ABCフォーラム名古屋で「人のための会社」に共感の声

IMG_8586 (2)s.jpg
「上下・命令・罰則がなく、社員が生き生きと働ける会社」・・
そんな会社を作ろうと始まったアズワン株式会社の「おふくろさん弁当」。
最近では九州や京都で、社長係の岸浪龍くんがその報告講演に飛び回る。
そして先日は、名古屋で企業経営者の集まりに声がかかった。
「ABCフォーラム名古屋」での講演を頼まれた。東海地域の中小企業経営者の会で30年も続いている。
はたして、ベテラン経営者や役員さんの前で、話は通じるのだろうか。
アズワンの目指す会社の理想は、夢や絵空事に聞こえないだろうか。
龍くんも大勢の経営者の前で講演するのは初めてのこと。
そんな心配を胸に記者も同行した。

5月13日金曜日、場所は、名古屋駅前のホテルキャッスルプラザ。
大きなシャンデリアのある広間が会場だった。
テーブルには豪華な和食が用意され、会員が次々と席についていく。
朝食をとりながらの異業種交流がはじまった。

続いて、本日のゲスト龍くんの登場。
この場に招いたのは、アズワンコミュニティに訪れたことのある鶴田社長夫妻だ。
その時の印象は、
「私がやりたいと思う経営がされていた。生きやすい働きやすい会社が出来ていて、たいへん驚いた」という。是非この場でも紹介したいとフォーラムの講師に推した。
- | trackbacks (0)

ピースネットワーク東京1月ミーティング

羽根木の家2
今月というか今年から会場にTT世田谷の拠点で水城さんの自宅でもある羽根木の家を使わせてもらっています。
水城さんのNVC(共感的コミュニケーション)活動の繋がりで初めての方や若い人達も多く参加されました。
それぞれの都合で入れ替り立ち替りになることもありましたが
NVCに関心を持つ人は同質のものをサイエンズ、アズワンコミュニティーにも感じているように思いました。これからの展開が楽しみです。
今はゆる~~く午前の部と午後の部に分けていますがゆくゆくは午前の部ではスクール参加者でサイエンズ研究会。
午後は初めての人や関心のある方向けに時間を使えないかなと思っていますがこれから検討しながら徐々に進めていきましょう。       ながの  
- | trackbacks (0)

おふくろさん弁当、さっきーの九州交流日記

おふくろさん弁当のスタッフ、さっきーが、北九州にある自然食品のお店 「えこわいず村」へ交流に行きました。エコワイズ村も、「社員が幸せになる会社」を目指しています。昨年秋には、アズワンコミュニティに社員研修にもやってきて、姉妹店として交流が始まりました。



今回のきっかけは、昨年暮れに開催された北九州フォーラムに参加した際、おふくろさん弁当社長係りの岸浪龍さんがえこわいず村に立ち寄った時に交わした会話からです。
「店長がサイエンズスクールの研修コース(一週間)に参加したいと思っているけど、シフトが厳しい…」

「それならおふくろさん弁当から社員を派遣しますよ」
この一言で、問題解決!、今回の交流となったそうです。

では、その交流に派遣された、さっきーの滞在日記をどうぞ!
- | trackbacks (0)

国境を越えて人類はひとつになる~北九州フォーラムから

昨年末の12月19~20日、北九州で「新しい未来の社会を開くフォーラム」が開催され、アズワンコミュニティも参加させてもらいました。このフォーラムは、チェンジザドリーム・トランジションタウン・非暴力コミュニケーション(NVC)・アズワンコミュニティ、更にアナスタシアもコラボしての全国で初めてのイベントでした。このフォーラム開催に至った経緯などを主催者の吉岡和弘さんがレポートしてくれました。(*吉岡さんは、昨年9月から50日間のアズワンコミュニティ体験留学をしました。)


何か新しいものが創造されるかもという予感どおり、終わってみると、やはり予想しなかった、新しい風、動きが創出されました。

ロシアからも、西からも、そして日本からも世界は動いてきています。
分裂と争いのベクトルから転換し、統合、融和のベクトルへと変わりました。
そしてそれが加速していることが実感されました。

フォーラム中の19日はマヤ暦の大晦日でした。そして20日は新年でした。
それは大きな時代の新年であったようです。

新しい時代の扉をみんなで開いて、すばらしい世界を創出していきましょう!
- | trackbacks (0)

三重の暮らしの情報誌『Simple』に「おふくろさん弁当」掲載

三重の暮らしの情報誌「Simple」 2016年2月号におふくろさん弁当」が採り上げられました。「プロフェッショナルファイル三重 2016」という特集の中で、いま三重県内で輝きを放つ企業、お店のひとつとして紹介されています。記事のタイトルは、「会社のための社員ではなく、社員のための会社を実現!」です。

雑誌掲載1

月刊simple 【命令しない、怒らない職場
   全国から見学や視察が続々】
 【人生の大部分を費やす仕事
   苦しいより楽しい方がいい】
 【失敗しても誰かがフォロー
   優しさのお返しで好循環を】
 【現実になってこその「理想」
   楽しく、そして儲かる会社】

掲載された文は、以下をご覧ください。
- | trackbacks (0)

PIESS NETWORK 筑豊だより

こんばんは!の小鶴です。若いママたちからのリクエストで、先週お話し会をやりました。なんと15名参加(うち5名はPN筑豊のメンバー)、2グループに分かれて日常の中で沸き起こる様々な心模様を出し合いました。「こんな場を求めてました~」という声、今までとは質の違うつながりが生まれている気がして、うれしいご報告です。そして今日はPN筑豊メンバー限定の検討会をやりました。4期のカレッジから戻った石田真理さんも初参加で10名、会を重ねるごとに楽しさも深さも増してきていることを実感できた一日でした。しみじみと幸せを感じながら、私は来週鈴鹿に向かいま~す。(自分を観るためのコース)

PN筑豊
- | trackbacks (0)

PIESS NETWORK 福岡

PIESS NETWORK 福岡の小鶴さん(連絡所をやってくれてます)からのレポートです。6月の「マイライフセミナー」に参加し、福岡で「アズワンなお話会」を開催。
次は「自分を知るためのコース」へと動き出しているようです。


   (6月のマイライフセミナーより)
- | trackbacks (0)

小野さんの韓国レポート

5月31日(日)~6月8日(月)、小野さん(サイエンズ研究所)が、韓国へ行ってきました。その様子を紹介したいと思います。

   (写真はクリックすると拡大します)
---------------------------------------------------------------
- | trackbacks (0)

イーハトーブスケッチの旅 その2

岩田さん(画伯)、28日(木)に無事、花巻空港に着陸、
スケッチの旅をスタートした模様です。

   
     (画像はクリックすると拡大します)

以下、岩田さんのfacebooより、スケッチの一部を紹介したいと思います。
---------------------------------------------------------------
- | trackbacks (0)

イーハトーブ スケッチの旅

アズワンコミュニティ鈴鹿の岩田さんが、「スケッチの旅」と称して、5月28日~6月2日まで岩手県盛岡・花巻へ出かけます。PIESS NETWORK岩手の吉田直美さんを始め、Fuyuちゃん、Mitsuharuさん、いろんな人たちと交流する予定です。


以下、出発を前にした岩田さんのブログより抜粋し紹介します。
---------------------------------------------------------
5月28日~6月2日まで、岩手県盛岡・花巻へ出かける。
・・・・・
ところで、面識があるのは、直美さんと冬美さんの二人だけで、他にもFBで何人かとやりとりしながら、宿泊先とか日程の計画を立てている。
当てのない旅なので、何かハプニング・トラブルがあることを期待してもいる。

話は少し飛ぶけど、ピースネットワーク活動について。

争いのない幸福な社会の実現…

そういう社会になる活動とそのつながりみたいなことだと思うけど、
サイエンズに基づく活動。

・・・・・
たとえば、アズワンの社会気風というものがある、
人どうしが責め合いがないとか、素の自分でいられるとか、いろいろある

で、岩手の人たちと連絡を取り合っているが、その関係がここでの気風の延長上にある感じがある。

相手はまだあったこともない知らない人とでも、なんとなく、そのやりとりは、
コミュニティ(アズワンの)の人とのやりとりとさほど変わりがない。
気を遣わなくてもいい、っていう感じかな。

向こうのメンバーもこちらのスクールに参加したり、こちらからも行ったりという交流がある中でのことだけども、そういう行き来の中で、そこにアズワンの気風が醸成されているとしたら…それをピースネットワーク活動と呼べるなら…

そこにどんな人と人との関係が出来てきているか、
どんなお互いになろうとしているか、
そういう辺がよく見えてきたら、ピース活動が、どういうものか
分かりよくなってくるかもなー
---------------------------------------------------------

そしてPN岩手連絡所の吉田直美さんは、
岩田さんの受入れ準備、着々と進行中です。
==============
- | trackbacks (0)
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >>