「ローカル イズ ビューティフル」 辻信一さんのお話②


私たちの日常は“経済”という枠の中で無意識にも暮らしています。どこかで、おカネの心配をしていたり。将来の不安を抱えていたり。そうした原因はどこから来ているのでしょう? 辻さんは、20世紀を代表する経済学者カール・ポランニーを取り上げて解説します。18世紀以降、経済システムはホップ・ステップ・ジャンプと3段階で“制約”から離陸していくというお話です。

マインドセットされている私たち

「資本主義の中に生きていると資本主義的なことが当たり前だと思ってしまう。それをマインドセットと言う。心にガッチと枠が嵌められた状態。これをアインシュタインがこう言ってる。『ある問題を引き起こしたのと、同じマインドセットでその問題を解決することは出来ない。』わかりますか?
何かの思い込みがその問題を引き起こしているわけです。解決しようとしても同じ思い込みのままでは解決できない。僕らのこの時代のマインドセットって何でしょう? 一つは経済成長です。環境が壊れた。福祉におカネがいる。もっと経済成長すれば環境にも福祉にもおカネがいくだろう。こういう発想しか出来ない。
ポランニーは、資本主義以前の社会では、『経済は社会の中に埋め込まれていた』と表現する。それが今は、『社会が経済の中に埋め込まれている』。何をするのにも、全て経済優先。子どもの教育も自分の健康も、結婚、老後も経済からしか考えられない状態。僕らの人生は経済の中に埋め込まれてしまった。
これは人類の歴史から見たら本当に異常事態です。ただの思い込みに過ぎない。そこから僕たち自身を解放することなしに、何一つ解決することは出来ない。」

「ポランニーは、資本主義的なマインドセットを抜け出すために、資本主義以前の社会を研究した。人類の歴史から、経済を相対化してみていく。元々の経済、元々のコミュニティは、互酬性だった。顔と顔が見える関係。生産量が分かり、分かち合っていた。量にも制約があったが、それを不自由だとは感じなかっただろう。
ところが今は、お互いの顔が見えない、制約がみえない。その結果が環境破壊です。
経済は、コミュニティから離陸し、次に自然的制約から離陸し、3段階目には、物でさえなくなってしまった。」(と辻さん)

マインドセットから抜け出すには、“絶対”としていることを“相対化”することだそうです。私たちは日常会話で、絶対こうだ、と使っていますが、絶対と言えることってあるでしょうか? おカネの価値は絶対でしょうか? そのおカネの話に入っていきます。

バーチャルなおカネ
「みなさんおカネって何ですか? 不思議なものです。どこで誰がつくっているんでしょうか。意外と知られてないんですよ。」
と話では、5%ほどが実際に作られた紙幣や貨幣で、95%は何ら物質的裏打ちもないバーチャル状態だとか。そのおカネが世界を高速で飛び回っているそうです。バーチャルだとしたら、どこにあるんでしょうか? 世界?幻想?頭の中? ますますわからなくなってしまいます。

続いて、イギリスの経済学者で『スモールイズビューティフル』の著者、シューマッハを取り上げました。進歩、成長とは一つの信仰であるという話。技術は、より大きく、より多く、より速くという方向に発展しています。その結果が過剰社会となった。そこで辻さんは、スロー・スモール・シンプルの3つのSを掲げ、「人間の身の丈にあった大きさに立ち戻ろうよ」と呼びかけます。

- | trackbacks (0)

「ローカル イズ ビューティフル」 辻信一さんの話①


第2回ガイアエデュケーションの公開講座が5月20日、鈴鹿カルチャーステーションで開かれました。講師は辻信一さん。明治学院大学教授で文化人類学者。スローライフを提唱する著名な環境運動家です。メディアにも度々登場する辻さん。会場も満席となり注目度も抜群で迎えました。記者ももちろん興味津々です。

昨晩は、横浜で落語を披露したとか。辻さんの創作落語で、如何に難しいものだったか、そんな話題で始まりました。そう切り出すくらいですから、講演の方もテンポがいい。グングンと引きこんでいく。2時間があっと言う間。そして中身が濃い~、どこを切っても、面白い。その全部を紹介したくなります。紙面の制約もWEB上なのでありませんが、あえて、そのほんの一部だけ、記者の主観も入り交えてお伝えします。

講演タイトルは、「いよいよローカルの時代、“Local is Beautiful”」。いま世界は、イギリスのEU離脱やトランプ現象など、いっそう混沌としてきました。しかし、この流れは、グローバリゼーションからローカリゼーションへの変わり目だと言います。この現状を歴史的、学術的な見地から読み解き、ローカル化への道を解説してくれました。

IMG_5220 (2)s.jpg
- | trackbacks (0)

一緒に「やさしい社会」を! 岸浪龍さん九州ツアー終了

おふくろさん弁当社長係の岸浪龍さんの山口・九州の旅が終了しました。
6日間の九州ツアーでは、新宮町での講演会の後、直方の結い村でセミナーがありました。そして、17日は、別府温泉にて小倉ロータリークラブでの講演がありました。その後再び新宮町に戻って、少人数での探究会でした。ここには、長崎などから参加された方たちもいました。
どの会場でも、おふくろさん弁当への関心の高さが感じられ、岸浪龍さんの話をぜひ聞いてみたいという人が、遠くは宮崎などからも来られたようです。「本当に安心して、本心のままに働きたい」という、誰もが願っていることが実現してきているおふくろさん弁当が、九州でもますます注目を集めそうです。
一連の動きを、龍さんのFacebookから紹介します。

再び福岡県新宮へ(^O^)九州ツアー6日目です。
「本当に安心して話し合える」って、どういうことだろう??
本当は「通じ合いたい」「聴き合いたい」そうならない原因は?
そんなことを、新宮の集まった皆さんと、楽しく面白く探りました。
これからも繋がって、一緒に「やさしい社会」を。


- | trackbacks (0)

「生きやすい風通しのいい社会に」~アズワンお話会@谷町空庭・大阪


最近、ゆめのたね放送局の番組「こっからパーマカルチャー」にアズワンの話題が紹介されています。今度は、アズワン鈴鹿コミュニティの小野雅司さんが招かれて、先日その収録をしてきました。番組パーソナリティのMAYAさんと、どんなトークがあったのか、放送日が待ち遠しい!
収録後の夜は「谷町空庭」さんにて小野さんを囲んでの「アズワンお話会」が開かれた模様。熱気ムンムンの会になったようです。その様子をMAYAさんがレポートしてくれています。ご覧ください。

- | trackbacks (0)

人を大切にするから、力も発揮され会社も繁栄する



ゆめのたね放送局の番組「こっからパーマカルチャー」に2週に渡っておふくろさん弁当の会社が紹介されました。5月16日は、社員のサッキーこと崎久保祐子さんが登場し、社内の日常を伝えています。
社長係の岸浪龍さんは、「命令がない、上司がいない、責めない、縛らない会社」と言ってますが、実際に働いている社員さんはどんな気持ちなのでしょう? サッキーがインタビューに応えます。
(以下、放送内容をザックリ掲載しました。龍=社長係の岸浪龍さん。MAYA=番組パーソナリティのMAYAさん。サッキー=崎久保祐子です)



どんな感じ?って聞いてもらえる会社
- | trackbacks (0)

岸浪龍さんのセミナーin結い村、感動のうちに終了!

九州ツアー中のおふくろさん弁当社長係の岸浪龍さん、16日(火)は、直方市の結い村でした。この結い村に新しく移転オープンした「えこわいず村」とおふくろさん弁当は、社員同士の交流もあるなど2年前より深いつながりがあります。今回は、そういうつながりの中で、ぜひおふくろさん弁当の話を聞いてみたいと遠く宮崎などからも参加してくれました。




「そこで..  そこで  岸浪 龍さんの講演会♪  涙を堪えてたら   喉が痛くなった… それを通り越したら  涙がほろほろ…  こんな会社、学校、病院…  増えたらいいな〜  人と人が繋がり  紡ぎ出す世界があるんだー  行ってよかった! 行けてよかった!」(参加者より)

おふくろさん弁当のひ・み・つ in 結い村
遠くは長崎県や宮崎県、山口県からも、お話しを聞きに来てくださったり、Facebookにシェアしてくださったりと、たくさんの皆さんに見守られて、無事に終えることができました~o(^o^)o
本当にありがとうございました‼️
また、鈴鹿にも遊びに来てくださ~い(^_^)v


- | trackbacks (0)

山口・九州へ!おふくろさん弁当社長係の岸浪龍さん講演会

5月12日(金)より、おふくろさん弁当社長係岸浪龍さんが、山口・九州へと旅をしています。全国各地で好評の「おふくろさん弁当講演会」が、いよいよ九州方面で開催です。
13日(土)午後は、山口市のセミナーハウスで開かれました。お世話してくれたのは、ナギちゃんを始めとする、アズワンネットワーク山口のみなさんです。

13日(土)アズワン山口お話会 参加者30名 13:30~16:30 会場:山口県セミナーパーク

夜は北九州の副島さん宅にて交流会

そして、14日(日)は、福岡市の東にある新宮町の「シーオーレ新宮」でした。

この会場は、「地球のめぐみ」の梅崎由美子さんが中心になってお世話してくれました。この福岡東部地域では、最近アズワンネットワーク福岡の活動がとても盛んになってきています。
- | trackbacks (0)

楽しかった!見える世界が変わった! 「アズワンセミナー」

楽しかった!見える世界が変わった! 「アズワンセミナー」


全国各地から、23名が参加した第3回アズワンセミナー。5月7日に終了して、その後の様子が伝わってきています。
そのおひとりの、Kumiko YamauraさんのFacebookから紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰宅すると、子どもたちからは「ママがやさしくなった~♡」「怒らなくなった~♡」と言われた。

「早くしなさい!」「いい加減にしなさい!」「何度言ったらわかるの~!!!」などと、1日に何度も怒っていた私‥‥。
しかし帰宅して5日、まだ一度も、怒りの感情を子どもたちにぶつけていない!(うん、これは事実♡)

それも無理して怒らないようにしているのではなく、「この子には、この子なりの考え方あるんだろうなあ」と自然に腹の底から思えるから、怒りの感情が湧いてこないという感じ(^-^)

しかも、兄弟喧嘩も少なくなり、上の子が妹にやさしくなった!
家庭の中が穏やかになったーー。「え~っ、これまでのすべては私が原因だったの~!?」と思うと、なんだか力が抜ける('_')

今までいろいろな自己啓発や心理学のセミナー、瞑想や、はたまた滝行なんかにも参加したことがあるけれど、“本心でいられる安心感”を体の奥底で感じ、それが日常生活に戻っても薄れないのは初めての経験かもーーってこれも、私の思い込みかな?(笑)

人は皆、自分の主体性が尊重されて、相手の主体性も尊重して、やさしく支え合いながら、安心して楽しく暮らしていける世界を望んでいる――そう気づいたら、なんか、自分のまわりの世界が♡マークに彩られて見えてきた(#^.^#)

不思議なもので、「家計を何とかしなくちゃ」「子どもを何とかしなくちゃ」と私が勝手に?背負っていたものが取れたら、ここんとこストレッチもダンスもしてないのに、体が柔らかくなって、肩こりも感じなくなった(^-^)

5泊6日も家を空けるのは、子育て中のママにとっては不可能に近いことかもしれない。でも、「願えば叶う」って感じで、ぜひ子育てに日々奮闘しているママたちにこそ、アズワンセミナーを受けてもらいたいなあと思う。きっと毎日が“楽”になるから(^-^)/☆

ママが楽しく生きられたら、子どもはもっと楽しく生きられる。
ママたちのために何かできたらいいな~。
- | trackbacks (0)

今晩、ラジオ放送「おふくろさん弁当」ゆめのたね放送局出演


5月9日今晩、夜9時30分からインターネットラジオ・ゆめのたね放送局の「こっからパーマカルチャー」の番組におふくろさん弁当社長係・岸浪龍さんが出演します。
「人と人、人と自然をつなぎ、活かしあいながらもっと生き心地のよい在り方、関係性、暮らしを共に考え、受け継がれていくいのちがよろこぶ未来を共同創造していくためのきっかけ番組」です。パーソナリティはMAYAさん。鈴鹿コミュニティにも何度か訪れたこともあります。
 そのMAYAさんと岸浪龍さんのトーク番組。規則も命令も責任もない会社のお話です。今晩一度限り。

番組の詳細は>>>https://www.facebook.com/events/1859054714417991/

【番組の聴き方】
21:30になりましたらこちらをクリック!
http://www.yumenotane.jp/now-playing
「関西チャンネル」のすぐ下のPlay ボタン▶をクリックしてください。
(iphoneまたはネットがつながる環境あればオンタイムで世界中どこででも聴けます)
お楽しみに!
- | trackbacks (0)

思い込みに気づく 第1回ガイアエデュケーション レポート



第1回ガイアエデュケーションが4月21日~23日で開催され、参加者・スタッフ共に、何か手応えを掴んだようで、今後の展開がますます楽しみです。そして、参加者のレポートが公開されました。どんな印象だったのでしょう。何か変化はあったのでしょうか? レポートの一部を紹介します。
その前にコミュニティ訪問中のエピソードをどうぞ!



「ママが明るくなった」

「2日目は『親しさでつながるコミュニティとは?』をテーマに、コミュニティの実際の現場、おふくろさん弁当や鈴鹿ファームを訪問しました。
おふくろさん弁当ではまだ入社3ヶ月くらいのママさんのお話がとても印象的でした。
自閉症のお子さんを抱えての仕事はそれは大変で、それでも頑張らなくっちゃならないという現実に、自分も身体を壊したり、子どもも病状が悪化し、入院し、あらゆる治療も施してきたけど一向に良くならなかったそうです。

それが、おふくろさん弁当に働き出してからのママの安心してる状態に-----。
一緒に職場まで付いて来るお子さんも、今では自閉症とは思えないほど明るい子になって、ママよりも出勤数(笑)が多いとか。

親しさって何だろう?と、そんな単純だけど深い問いに皆さんそれぞれの中で探求が始まってきたようです。」(KさんのFBより)



参加者のレポートを以下に紹介します。
「印象に残ったこと、理解が深まったこと、自分の中でおきた変化は?」
- | trackbacks (0)
<< 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >>