苦手な人っていますか?



身近な人の中に、「この人苦手だな」と感じる人はいませんか? もし、そんな人がいたら、どんなふうにやっていますか。

下記に紹介するのはアズワンセミナーの参加者レポートですが、同じ参加者の中に、「苦手な人」がいた、というKさんの話です。セミナー中に、そのことをみんなに話しながら探究が進みました。

アズワンセミナーは、「サイエンズメソッド」を体験し学ぶ機会で、このメソッドによって、自分の固定観念に気づき、解放されて、自分の本心へと焦点が向いていきます。「苦手な人」と感じたKさん。はたしてどんなふうに進んでいったのでしょう…


◆苦手な人って?
  N・K 20代 女性

自分の内面を観察しつづけた

私はよく、この人苦手だな~。と感じて、自分とその人との間に壁のようなものをつくる。自分がそうしたいわけじゃないけど、自動的につくられる感じ。

セミナー中もあった。
相手の言動にそわそわしたり、目を見れなかったり、廊下ですれ違う時は緊張したり。何かを考えている時も、よく頭はその人の事を考えてるんだけど、頭が勝手に暴走している感じ。
アズワンセミナー | - | -

浜松で「人を聴くためのカレッジ」初開催!


「人を聴く」、ちょっと聞きなれない言葉ですが、人と社会を科学するサイエンズ研究所の研究から生まれてきました。会話や話し合いなどで、人の話しを聞くとはどういうことか、その本質をついた言葉のようです。「人を聴く」が実現できると人とのコミュニケーションや人間関係が本来のものへ、親しい間柄へと深まっていくようです。そんなカレッジが、鈴鹿の場所を離れて、今回、浜松で開催されました。



◆持続可能な社会づくりカレッジから始まって…

2月22日から24日までの2泊3日、浜松での「人を聴くためのカレッジ」に行ってきました。
持続可能な社会づくりカレッジとして5年前に始まって以来、初めてとなる鈴鹿以外の会場での開催でした。この間を振り返ってみると、カレッジを開催するためのベースとなるサイエンズメソッドという道筋・方法が、より明確になってきているのが大きいのを感じます。そして、サイエンズメソッドを学び体験して、実際に楽に生きられるようになってきている人たちが、浜松を含めて各地に現れてきていることが、何よりも大きなことだと思います。
来週3月1日から3日にかけては、イーハトーヴの地岩手の盛岡にて、同じく人を聴くためのカレッジが開催されることになっています。(北川道雄)



参加者の感想を紹介します。
各地への広がり | - | -

サイエンズメソッド勉強会を八ヶ岳と東京で開催!

01s.jpg
一人ひとりが本来の人間性を発揮して自由に自分らしく生きる、良好な人間関係で暮らせるための「サイエンズメソッド」を体験してほしいと、八ヶ岳でシェアハウスを経営する平川浩之さんの呼びかけで「サイエンズメソッド勉強会」が2月上旬に八ヶ岳と東京で開催されました。平川さんのレポートを紹介します。


02s.jpg

サイエンズメソッド勉強会を八ヶ岳と東京で開催させていただきました。
 
<八ヶ岳でのテーマ>
自主性を養う子育てのポイント

良好な人間関係を持続するポイント①「人間の考えであることの自覚」

良好な人間関係を持続するポイント②「人を聴く」
 
八ヶ岳では3日間毎日テーマを変えて、1日だけでも、2日だけでも、3日間連続でも参加可能、東京では午後と夕方に2つのテーマの勉強会で、午後と夕方どちらでも参加可能という新たな試みでした。
八ヶ岳では各日10数名、東京では午後5名、夕方10名の方が参加されました。
参加するハードルを下げたことで、熱意と意識の高い多くのみなさんにご参加いただきました。
アズワンセミナー、アズワン見学会、ガイアエデュケーションに行きたいという方も数多く出てこられました。
 
鈴鹿以外で開催する場合は、1日の勉強会は多くの方に参加いただける大変オススメのやり方ですので、是非参考にされてください。
八ヶ岳でも、5月から9月のベストシーズンに、再度開催していただきたいと考えています。(平川浩之さん)

03s.jpg

【参加者の感想】

◆自分自身が自分の思考によって縛られていた!
アズワンネットワーク鈴鹿での活動について、以前から興味を持っていたので、ぜひ!と参加しました。
ひとつめ、印象的だったのは、『フィクション』という考え方です。
自分がこうだ!と思っていたことは、実は自分の中の認識でしかなくて、事実ではない、つまり『フィクション』だということ。
国境や人種やルールなども、すべては実際にあるわけではなく、思考によって作られたもの。そう考えると、とたんに自分自身が自分の思考によって縛られていた!ということに気づきました。
この気づきはとても大きくて、なにか、体がゆるむような感じがしました。
もうひとつ最後、参加者と一緒にシェアしたことが忘れられずに残っています。
『思い込み』は、『思い』と『込み』に分けられて、ただの『思い』なら衝突することもないけど、それが『思い込み』にまでなると衝突をうむ。
『込み』になると、とたんに『こうあるべき』になる。
その違いがわかったことで、気楽に物事を捉えられそうです。
ほんの、エッセンスのみでしたが、大きな気づきがたくさんあって、とても楽しかったです!さっそく鈴鹿ツアーに行ってみます!(市川恵梨子さん)
各地への広がり | - | -

自分の考えと実際との違いに気づくと…



私たちの行動を、意識と無意識とに分けてみると、意識して行動している部分は1%から5%程度で、ほとんどが無意識に行っているという研究結果があります。呼吸もそうでしょう。自律神経の働きも。瞼の瞬きも。歩くときの手足の動きも意識にはないでしょう。

そして、感情の動きも。何かにイライラしたり、不愉快に感じるのも、意識的なものではなく、勝手に体が反応して、意識に上ることだと思います。こうした無意識に起こる反応に私たちの行動は大きく影響されていませんか。
人の行動に自分がイライラしたり不愉快になって振り回されているとしたら…自分らしく生きたくても、生きているとは言えませんね。

こうした無意識に起こる反応を人間の知性を使って探究し、解消していく方式がサイエンズメソッドです。アズワンセミナーでは、サイエンズメソッドを体験しながら、学び、自分自身の内面を見ていきます。人と喧嘩したりイライラする原因の正体が明らかになっていくことで、怒りの感情も解消し、そして自分の本心に気づいていくというメソッドです。2月度セミナー参加者の感想を紹介します。(編集部:いわた)


アズワンセミナーに参加して  韓国・40代・女性

昨年、鈴鹿ツアーをキッカケにサイエンズメソッドについて知りたくなりました。

私は、韓国の「moontak network」(共同体)でいろんな勉強会を開き、人の生き方や哲学などを勉強しています。本から学んだことを日常の中に適応しようとしました。しかし、それはとても難しいことでした。

鈴鹿ツアー後、参加した3人が「うちにはメソッドがないかな?」と考えました。サイエンズメソッドの内容が私たちの勉強していることとほとんど同じ内容なのですが、私たちにはメソッドがないため日常生活が勉強したようになるのが難しいと思っていました。

そして、私は一番親しい友達と勉強のことで意見の違いで喧嘩をしました。そんなことがあり、なぜ、私は勉強しているかが分からなくなりました。私たち共同体のことと友達との問題を持ってセミナーに参加しました。
アズワンセミナー | - | -

幸せな人間関係になる“知恵”の発見!

ハーバード大学の75年に渡る研究によると、「幸せな人生とは、良好な人間関係にある」ことを明らかにしています。では、その良好な人間関係とは、どんな関係なのでしょう。また、どう築いていけるものなのでしょうか?

人とのコミュニケーションで、相手を警戒したり、建前で話していては、良好な関係にはなれません。日常の会話や話し合いが、どうなっているのか、そこを科学的な視点で観察してみると… 気づかないキメツケやトラワレが次々と発見されてきます。それは、良好な人間関係を理解することでもあり、同時に体験にもなるのです。
アズワンセミナーでは、そんな、人生を幸せにする探究をしていきます。日々苦労しているコミュニケーションの問題点が、たった6日間の探究で一生分の解決になるかもしれません。参加者のレポートをご一読ください。



↑2月度アズワンセミナー参加者&スタッフ

アズワンセミナーに参加して  神奈川県・30代・女性

◆コミュニケーションの問題点

「人とどうやって本音で幸せに生きていくことができるか」

いろいろな経験を経て、いつしかこれが私の重要なテーマになっていた。

本当のことを話せないと、結局は何もかもうまくいかなくなる、と心のどこかで感じていたのだと思う。

けれども、いくら本気で私ひとりが本音で生きていても、伝え方やコミュニケーションの仕方をいくら学んでもなかなかうまくいかない現実にぶち当たった。
アズワンセミナー | - | -

アズワンネットワークニュースvol.29

人類の未来へ!

2019年がスタートしました。新しい年に胸躍らせている人もいれば、将来への不安や社会の閉塞感を感じている人もいることでしょう。不安や心配の種はどこにあるのでしょうか。
自然界の営みは、固定なく、日々移り変わっていますが、そこに住む生物には不安や心配などないように見えます。もし、人間の作り出した社会にその問題があるとしたら…

世界的ベストセラーとなった『サピエンス全史』の著者ハラリ氏は、お金も国家も宗教も法律もフィクションであると言います。人間が作ったフィクションをあたかも現実のように勘違いしていることに問題の原因を見ているのです。それに対して、事実に立脚すべきだ、と主張しています。
フィクションをフィクションだと気づき、そこから抜け出る道はあるのでしょうか。
「サイエンズメソッド」という実現方式がそれなのです。
「サイエンズメソッド」は、現在の人間問題の原因を根本から解消し、人間らしく生きられる社会を実現する方式です。

いま時代は、各方面の専門的な立場から、人類の未来をシミュレーションし、私たちがどこに向かおうとしているのかを盛んに提示しています。問題の原因にも焦点が絞られてきているようです。そんな流れの中で、「サイエンズメソッド」が注目され、その芽が、世界や日本各地で出始めてきました。関心を持つ人たちの輪が広がり、つながり始めています。そんな一端を今月のメルマガでお届けします。


◆「サイエンズメソッドで次の社会へ!」インターナショナルミーティング開催
サイエンズメソッドによってフィクションに気づくと実際の世界に目が向いていきます。そこは自由で豊かな安心できる世界。気づけば、そっちへ行けるのですが、「難しい」と考えてしまうことがあります。それも「自分の考え」だと気づけば、また軽くなり、探究が進んでいきます。みんなの中で和気あいあいと気づいていける方式です。今年で2回目となるインターナショナルミーティングでは、世界各地にその芽が育ってきていることが見えてきました。


記事>>>http://as-one.main.jp/sb/log/eid1037.html

◆新年の幕開けに出会った世界―アズワンセミナー
国や言葉は違っても、人にとっての本当の幸せとは? 人や人生、社会に関わる様々なテーマを掘り下げ、ゼロから探究するアズワンセミナーは、サイエンズメソッドの入門コース。新しい年の幕開けに「一つの世界」に出会った参加者たち。「人と人の間に垣根がなくていいんだ!」と。


「人と人との間に壁がなくてもいいんだ」-参加者の声
「家の大掃除」リッチーが感じたこと

◆「アカデミーのお正月 実家帰省」アカデミー生ブログより
お正月に実家に帰ったアカデミー生のタッキ―。ヒッチハイクで三重から東京へ。その道中に出会う人たちの優しさを経験する。実家では90歳のおじいちゃんと88歳のおばあちゃんから戦争体験を聞いて、自分の中にある「たくさんの当たり前」を感じる。4世代が集まり、手作りの料理を味わって、今まで気づけなかったたくさんの愛情を感じていく、そんなエピソード満載のブログです。


前編>>>http://www.scienz-school.org/blog/academy/log/eid7.html
後編>>>http://www.scienz-school.org/blog/academy/log/eid8.html

◆人にとって本当に大事なものって何だろう?
サイエンズメソッドによって、自分らしく、本心で生きられる、自由でイキイキした生き方に変わっていきます。そんな暮らしが出来る社会を試みているのがアズワン鈴鹿コミュニティ。まるで生き物のように日々変化しながら成長しています。そんな場にふれる機会がアズワンツアーです。触れた方の感想をどうぞ!


「大事なものを取り戻せる」参加者インタビュー
百聞は一見に如かず 岡山発アズワンツアー

◆「サイエンズメソッド」紹介―サイエンズ研究所の新パンフ発行
「サイエンズ研究所」のパンフレットが新しく2月に発行されます。B5サイズ8頁の冊子です。これまでのパンフレットをリニューアルしたものですが、新パンフレットでは「サイエンズメソッド」の解説が入りました。


http://as-one.main.jp/sb/log/eid1038.html

◆恒例?のお餅つき、今年はやる?やらない?からスタート
鈴鹿コミュニティ、恒例(?)のお正月お餅つきが、1月2日に街のはたけ公園でありました。恒例行事は毎年開催して当たり前?なのでしょうか。参加する人たちも、あって当前、やって当たり前、そんな頭になっているかもしれません。今年は、そんな前提の見直しから、はじまりました。


http://as-one.main.jp/suzuka/sb1/log/eid1541.html

◆人としての成長をサポートする―サイエンズスクールブログより
「サイエンズメソッド」は、人の心の成長に重点を置いたメソッドです。サイエンズスクールが開講する各コースは、自分を知ることに始まり、社会を知るまでの一貫したプログラムで組み立てられています。一人ひとりの心の成長が豊かな社会へと成長していくのです。コース参加者の声を紹介します。


健康な頭の働きへ⇐「自分の頭の中の認識である」という自覚から
日常会話が快適でスムーズになる元「人を聴く」わたしへ!
すべての人が求める、幸福な人生を探る!

◆「介護の中に人間主体の文化を見る」―理想の暮らしを語る会
シニア世代が自らの生き方を探る場として、人を尊重しようと実践する医療や介護従事者に声をかけて講座を開いています。「“介護”実は、人間らしさを取り戻す文化活動だった!」をテーマに12月度公開講座が開かれました。講演者が問い続けてきた「 誰もが望む人間向きの文化は何によって創られていくのだろうか?」に参加者と向き合いました。


「介護、実は、人間らしさを取り戻す文化活動だった!」
「理想の暮らしを語る会」2018年度活動レポート集発行!

《お知らせ》
サイエンズメソッド勉強会@八ヶ岳 2月3日~5日
SmileMAPミーティング(下関) 2月11日
サイエンズメソッド勉強会@東京~ 本当の自分に還るためのメソッド ~2月12日
人を聴くためのカレッジin 浜松 2月22日~24日
人を聴くためのカレッジin イーハトーヴ 3月1日~3日
ユネスコ認証教育プログラム「ガイアエデュケーション」HP
ガイアエデュケーション2018報告会&2019説明会―日程

******** 『アズワン』に触れる、知る、入口コーナー******* 
アズワン鈴鹿ツアー「次の社会への試み」を見てみよう!
●2月2日(土)~3日(日)
●2月9日(土)~11日(月)2泊3日
●2月10日(日)1DAYコース
●2月16日(土)~17日(日)
●2月23日(土)~24日(日)

アズワンセミナー「ホントに生きたい世界に出会う」
●2月6日(水)~2月11日(月)
●3月16日(土)~3月21日(木)
●4月28日(日)~5月3日(金)

**************************************************

*配信停止やアドレスの変更は以下より出来ます。
→→→ 【メルマガ配信フォーム】


*ご意見、ご感想は、下記メールアドレスまで
===================================
アズワンネットワーク事務局
〒513-0805 三重県鈴鹿市算所町1244番地 As-One Network Station
E-mail as-one@gw.main.jp
URL   http://as-one.main.jp/
===================================
メルマガ | - | -

サイエンズメソッドで「次の社会へ」インターナショナルミーティング開催!



今年で2回目となる「アズワンネットワーク インターナショナル ミーティング」が、1月19日・20日で、ブラジル、韓国からと日本各地のメンバーが集い、鈴鹿コミュニティを会場にして、1泊2日で開催されました。

私たちが創くりたい社会、それは「争いのない幸せな世界」です。人間が作り出したフィクションに縛られる社会ではなく、実際に即し、人間本来の姿に根差した社会(「次の社会」)を指向しています。

それには、「サイエンズメソッド」という実現方式があります。それは、一人の中に起きる内なる革命が、みんなの中に広がり、響き合い、現実に現れてくるのです。「みんなで決めたことをみんなでしよう」という活動とはちがって、わたしから始まっていく“理”があります。

今回のミーティングでは、そんな一人一人の中に起きている“変化”を聴き合いながら、「なぜ、アズワンに集まってくるんだろう?」「私は何を願い、何をしようとしているんだろう?」などを見つめながら、これからを描いていきました。
「なぜ、サイエンズメソッドなのか」が、よりクリアになった探究会だったと思います。その中で、一昨年のガイアエディケーションから関わりはじめたYさんの発言が印象に残りました。

自分が正直になれたとき夫が…

最近サイエンズスクールの内観コースに参加したYさん。ご主人との対話が変わったそうです。これまで夫に相談もなく海外にも出かける、わが道を行く!タイプだったのが、自分を内観し、ごまかしていた自分に気づき、素直になれたと話していました。内観後、夫から思いがけない言葉が返ってきたと驚いていました。それ以前、夫をそうさせていたのは自分だったと気づいたそうです。

「20代のころはキャリアウーマンで、鎧を着て、こうあるべきだと強がってた人間だった。その根源的なものはなかなか崩せない。それをこの歳にして、気づけて、脱げる。貴重です」とも漏らしていました。

なぜ、サイエンズメソッドなのか、Yさんはこんなふうに話しています。
各地への広がり | - | -

「家の掃除をしたら人でいっぱいになった!」ーリッチーのセミナー体験!

家の掃除ってしますよね。やっぱり、快適に気持ちよく住みたいからでしょうか。その家の中が物でいっぱになって住みにくくなっているとしたら…。その状態を当たり前にしていると、それさえも気づかないかもしれません。物を片づけて掃除したら・・そこに人が入ってきた、そんなたとえ話で、アズワンセミナーの体験を語ってくれました。1月のセミナーに参加したリッチーさんの感想文です。



ブラジルから日本に留学中のリッチーさん(京都大学大学院2年)


「家の掃除」
      リッチー

家の掃除をすることにした。

まずはガラクタから解放することを始めた。
何故買ったのかもわからないようなものから。

次に服を捨てることにした。
冬を越すのになぜ5つも上着がいる? 
夏の日差しから守る帽子と春のシャツと秋のズボン。
そしてこれらの四季を楽しめるように、もちろん私の「眼鏡」も。

次は家電を捨てた。
これもあれもする電化製品。
ボタンを押す時間の長さの話より、お湯が沸く時間の長さの話をもっとしたい。

それからテーブル、クローゼット、引き出し…
買ったけれど読みもしないし、読みたくもない本たちも。
自分が大事にしていた、あるいは金持ちな人間に見せる食器や額も捨てた。
壁に飾ってあるものより、私を見に家に来てほしい。

いらないものをすべてどけてから本当の家が見えてきた。
カーペットの下や家具の裏に隠れていたものが。

掃除を始めた、それは私や両親や祖父母から何世代も受け継いできた「埃」になったものから、いまだ掃除を続けている、いつの日に終わるかもわからないけれど…

大事なのは掃除を続けることだ。
掃除の時間はとてもいい、このため、考えるため。

家がきれいになったので靴も靴下もスリッパもなしで入れる。
地面に足を付けて入れる。

何も無くなるものもないのでドアーもずっと開いている。
この家の掃除は大変だった(一時も止まらず6日間もかかった)、
でも少なくとも9人手伝う人がいた。
そしてさらに一生の中で数えられない人たちも。

私は人が入れるように物をどけたんだと説明する。

物は空っぽだけれど、人でいっぱいだ。

そして最後にこう言うーー

「あなたはいつ私に会いに来るの?」

アズワンセミナー | - | -

「百聞は一見に如かず」岡山発アズワンツアー

「わたしの住む街に、すこやかな子育てが出来るコミュニティを作りたい」、そんな願いを胸に、コミュニティ活動をしている片岡京子さん。今回、岡山から周囲の人たちを誘って8人でアズワン鈴鹿ツアーに参加しました。共感し合える仲間が出来たことの大きさをインタビューで語っています。後半は、「人との繋がりと“わ”のもつ力の大きさを感じた」という片岡さんのレポートを紹介します。






【岡山発 アズワンツアー】
昨日までの2泊3日、三重にあるアズワンコミュニティを、「すこやかな」未来を願う、子育て中のお母さんから、孫育て中のシニアの方まで、幅広い年齢や経験をお持ちの方たちと一緒に、見学させていただきました!

2001年から始まり、今年で19年目になる都市型のコミュニティ。

一人ひとりが自分らしく、その人らしく生きられると、そこには、一体、どのような世界が現れるのか?

研究と実験を積み重ねながら、誰もが本心で生きられる試みを実践されて、19年目を迎える今、そこに現れているものを体感させていただけるというのは、本当にありがたいことです!

鈴鹿コミュニティ > アズワン鈴鹿ツアー参加者の声 | - | -

「大事なものを取り戻せる」アズワンツアー参加者の声

自分らしく、その人らしく、本心で生きられたら、どれだけ自由でイキイキしたものになるでしょう。そんな暮らしが出来る社会を試みているのがアズワン鈴鹿コミュニティです。まるで生き物のように日々変化しながら成長しているようです。そんな場にふれる機会がアズワンツアー。1月12日から14日でツアーに参加した人たちにその感想を聞いてみました。







鈴鹿コミュニティ > アズワン鈴鹿ツアー参加者の声 | - | -