『熊本からの便り』 アズワンセミナーその後

昨年6月のアズワンセミナーに一緒に参加した森岡良子さん。

今でも同じセミナー参加者同士で交流が続いていて、そんな仲間のオンラインの会で、良子さんから「熊本にUターンしてきた娘夫婦と、0歳から150歳のがっこうって場所をつくり始めたよ。」そんな声を聴いて、もう少し詳しくお話を聞かせてもらいたいと思った。
242320366_4110434362415711_1737690892400186506_n.png
娘さんご夫婦も2年ほど前にアズワンセミナーに参加されているということで、お名前は伺っていて、アズワンネットワークの事務局でも「元気にやってるかなあ」と話題になった。

 早速、中山真生さんに連絡を取って、オンラインでお話することになり、当日は良子さんが、真生さんたちの住む古民家に寄っての歓談。

「0歳から150歳のがっこう」

良子さんの娘さんの中山真生さん、旦那さんの直之さん。
お子さん二人を連れてUターン。古民家を直しながら、作業する仲間も募ったり、ごはんを一緒に食べたり、この夏はサマースクールを開いたりして、活動を始動しているそうです。

「子どもとか大人とか関係なく、どんな相手からでも、どんなことからも学ぶ素直さと、やさしさを持ち寄って、互いの成長を見守り合うような場になっていったらいいな」と。

 良子さんも「わたしはできること見つけてお手伝いよ~」と言いながら、楽しんでいる様子。
242228469_280439353757584_7315285539354371653_n.jpg
まだまだ暮らすための家の改修作業が続いていたり、鈴鹿で感じたような、内面を大切にするような仲間とのつながりがつくっていけるか、経済的に成り立たせていくには、、、いろいろ思うことはあるようでしたが、そういうこともルールや目的、常識に縛られることなく、楽しんで作っていけるといいなと思いました。

良子さんとの繋がりで、真生さん直之さんとも知り合い、今後も交流しながらやっていけそうです。
242426349_574929643755088_1143718218726391807_n.jpg
「誰もが本心で生きられる社会を願って」

各地でつながる仲間が、そのつながりを感じながら、日々の暮らし、活動を展開していくことで、人の内面を大切にする社会のベースができていくように思います。ネットワーク活動の展開がますます楽しみになってきました。
                
レポート:増田力也
- | -

1泊2日で岐阜から来訪者がありました。

IMG20210928091301.jpg
1泊2日で岐阜から来訪者がありました。

9月27日(月)から28日(火)にかけて、これまでにアズワンツアーに何度か参加している岐阜の井坂泰成さんが来訪されました。

最近オンラインのお話会に参加し、実際に最近移り住んだ人の話やコミュニティの「贈り合い」の様子に触れて、これからのことも含めてじっくり話したいと来られました。

IMG20210927170328.jpg
2日間過ごしてみての感想を紹介します。

4度目の訪問になるのですが、今回は長い方や最近移り住んだ方などから、じっくりと1対1とかでお話を聞くことができて、やはり一人一人の心の状態を大事にして、職場、コミュニティをつくっていると強く感じました。
そして、実際に住むには「そうしたい、これが心地いい」という実感を得るプロセスが必要で、自分は少し焦っていたけど、時間をかけて知り、体験していこうと思いました。


IMG20210928095755.jpg
- | -

9月 【アズワンセミナー】が開催されました

2021年9月の【アズワンセミナー】が開催されました。
64456.jpg
<参加者の感想を一部紹介します>
【ヒトについての興味・関心】
特に関心を持ったのは自分自身の思考回路や心の反応です。
自分で「本心は○○だ」と見つけたような気になっても「本当にそうかな」「どうしてそう思っただろう」と2回、3回と繰り返すうちにどんどん本当の本当の本心に近づいていく感覚。
障子にプスッと穴をあける感覚のようで面白い。
本心は深く深く、今の自分とは少し遠いところにあるように思っていたけど、案外近いところにあるような気がした。みんなが本心と素直につながれたら、世界はもっとシンプルで、もっと単純になるのではないかと想像した。

【経験・知識からの予測とフィクション】
夢や希望を持つことをプレッシャーととらえたり、意見の食い違いを対立ととらえて争ったり、利益や目的に気をとられて自分の感覚や願いに気づかなかったり。
今まで苦しいと思っていた要素は実は経験や知識から自分で作り出したフィクションだったり考え方の癖であることに気づくとずいぶんと気楽な世界が広がっていると思う。(10代女性)



とっても心地良い一週間でした。 M君の声をみんなで静かに待っている間、みんなの気持ちが彼に向いていて、なんだか心が一つになっているような優しい感覚がしました。みんなが心から彼の幸せを願ってる感じ。 最初は自分の内側についてもっと探究したい気持ちでいっぱいだったけど、一週間みんなで過ごすうちにみんなと一緒にいられるのが楽しくて、自分の気持ちが満たされる関係、仲間の存在っていうところに心が惹かれていきました。(40代女性)

64330.jpg

10月の【アズワンセミナー】は、10月10日(日)から開催します。
アズワンセミナー開催日程や詳細はこちらから
- | -

9月25~26日でアズワン鈴鹿ツアーを開催

IMG20210925152202.jpg
9月25~26日でアズワン鈴鹿ツアーを開催
9月25日(土)~26日(日)で、アズワン鈴鹿ツアーを開催しました。
緊急事態宣言がまだ継続中ということもあって、神戸からお一人の参加でした。

アズワンのようなコミュニティがどのように成り立っているのか不思議だったので、自分の目と耳で確かめたかったのと、暮らしやすいコミュニティをつくっていきたいと思って来られました。

IMG20210925141308.jpg

1泊2日終えられての感想です。

暮らしている方々が、ご自分のペースでのびのびと過ごされていることやお互いを尊重されていること、ご自分のことをよく理解されようとしていることなど、素晴らしいと感じました。
初対面の私に、オープンに何でも話して下さったり、質問に答えてくださったり、その中で大変感動するお話をたくさんお聴きできて、感謝しています。とても充実した、豊かな時間を過ごしました。

IMG20210926103240.jpg
IMG20210925164418.jpg
- | -

9月 ブラジルで【アズワンセミナー】が開催されました。

ブラジルで19回目のアズワンセミナーが、9/11土曜日に終わりました。

アズワンセミナーは、本当の自分を知り、ホントに生きたい世界に出会うためのセミナーです。

ゼロの地点から全てを見直すことで、一切の縛り・束縛から解放され、人間らしい、自由で、楽しい生き方をスタートすることができます。

 242019729_1244844052605315_4131996272054880644_n.jpg
ブラジルでアズワンセミナーのスタッフとして参加した、Kayoさんのレポートを紹介します。

【安心できる環境の中で、何でも出し合いうちに、「内面には何があるのだろう?」 と探究したい気持ちが湧いてきます。

「どうしてそう思うの?」 「それはどこから来たの?」

と問うていくと、少しずつ明確になり、一人一人の中にある「私の本来の願い」が、曇りが晴れるかのように見えてきました。】
(Kayo M)

アズワンセミナーを体験し、また新たなスタートをきった世界中の人達と、ともに歩みながら、本当の社会を実現させていきたいです。

日本開催のアズワンセミナーは、9/20(月)から開催します。
アズワンセミナー開催日程や詳細はこちらから
- | -

9/12 オンラインお話し会を開催しました。

9/12(日)夜、オンラインによるアズワンお話し会「アズワン鈴鹿コミュニティって、どんなところ?」を開催しました。
241846999_149982347305328_6860183108163469962_n.png
今回は、初めてお話し会に参加された方が5名、鈴鹿ツアーに参加したことのある方や、何度かオンラインお話し会に参加されている方も含めて、北は岩手県、南は熊本から参加があり、総勢16名で開催されました。

岩手県在住で、アズワンネットワーク盛岡イーハトーブで活動する、吉田直美さんの進行で、アズワン鈴鹿コミュニティ紹介のスライドを見たあとは、2グループに分かれて、ゆったりと感想をシェアし合ったり、参加者の皆さんの関心や地元での活動などを聞き合いました。

「どうして、そんなたくさんの人達で、大きな家族のような暮らしが可能なのか?」
「現状の社会に、どっぷり浸かっているので、お金のやり取りをしないで暮らすということが、すぐには想像できないです」
と、色々な質問も出てやり取りがされていくなかで、「アズワンセミナーに参加して、その元にあるものを知りたいと思っています」という声も聞かれました。

次回のオンラインお話し会は、9月下旬の予定です。

アズワンセミナー開催日程や詳細はこちらから
- | -

9月 アズワン京都ミーティングに集まりました。

毎月開催の【アズワン京都ミーティング】

今月は開催数日前に、急遽オンラインでの開催になりました。
オンラインになったことで、浜松から今年の1月に鈴鹿コミュニティに移住した、増田力也君も初参加。

ミーティングの感想を、増田力也君がレポートしてくれました。
スクリーンショット (57).png
今日は、オンラインで行われたアズワン京都のミーティングに初参加しました。

他にも初めて参加する人もいて、自己紹介と最近の様子を出し合うところから始まり、探究テーマとしては「最近、(相手が)ちゃんとやってない と思ったこと」をボードに書いて出しあいました。

スクリーンショット (56).png
暮らしのなかでのそれぞれの場面を和気あいあいと出しながら、それはどうなってるのかな?と見ていきました。

京都のミーティングでも初めてのオンライン開催でしたが、約3時間があっという間に過ぎて、「もう少し時間あってもよかったなー」という感想も聞かれました。

普段、誰かに「もっとちゃんとしてー!」と、普通のこととして過ごしていることを立ち止まり、見て「あれ、どうなってるかな?」と見えてくるものがあったかな。(増田力也)

スクリーンショット (60).png
「次回は○○さんの家でやるのはどうかな?」という声が出て、「うちはいいよー、でもその前にちゃんと掃除せなあかん」「ちゃんとせなあかん出たー!」と笑いながら、ちゃんとって何?その前に、自分は何を願っているのかな?どうしたかったのかな?と、振り返ると「ちゃんとやらなあかん」と思っていたことへの、見え方が変化していくのが面白いミーティングでした。
- | -

葉山つながりの人たちでアズワンツアーを開催

IMG20210905144010.jpg

葉山つながりの人たちでアズワンツアーを開催

9月4日(土)~5日(日)にかけて、1泊2日のアズワンツアーがありました。参加者は、神奈川県の葉山にアズワンのようなコミュニティをつくりたいと願っている岩田とよさんと紹介された3名の方たちでした。
持続可能なコミュニティをつくっていくためにアズワンから学びたい、そのためには、まず実際に見て触れてみたいと来られました。

IMG20210904152842.jpg

1泊2日を過ごす中で、仕組み作りもあるけれども、何を一番大切にしていくのかに焦点が当たっていきました。そして、どんなに失敗しても崩れることのない人間関係がベースとなることが見えてきたように思います。
そういう関係が、頭で理解してできていくのでなく、体感や経験を通して身になっていくサイエンズの学びへの関心も深まったようでした。

IMG20210904140830.jpg

それぞれの方の感想を紹介します。

会う人すべて良い意味で力が脱けていることに気づいた。
大切にしていることが何かを常に振り返ることができる、ミーティングを大切にしている姿勢やScienzの学びが、アズワンのコアであると理解しています。
IMG20210904173100.jpg
規模の大きさにびっくりした。
立地やメンバーに恵まれているコト
内観と共生、が本当に大切なのだと実感した。
AsOneが、現実に在るコトを見れて良かった。

IMG20210905094742.jpg
何度もうまくいったりダメになったりしつつ、あきらめなかったことが、今につながっているのだな、と思った。
失敗談から学ぶことが、とても多かった。私たちも同じ道を行っていたと思うので。
みなさん、力が抜けていて、自然体なので、頭で理解してそうなっているのではなく、体感、経験として身になっているのだな、という印象を受けた。

IMG20210905105031.jpg
施設や設備の充実がすばらしい。
すばらしい体験でした。
要所要所でミーティングや振り返りがあって、ゆっくり話し合える場があることがいい。
- | -

アズワンネットワークニュースvol.60 9月号

長雨の8月を抜け、もう一度暑さが戻ってきた昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。
アズワンネットワーク事務局のある、ここ鈴鹿市では早くも、稲刈りが最盛期を迎えています。

どんな天候でも、不平や不満も言わずに、その時々の環境に合わせ調和しながら、精一杯豊かな実りを贈ってくれる稲穂たち。
人も、人と調和し、自然万物と調和する社会を営みながら、争いの一切ない、この稲穂のような、豊かな実り多い人生を歩めるのではないでしょうか。

続きはこちらから

9月号ヘッダー
- | -

人ってあったかいんですね・・28日~29日でツアーを開催

IMG20210828162404.jpg
人ってあったかいんですね・・28日~29日でツアーを開催

長雨が終わってから暑い日々が続く中、28日(土)~29日(日)にかけてのアズワン鈴鹿ツアーに3人の方たちが参加しました。

7月のアズワンセミナーに参加した友人の話を聞いて、ぜひとも来てみたくなったという兵庫県からの女性、東京の大学院を休学して、8月からは実家も離れてこれからの人生を探索中の男性、サイエンズスクールの自分を見るためのコースに参加した直後で、実際のコミュニティに触れるのは初めてという女性の3人でした。

1泊2日という限られた時間の中でしたが、それぞれのこれまでの人生について振り返り、本心はどうなんだろうとじっくり探りながら、心の深いところまで対話することができたかと思います。
それぞれの方のこれからの人生に、何か灯りがともったように感じさせてもらったツアーとなりました。

IMG20210828164851.jpg

感想を紹介します。

システムが上手く考えられているから、人が無理なく暮らせていると思っていたけど、まず人と人が本心で話し合えるベースがあってこそだと分かった。
受け止めてもらえる安心感、ゆったりとした時間、本来の対話
を体験できた気がします。
人ってあったかいんですね。

IMG20210829095627.jpg
IMG20210829103733.jpg
- | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>