「人や心を大切にする土壌の上で」9期カレッジ始まりました!

第9期の持続可能な社会づくりカレッジが、5月26日から始まりました。第1回のテーマは、「持続可能な人間関係とは―親しさとは?」です。親しさでつながるコミュニティのスタディツアーで、鈴鹿コミュニティの各所に深く触れました。
今期は、四国・高知からと広島からも、初めての参加者を迎えています。これから7月までの3か月間、より知り合い、より深め合っていきます。

アズワンコミュニティでは、決めごとやトラブルはすべて「話し合い」で解決するのだと思っていたのですが、その話し合いを「することができる前提」なのだと感じました。話し合えるベースにない人とは話し合えば合うほど仲が悪くなるらしいので・・・
そのベースになっている人(=学び続けている人)が大勢いるコミュニティとは安心感があるなぁと感じました。温かい方たちばかりだけれど、皆さん初めからそうではなかったと聞き、ほっとしました。
私が今いる場所は、鈴鹿でのびのび暮らしている方達も通ってきた道だと。(参加者の感想から)
第9期の持続可能な社会づくりカレッジ、昨日から始まっています。
今日は、朝からアズワン鈴鹿コミュニティのスタデイツアーでした。スズカファーム、コミュニティオフィス・スペースJoy、サイエンズスクール、おふくろさん弁当を廻りました。まずは、人が大事にされる、人が幸せに生きていくにはということがあって、ファームやお弁当屋、そしてオフィスなどができたことが、よく伝わってきました。今期のメンバーは、実際にコミュニティなどをつくったいきたいという人が多いので、これからの3ヶ月がとても楽しみです。(スタッフの北川さんのFacebookから)



教育プログラム | - | trackbacks (0)

Trackbacks