い合って楽しく無理のない「傍(はた)を楽(らく)する」はたらく(傍楽)職場作りに、ずいぶん前に北九州の吉岡さんからおふくろさん弁当があるよとお聞きした。

コロナ禍で時間が取れるようになり、思い切って「自分を知るためのコース」に参加、事務局の力也さんにお世話してもらい次の日におふくろさん弁当での体験をさせてもらいました。

主に盛り付けをし、ベルトコンベアーからパックが流れて、周りを見て皆さんが集中して盛り付けをされてました。目の前のことをされてるのですが、一人一人が全体的に見渡すような余裕がのある作業をし、ちょっとしたミスは、気遣いながら微笑ましい様子が感じられました。

また弁当箱の数量ミスが生じ、関わる方々がどうしようかなと相談し合う様子は自分の理想の雰囲気を垣間見た感じがします。

その後、仕込みで切り込みの作業もお手伝いして、コースで一緒だった省吾さんに作業の流れなどお聞きし、楽しみながらすることができました。

全体的な作業等を体験や見させて頂き、自分の見える世界がどう反応し、認識したのか、スッーと抵抗なく入ってくる感覚を、実際はどうかとこれから自分の職場で活かしてと思います。
おふくろさん弁当の方々、事務局の方々、ありがとうございました。
- | -

【3泊4日の異文化体験】奥田智子さん体験プログラムレポート(2月23日~26日)

初めて体験プログラム(3泊4日)に参加した奥田智子さんの感想レポートです。
アズワンセミナー、自分を知るためのコース、そして今回の体験プログラムの前に「自分を見るためのコース」に参加していました。
鈴鹿コミュニティでの暮らしを体験してみて、どんなことを感じたのでしょうか。
奥田智子さん体験プログラム

【自分を見るコースを終え、翌日から体験プログラムへ。3泊4日の異文化体験】


初日は生活スタッフの方と。見るコースを出たばっかりだったので、いつも家事としてやっている「食器拭き・洗濯物を干す」の動きや思考を丁寧にみてみた。
いつもは時間に追い立てられながらやる作業。
やることとして、やっている
作業前(干す前)と作業後(干した後)
としかみてなかったけれど、細かく見ていけば、前と後の中に、動作も思考もかなりある。こんなにもあるのに「ない」と思ってる。もしくは、あることすら気付いてない。なんてことー!?
そして、気づくと何故かお茶してた。
あれ?仕事、、、?仕事って、、、?
 仕事をしているわけではない
 やることをやってるわけではない
と聞いたかな。
じゃあ、何をやっているのかな?
私の日常はやる事でいっぱいで。やる事で終わってる感じがするな。


翌日からはファーム。ブロッコリーや春菊を愛でながら袋詰め。詰めていたら、ちょっとした違和感を捉える。
「おかしいな。今まで愛でながら作業していたはずなのに、いつの間にか愛でられなくなってるな」
いつもならきっと感じない。そんなことにも気付く。そのちょっとした違和感の元を探っていくと「褒めて〜。凄いでしょ私〜」みたいなのがわらわらわらわら出てくる出てくる。それに気付くと、なんかわかんないけど、笑っちゃう。今思えば、そこで立ち止まって、その場でみんなに出せばよかったなぁ。スッと出せない自分にも気付く。

宿泊していたアズワンハウスは今回で2回目。
突如始まる探究会。ふと話した事や、反応したことに対して、それはどんな感じなんかな?と尋ねてくれる。そしてまた、一緒にみてくれる。ひとりじゃないんやなという安心感。そして、それが日常。
初日はなんだかソワソワしてて、落ち着かなくて、緊張してて。でも、ダイニングでご飯を食べた時、
あれとってー、これとってー
あれしてほしいなー、これしてほしいなー
言葉が飛び交うのを聞いて、
「あー、ここはひとつのおうちやったんやった。職場も、ここも、寝る場所も、全部含めて<おうち>なんだよな」
なんて思ったら、なんだか落ち着いて、ホッとする。それ以来「ずっと住んでましたけど、何か?」みたいな気分で過ごせたな。


毎日ミーティングのある生活。その日あったことや、そこから思いつく事、あれやこれやと話し出す。あんなに「どうですか?」と聞かれることが苦痛やったのに、話が止まらない。泣いて、笑って、笑われて、とりあえず全部だしちゃう。
 
聞いてくれる、見ててくれる、その安心感。

自分を見る濃さ
自分をみててくれている濃さ、
人と人の間の濃さ、


濃ゆすぎて輪郭が見えない。
というか、ない?
ひとりひとりなんだけれど、みんなでひとつ。
 as one
まさしくそう。

私できてへんやん!と最終日にどでかい塊が出て泣いてしまったけど、この「ひとつ」をなんとな〜く感じることができただけでも、体験プログラムをしてほんまによかった。今度はガッツリ1ヶ月くらいで来たいな。プログラム中はほんとにゆったりと時間が流れていて、そして「やりたくない事」を無理矢理することがなかった気がする。

終えて、自分の中が何かで満ちている。

満たされて。満ちすぎて。自分から泉のように溢れだしたものが、
また、誰かを満たしていく。
そういうの、いいな。そういうふうになっていきたいな。

そして「異文化」ではなく、これを日常に。
互いに満たして満たされて、満ち溢れる。
そういう世界になってほしい。


そう思うと、胸がキュッとなる。

私の願い。
そして、きっと、みんなの願い。
- | -
1