サイエンズメソッドで「次の社会へ」インターナショナルミーティング開催!



今年で2回目となる「アズワンネットワーク インターナショナル ミーティング」が、1月19日・20日で、ブラジル、韓国からと日本各地のメンバーが集い、鈴鹿コミュニティを会場にして、1泊2日で開催されました。

私たちが創くりたい社会、それは「争いのない幸せな世界」です。人間が作り出したフィクションに縛られる社会ではなく、実際に即し、人間本来の姿に根差した社会(「次の社会」)を指向しています。

それには、「サイエンズメソッド」という実現方式があります。それは、一人の中に起きる内なる革命が、みんなの中に広がり、響き合い、現実に現れてくるのです。「みんなで決めたことをみんなでしよう」という活動とはちがって、わたしから始まっていく“理”があります。

今回のミーティングでは、そんな一人一人の中に起きている“変化”を聴き合いながら、「なぜ、アズワンに集まってくるんだろう?」「私は何を願い、何をしようとしているんだろう?」などを見つめながら、これからを描いていきました。
「なぜ、サイエンズメソッドなのか」が、よりクリアになった探究会だったと思います。その中で、一昨年のガイアエディケーションから関わりはじめたYさんの発言が印象に残りました。

自分が正直になれたとき夫が…

最近サイエンズスクールの内観コースに参加したYさん。ご主人との対話が変わったそうです。これまで夫に相談もなく海外にも出かける、わが道を行く!タイプだったのが、自分を内観し、ごまかしていた自分に気づき、素直になれたと話していました。内観後、夫から思いがけない言葉が返ってきたと驚いていました。それ以前、夫をそうさせていたのは自分だったと気づいたそうです。

「20代のころはキャリアウーマンで、鎧を着て、こうあるべきだと強がってた人間だった。その根源的なものはなかなか崩せない。それをこの歳にして、気づけて、脱げる。貴重です」とも漏らしていました。

なぜ、サイエンズメソッドなのか、Yさんはこんなふうに話しています。
「企業研修では、スピードが要求されて答えをみんなで出さされる。それに慣れてしまった脳みそをそぎ落としていくためにも、今までの人生で質問されたことのないような切り口の問い掛けがあり、独特のリズム感があるから、脳みそがそれに馴染んでくる感じかな。答えのない探究みたいなところの醍醐味というか、特徴がある」

一人の気づきが波及する面白さ

たとえば、探究会の中で、一人の気づきをみんなが共有していくことがあります。そんな場面をとらえて、「相手が花開く、相手が気づいていく、その瞬間に、そこに居合わせるだけで、自分も一緒に、あーーみたいなの(気づき)って他にはないって思う。だから好き。」だと。

様々な活動をしてきたYさん、「例えば、環境活動のファシリテーターになって、ゴミを減らそうとかするんだけど、古いマインドのままでは、何も変わらない。コアの部分を書き換えていくのが大事だと思う。いろんなグループや団体を見て来て、いいことしてるのに、何でこんなにもめるんだろうってことがある。スタッフどうしがもめる。何か悪いというわけではない。それまでの持っている何かが違う。本心でないところでやってたり、前例とか、建て前とか、お金がないとか‥ だから、サイエンズメソッドがコアにあるのが大事だと思う」

など、参加者それぞれに、自分の体験を通して、サイエンズメソッドがどんなものか、探っていきました。

IMG_5142 (2).jpg

◆夜の交流会

夜は、サイエンズアカデミーのメンバーや鈴鹿コミュニティの人たちを交えて、交流会をしました。この1年間の進み具合や今の様子、自分の内面の変化など、活動を紹介し交流しました。

IMG_5165 (2).jpg
司会進行は、岩手イーハトーブの吉田直美さんと、ミッチーこと北川道雄さん

IMG_5207 (2).jpg
ブラジルのホメオさん。サイエンズメソッドによって、お互いの関係がやわらかくなり、進んできているという報告

IMG_5232 (2).jpg
ジェオン、フンちゃん、ジンちゃん。韓国のサイエンズスクールコリアとウドンサ(シェアハウス)の活動の様子を紹介。

IMG_5338 (2).jpg
鈴鹿コミュニティのこの一年を小林耕一くんが紹介。近況を「素直な人になっていくこと。当たり前としていることがない人」と話す

IMG_5388 (2).jpg
「次の社会」に向けての子育てをキンダーハウス“チェリッシュ”、学び舎について紹介する、福田博也くん、中村知美さん、アカデミー生のフンミ

IMG_5431 (2).jpg
サイエンズアカデミーの紹介。岡田拓樹、レオ、ジェエゴが発表。

IMG_5450 (2).jpg

IMG_5488 (2).jpg
ガイアエデュケーションの紹介を片山弘子さん、安田恵さん

◆ミーティング2日目

IMG_5600 (2).jpg

人類の未来は

人間が作り出したフィクションである、お金や決まり事にずいぶん縛られて暮らしているのが現状です。「大学をやめた」と聞くと怖くなったり、「お金がない」と心配するのも、人間が作り出したフィクションを現実化して、あたかも実際のように思っているからでしょう。
「お金がない」と、本当に不安なのでしょうか?

そのフィクションをフィクションだと気づき、解放されていくのが「サイエンズメソッド」です。みんなで和気あいあいとした気風の中で、身軽になっていく方式です。ミーティング2日目は、そんな事例を出し合いながら、これからを描いていきました。

最近のニュースや報道を見ても、これからの人類の進むべき方向が盛んに模索され、AIを使ったシミュ―レーションや研究が活発です。その一つとして、「次の社会」を私たちは提案したいのです。
「世界的ベストセラー『サピエンス全史』の著者・ハラリさんと対談をしたいなー」なんていう夢も語られました。人間の作り出したフィクションから自由になる方式、「サイエンズメソッド」をぜひ知ってほしいですね。(記事:いわた)

IMG_5633 (2).jpg

サイエンズメソッドの入り口―アズワンセミナー!
詳しくは>>>http://as-one.main.jp/HP/seminar.html
各地への広がり | - | -