2015年 年の瀬のひとコマ

2015年も残すところあとわずか。
アズワンコミュニティ鈴鹿の年の瀬の様子、ひとコマです。



そして、いよいよ大詰めになったお節づくりの写真もどうぞ!
暮らし | - | -

アズワンコミュニティ 2015年

アズワンコミュニティ鈴鹿2015年を振り返っての最後は、「コミュニティオフィス」からです。今年は、「<コミュニティの暮らし 経済>とはどんなものなのか!?」を探りつつ進んできました。
では、オフィスの小林耕一さん、竹本美代子さんのレポートよりどうぞ!

暮らし | - | -

サイエンズスクール 2015年を振り返って

アズワンコミュニティのベースとなる「サイエンズ」を学ぶ機関、「サイエンズスクール」。アズワンコミュニティはもちろん、世界中の「サイエンズ」を知りたい学びたい人達、いろんなことをゼロから考え直してみたい人達、人として成長していきたい人達、そんな人達に向けて学ぶ機会を提供しています。2015年は、事務局や研修所生活スタッフに新たなメンバーが加わり、大きく一歩前進の年となったようです。
では、今年一年を振り返ってを、サイエンズスクール事務局ブログより紹介します。
  ↓ ↓ ↓

「この一年を振り返ってみると・・・」
サイエンズ | - | -

三重の暮らしの情報誌『Simple』に「おふくろさん弁当」掲載

三重の暮らしの情報誌「Simple」 2016年2月号におふくろさん弁当」が採り上げられました。「プロフェッショナルファイル三重 2016」という特集の中で、いま三重県内で輝きを放つ企業、お店のひとつとして紹介されています。記事のタイトルは、「会社のための社員ではなく、社員のための会社を実現!」です。

雑誌掲載1

月刊simple 【命令しない、怒らない職場
   全国から見学や視察が続々】
 【人生の大部分を費やす仕事
   苦しいより楽しい方がいい】
 【失敗しても誰かがフォロー
   優しさのお返しで好循環を】
 【現実になってこその「理想」
   楽しく、そして儲かる会社】

掲載された文は、以下をご覧ください。
ビジネス | - | -

韓国2015年12月レポート

サイエンズ研究所の小野さんが、12月11~21日、韓国へ行ってきました。2009年頃アズワンコミュニティを来訪して以来、交流を重ねながら共に歩んできました。2015年の12月はどんな様子なのでしょうか? 小野さんのレポートより紹介します。
   ↓ ↓ ↓
「韓国2015年12月レポート」
各地への広がり | - | -

大盛況 「はたけで食べよう!里山で遊ぼう!」2015年

2015年振り返ってシリーズ第4弾は、NPO法人鈴鹿循環共生パーティ主催(トランジション・鈴鹿後援)のシニアと子育て世代のコラボ企画、「はたけで食べよう!里山で遊ぼう!」です。先日紹介した「街のはたけ公園」や「鈴鹿の里山」を舞台に毎月開催され、キャンセル待ちになるほど大盛況でした。ではその2015年を、参加者でもあり運営にも関わっているJunnaレポーターからどうぞ!
文化・教育・環境 | - | -

未来の里山プロジェクトこの1年(2015年)

アズワンコミュニティ2015年を振り返っての第3弾は、「鈴鹿の里山」です。鈴鹿の里山がスタートして4年目の今年は、メンバーも増え、里沼づくり、炭作り、親子イベント企画受け入れ、コナラ伐倒隊の結成などなど、ますます進化した一年だったようです。では、「山」大好き男、高崎さんのレポートからどうぞ!
文化・教育・環境 | - | -

FMKITAQで「アズワンコミュニティ」と「おふくろさん弁当」の紹介が放送されました!

FMKITAQ 「ガイアウインド」、12月20日(日)の放送に、㈱アズワン社長の岸浪龍さんがゲスト出演し、「アズワンコミュニティ」と「おふくろさん弁当」の紹介をしました。どうぞご覧ください(約19分のビデオです)。



各地への広がり | - | -

何に関心が、向いている?

今日は、サイエンズスクールの研修コース「人を聴くためのコース」に参加した20代のお母さんの感想を紹介します。

赤ちゃんも子どもも、自分の感覚や気持ち、意志を持っているでしょう。
どんなふうに感じ、なにを思っているのでしょうか?
1、2歳の歩き始めた、子どもの行為に、お母さんは、「お願い、ママの言うことを聞いて」という、焦ったり、困ったりの、気持ちになること、ありますか?
いつのまにか、どうやったら、こちらの思うようにできるかと、言葉をかけることもありますね。
それは、いったい、なにをやろうとしているのでしょう?

11月「人を聴くためのコース」に参加した、20代のお母さんの感想レポートです。(サイエンズスクール事務局ブログより)

  ↓ ↓ ↓
「何に関心が、向いている?」

・・・・・
例えば子どもに対して、やってほしくないことをどうやって理解してもらうか、どうやって相手の気を自分のやりたいようにもっていくか、という方にばかり頭が働いて、いかに落ち着いて自分の気持ちを伝えるかを考えていた。
そう、伝える事(言う事)ばっかり考えてたんだなぁ。
自分の中に出てくるものも確かにあるけど、それとは全く関係なく相手にも心やそれまでの過程がある。
ただシンプルに、私の世界があって、相手にも相手の世界があるんだなぁ、と思うと自然と相手に気持ちが向いていく感覚がした。
・・・・・

以下、全文です。
サイエンズ | - | -

暖かいある日のはたけ公園の昼前

アズワンコミュニティ2015年を振り返っての第2弾は、「街のはたけ公園」です。参観案内で登場するおもしろいおじさん、中井さんのレポート、「暖かいある日のはたけ公園の昼前」をどうぞ!

文化・教育・環境 | - | -