コミュニティ歳時記 1月号

呟きの、その先に

夕暮れ時、鈴鹿の空にカラスの道ができる。
白子の海の方から亀山の方に向かって、決まって同じ辺りを、数えきれないカラスが次々と渡っていく。

空のどこにも線はないし、交通整理係の一羽もいないのに、まるでGPSでも搭載しているかのような、その正確さに感心してしまう。
数年に一度クラスとかいう寒波の影響で、白く覆われた鈴鹿の峰々を背景に、ひと際映える空中の<カラスロード>・・・
LINE_ALBUM_イラスト_211231_0.jpg
年の瀬といえば、決まってお節作りである。
今年は360セットもの注文が各地から届いた。
コミュニティの家業とも言える<おふくろさん弁当>、
28日からは老いも若きも駆けつけ、所狭しと活況を呈する。

蝉の鳴き声が消え入る頃から始まった担当メンバーの構想、企画、試作、試食の末に産み出された、今年の一品一品。そこに心を込めていく・・・

お節の話題で賑わい始めた師走に入った頃だろうか、コミュニティの食部門を見ている三由紀さんが呟いた一言。
「年末の忙しい時こそ、毎日のお弁当を届けられたらなあ」

例年12月26日か27日でお弁当の販売は終了し、弁当屋さんを挙げてコミュニティを挙げて全面的にお節作りに入る。厨房や盛り付け室なども<お節仕様>に一気に様変わりする。

ずっとお弁当を取り続けている常連さんがお店にやって来て、
「そうかあ、お弁当お休みだったんだ。」
と落胆するのを見て、年末大掃除やお正月の準備とこんな時こそお弁当欲しいんだろうなと思いつつも、
「31日にお節用意してますからね。お楽しみに」
と言う他なかった。
LINE_ALBUM_イラスト_211231_1.jpg
20日過ぎだったか、
「三由紀さんの言ってた年末の弁当、何とかできたらええなあ」
どこからともなく、中井さんだったか、泉田さんだったかが言い始めて、
「来年からそう出来るようにしようよ」、がいつの間にか、
「今からなんとか出来ないやろうか~」になって、
「だったら、あ~も出来る、こ~も出来る」と、あっちでもこっちでも知恵が寄ってきて、
あれよあれよという間に実現してしまった。
今日31日には、日替わり弁当だけでなく年越し蕎麦まで用意しちゃおうとなった。

『年末はお節作りのみ。お弁当までは無理』
そう決まっていたのは、<頭の中>だけだった。
LINE_ALBUM_イラスト_211231_3.jpg
“呟き”と言えば・・・
コミュニティスペースJOYのマミー・芳子さんが20日に、
「JOYの冷蔵庫、ずっと働き続けてくれてるけど、<この子>そろそろ限界みたいでね。<新しい子>が来てくれたらいいけどなあ」
とボソッと。

アイランドショーケースという360度どこからでも、食材を出し入れできる<この子>は、もう何年もコミュニティの真ん中に居て、故障する度に電気担当の市川さんに直してもらい、最近では霜取り機能が効かなくなったと、毎日芳子さんがショーケースを空にしてはドライヤーで内部の霜を溶かしたりしていた。
「毎日霜取りしてても、だんだん冷えにくくなって来ててね。<新しい子>来て欲しいけど、ウン十万円もするって聞いたら、<この子>にもう少し頑張ってもらおうかね。」
と、続ける芳子さん。

「でも、ショーケースのお陰で家の冷蔵庫って殆ど使わなくなってる。」
「卵だって、翌日食べる分だけ、そこから持って行けばいいし」
「一人で、ウン十万円の冷蔵庫買うと思ったら躊躇うけど、“100人の冷蔵庫”だからなあ」
「そうそう100人で割ったら、一人数千円で済むじゃん」
「・・・・」
「・・・」
とか何とかいう展開になって、27日には<新しい子>が東北は仙台の方からやって来た。

からす なぜ鳴くの
からすは山に
可愛い七つの
子があるからよ
可愛い 可愛いと
からすは鳴くの
可愛い 可愛いと
鳴くんだよ
山の古巣(ふるす)に
行って見て御覧
丸い眼をした
いい子だよ


野口雨情が作ったとされる「七つの子」の詞。
どんな風にカラスを見ていたのかなと思う。
そして本当に“山の古巣”まで訪ねて行ったんじゃないだろうか・・・
パッパッと流れてくる画像・映像・情報を追いかけて処理しているのとは随分違う、得も言われぬ<ゆったり観>。

『それってどうなんだろう?』と、
手を止めて、耳を傾けたくなっているような、その見ている時の心持ちというか、
そのものに、その人に入っていくような親しさ近しさというか・・・

私たちの会心のお節は昨日から箱詰めされ、
宅配業者の力も借り<お節ロード>に載って、全国に発送された。
そして今朝は、お弁当屋さんの店頭で引き取りに来る人たちのために並べられている。
LINE_ALBUM_イラスト_211231_5.jpg
日替わり弁当と年越しぶっかけ蕎麦と共に。
「早く来ないとお節の箱の風呂敷包み終わっちゃうよ~」
という泉田さんからの呼びかけLINEを見て、奈々ちゃんが今、弁当屋に向かって走っていった。

2021年が暮れていく。
- | -

【新連載】コミュニティ歳時記 12月号

【家族の風景・・・そして家族以上の】

まだ現役で働いている父が90歳になった。
創業145年の零細企業を経営している三代目だが、さすがに来春いったん会社を閉じるというので家族会議の招集がかかった。

平日だが、思いのほか車内は混んでいた。
晩秋の行楽に出かけるグループだろうか、賑やかな会話が飛び交う。
「・・大きな声での会話は、他のお客様の迷惑となりますので、ご遠慮ください・・」
というタイムリー?な車内放送に思わず失笑する。
後部座席の老夫婦は、想い出を辿る旅の最中らしい。奥さんの声ばかり聞こえてきて、時折交わされる二人のやり取りもどこか噛み合わない。
「お父さん、ほら見て!御岳山よ。」
「おぉ~」
ほんの数秒だけ見える、その一瞬を二人は愉しみに待っていたようだ。
「わぁ~何十年ぶりかしら。懐かしい~。この景色が見られただけで、もう満足!」
「そうそう・・・」
相変わらず旦那さんは口数少ないが、この時ばかりは、二人の呼吸が合っているように聞こえた。
71248.jpg
2年ぶりに仰ぎ見る常念岳。
なにか物足りなさを感じながら家路を歩く。
そうか、この時季なら頂に雪を冠している筈と、脳裏には子どもの頃の景色が浮かんでいたのだった。地球温暖化とやらの影響もあるのだろうかと思いは巡る。
家の勝手口を開けると、一足先に着いた兄が真っ先に迎えてくれた。
東北で医師をしている2歳年上の兄は、パンデミック以降ずっと働き詰めだったが、社会もやや小康状態となった今がチャンスと、思い切って1週間の休暇を取ってきたと言う。

仏壇に線香をあげ、お土産を供えていると、
「さあ、先ずはお昼ご飯にするだ。」
と台所から母の呼ぶ声がした。
途中、父も出先から帰ってきて、家族4人で食卓を囲む。
「なんだ、あのコーヒーカップ。色褪せてるじゃん。僕らが中学生の時から使ってた年代モノだよ。もう捨てた方がいい。」
と、古い食器棚の中を指さしながら、兄が言う。
「どれ?あれか~。あれは良いモノだから、捨てるわけにはいかねえ。まだ取っておくじゃん。」
と父が応える。
「そういうこと言ってるから、要らないもので家の中がいっぱいになって、何も片付かない・・・・・」
兄の力説にも怯まず、やり取りしている両親の様子をうわの空で聞きながら、
“こうして家族4人で過ごすのは何十年ぶりのことだろう。兄が大学で仙台に行き、僕も東京に行き、その後それぞれの子ども達交えて盆や正月に会することはあったが、両親と4人だけというのは子どもの時以来かもしれない”
と顧みたりしていた。

4代目になる気など毛頭ない兄と僕はずっと故郷を離れて暮らしていて、その間近くに住む母の甥や姪が随分と気をかけてくれて頻繁に足を運んでくれていたこと、司法書士さんや税理士さん、議員さん、出張販売の人、多くの友人隣人が両親のことをサポートし続けてくれていたことを知った。
数日かけて、家の片付けや会社の整理をしていると、子どもの頃は知らなかった、というか知り得なかった父や母のいろんな顔を改めて観ることにもなった。当時は、悲しいとか苦々しいとか腹が煮えくり返るとか、身や心を摺り減らしたことも、今となっては全部面白可笑しい、笑い種になって、4人で笑い転げた。
ただ、片付けや整理はまだまだ続きそうだ。
70734.jpg
鈴鹿に戻ってきて、サイハテヴィレッジからコミュニティのツアーに来た坂井勇貴君と工藤シンク君に会った。
2人とも初対面。
坂井君は姓も同じで、名前もよく似ているので、他人のような気がせず話しかけてみる。
そうしたら、勇貴君のお母さんと、僕の父方の郷里がものすごく近いことが判明。
何代か遡ったら、きっと親類に違いない。
その坂井君と工藤君と鈴鹿コミュニティの小野さんとの対談が先月公開されたとき、
「コミュニティの人と人の間柄は家族のようなもの、いや家族以上かな」
というような一節が妙に心に残った。

家族ってなんだろう?
社会の最小単位とも言えるのかな家族は、その家族がどんなかによって社会も変わるのかな?
例え家人の一人が世間で受け入れられない事をしでかしても、そうするからには止むに止まれぬ事情があったのだろうと責め合うことなく庇い合う紐帯ともなるし、いや家族とはこうすべきものとお互い同士を縛り合う鎖にもなるし、現状の家族には様々あり過ぎて、元々どういうものなのかが判然としにくいかも知れない。
そして、家族以上ってなったら益々どういうことなんだろう?

鈴鹿コミュニティのツアーを終えたシンク君が、
「みんな本当に仲が良いんですね。本気で真剣にやっているけど、“てきと~”なんですね。」
と言っていたとか。
たまたま昨日、政府の発表があって、11月8日から緩和された外国人の入国が再び全面禁止となった。このパンデミックで1年サイエンズアカデミーに戻るために、入国を待ち続けていた韓国のジョンイン、8日から超特急で査証申請手続きを進めて12月11日に来日予定だったが、それもタッチの差でボツになってしまった。残念だが次のチャンスを待つ他ない。
今朝のニュースで、海外からの技能実習生を受け入れている建設会社の社長さんが、
「この政府の決定は痛手です。貴重な外国人の働き手を、国内で何とか賄うことは不可能です。仕事をお受けできないケースも出てきます。」
と言っていた。
“僕らは、なんでこれ程までにジョンインの来鈴を心待ちにしているんだろう?”
鈴鹿カルチャーステーションの廊下で、
「おねぇちゃーん」
と駆け足でアカデミーのお姉さんの胸に飛び込んで行った幼子と、その子をとても愛おしそうに見つめているアカデミー生を観ながら、そんなことを考えていた。
(文 坂井和貴)
- | -

アズワンスタイル体験・実習プログラム について

サイエンズスクールで学び、次の社会の暮らしを実際に体験したいという方に、アズワン鈴鹿コミュニティに滞在しながら体験する【アズワンスタイル体験プログラム】を始めました。

asonestyle.jpg

尚、現在のところ感染症への対策として、アズワンスタイル体験プログラムと実習プログラムは、サイエンズスクールの1週間のコースへ参加後、地元へ一度帰らずに滞在し、そのまま引き続きプログラムを受ける場合のみ、受け付けています。


【アズワンスタイル体験プログラム】

(プログラム例)
1.コミュニティの生活や、アズワンスタイルで暮らす人に触れ体験する

2.毎日の「体験プログラムやってみてミーティング」に参加して自分を振り返り、なんでもオープンに話し合う体験をする

3.日々のプログラムの中で気づいたことや、自分を観察してみたことなどを会員ブログに書いてみる。

(対 象)
◎ [2泊3日~6泊7日]
サイエンズスクール会員で、「自分を知るためのコース」に参加経験がある方。

(費 用)
◎ [2泊3日~6泊7日]
  〇事務手数料 3,000円/回
  〇体験費用(滞在費含む)5,000円/日





もっと長期で滞在して、実習を通して学びたいという方には【アズワンスタイル実習プログラム】を用意しています。

【アズワンスタイル実習プログラム】
(プログラム例)
1.コミュニティの生活や、アズワンスタイルで暮らす人に触れ体験する

2.毎日の「実習プログラムやってみてミーティング」に参加して自分を振り返り、なんでもオープンに話し合いながら、サイエンズメソッドで調べていく実習をする

3.コミュニティの職場で受け入れてもらいながら、アズワンスタイルでの仕事、職場作りを実習する

4.日々、プログラムの中で気づいたことや、自分を観察してみたことなど会員ブログに書く

(対 象)
◎ [7泊8日~3ヵ月]
・サイエンズスクール会員で、ベーシックコースすべてに参加し、実習としてサイエンズメソッドを学びたいという意志のある方。(参加には選考があります。)
・スズカファーム・おふくろさん弁当などの各職場で、毎日5~6時間(週6日)作業に参加できる方

(費 用)
◎ [7泊8日~3ヵ月]
  〇事務手数料 3,000円/回
  〇体験費用(滞在費含む)初日から10日目まで2,000円/日  11日目以降1,000円/日



詳細は「アズワンネットワーク事務局」へ、お問い合わせください。

アズワンネットワーク事務局
<連絡先>as-one@gw.main.jp
- | -

アズワン鈴鹿コミュニティの紹介ビデオ(最新バージョン)

アズワン鈴鹿コミュニティ紹介ビデオ(最新バージョン)が完成しました。
字幕は、英語、ドイツ語、韓国語、ポルトガル語、日本語が選べるようになっています。(今後、中国語、フランス語も追加する予定です)
どうぞ、ご覧ください。
https://youtu.be/ISw34Ud99Ek

video-1.jpg
- | -

【アズワン鈴鹿コミュニティ】実践者としての学び

72479136_2957282734298573_2624656687839051776_n.jpg
若い人たちの間で、幅広く共感を集めている「共生革命家」のソーヤー海さん。
11月9、10日の横浜戸塚での「しあわせの経済国際フォーラム」のプレイベントして開催された、「プレフォーラム@アズワン鈴鹿~辻信一&ソーヤー海と語ろう~」に合わせて、初めてアズワン鈴鹿コミュニティを訪れました。
台風の影響で11日夜から来て、14日のプレフォーラムをはさんで、15日の午後までゆっくりと滞在しました。最初の鈴鹿コミュニティに触れるツアーでたくさんの刺激を受けて、若い人たちなど多くの人たちと交流する中で、実践者としての大きな学びがあったようです。 

主宰している東京アーバンパーマカルチャーのブログに、率直な感想を書いてくれています。
ブログはこちらから
73043839_2957280507632129_45056457497903104_n.jpg
- | -

20歳の夏を共に過ごした!アズワン鈴鹿ツアー



20歳、大学3年の今。
皆さんはどうしていましたか? 

8月4日から7日まで、日常から離れて、これからの社会や自分の生き方を考えたい、という若者たちがアズワン鈴鹿ツアーに参加しました。



彼らは明治学院大学国際学部の3年生で、辻信一ゼミの3人でした。
現在、サイエンズアカデミー生として学んでいる岡田拓樹君の後輩になります。
最初は、コミュニティのお金の介在しないシステムや仕組み的なことに関心があったようですが、3日間を過ごしていくうちに、人と人のつながりや何でも話し合える関係といった、人の内面の深いところを大切にしていることが伝わっていったようです。

まず、このコミュニティがどう成り立っているのか、根本について知れた。また、人々と関わったり、話を聞いたりして、皆が大切にしていることがしっかり共通認識としてあることがわかり、今、自分が暮らしている環境とどうちがうのか、私が生活する上で何を一番に大切にしたいかなど、鈴鹿コミュニティを見て、はっきりとまではいかないかったが、少し見えたような気がした。
“人と話をする”、“人を聴く”、“自分を知ってもらう”ことが、どこか面倒くささを感じていたが、それがないから普段あるモヤモヤというのがあるのかなと、今は思います。(深澤さん)


はじめはお金を介在しない経済への興味を持っていましたが、見ていくうちに、生活するみなさんが自分の内から出るものにしっかり向き合い、消化し、それが“他の人のため”につながっていることが見えてきて、その魅力にひかれました。自分に向き合うことは、あえて、そのための時間をとらなければ難しいと感じました。
今回、自分に向き合う時間と、それを共有して客観的な視点から掘り下げてくれる人がいて、気持ち良かったです。(高瀬さん)


コミュニティの色々な部門のつながりや共通していた“話し合える関係”ということがどういうことかを知ることが出来た。
話し合いの機会を通して、自分たちが普段どう話せていて、どう話せてないのかが分かった。これからの生活や仕事に活かしたい。(柴田さん)
- | -

参加者が一つに溶け合ったアズワンツアー


キールタン奏者の堀田義樹さんとヨガを教えているぬんさんが企画した「アズワン鈴鹿探訪ツアー」。参加者の感想第3弾です。今回はデザインの仕事をしているY・Yさんのレポートと写真をどうぞ!




『アズワン鈴鹿コミュニティ探訪ツアー with 堀田義樹&ぬん』
に参加してきました
 
アズワン(as one)とは『一つの世界』という意味
ジョン・レノンの名曲『イマジン』の
The World will be as oneからきています
 
正直なところ、HPを見てもどんなところかイメージできていなくて
これまでに参加していた
お二人の『しあわせについて、豊かさについて、話をしよう』
という集まりで話し合っていることの具体的な事例として、
 
何かヒントになるようなことが見つかるかな?
というくらいの感覚で参加してみましたが

2泊3日とはとても思えないような
想像をはるかに超えて深くて濃密な日々!
 
 
それでいて急ぐようなこともなくゆとりがあって
たくさんみんなで語り合って
本当に素晴らしく貴重な体験をさせていただきました

- | -

新しい時代の家族のようなコミュニティ


キールタン奏者の堀田義樹さんとヨガを教えているぬんさんが企画した「アズワン鈴鹿探訪ツアー」。参加者の感想を前回に続いて紹介します。今回はE・MさんとA・Mさんの2人のレポートです。




新しい時代の家族のようなコミュニティ
誰もが本心で生きられる社会を体験してきました✨


【アズワン鈴鹿 探報ツアー】

私が私を知った時
あなたのことが理解できた

日々変わっていくリズムの中で
私のリズムとあなたのリズムが

調和しながら調整しながら

本心を話しながら
楽な方へ、楽な方へ✨🌈🌈🌈
- | -

自分の心の奥の奥にあるものに気づく~アズワンツア-



7月20日から22日まで、キールタン奏者の堀田義樹さんとヨガを教えているぬんさんの企画で「アズワン鈴鹿コミュニティ探訪ツアー with 堀田義樹&ぬん」がありました。義樹さんぬんさんと参加者13人に鈴鹿コミュニティのメンバーが加わり2泊3日を過ごしました。
ツアー後、参加した方々が次々にアズワンでの体験をフェイスブックで発信していますので、ここに紹介します。まずはM・Oさんの感想から――。




『 AS ONE 🌏 』

三重県にある、アズワン鈴鹿 コミュニティというところ へ、 ぬんさん、義樹さんと 共に学び 体験・体感する 2泊3日の 探訪ツアー に行って来ました。
ご一緒してくださった皆さま、ありがとうございました🙏✨

3日間、緩やかに、そして 予想以上に 楽しく
過ごした時間でしたが とても 内容が濃く、

なんだか、脳の いつもとは 違うところを
使って考えたような。
- | -

「大きな一つの家族!どうやったら出来るの?」



7月14日-15日でアズワン鈴鹿ツアーがありました。神戸でシェアハウスをしている井上さん(愛称いのじさん)がシェアメイトを誘ってツアーに参加しました。その参加者の方がツアー後に感想をフェイスブックで発信していたので、ここに紹介させて頂きます。ツアーには佐賀から参加した方と、15日の午前中は、コミュニティデザインの山崎亮さんも加わって、コミュニティを参観しました。(写真は、おふくろさん弁当の前で参加者のみなさん)




◆人によって対応を変えることは可能!--参加者の声より

昨日今日と、鈴鹿にあるコミュニティにアズワンネットワークを見学するツアーにいってきました。

きっかけは今住んでいるシェアハウスわらいのいのじさんから、「色々探求して、ちょっと面白い事してるコミュニティあるけど、一緒に行かへん?」と誘われたからです。

んーちょっと怪しい、内容もよく分からないし、お金払ってまで行く価値あるの?って、思ってましたが、いのじさんから言われたし、何か気になったので行くことにしました。

で、実際、2日間色々見せてもらった感想ですが、行って良かったと思っています☆こんなコミュニティのかたちもあるんだ!って思いました!

- | -
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >>