第24回研鑽科学サロンが開催されました

第24回研鑽科学サロンが、12月19日(土)、21日(月)に開催されました。
テーマは「人と社会について考える~人と人による社会とは」
発表者は佐藤靖仁さんでした。

2日間で、参加者は68名。そのうちブラジルから3名、20代の若人が8名、初めての人が4名でした。

人ってなにかな?、社会ってなにかな?と考えての発表です。
「まだ、社会については考え始めたばかりで、研究発表というより思っていることです…」という言葉もありましたが、人と社会の基本的な内容のようでした。
魚、鳥、水、体などを例に、群れの個と個の間の関係、物と物との結びつきという観点から、社会を考えてみたようです。
社会と言っても、『人と人』。
その、人と人のつながり方、どう関連しているかという、その実態が、社会なのでしょうか…。
人は、社会に生まれ、社会に育ち、その社会用の姿になっている。
人と社会は本来切り離せないものの様に思いますが、現状の社会では、人と社会とが乖離しているのでは・・・。
人と人の関係は、これからやりながら考えていきたいと、今回の発表は終わりました。

次回は、以下で開催予定です。
平成22年1月16日(土)13:30~15:30
       1月18日(月) 9:30~11:30
テーマ 「内観するー自分を検べるために」
発表者 井川道男

今回の発表DVDができました。また第23回から第13回のDVDもあります。
ご入用の方は、下記にお問合せ下さい。
研鑽科学研究所 Fax 059-375-1561
        E-mail info@kensanscience.org
サイエンズ | - | trackbacks (0)

Trackbacks