韓国・花咲く学校高校生のアズワン体験ツアー《後編》


韓国のオルタナティブスクール「花咲く学校」からやってきた高校2年生9人と先生1名。最終日に鈴鹿コミュニティのメンバーと交流会をしました。4泊5日過ごして彼らが感じていったものは――




◆知るにつれて視線の方向が自分へ
最初、みんなが本質や実際のことに取り組んでいるのを見て、「本当に抽象的だな。中学校の時が思い浮かぶ…」と思った。でも、暮らしてみてもっと学んでみたいと思うようになった。私がこのコミュニティに住みたいというよりは、私が自然と「本当は何だろう」と考えるようになる、そういう状態が知りたくなったと思う。
そして、サイエンズメソッドやサイエンズ精神を知るにつれて、少しでも視線が自分の方に向かうようになって良かった。予想しなかったけど、自分たちの関係について考えたり整理される感じがして嬉しい。もうちょっと素直に自分を出しても良いのだなとも思った。(ジャン・ユミン・女・17歳)



◆「なぜイライラするのか」と考え
コミュニティの人がみんな明るくて幸せに見えた。
暮らしてみて驚いたのは、些細なイライラや争いさえないということだった。イライラしたら「なぜイライラするのか」と考えて、腹が立ったら「なぜ腹が立つのか」「怒りとは何か」と考えるのが驚きだった。ゼロから、本質的なことを考え、それを実践して生きることが素晴らしいなと思った。
(チョ・ホンビン・男・17歳)



◆「代案」ではなく「革新」なんだ
代案学校が「少数的なもの」だと思っていたけど、ここに来て「代案」とは一時的なことではなくて主流になれる「革新」だということを学んだ。(K・M・女・17歳)


◆短い期間だったが成長した
ここに滞在したのは短い期間だったが、この時間の中で私と11年生のみんなが成長したなと思った。そして、アズワンコミュニティの話だけではなくて、私たちの話がたくさん出来て有意義な時間になったと思う。
忙しい高校の暮らしの中では出来なかった色んなことを考えられて本当に良かった。(キム・ヨンボム・男・17歳)

◆大きな実験室
コミュニティ全体が大きな実験室のように思いました。現代社会の経済システムに対して、職場や仕事に対して、人と人の間柄に対して、新しい想像をしたり本当の姿や形を考えている実験室。
ここで出会ったすべての方々が見せた温かさや余裕、健康さが印象的でした。(男・41歳・教師)
- | -

韓国・花咲く学校高校生のアズワン体験ツアー《前編》



7月3日から7日まで、韓国の「花咲く学校」の高校2年生9人と先生1名がアズワン鈴鹿コミュニティを訪れ、4泊5日を過ごしました。この学校は、オルタナティブスクールで幼稚園から高校までがあり、今回の学生たちは、幼い頃から共に過ごしている仲だとか。このツアーを計画したのはその学生たち自身で、これからの人生や方向性を考える旅にしたいと、日本の訪問先を探しプログラムをつくってやってきました。
鈴鹿では、コミュニティの見学や体験をしながらコミュニティの人たちと触れ合い、いろんな話しをしました。悩みを持った学生もいたようです。そんな彼らが何を感じていったのか、感想を交えながら紹介します。まずは、写真をどうぞ!(記事:いわた)




初日、ビジターズハウスで食事会。
「食事がおいしかった!」、「一番印象に残ったのは食事です」、そんな感想も。


2日目の朝。鈴鹿ファームの見学と農作業体験。


インゲンの収穫。


出荷場で野菜の出荷体験。


3日目はお茶室で茶道体験。
「お茶の体験が印象に残っています。ただ、お茶を飲んで、お菓子を食べるだけじゃなくって、日本の歴史や文化と他の文化との共有がある感じがして、それがよかったです」と感想がありました。


和菓子は「水面」(みなも)という水面を模した水ようかん風の和菓子。
- | -

「不思議がいっぱい」~中国からの留学生



昨年開催された「しあわせの経済フォーラム」のイベントでアズワンを知り、「実際どうなっているんだろう?」と興味を持ったという中国から東京の大学に留学中の大学生が、6月22日-23日の一泊二日で鈴鹿コミュニティを友人と一緒に訪れました。
彼女が感じた「不思議」をインタビューしてみました。


「不思議」をたくさん感じという中国から東京の大学に留学中の学生さんです。

_n.jpg
- | -

私自身のコミュニティ形成をはじめよう!


GW中にアズワン鈴鹿ツアーに参加した千葉の市川恵梨子さん。フェイスブックで体験談を発信しています。ここに転載させて頂きました。
市川さんは――3姉妹のお母さん。チャクラ読んで整える人。コネクション・プラクティス認定講師「ラスール」。子ども発達インストラクター。あなたの Inner Life を整えるのがお仕事です♡(FBのプロフィールより)



アズワン・鈴鹿コミュニティーに行ってみた!市川恵梨子さん

「規則も命令も上司も責任もない? 幸せを運ぶ会社 おふくろさん弁当」の本を読んでから、行ってみたくて仕方がなかった、アズワンネットワーク・鈴鹿コミュニティー。

この日に行きます!と宣言したら、東京の勉強会で出会った人と仲間が一緒に参加することになった。宣言するって大事だ。

アズワンネットワークでは、もう10年以上前から、「人が人らしく生きるとは」をテーマに、サイエンズ・アカデミーでの研究やその学びを実践するコミュニティーづくりをしてきた。その中のひとつに「おふくろさん弁当」という名のお弁当屋さんがある。




サイエンズを知ると、観察が大事なこととか、自分の意図を明確にするとか、すごくNVCに共通することがたくさんある。
実際に、NVCがコミュニティーの中で講義されていたりする。
そのこともあって、行ってみたかった。



実際に行ってみて、感じたこと。

◉人々の安心感、つながり感がベースにすごくある
◉生活のペースがすごくゆっくり
◉会話のテンポもゆっくり
◉すごくほっこりして、なつかしい

どれも非常にあいまいな感想でごめんなさい・・・。
でもどうも言葉にするのが難しい。

ツアーの中で、これまでのコミュニティーの歴史について伺ったのだけど、「なぜそれをするのか」「どうしてするのか」という目的を常に確認していて、それが少しでもブレたら、いつでもその取り組みをやめる、ということが日常的に起こっている。

始めたなら続けなくちゃ、とか、そういうしがらみがない。

実にフットワークが軽いし、それについてみんなも寛大というか、「そっか〜」くらいな。

意図を明確に共有しながら、常に変化し、自分の内面と向き合うことをとことんやっている。そんな印象を持った。



日々のニュースを見ていると、人類はいったいどこに向かっていくのだろうか?と不安になる。

でもここでは、とてもシンプル。
安心・安全に暮らすこと。
その人らしく、ありのまま暮らすこと。
自由な自己表現ができる土壌と、場所があること。

社会が発展するために、国が機能するために、ルールやしがらみをこれまでたくさん作ってきたけど、もうそういうルールは必要ない気がしている。

一人の人間が自覚するだけでいい。
「わたしはこう在りたい」と。

鈴鹿コミュニティーでは、それができる心の土壌があり、支える経済もコミュニティー内で循環しており、物理的な場所もある。

一朝一夕でこれらができたわけではないけれど、こうやって作ってきてくれたことにとても価値がある。試行錯誤を繰り返してくれて、本当にありがとうございます。

今後も鈴鹿コミュニティーとつながりながら、私自身のコミュニティ形成をはじめようと思う。
- | -

里山の自然を満喫!アズワン鈴鹿ツアー



5月の大型連休中に2泊3日で開催されたアズワン鈴鹿ツアー。
天候にも恵まれて快適なツアーになりました。コミュニティ活動の一角、「すずかの里山」にも出かけて、大人も子どもも里山の息吹を満喫! ゆっくり、ゆったり過ごした皆さんの心に残ったものは……


↑アズワンツアーを終えて、参加者に感想を聞いてみました。
体で感じた心地よさとは…



里山で活動している高崎広さん。活動を通して近隣の人たちとの間柄やつながりが深まってきているそうです。


竹製のアスレチック。竹林の整備から出された竹を使って。





ツリーハウスに上って
- | -

「ガイア公開講座」水城雄さんの非暴力コミュニケーション



5月18日、アズワン鈴鹿コミュニティを1会場に、Gen-Japan主催のユネスコ認証の教育プログラム「ガイアエデュケーション」の公開講座が鈴鹿カルチャーステーションで開かれました。先回の辻信一さん(明治学院大学教授)の講座に引き続き今回が2回目で、講師は水城雄さん。ピアニストであり小説家で、非暴力コミュニケーション(NVC)の講師をしています。そのNVCの講座と後半は身体を使ったワークショップがありました。



日常会話が暴力的?

私たちの日常会話は、相手の話を聞くことよりも自分の意見を言うことの方が多いでしょうか。それが案外相手にとって暴力的になっているかもしれません。
水城さんが最近電車で見かけた女子高生の会話を例題に解説しました。

A子がスマホを見せながら「この服、チョーかわいくない?」
B子は「え! ダサー! やめときなよ」

というやりとりだったそうです。

「友達同士で、相手のことを否定しても喧嘩にならない仲良い関係なのでしょうね。B子が正直な気持ちを言ってもつながりが切れない関係…」と水城さん。
ただ、A子にとっては、ちょっとショックなリアクションです。
B子の評価やアドバイスの言葉は、A子にとって暴力的ではないでしょうか。
そういうつながりではなく、相手にとって非暴力なつながりを求めていくとしたらどんなリアクションがよいか、と問いかけられました。

- | -

田植え真っ最中!SUZUKA FARM NOW!

緑眩しい季節。今年も鈴鹿ファームでは田植えの時期を迎えています。


軽トラに育てた苗がぎっしり積まれて


トレーの苗を田植え機にセットしていきます。


機械は苗を数本ずつ取って8列の幅で植えていく…


直線に運転するのも、難しそう


オペレーターは岸浪さん
「やっぱ、苗が綺麗に植えられるのは、代掻(しろか)きがうまくできてるからだね」なんだそうです。
- | -

「ひとつ」の空気感をインストール


緑輝く季節です。連休中もアズワン鈴鹿コミュニティに各地から訪れていました。北は岩手県盛岡から、南は九州宮崎からと、参加者どうしも交流し合って、アズワンの空気を味わっていかれました。宮崎から参加した林順子さんがフェイスブックで写真と記事を発信しているので、ここに紹介させていただきます。(IWATA)


◆「誰もが安心できる社会は実現できる」  林 順子さん

三重県鈴鹿市にあるアズワンコミュニティに来ています。

普通の街の中で、たくさんの人が大きな家族のように暮らしている、「ひとつ」として暮らしているのを子どもたちと一緒に体験させてもらっています。

おふくろさん弁当、鈴鹿ファームなどの経済活動も社会的に事業として行いながら、みんなの里山を作ったり、子どもたちの保育事業もしたり、みんなの台所、買い物係的な役割があったり。

ひたすら穏やかで、心地がいいです。
「ひとつ」の空気感をインストールしています笑
そしてすでに自分の中でベーシックになりつつあるのを感じています。

本来の人の姿、社会の姿はこういうものだろうと思うから。
誰もが安心できる社会は実現できる。

強制や上下のない、お金に縛られない、誰もが本心で、その人らしく暮らせる社会。
暮らしのすべてが繋がっていて、心から安心できる暮らしがここにはあります。


- | -

すずかの里山NOW!

春の「すずかの里山」では、「未来の里山プロジェクト」の活動が活発です。地域のみなさんとタケノコ堀り! ツリーハウスも完成!しました。活動を通して、人と人のつながりや間柄が変わってきているとか。里山様子を写真でどうぞ!


◆タケノコ堀り
4月21日(日)、満足度100(パーセント)のタケノコ掘りイベントでした。約40人参加。(Takasaki)


天気もよく、たくさん掘れて、料理も美味しかったし、元ヤンチャキッズメンバーもやってきて、子どもたちは大盛り上がり、満々足でした。

- | -

「介護×演劇」で人に寄り添う体験


理想の暮らしを語る会4月度公開講座

理想の暮らしを語る会と三重県総合文化会館のコラボで開催された「介護に寄り添う演技体験講座」が4月20日、鈴鹿カルチャーステーションでありました。講師は「老いと演劇」OiBokkeShi主宰の菅原直樹さん。後半のトークセッションでは、サイエンズスクールの福田博也さんも登壇しました。介護関係者も多数集まり、賑やかな会になったようです。理想の暮らしを語る会のフェイスブックに公開されているレポートを紹介します。



講師の菅原直樹さん

心の内を物語としてとらえなおすコミュニケーションへ
(今井亜子・理想の暮らしを語る会)

介護×演劇から、人間らしい本来の姿を体験する菅原直樹さんのワークショップを、三重県総合文化会館とのコラボで開催しました。
前半は演劇体験する人達と見学者に分かれて、身体を動かして遊ぶ大切さを見せてもらいました。
見学者より、体験者の方が人数が多い会場は、爆笑に次ぐ爆笑で、思わずそれぞれの素の部分が溢れて来るといった愉快な時間でした。

後半は菅原さんと同年代の福田博也さん(NPO法人サイエンズスクール代表)と、韓国から人間の本質を学ぶためにサイエンズスクールに通っているパク・ジンスンさんとのトークセッションが行われた。
介護現場での規則や時間に追われて、「~しなければならない」「~してはいけない」といったものからでは、相手(認知症)の世界に飛び込めないのではないだろうか、、など自分の内面と相手の内面を、「物語」として捉え直すコミュニケーションの話に会場は深く引き込まれて行きました。

会場からも介護施設運営者から、施設側の時間に利用者が合わせるのではなく、利用者の世界の時間に合わせるといった新たな試みをしているという発言もありました。
その方が介護者もゆったりとした心境を得られ、どちらも満ち足りるという働きかた改革にも話が及びました。
参加された方は介護関係者が多く、介護から見る人間関係の本来の姿を考える機会になったのではないでしょうか。

菅原直樹さん、堤佳奈さん、福田博也さん、パク・ジンスンさん、そして参加してくださった皆さん、ありがとうございました。


遊びを取り入れたワークショップ
- | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >>